山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

長野 高峰高原~湯の丸高原 その② 【H29/7月】

この高原は花が多くあり、歩いていても楽しくなります。日差しもありましたが、暑いとはそれほど感じませんでした。ラン科の花も何種類か愛でることができました。池の平湿原付近では、随所でテガタチドリが登山道脇に咲いていました。今回、テガタチドリとお会いできましたので、今シーズンはチドリ三姉妹(ノビネチドリ、ハクサンチドリ、テガタチドリ)を愛でることができました。

樹林帯の中ではシテンクモキリが咲いていました。昨年は富士山方面で愛でましたが、今回、この高原に自生しているとは思わなかったので見つけたときは嬉しく思いました。

亜高山帯なのに高山帯の花もあり、低山帯の花もあり、山の花好きには最高の高原でした。高峰温泉で一風呂浴びて生ビールを飲み、新宿行きのバスに乗りました。高峰高原から新宿行きのバスが出ているとは驚きでした。途中でU氏が乗車し、本日の花観察の話をしながら乗車時間を過ごしました。U氏は小諸駅で下車し長野経由で松本に行き、翌日は美ケ原に行くとか。こちらは佐久平駅で下車し新幹線で帰りました。


テガタチドリ    見ごろの時期でした。
IMG_3665_convert_20170721120006.jpg

P7203406_convert_20170721140444.jpg

ハクサンチドリ   最盛期を過ぎていましたが、まだ咲いていました。
IMG_3701_convert_20170721121249.jpg

シテンクモキリ   同じラン科でもテガタチドリやハクサンチドリに比べると地味な花です。
IMG_3675_convert_20170721120509.jpg

IMG_3676_convert_20170721120541.jpg

エゾスズラン   何か所かで見かけましたが花はまだです。U氏が林道歩きの際、山の中腹より下では咲いていたとか。
P7203368_convert_20170721135841.jpg

ホソバノキソチドリなど
IMG_3648_convert_20170721115317.jpg

P7203364_convert_20170721135615.jpg

P7203373_convert_20170721135958.jpg

P7203415_convert_20170721140612.jpg

P7203422_convert_20170721140638.jpg

イブキジャコウソウ   群生していました。
IMG_3660_convert_20170721115800.jpg

P7203374_convert_20170721140039.jpg

P7203379_convert_20170721140201.jpg

グンバイヅル   長野県、群馬県、岐阜県に自生しているそうです。環境省及び長野県の絶滅危惧種となっているようです。いたるところに咲いていました。
P7203376_convert_20170721140120.jpg

ハクサンオミナエシ
P7203366_convert_20170721135703.jpg

シュロソウ   シュロソウなのかタカネシュロソウなのかは?
IMG_3690_convert_20170721120819.jpg

アオヤギソウ    アオヤギソウなのかタカネアオヤギソウなのかは?
P7203413_convert_20170721140548.jpg

ヤマブキショウマ
P7203372_convert_20170721135924.jpg

ハクサンシャクナゲ
IMG_3671_convert_20170721120336.jpg

池の平湿原鏡池
IMG_3696_convert_20170721120955.jpg

池の平湿原
IMG_3700_convert_20170721121200.jpg

ウツボグサ
IMG_3662_convert_20170721115834.jpg

オトギリソウ   シナノオトギリかな? 葉の縁取の色とか、葉の斑点などで区別がつくそうですが写真からでは見当つきません。
IMG_3670_convert_20170721120255.jpg

マルバダケブキ
IMG_3707_convert_20170721121506.jpg

カワラナデシコ   ネットではタカネ、エゾなど色々なナデシコが出てましたが、東御市発行の「池の平湿原 花ごよみ」ではカワラナデシコと掲載されていました。
IMG_3668_convert_20170721120049.jpg

ウスユキソウ
IMG_3669_convert_20170721120159.jpg

クルマユリ  亜高山帯なのでコオニユリかと思いましたが、高山性のクルマユリでした。
IMG_3649_convert_20170721115349.jpg

高峰温泉で餌付けされたリス   ガラス窓越しに撮っているので鮮明ではありません。
IMG_3716_convert_20170721135359.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。


















スポンサーサイト
2017-07-23 : 長野の山(アルプス、八ヶ岳、霧ヶ峰を除く) : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

長野 高峰高原~湯の丸高原 その① 【H29/7月】

梅雨明け2日目は天気も安定し雷もない天気予報なので、高山植物、亜高山植物の花々が咲く高原に行ってきました。北陸新幹線の「あさま601号」に乗り、佐久平駅で下車し、高峰高原行のJRバスのバス停で待っていたら、なんと山梨方面の観察会メンバーのU氏が一足遅れでバス停に来たので、まさかこんなところで会うとは、お互いにビックリでした。高峰高原まで1時間の乗車時間も花談義をしていたら、あっという間に着いてしまいました。バスの車窓からは山の中腹ではヤナギランが満開に近い咲き方でした。ニッコウキスゲもチラホラ咲いていました。

U氏は黒斑山方面に、ある花を見に行くとのこと。こちらは湯の丸方面と別方向に向かいました。帰りのバスはU氏は途中から乗るとのこと。高峰高原から湯の丸高原には水ノ塔山・篭ノ登山を登って行くコースがありますが、以前にツアー登山で歩いているので、今回は林道コースを歩きました。この林道コースも色々な花が咲いていました。特に目立って多かったのはヤマオダマキでした。湯の丸高原の池の平湿原周辺のコースは、雷の丘、雲上の丘広場(2110m)を通る見晴歩道を歩き、コマクサ自生地のある三方ヶ峰(2040m)から池の平湿原に下り、湿原の中の木道を歩きました。

三方ヶ峰のコマクサは満開の状況でした。このコマクサを初めて見たのは33年前の同じ7月20日でした。その時のメモを見ると森林限界も超えない山にコマクサが何故あるのだろうかと書いてました。当時ロッジで買った「湯の丸 自然ガイドノート」(銀河書房)を今頃になって見たらコマクサのページには「柳沢さんは高山植物の女王といわれるコマクサと三方のアカザレに何年もかけて、群落をつくりあげられました。」と書かれていました。やはり元々は植栽のコマクサだったようです。

山の中腹では咲いていたヤナギランも池の平周辺では、まだ蕾の状態でした。それでも数本は咲いていました。ヤナギランの群生地は各地にありましたが日本鹿の食害で消えてしまったところもあります。ここ池の平は鹿の被害に遭わずに毎年の夏にヤナギランが咲いていてほしいなと思いました。ニッコウキスゲも所々で咲いていました。


コマクサ  高山植物の女王と呼ばれています。
IMG_3682_convert_20170721120657.jpg

IMG_3693_convert_20170721120909.jpg

ヤマオダマキ   至る所に咲いていました。
IMG_3652_convert_20170721115512.jpg

ほとんどのヤマオダマキは萼片まで黄色のものでした。
IMG_3715_convert_20170721121716.jpg

萼片まで黄色のオダマキがほとんどでしたが、萼片が赤褐色のものもたまにありました。
IMG_3688_convert_20170721120734.jpg

ヤナギラン   咲いているのは僅かでした。群生していますので花が満開になったら素晴らしい風景になると思います。
IMG_3681_convert_20170721120621.jpg

ニッコウキスゲ   咲いているのはチラホラでした。車坂峠付近には群生して咲いていました。
IMG_3705_convert_20170721121427.jpg

ニガナ
IMG_3654_convert_20170721115617.jpg

ニガナ(白花)
IMG_3653_convert_20170721115544.jpg

ハクサンフウロ   監視員の方にアサマフウロがあるかお聞きしましたが浅間連山なのにハクサンフウロしかないそうです。 
IMG_3646_convert_20170721115244.jpg

P7203388_convert_20170721140409.jpg

グンナイフウロ     やや盛りは過ぎていました。
IMG_3650_convert_20170721115436.jpg

クガイソウ   まだ咲き始めでした。
IMG_3645_convert_20170721115207.jpg

シシウド
IMG_3711_convert_20170721121545.jpg

レンゲツツジ   池の平湿原のレンゲツツジの色は赤系です。
IMG_3699_convert_20170721121116.jpg

池の平湿原
IMG_3673_convert_20170721120416.jpg

アヤメ
P7203382_convert_20170721140253.jpg

ノハナショウブ
IMG_3697_convert_20170721121038.jpg

カラマツソウ
P7203386_convert_20170721140337.jpg

ヨツバヒヨドリ
IMG_3712_convert_20170721121631.jpg

シャジクソウ   初見の花でした。
P7203360_convert_20170721135513.jpg

シモツケ
IMG_3659_convert_20170721115653.jpg

P7203367_convert_20170721135752.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。








   





   







2017-07-21 : 長野の山(アルプス、八ヶ岳、霧ヶ峰を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川 真鶴半島 【H29/7月】

真鶴半島の御林(おはやし)と魚付き保安林に行ってきました。大木もたくさんあり原生林という感じでした。この原生林の中に幾つもの遊歩道がありました。ネットで検索したら、この原生林にはナギラン、タシロラン、マヤラン、コクランが自生しているそうで、時期的には遅いかなと思いつつ、これらのランをお目当てに出かけました。

タシロランは草丈もあるので簡単に見つけることができましたが、大本命のナギランは見つけることはできませんでした。こういうところはある程度の人数で幾つもの目で探さないと探すのは難しいと思いました。このところラン科の花は空振りが続いています。

原生林でのお目当ての花は空振りでしたが、海岸の遊歩道を歩いたら、どこかで見たことのある花だと思い、あれ、もしかしたら沖縄で見たのかなと、帰宅後、沖縄で買った「沖縄の自然を楽しむ 海岸植物の本」を見たら、ハマゴウ、ハマボウフウでした。沖縄で愛でた花が真鶴半島で咲いているとは驚きでした。そして、ちょつぴり嬉しく思いました。


ムラサキニガナ   原生林の中に咲いていました。
P7173354_convert_20170718141247.jpg

タシロラン     草丈もあり白いので目立ちます。
IMG_3643_convert_20170718141142.jpg

???   小さな花です。調べましたが分かりませんでした。
P7173356_convert_20170718141419.jpg

ヤブミョウガ
P7173351_convert_20170718141215.jpg

スカシユリ
IMG_3633_convert_20170718140624.jpg

ハマボウフウ
IMG_3635_convert_20170718140813.jpg

ハマグルマ
IMG_3636_convert_20170718140848.jpg

ハマゴウ
IMG_3639_convert_20170718141017.jpg

ハマユウ
IMG_3642_convert_20170718141059.jpg

ハマダイコン
P7173355_convert_20170718141346.jpg

ツワブキ
IMG_3638_convert_20170718140933.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。









  

2017-07-18 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/7月】

連日30度を超す暑さが続いていますが高尾山に行ってきました。お目当ての花はラン科のエゾスズラン、ハクウンラン、コクランでしたが、みごと空振りに終わりました。

エゾスズランの一つ目は、当ブログの6/21の高尾山で「こんなところにと思うようなところに、これがありました。」と掲載したエゾスズランはビジターセンターの管理標識が打たれていました。このエゾスズランは既に花が終わっていました。そして毎年愛でている場所に行きましたが、エゾスズランの姿はありませんでした。盗掘されたのでしょうか?

ハクウンランはいくら探しても一つも見当たりませんでした。昨年は7/12に愛でていましたが今年はどうしたのでしょうか。今年は花は全体的に遅れているので、これから出てくるのでしょうか?

コクランはようやく花芽が上がってきたところでした。まだ花を咲かすには10日くらいかかるのではないかと思いました。ということでランの花は愛でることができなかったので暑さがよけいに感じました。

それでもコバノカモメヅルの白花を久々に愛でることができました。オオカモメヅルは袋果がもうできていたのには驚きでした。ヤマユリも咲き始めました。暑いなりに花も色々と楽しめました。


イワタバコ   花が咲きはじめました。
IMG_3630_convert_20170715061215.jpg

オカトラノオ    サクラソウ科の花だそうですが、ちょつとサクラソウのイメージとは似ていない感じです。
P7143312_convert_20170715061302.jpg

コバノカモメヅル   暑さのため? ピンボケです。
P7143315_convert_20170715061413.jpg

シロバナコバノカモメヅル    ネットで調べたら単に「シロバナカモメヅル」と呼ぶこともあるようです。
P7143320_convert_20170715061521.jpg

ススキに絡まって咲いていました。
P7143319_convert_20170715061447.jpg

オオカモメヅル   まだ花の色が暗紫色になっていませんでした。花の大きさはコバノカモメヅルより小さいです。
P7143350_convert_20170715062140.jpg

P7143344_convert_20170715062112.jpg

オオカモメヅルの袋果が吊り下がっていました。
P7143341_convert_20170715062050.jpg

シオデ
P7143328_convert_20170715061555.jpg

ヒヨドリバナ
P7143329_convert_20170715061750.jpg

ヒメヤブラン
P7143333_convert_20170715061828.jpg

ヤマユリ
P7143338_convert_20170715061958.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。













2017-07-15 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川 横浜&鎌倉の社寺 【H29/7月】

梅雨の晴れ間がいつまで続くのか、まるで梅雨明けのようなカンカン照りの日々です。そんな暑さにも負けずに横浜と鎌倉の社寺に行ってきました。お目当ての花は境内の樹木に着生しているフウランでした。

場所によっては髙い樹木に着生しているところもあるというネット情報により望遠レンズを3本持って行きました。山に行くのだったら荷物を軽くするために1本しか持って行きませんが、今回は街の中なので持っていきました。

フウランは白い花です。真夏のような暑さの中で咲いていましたが、花を愛でるとなんとなく爽やかさを感じました。


フウラン   萼片と側花弁は線状披針形、唇弁は浅く3裂してます。
IMG_7665_convert_20170711210419.jpg

距は前方に曲がりながら下垂してます。距は長いです。
IMG_7669_convert_20170711210518.jpg

この社寺では高い樹木の上に着生していました。肉眼では花の形は分からないくらいの高さでした。まず双眼鏡で確認しました。
IMG_7645_(3)_convert_20170711210231.jpg

レンズを換えて撮ってみました。花は最盛期を過ぎた感じでした。
IMG_7645_convert_20170711210313.jpg

銀杏の木に着生しています。
IMG_7647_convert_20170711210352.jpg

フウランの横顔です。
IMG_7667_convert_20170711210447.jpg

周りの花は枯れかかっていました。
IMG_7672_convert_20170711210551.jpg

IMG_7679_convert_20170711210654.jpg

ここのフウランは距が短くて目立ちません。
IMG_7680_convert_20170711210728.jpg

こちらのフウランは、まだ蕾です。
IMG_7687_convert_20170711210806.jpg

お寺の境内に咲いていた花
IMG_7689_convert_20170711210849.jpg

IMG_7694_convert_20170711210946.jpg

IMG_7693_convert_20170711210922.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。











2017-07-12 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR