FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾も梅雨明け 【2020/8月】

長い梅雨もようやく8月1日に明けました。そして翌日の日曜日に高尾を歩いてきました。梅雨が明けたと言っても高尾山は曇り空でした。昼に近づくにつれ晴れて暑い日差しがありました。

今回のお目当てはシロバナカモメヅルでした。その昔は小仏城山の北面の草むらに自生して観察したものでした。その当時は草むらにも道ができていましたが、今は人も入らないので草ぼうほうです。そこではないところにシロバナカモメヅルがあるとお聞きしたので行ったのですが、なんと一帯が草刈りされていました。周辺を見渡しましたがコバノカモメヅルはありましたがシロバナカモメヅルは見つけることはできませんでした。

お目当ての花は空振りでしたが気になるラン科の花の成長具合の下見が2つ目の目的でした。ミヤマウズラはまだ開花には時間がかかりそうでしたがアオフタバランは咲き始めていました。もう少しで見頃になるのかと思いました。夏の主役の花、ヤマユリやオオバギボウシも盛期は過ぎていました。これからは初秋の花が咲いてくるのでしょうか。


アオフタバラン
DSC00062_convert_20200802214945.jpg

DSC00065_convert_20200802215035.jpg

マヤラン      このマヤランは高尾山の銀座通りと言われる?1号路に咲いていました。
DSC00042_convert_20200802214223.jpg

アキノタムラソウ    花をよく見ると毛深い花です。
DSC00044_convert_20200802214308.jpg

オオバギボウシ
DSC00046_convert_20200802214358.jpg

コバギホウシ
DSC00072_convert_20200802215420.jpg

タマアジサイ     盛夏に咲きだすアジサイ。
DSC00049_convert_20200802214503.jpg

センニンソウ     花はボタンヅルに似ています。葉を見れば区別は簡単です。
DSC00068_convert_20200802215220.jpg

コバノカモメヅル
DSC00055_convert_20200802214727.jpg

ヒメヤブラン
DSC00058_convert_20200802214825.jpg

シオデ
DSC00066_convert_20200802215108.jpg

キツネノカミソリ
DSC00071_convert_20200802215325.jpg

ゲンノショウコ
DSC00074_convert_20200802215500.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



2020-08-03 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ナガエオオカモメヅル目前 マムシ注意で退散 【2020/7月】

7月も最後の日、しかし梅雨明けはまだだし、コロナの感染者は増え続ける一方。世の中どうなってしまうのだろうかと気をもむこの頃です。

カモメヅルいろいろの最後としていたナガエオオカモメヅルを愛でようと多摩丘陵にある自然公園に行きました。ネット検索したときにこの公園に自生していることを知りました。この公園にはこれまでに3回訪れたことがありました。幅の広い登山道から自生地に続く細い登山道に入ろうとしたら、マムシの写真付きのマムシ注意の看板がありました。長靴を持ってくれば平気で入るのですが、山靴だとマムシの写真が行こうという気分を萎えさせてしまいました。

とりあえず幅の広い登山道を登り別の尾根を下り自生地の道に入ろうとしましたが、なんとこちらにも同じマムシの写真付き看板がありました。もう気分は帰ろということになりました。文字だけの看板なら、えーい行っちゃえとなるのですが写真付きの看板はどーおも苦手でした。ということでナガエオオカモメヅルの自生地までわずかにして退散となりました。お目当てには会えませんでしたが自然の中で咲いている花を愛でることができました。安心して行ける自生地を探して何とかナガエオオカモメヅルに会いたいと思っています。

アキノタムラソウ
DSC00033_convert_20200801062357.jpg

ヒヨドリバナ
DSC00035_convert_20200801062502.jpg

ヤマユリ
DSC00037_convert_20200801062540.jpg

ウバユリ
DSC00039_convert_20200801062609.jpg

ハンショウヅルの花が終わったあとのかな。
P7317525_convert_20200801062658.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-08-01 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

小さな小さな花のコカモメヅル 【2020/7月】

人生いろいろ カモメヅルもいろいろ・・・ありました。最近二つのカモメヅルを知りました。それはナガエオオカモメヅルとコカモメヅルでした。ナガエオオカモメヅルは当ブログに訪問していただきました「箱根パークボランティア」様のブログ「箱根の四季」に出ていました。そしてナガエオオカモメヅルの花や自生地についてネット検索をしているときにコカモメヅルを知りました。(当初ナガエオオカモメヅルを誤ってエナガオオカモメヅルとしてましたので8/1に修正しました。)

知ったら愛でてみたくなるものです。コカモメヅルの自生地を調べていたら東京近郊では奥多摩やサクラソウで有名な田島ヶ原にあることが分かりました。田島ヶ原に自生していると分かっても広い場所のどこに咲いているのか分からないと愛でることはできません。幸いにも旧知の方が田島ヶ原でのボランティア活動に参加していましたので情報をいただくことができました。この旧知の方は埼玉県でナガバクロカモメヅルとオオアオカモメヅルを最初に発見した人で「フィールドで使える図説植物検索ハンドブック埼玉2882種」への掲載にこぎ着けている植物に詳しい方です。

田島ヶ原への訪問は曇り空から雨降りになりました。田島ヶ原に着いてリュックから長靴と合羽を出して身に着けて観察路に入りました。この時期の観察路は両脇からヨシなどが生い茂って前が見えないほどです。草は濡れていますので合羽を着なければびしょ濡れになってしまいます。観察路には水が溜まっているので長靴が最適です。

このような環境の中でコカモメヅルを探します。いただいた情報は目標物とそこから10メートル手前でした。その周辺をじっくりと覗き込むように眺めました。意外と早く見つけました。本当に小さい小さいコカモメヅルの花でした。その後も背丈より高いヨシに絡んでいる大きな株がありました。

カモメヅルは現在キョウチクトウ科の植物となっています。そしてオオカモメヅルもコバノカモメヅルもカモメヅル属となっていますが、以前のガガイモ科の時はオオカモメヅルはオオカモメヅル属に、コバノカモメヅルはカモメヅル属で属が別でした。
そしてコカモメヅルはオオカモメヅル属でしたが、コカモメヅルの花を観察したときにオオカモメヅルの花よりコバノカモメヅルの花に似ているのかなと思いました。


コカモメヅル
DSC00032_convert_20200730063451.jpg

この株が一番大きく花も多くつけていました。小さな小さな花でした。
P7297503_convert_20200730065725.jpg

元はオオカモメヅルと同じ仲間でしたが花を愛でるとコバノカモメヅルに似ているなと思ってしまいます。
P7297509_convert_20200730064108.jpg

最初に見つけたコカモメヅルでした。花がかたまり写真には適さないと思いましたが初見の記念花です。
P7297492_convert_20200730063753.jpg

雨が降ってきて水滴がついてきました。
P7297516_convert_20200730064251.jpg

P7297512_convert_20200730064214.jpg

P7297510_convert_20200730064143.jpg

P7297499_convert_20200730063905.jpg

草が生い茂る観察路   濡れた草をかき分けて進みます。
P7297521_convert_20200730064624.jpg

オニユリ    旧知の方にお礼のメールを入れたときに観察路の入口にコオニユリが咲いていたと記したら、オニユリだと指摘されました。
P7297482_convert_20200730063552.jpg

タジマトラノオ         地元ではタジマトラノオと呼んでいるようです。
P7297484_convert_20200730063712.jpg

バアソブ       蕾と咲き終わった殻でした。開花のタイミングが合いませんでした。
P7297517_convert_20200730064341.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-07-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾は晴天なり ミドリオオカモメヅルを愛でに 【2020/7月】

土曜日の夕方の天気予報では、この先一週間もお日様のマークはなく梅雨空となっていました。一晩明けたら何と快晴の天気。久々に太陽を見ました。こんなに良い天気に家にいるのはもったいないと高尾へと出かけました。

今回のお目当ての花はミドリオオカモメヅルでした。ミドリオオカモメヅルという名は勝手につけたもので正式なものではありません。高尾ではカモメヅルとしてコバノカモメヅル、オオカモメヅル、アズマカモメヅル、シロバナカモメヅルをこれまで観察してきましたが、第5のカモメヅルとしてミドリオオカモメヅルの登場です。

オオカモメヅルは高尾では随所で見られます。コバノカモメヅルやアズマカモメヅルは限られた場所で見られますが、シロバナカモメヅルは一番お目にかかれないカモメヅルではないでしょうか。ミドリオオカモメヅルはオオカモメヅルの花の暗紫色の部分が緑色になっています。


オオカモメヅル     葉が大きいことから「オオ」がついているようです。花は小さいです。
DSC00009_convert_20200720053404.jpg

ミドリオオカモメヅル    オオカモメヅルの暗紫色の部分が緑色になっています。
DSC00010_convert_20200720053448.jpg

P7197469_convert_20200720053954.jpg

ハグロソウ     上下の2唇形の花です。
DSC00013_convert_20200720053527.jpg

マヤラン     今年は里山などで何回か愛でましたが、高尾ではお初でした。
DSC00021_convert_20200720053721.jpg

DSC00022_convert_20200720053756.jpg

ヤブミョウガ     高尾山では普通に見られる花ですが、よく観察すると綺麗な花です。
DSC00016_convert_20200720053603.jpg

ヤマユリ     高尾ではヤマユリが至る所で咲いています。
DSC00031_convert_20200720053915.jpg

コクラン     先日もコクランを愛でてますが、こちらのコクランは見頃です。このコクランは持ち込まれたものかも?
P7197480_convert_20200720054221.jpg

イワタバコ     湿った岩場に咲いています。
DSC00018_convert_20200720053640.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
ブログ内で「高尾山」と「高尾」が出てきますが、原則として「高尾山」の場合は高尾山本山をさしています。「高尾」は高尾山本山だけでなく奥高尾、南高尾なども含んでいます。
2020-07-20 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾でランランラン 【2020/7月】

この先も梅雨空が続くようで梅雨明けも月末になるのか、それとも八月にずれ込むのか天気予報も見通せないようです。雨の合間に高尾に出かけてきました。このところ高尾では花ブームなのか花を観察というより花の写真を撮る方が多くいます。それも圧倒的にご婦人が多いです。今回もお目当ての花のところに行くと必ず人がいました。

童謡の「あめふり」の歌詞にピッチピッチ チャプチャプ ランランランとありますが、この梅雨どきにはランランランが似合います。そして高尾でのランランランは、この梅雨どきに咲くラン科の花を3つ愛でたのでランランランでした。ベニシュスラン、ハクウンラン、コクランと紅・白・黒を愛でてきました。

ラン科では花が終っていたクモキリソウ、花茎が上がっていたアオフタバラン、ミヤマウズラがありました。ラン以外ではコバノカモメヅル、オオカモメヅル、アズマカモメヅル、ヤマユリ、オオバギボウシなどが咲いていました。

靴も泥だらけで高尾山口駅の靴洗い場は順番待ちでした。こんな梅雨空でも高尾の花は季節どおりに咲いていました。花を愛でると梅雨空のうっとおしさも晴れてきます。そして駅の売店で缶ビールを購入して電車に乗り飲むと、この日に愛でた花々が思い浮かびます。飲み終わったらすぐにマスクをつけました。現実の世界に引き戻されます。


ベニシュスラン
P7167380_convert_20200717214451.jpg

P7167371_convert_20200717214421.jpg

ベニシュスランと咲き終わったクモキリソウ
IMG_6360_convert_20200717214347.jpg

ハクウンラン
P7167405_convert_20200717214614.jpg

コクラン    花の向きがカメラのほうではありませんでした。ピンボケでした。
P7167442_convert_20200717214915.jpg

ミヤマウズラ     花茎が上がり来月半ばには咲くかな?
P7167384_convert_20200717214521.jpg

ツチアケビの実    実の形からウインナーソーセージのようだと言われます。
P7167462_convert_20200717215131.jpg

コバノカモメヅル
P7167428_convert_20200717214641.jpg

コバノカモメヅルですが、こちらの花の花びら(正式には花冠裂片というようです)の先が白ぽっくなっています。
P7167431_convert_20200717214727.jpg

アズマカモメヅル    今年の花はやや小さかったです。
P7167435_convert_20200717214837.jpg

オオカモメヅル      コバノカモメヅルに比べると圧倒的に小さな花です。
P7167455_convert_20200717215057.jpg

オオカモメヅルの実(袋果)がもうできていました。
P7167451_convert_20200717214949.jpg

イガホオズキの実
P7167432_convert_20200717214808.jpg

ノササゲ
P7167464_convert_20200717215258.jpg

ヤマユリ
P7167463_convert_20200717215232.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-07-18 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR