山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

東京清瀬 中里緑地保全地域 【H29/3月】

昨年も訪れている中里緑地保全地域に行ってきました。お目当ての花はヒロハアマナです。先日行った田島ヶ原ではヒロハアマナが咲いていたので中里緑地保全地域も咲いているかなと思い、昨年より10日くらい早く行きました。

A区では咲いていませんでした。B区で探していたらボランティアの腕章を付けた地元の保護団体の方が来ましたので、咲いているのがあるかお伺いしました。この辺りに咲いていたのがあったというところを探しました。通路を挟んで上側に咲いているのがありました。

晴れていても気温が上がらないと花が開かないようです。C区に行ったら先ほどのボランティアの方がいて、咲いているところに案内していただきました。本格的に咲くのは今月中旬からになるようです。その頃は探さなくても花のほうから目に飛び込んでくるようになると思います。昨年訪れたときは探さなくても花が至る所に咲いていました。


ヒロハアマナ
IMG_2878_convert_20170309170403.jpg

IMG_2883_convert_20170309170440.jpg

IMG_2888_convert_20170309170459.jpg

IMG_2890_convert_20170309170517.jpg

IMG_2892_convert_20170309170600.jpg

IMG_2876_convert_20170309170307.jpg

IMG_2875_convert_20170309170243.jpg

IMG_2882_convert_20170309170420.jpg

IMG_2891_convert_20170309170537.jpg

ヒロハアマナの名前について、昨年はヒロハノアマナとしましたが、先日の田島ヶ原、そして今回はヒロハアマナとしました。正式にはヒロハノアマナで、別名がヒロハアマナのようです。別名で標記しているのが多いようなので別名を使いました。

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。














スポンサーサイト
2017-03-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京ドーム 世界らん展 日本大賞2017 【H29/2月】

東京ドームで開催されている「世界らん展 日本大賞2017」を見に行ってきました。園芸種のランですが素晴らしい花々がいっぱいでした。どんなランが日本大賞を受賞したのかも関心がありましたが、一番興味を持っていたのは特別企画の「あなたの知らない蘭との出会い ~光を愛する蘭と地中に息づく蘭~」でした。

特別企画の内容は腐生蘭でしたので、私の知っているランでした。ツチアケビのウインナーソーセージの形をした果実の標本などが展示されていました。それでも2016年に新発見された「二大腐生蘭」には興味がありました。標本とパネルの説明と写真の展示でしたが、咲かない花をつけるクロシマヤツシロランと屋久島で発見されたタブガワムヨウランには本物を見てみたいなと思いました。実際に黒島や屋久島に行って見るのは難しいので、その代わりのものとして東京近郊のクロヤツシロランやクロムヨウランを愛でることで我慢しようと思いました。


日本大賞2017を受賞したラン
IMG_6827_convert_20170214113034.jpg

特別企画
IMG_6843_convert_20170214113437.jpg

上記の説明パネルの写真を撮ったものです。花弁の先が紫色で、クロムヨウランに似ているなと思いました。
IMG_6842_convert_20170214113402.jpg

咲かない花をつけるクロシマヤツシロラン
IMG_6840_convert_20170214113246.jpg

パネルの写真を撮ったものです。
IMG_6841_convert_20170214113309.jpg

世界初の光合成しないマヤランとスルガランとの交配種  パネルの写真を撮ったものです。
IMG_6848_convert_20170214113459.jpg

ランの花色々
IMG_6836_convert_20170214113122.jpg

IMG_6837_convert_20170214113149.jpg

IMG_6851_convert_20170214113522.jpg

IMG_6854_convert_20170214113551.jpg

IMG_6869_convert_20170214113842.jpg

IMG_6871_convert_20170214113910.jpg

IMG_6873_convert_20170214113945.jpg

IMG_6874_convert_20170214114012.jpg

IMG_6876_convert_20170214114108.jpg

IMG_6885_convert_20170214114402.jpg

IMG_6897_convert_20170214114659.jpg

IMG_6900_convert_20170214114729.jpg

IMG_6908_convert_20170214114904.jpg

IMG_6914_convert_20170214115028.jpg

IMG_6830_convert_20170214113059.jpg

IMG_6857_convert_20170214113617.jpg

IMG_6858_convert_20170214113653.jpg

IMG_6859_convert_20170214113717.jpg

IMG_6860_convert_20170214113748.jpg

IMG_6865_convert_20170214113814.jpg

IMG_6875_convert_20170214114041.jpg

IMG_6883_convert_20170214114333.jpg

IMG_6896_convert_20170214114622.jpg

IMG_6901_convert_20170214114800.jpg

IMG_6906_convert_20170214114829.jpg

IMG_6910_convert_20170214114955.jpg

IMG_6917_convert_20170214115056.jpg

IMG_6826_convert_20170214113007.jpg

IMG_6825_convert_20170214112937.jpg

IMG_6879_convert_20170214114234.jpg

IMG_6880_convert_20170214114304.jpg

IMG_6889_convert_20170214114442.jpg

IMG_6890_convert_20170214114511.jpg

IMG_6893_convert_20170214114543.jpg

IMG_6920_convert_20170214115225.jpg

IMG_6921_convert_20170214115249.jpg

IMG_6919_convert_20170214115156.jpg

IMG_6918_convert_20170214115126.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。









































2017-02-14 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京八王子 東京薬科大学薬用植物園 【H29/1月】

観察会仲間のピテカン&カッパさんのブログ「花とキノコの山日記」を見させていただきましたら、房総のむらに咲くコセリバオウレンが掲載されていましたので、見に行きたいなと思いましたがちょつと千葉までは遠いと思い、東京でコセリバオウレンがあるところをネットで探しました。

幾つかの場所に植栽のコセリバオウレンがありましたので、その中から東京薬科大学薬用植物園に行ってきました。植物園は展示温室、見本園、自然観察路、圃場とによって構成されていました。自然観察路は多摩丘陵の地形を生かしており、植物名の立札を見ると山野草が色々とありました。その中に自生のものは見るのが難しく植栽でもいいから見てみたいと思っていた植物がありました。花の咲く頃には是非訪れたいと思いました。

コセリバオウレンも自然観察路にありましたが、花はすぐには見つからず、じっくり眺めたら数本咲いていました。とりあえず花が見れたので満足でした。見本園には花は咲いていませんが、コセリバオウレン、セリバオウレン、キクバオウレンが並んでいて葉の違いなどが分かり勉強になりました。昼食は一般の人も利用できる大学の図書館棟にある学食でいただきました。安くて美味しかったです。


コセリバオウレン
IMG_2728_convert_20170118225551.jpg

IMG_2733_convert_20170118225659.jpg

ナニワズ ?   説明の立札がありませんでした。別の場所にあったナニワズの立札の写真と似ていたので・・・。
IMG_2709_convert_20170118225333.jpg

ウグイスカグラ
IMG_2710_convert_20170118225353.jpg

???   説明の立札がありませんでしたので。
IMG_2712_convert_20170118225438.jpg

見本園
ケブカワタ
IMG_2723_convert_20170118225526.jpg

展示温室
レモン
IMG_2699_convert_20170118225119.jpg

カカオ
IMG_2700_convert_20170118225147.jpg

ミラクルフルーツ
IMG_2701_convert_20170118225207.jpg

ニチニチソウ
IMG_2703_convert_20170118225248.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。







2017-01-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京小金井 都立野川公園自然観察園 【H29/1月】

野川公園の自然観察園にセツブンソウを愛でに行ってきました。当ブログに訪問していただいたnomu様のブログ「やすらぐ自然を追い求めて・ブログ編」を見させていただいたら野川公園のセツブンソウが掲載されていました。

見てびっくりでした。もう咲いているとは。昨年は2月7日に訪れました。こんなに早く咲いているなら早く行って愛でなければと思いました。自然観察園といってもほとんどが植栽されている植物ですが、とりあえず自生地より早く愛でることができるので、そのことは嬉しいことです。

2月の下旬になれば秩父方面の自生地にセツブンソウを愛でに訪れていますが、野川公園のセツブンソウがこんなに早く咲いているので自生地のセツブンソウも今年は早く咲くのではないかと期待しています。

セツブンソウ
IMG_2692_convert_20170113170739.jpg

IMG_2693_convert_20170113170822.jpg

IMG_2695_convert_20170113170842.jpg

IMG_2696_convert_20170113170906.jpg

IMG_2697_convert_20170113170934.jpg

IMG_2698_convert_20170113171004.jpg

P1131218_convert_20170113171032.jpg

P1131221_convert_20170113171101.jpg

P1131224_convert_20170113171128.jpg

ソシンロウバイ    この花は野川公園の隣の武蔵野公園に咲いていました。
P1131226_convert_20170113171148.jpg

P1131227_convert_20170113171208.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。











2017-01-13 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京近郊の里山 【H28/12月】

毎年12月になると翌年の花観察の計画を立てています。まだ見たことのない花をできるだけ選んでいます。夏に咲くクロムヨウランを来年は是非愛でてみたいと思っています。夏にクロムヨウランを愛でるには、自生地を知っている方に教えていただくか、自分で探すしかありません。

自分で探すには、この冬の間に自生地を見つけることになります。ある里山でクロムヨウランを2株見たと言う情報を耳にしました。この情報だけでその里山に向かいました。駅からバスに40分ほど乗り、里山の登山口らしきところに行きました。民家があって庭に人がいたので里山に行く道を尋ねました。この道は山の上まで続いているが、何年も草刈りをしていないので草ぼうぼうだと教えてくれました。冬なので草も刈れているのでそれほどでもなく道らしき跡を登って行きました。

登るにつれカンアオイの葉が目立ちましたが花は付いていませんでした。尾根に出ると日当たりのよいところにはシュンランが沢山ありました。コウヤボウキには綿毛が付いていました。この里山のどこにクロムヨウランがあるのか見当もつきません。空振りを覚悟し鈍った体のトレーニングと割り切りましたが、登山道の左右を見ながら歩きました。そんなとき、ある植物が自生しているような雰囲気の場所がありました。その植物の殻があるかなと見渡しましたがありませんでした。しかし、遠くに黒い針金のようなものが立っているのが目に入りました。

近づいて見ると何とお目当てのクロムヨウランの殻でした。そして周囲を見渡すと、そこにもある、あそこにもあるという状況になりました。3メートルの範囲内に12株確認しました。範囲を広げれば、まだあると感じました。メモ帳に大きな木を目標物として、右に1.5メートル、左に30センチなどと見つけたクロムヨウランの自生場所をメモしました。こんな幸運なことが起きるとは驚きでした。

この里山はネット検索しても出てきませんでした。無名の里山のようですが、クロムヨウランの自生場所には空き缶が幾つか捨てられていたので、人が入っている場所のようでした。知る人ぞ知るクロムヨウランの自生地のようでした。


クロムヨウランの殻

最初に見つけた殻です。
PC151089_convert_20161216110543.jpg

そして周りを見渡すと、ここにも、あそこにも。
PC151094_convert_20161216110604.jpg

PC151096_convert_20161216110626.jpg

PC151100_convert_20161216110650.jpg

PC151102_convert_20161216110715.jpg

この殻の実は割れてきました。
PC151109_convert_20161216110802.jpg

マンリョウの実
PC151083_convert_20161216110340.jpg

ヤブランの実
PC151084_convert_20161216110416.jpg

ジャノヒゲの実
PC151085_convert_20161216110440.jpg

シュンラン  花芽が出ていました。
PC151086_convert_20161216110500.jpg

コウヤボウキの綿毛
PC151088_convert_20161216110519.jpg

タチツボスミレ  下山のときに日当たりのよい斜面に咲いていました。
PC151112_convert_20161216112236.jpg












2016-12-16 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR