FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

寒中の奥多摩で清掃登山 【2020/2月】

ようやく冬らしい寒さが続くようになりました。第2土曜日は奥多摩の清掃登山のボランティア活動日でした。今回は笹尾根の丸山と土俵岳に行ってきました。

数馬行きのバスで笛吹(うずしき)入口で下車して笛吹峠を経て丸山に、そして土俵岳に登り浅間峠から上川乗に下山しました。登山道にはゴミは少ないなと思っていたら丸山の山頂の山梨県側にはゴミがたくさんありました。浅間峠もゴミが多くありました。ゴミは山に捨てずに持ち帰ってほしいです。

ボランティア活動の際にも歩きながらゴミ探しをしつつ植物の花や実があるか見廻していましたが、今回は花も実もありませんでした。こんなことは初めてかと思います。植物の写真は1枚もありません。清掃活動の写真だけの掲載です。


道標の補修をするところです。清掃だけでなく標識や登山道の補修なども行っています。
IMG_0759_convert_20200209103021.jpg

丸山の山頂付近でのゴミ拾い
IMG_0764_convert_20200209103047.jpg

IMG_0765_convert_20200209103138.jpg

拾ったゴミの分別作業です
IMG_0768_convert_20200209103212.jpg

IMG_0769_convert_20200209103623.jpg

山に登られる方はぜひともゴミは持ち帰り、山をきれいにしましょう!!

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



2020-02-09 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

2020年の初清掃登山 【2020/1月】

第2土曜日となった11日は奥多摩の清掃登山のボランティア活動日でした。今回は1年前と同じく青梅線の日向和田駅から梅の公園まで行き、登山口から日の出山に登りました。

歩き始めはゴミもほとんどありませんでしたが、三室山を過ぎて梅野木峠に着いたら峠の周辺はゴミの投げ捨てがたくさんありました。缶、ペットボトル、そしてタバコの吸い殻など、ここでの清掃にずいぶんと時間がかかりました。この峠は舗装された林道が通っておりマウンテンバイクの方たちが多く来るところです。おそらく登山者ではなくマウンテンバイクで来る方たちが捨てたゴミと思われます。

日の出山の山頂は多くの登山者でにぎわっていました。日の出山から御岳山への尾根道では斜面に投げ捨てられた缶やペットボトルがありました。これらは登山者の方たちが捨てたと思われます。ゴミは捨てずに持ち帰ってほしいと思います。収集したゴミは御岳ビジターセンターで不燃、可燃などに分別して、処分はビジターセンターにお願いしています。

清掃活動をしながら登山道沿いの植物を探しました。カンアオイ、サネカズラの実、ツルリンドウの実などを観察することができました。御岳山の6日に見た氷の華はすべて溶けていてありませんでした。


サネカズラの実
P1116283_convert_20200112094340.jpg

カンアオイ
P1116285_convert_20200112094454.jpg

カンアオイの花に近づいて撮りました
P1116284_convert_20200112094427.jpg

ツルリンドウの実
P1116286_convert_20200112094546.jpg

タチツボスミレ
P1116294_convert_20200112094719.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
2020-01-12 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

氷の華にも温暖化の影響が・・・? 【2020/1月】

6日になれば世間の正月休みが終わり仕事始めになるので山も少しは空いているかと思い、2020年の山始めは御岳山の氷の華を愛でにいってきました。

御岳山には3日に雪が降ったとかで、まだ雪が残っていて1か所目の自生地では氷の華がどこにあるのか分からずじっくりと探しました。やや小ぶりの氷の華が幾つか愛でることができました。形も奇麗なものはありませんでした。その時に地元の方が少し先には毎年大きいのが出ると話しかけられたので行ってみると一つだけでしたが大きめのがありました。

そして2か所目では雪は残っていませんでしたので氷の華はすぐに分かりましたが例年に比べてやはり小ぶりでした。次は例年大型の氷の華が群生するところに行きました。雪はまばらに残っていましたが、なんと氷の華は一つもありませんでした。下山は表参道を下りました。途中に氷の華がでるところがありますが、ここも一つもありませんでした。やはり温暖化のせいなのでしょうか。この先、いずれ氷の華も見られなくなる時代が来るのではないだろうかと思いました。


氷の華
高尾ではシモバシラという植物に氷の華ができるのでシモバシラと呼んでいますが、御岳山ではカメバヒキオコシという植物に出るので氷の華と呼ばれています。

IMG_0638_convert_20200107102438.jpg

IMG_0635_convert_20200107102336.jpg

IMG_0640_convert_20200107102511.jpg

IMG_0643_convert_20200107102539.jpg

IMG_0646_convert_20200107113305.jpg

IMG_0649_convert_20200107102704.jpg

IMG_0650_convert_20200107113330.jpg

IMG_0651_convert_20200107102808.jpg

IMG_9665_convert_20200107113116.jpg

IMG_9666_convert_20200107113200.jpg

陽当たりの良いところにタチツボスミレが咲いていました。
IMG_0632_convert_20200107102237.jpg

IMG_0633_convert_20200107102306.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
2020-01-07 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩の青梅丘陵で清掃登山 【2019/12月】

第2土曜日は今年最後の奥多摩の清掃登山のボランティア活動日でした。軍畑駅から車道を歩き榎峠へ。そこが登山口で雷電山や三方山などを歩き青梅駅に下山しました。

青梅丘陵はこれまでにフクジュソウやキッコウハグマを愛でに何回か歩いていましたが、久々に歩いたら結構登り下りのあるロングコースでした。

天気も良かったので丘陵を歩く登山者も多くいましたが、ゴミは比較的少なかったです。それでもペットボトルや缶を登山道から斜面の樹林帯に投げ捨てたのがありました。山に行く方は是非ともゴミは持ち帰ってほしいと思います。

今回は参加者が24名と多くいましたのでゴミを探しながらの歩きで植物を探して写真を撮るのは難しく、昼食や休憩のときに立ち止まった際に周辺にあった花や実をちょこっと観察しました。写真もあわてて撮ったものばかりです。


マンリョウの実
PC146247_convert_20191215060836.jpg

マンリョウの実     初めて白い実を見ました。
PC146250_convert_20191215060938.jpg

ミヤマシキミの実     赤い実が目立ちます。
PC146251_convert_20191215061105.jpg

ヤブコウジの実
PC146252_convert_20191215061140.jpg

カンアオイ
PC146253_convert_20191215061213.jpg

ミヤマフユイチゴの実     葉の先が尖っていますので高尾でよく見かけるミヤマフユイチゴでした。葉の先が尖らないフユイチゴもありましたが何故か実を付けていませんでした。
PC146254_convert_20191215061246.jpg

アメリカオニアザミ     初めて見ましたが外来種だそうです。ネットで見ましたが自治体によっては駆除植物になっていました。こんな外来種が山の中まで生えているとは繁殖力に驚きです。
PC146255_convert_20191215061327.jpg

ヤブムラサキの実       枝にわずかに残っていました。
PC146258_convert_20191215061353.jpg

マンリョウの実が驚くほど多く付いていました。
PC146260_convert_20191215061422.jpg

ヒイラギ      当初ヒサカキと記載しましたが誤りでした。雌雄異株です。キンモクセイと同じ属なので似た芳香がありました。
PC146261_convert_20191215061504.jpg

富士山の頭がちょこっと見えました。
PC146267_convert_20191215061624.jpg
 
当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
    


2019-12-15 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

エェー!! これも花なの? 【2019/9月】

7月下旬に東京都の広報紙に檜原都民の森で自然教室「寄生植物のガイド」が9月1日に開催されると掲載されていましたのでネットで参加申し込みをしました。その後、申し込みの確認メールが届き申し込み多数の場合は抽選になる旨が書かれていました。もしかしたら参加できないかなと思っていたら8月21日に参加のお知らせが届きました。

そして9月1日に都民の森に行きました。なんと花友さんが3人も参加していました。山はガスが出て雨も降り出してきました。森林館の会議室で寄生植物について画像での説明がありました。一番驚いたのはピンク色のギンリョウソウでした。ギンリョウソウは白いものと思っていたのでピンク色のがあるとはびっくりでした。今回の自然教室の寄生植物の主役はミヤマツチトリモチでした。カエデ類やイヌシデなどの根に寄生するそうです。雌雄異株で雄株はまだ発見されていないとか。

図鑑とかネットでは見ていますが本物はまだ見ていません。本物と対面が楽しみになってきました。森林館の職員とボランティアの方たちと山に入りました。雨も上がり曇り空の中、山道を登りました。アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)がありました。この植物も枯れ葉などの有機物に寄生しているそうです。

そして本命のミヤマツチトリモチは、以前はこの辺りに多くあったとか、根茎の先が残存するので痕跡の確認をしたりしましたが本命には辿りつきませんでした。そしてようやくミヤマツチトリモチがありました。一見キノコに見える植物でしたが、これでも双子葉植物だそうです。


ミヤマツチトリモチ
キノコのような傘に見えるところが、肉穂花序だそうです。
IMG_0265_convert_20190902105155.jpg

肉穂花序の下が花序枝になるそうです。
IMG_0268_convert_20190902105832.jpg

花序枝の周りには鱗片状の葉が見えます。
IMG_0267_convert_20190902105536.jpg

IMG_0280_convert_20190902110403.jpg

IMG_0263_convert_20190902104734.jpg

IMG_0284_convert_20190902110906.jpg

ミヤマツチトリモチ以外に愛でた花々
アキノギンリョウソウ(ギンリョウソウモドキ)
IMG_0248_convert_20190902103339.jpg

ヤマジソ     とても小さな花でした。
IMG_0255_convert_20190902103830.jpg

ツルリンドウ
IMG_0259_convert_20190902104147.jpg

ヤマジノホトトギス
IMG_0261_convert_20190902104631.jpg

ミヤマウズラ     ラン科にはジンバイソウがありましたが鹿に食べられて葉だけでした。
IMG_0242_convert_20190902103045.jpg

オクモミジハグマ
IMG_0282_convert_20190902110546.jpg

ソバナ
IMG_0287_convert_20190902111057.jpg

コバギボウシ
IMG_0239_convert_20190902164505.jpg

キツリフネ
IMG_0240_convert_20190902102912.jpg

ツリフネソウ
IMG_0241_convert_20190902103007.jpg

ツリフネソウ     花の色が薄いピンク色です。
IMG_0290_convert_20190902111500.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
久々に都民の森に行きましたが、鹿による食害がひどいです。この問題は奥多摩だけでなく全国的なものだと思います。防鹿ネットで部分的に囲んで植物を守るだけではどうにもならないような気がします。鹿を減らす対策を行政が本格的に取り組んでほしいなと思いました。
2019-09-02 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR