山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山系 陣場山 【H30/4月】

初夏のような陽気の金曜日でした。山梨県北杜市方面にスミレの観察に行く予定でしたが、急遽、陣場山に変更しました。陣場山の登りでは汗をかきました。汗をかいた後はビール。平日でも茶店は二軒が営業していました。冷えた缶ビールを買い飲みました。霞がかかっていましたが、ぼんやりと見える富士山を見ながらのビールは格別な味。平日にもかかわらず陣場山の山頂は登山者で賑わっていました。

山頂付近で1時間半かけて、ある花を探しましたが見つけることはできませんでした。どうやら遅かったのかも。しかし今シーズンお目にかかっていなかったフデリンドウ、センボンヤリ、イカリソウ、ミヤマエンレイソウを愛でることができましたので満足な一日でした。


フデリンドウ
P4201353_convert_20180420171700.jpg

センボンヤリ
P4201352_convert_20180420171559.jpg

イカリソウ
P4201350_convert_20180420171508.jpg

ミヤマエンレイソウ
IMG_8563_convert_20180420171137.jpg

ニリンソウ
IMG_8572_convert_20180420171358.jpg

ニリンソウ群生
P4201359_convert_20180420172212.jpg

ヒトリシズカ
P4201358_convert_20180420172123.jpg

マルバスミレ
IMG_8570_convert_20180420171306.jpg

ナガバノスミレサイシンとエイザンスミレ
P4201360_convert_20180420172317.jpg

オカスミレ    側弁の基部には毛がありますが、それ以外には毛がありませんでした。
P4201356_convert_20180421061836.jpg

アカネスミレ   全体的に毛があります。 
IMG_8567_convert_20180421070145.jpg

トリミングして毛を見ました。花柄や萼片(後方)に毛が見えます。
IMG_8567_convert_20180421072511.jpg

スミレ?   最初ノジスミレかと思いましたが「増補改訂 日本のスミレ」によれば、山のなかや高原などで見かけることはまずないと書かれてました。花が葉より高く咲くのでスミレかな?  
IMG_8577_convert_20180421093702.jpg

ヤマシャクヤク(蕾)   四年前くらいに見つけたヤマシャクヤク。蕾に花弁の白が見えます。来週には咲きそうです。
P4201361_convert_20180420172405.jpg

ヤマルリソウ
P4201362_convert_20180420172444.jpg

ミツバツツジ
P4201355_convert_20180420171913.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。


スポンサーサイト
2018-04-21 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京郊外 某緑地 【H30/4月】

山野草のブログをいろいろと拝見させていただいています。その中にキンランが咲いて掲載されているのがありました。もう咲いているなら、例年訪れている緑地のキンランも咲いているのかなと気になりましたので木曜日に行ってみました。

昨年より10日くらい前でしたが、もうキンランは花盛りでした。今年は桜が早く咲きましたが、野山の花も早く咲きだしていました。ギンランも咲き始めかかっていました。これから予定している花観察の日程も前倒ししていかないと見逃してしまいそうです。

キンラン
P4191314_convert_20180419213400.jpg

P4191320_convert_20180419213513.jpg

IMG_8522_convert_20180419213039_20180420163122550.jpg

IMG_8525_convert_20180420161016.jpg

IMG_8517_convert_20180419213009_201804201635558c0.jpg

P4191341_convert_20180419213652_20180420163441461.jpg

ギンラン
P4191330_convert_20180419213553_20180420163821dd5.jpg

P4191317_convert_20180420161135.jpg

P4191337_convert_20180420161202.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-04-20 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川 横浜自然観察の森 ~ 鎌倉天園 【H30/4月】

横浜自然観察の森から鎌倉アルプスにつづくハイキングコースを歩き鎌倉天園まで行きました。今回のお目当ての花はシロバナハンショウヅルでした。先週、花友さんから横浜自然観察の森でシロバナハンショウヅルが咲きだしたようだとの情報をいただきました。そして13日に花友さんが現地を訪れたら別の花友さんも来ていたそうで、いっぱい咲いていたとの情報を再度いただきました。

週明けの晴天の月曜日に横浜自然観察の森を訪れました。シロバナハンショウヅルの咲いている場所の情報も戴いていたのですぐに分かりました。図鑑やネットの写真で見ていましたが本物の花を愛でても、普通のハンショウヅルとは色が違うのでハンショウヅルとは思えませんでした。このシロバナハンショウヅルは鎌倉アルプスにつづくハイキングコースを歩いているときにも登山道の横に咲いていました。

横浜自然観察の森やハイキングコースには、いろいろな花が咲いていて、のんびり歩くことができました。そして鎌倉天園にある天園休憩所(茶店)でタケノコ料理とビールで舌鼓。ほろ酔い気分になったので最短コースの鎌倉宮に下りました。


シロバナハンショウヅル     花弁に見えるのは萼片です。 
IMG_4209_convert_20180417102007.jpg

ハンショウヅルは細い釣鐘形ですが、シロバナハンショウヅルはお椀型になっていました。
IMG_4211_convert_20180417102306.jpg

IMG_4201_convert_20180417101223.jpg

IMG_4208_convert_20180417101925.jpg

IMG_4210_convert_20180417102103.jpg

IMG_4228_convert_20180417103055.jpg

☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆
【参考】 
◎  ハンショウヅル (高尾山)   高尾や里山などでよく見かけます。
IMG_3713_convert_20180417135231.jpg

◎  ミヤマハンショウヅル (富士山五合目)  高山帯に自生しています。 
P7242695_convert_20180417135826.jpg

◎  コミヤマハンショウヅル (秋田駒ケ岳)  東北地方の高山に自生しています。ミヤマハンショウヅルの変種のようです。
P6261774_convert_20180417135750.jpg

◎  トリガタハンショウヅル (三ッ峠山)  高知県の鳥形山で発見され名前がついたそうです。
P6211585_convert_20180417135502.jpg

☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆  ☆☆☆☆

タツナミソウ    タツナミソウの仲間にはヤマ、オカ、コバノなど、頭に付くものがありますが、葉先が丸みを帯びているのでタツナミだと思いました。
IMG_4216_convert_20180417102612.jpg

チゴユリ
IMG_4218_convert_20180417102703.jpg

ミツバアケビ ?
IMG_4214_convert_20180417102409.jpg

エビネ
IMG_4225_convert_20180417102857.jpg

ホタルカズラ    観察の森にもありましたが、これはハイキングコースのほうに咲いていました。    
IMG_4226_convert_20180417102932.jpg

ホウチャクソウ
IMG_4231_convert_20180417103133.jpg

ウラシマソウ    湿り気のある場所に生えているイメージでしたが乾いたハイキングコースの至る所にありました。
IMG_4234_convert_20180417103226.jpg

フジ
IMG_4189_convert_20180417101123.jpg

天園休憩所   タケノコ料理1000円、ビール400円二本飲みましたので締めて1800円の昼食でした。
IMG_4236_convert_20180417103322.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-04-17 : 神奈川の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 棒ノ嶺~黒山~惣岳山 【H30/4月】

第2土曜日は奥多摩の清掃登山のボランティア活動日でした。今回は棒ノ嶺を奥武蔵側のさわらびの湯から入山し、黒山を通って岩茸石山、惣岳山を経て御嶽駅に下山しました。

結構、長いコースで登り下りもありましたので、歩くので精いっぱいでした。花もたくさん咲いていましたが写真を撮る余裕はあまりありませんでしたので主に休憩タイムの時に撮りました。

今シーズン、まだ愛でていなかったアケボノスミレ、マキノスミレ、フモトスミレに出会えることができました。歩いたコースはゴミが比較的少なく、どの山もこのようになればいいのになと思いました。


アケボノスミレ    葉が展開する前に花が咲くのが特徴のようです。
P4141290_convert_20180415071350.jpg

マキノスミレ
P4141306_convert_20180415071844.jpg

フモトスミレ
P4141305_convert_20180415071757.jpg

このスミレは上記のマキノスミレとフモトスミレの近くに咲いていました。花はフモトスミレに似ていますが、葉はマキノスミレに似ているので交雑種なのかな?
P4141302_convert_20180415071554.jpg

ナガバノスミレサイシン
P4141308_convert_20180415072024.jpg

エイザンスミレ
P4141269_convert_20180415070049.jpg

ヒメレンゲ
P4141270_convert_20180415070221.jpg

ツルネコノメソウ   高尾山系では自生している所は少ないですが、棒ノ嶺に登る沢沿いのコースでは至る所に生えていました。
P4141280_convert_20180415070826.jpg


ヨゴレネコノメ    花も終わっていました。葉はきれいな色になっていました。
P4141277_convert_20180415070731.jpg

イワウチワ    沢沿いの岩に生えて咲いていました、
P4141276_convert_20180415104329.jpg

ミツバコンロンソウ
P4141286_convert_20180415070915.jpg

ミヤマキケマン
P4141273_convert_20180415070513.jpg

ミツバツツジ
P4141307_convert_20180415071941.jpg

棒ノ嶺山頂の山桜
P4141293_convert_20180415071452.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。


2018-04-15 : 奥多摩 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

東京近郊の里山 【H30/4月】

昨年、コクランの自生地を訪れましたが花は既に終わり空振りとなりました。その時にクマガイソウの葉を2株見つけました。このクマガイソウにもう蕾がついているのだろうかと気になりましたので、この里山を観察フィールドにしている花友さんに偵察を日曜日の夜にお願いしました。

月曜日の14時前に花友さんからメールが来ました。「もう咲いている今行くしかない」とのこと。火曜日はスミレの観察を予定していたのを急遽変更して里山に向かいました。ところが昨年クマガイソウの葉を見た場所を何回も見渡してもクマガイソウはありませんでした。おそらく盗掘に遭ったのでしょう。それにしても花友さんは咲いているクマガイソウをどこで見つけたのか、火曜日は仕事に行っている花友さんに12時になったら即電話をかけて聞きました。なんと尾根を一つ越えたところだと。帰りの電車で月曜日のメールを読み返したら、ちゃんと書いてありました。咲いているというところしか読まなかったのが咲いている場所に行けなかった原因でした。

一つ尾根を越えて探すとクマガイソウがひっそりと咲いていました。しかし花友さんの花探しの感性には驚きでした。その後、この里山に詳しい方と偶然お会いして話を聞くと、このクマガイソウは自生のものだと言ってました。いつもは、こんなに早く咲かないそうです。ここのクマガイソウが盗掘に遭わず、毎年咲いていてほしいと思いながら下山しました。


クマガイソウ
IMG_8495_convert_20180410220707.jpg

IMG_8490_convert_20180410220616.jpg

IMG_8486_convert_20180410220529.jpg

IMG_8508_convert_20180410221117.jpg

IMG_8510_convert_20180410221158.jpg

P4101268_convert_20180410222332.jpg

IMG_8513_convert_20180410221250.jpg

チゴユリ
IMG_8501_convert_20180410221023.jpg

ツクバキンモンソウ
P4101263_convert_20180410221748.jpg

ウラシマソウ
P4101256_convert_20180411071605.jpg

ノジスミレ
P4101250_convert_20180410221425.jpg

ニリンソウ
P4101249_convert_20180410221345.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-04-11 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR