FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

穂高連峰仰ぎ足元一面にニリンソウ その② 【2019/5月】

穂高連峰仰ぎ足元一面にニリンウが咲く徳沢は、私にとって上高地デビューの一歩目を踏んだ思い出の地です。昭和の時代に燕岳~常念岳~蝶ヶ岳~大滝山を縦走して、大滝山から下山して着いたのが徳沢でした。今は廃道になっていますが、当時は登山道がありました。

その後も徳沢は涸沢への行き帰りの通過地で徳澤園のソフトクリームを食べたところでした。今回もソフトクリームを食べました。穂高連峰を仰ぎながら食べるソフトクリームはより一層美味しく感じます。

今回のニリンソウ巡りでは、上高地を出発してからずっとミドリニリンソウを探しながら歩きましたがなかなか見つけられませんでしたが、明神と徳沢の間の一定の範囲内で多く咲いていました。それ以外のところでは見つけることはできませんでした。またピンク系のニリンソウは徳沢と横尾の間に多く咲いていました。

ニリンソウ以外の花ではツバメオモトとサンカヨウが横尾まで随所に咲いていました。全然咲いていなかったイワカガミですが、横尾に向かっているときに1株だけ咲いていました。スミレではオオタチツボスミレ、オオバキスミレ、ニョイスミレを愛でることができました。

明神から上高地へは木道のある遊歩道を歩きましたが、ここではレンプクソウやフデリンドウが咲いていました。今回は通常の歩行タイムの1.5~2倍かけて花を探し、花を撮り、ゆっくりのんびりの散策でした。2日間とも快晴の青空で、その中に残雪の穂高連峰がそびえ楽しい時間を過ごせました。


ニリンソウ 花びらに見える萼片は5~6枚が一般的のようです。
P5244871_convert_20190531093048.jpg

右側のニリンソウは萼片が8枚です。
P5254960_convert_20190531093138.jpg

ピンクニリンソウ   間もなく開花という感じです。
IMG_9501_convert_20190531104048.jpg

河童橋付近からの穂高連峰
IMG_9543_convert_20190531104947.jpg

ツバメオモト
IMG_9504_convert_20190531104206.jpg

エンレイソウ
IMG_9515_convert_20190531104602.jpg

IMG_9530_convert_20190531104647.jpg

シロバナエンレイソウ
IMG_9510_convert_20190531104439.jpg

P5254911_convert_20190531105923.jpg

横尾に向かう途中から。大天井岳だそうです。
P5254919_convert_20190531110133.jpg

オオバキスミレ 唇弁が他の弁より小さいです。
P5244891_convert_20190531105649.jpg

オオタチツボスミレ    距が白色です。
P5254942_convert_20190531110320.jpg

ニョイスミレ
P5254968_convert_20190531110608.jpg

フッキソウ
P5244841_convert_20190531105223.jpg

エゾムラサキ     ワスレナグサの仲間だそうです。
P5244840_convert_20190531105129.jpg

宿泊した徳沢ロッヂ     夕食はハンバーグ、イワナの塩焼きなどでした。
P5254901_convert_20190531105730.jpg

イワカガミ
P5254917_convert_20190531110059.jpg

コミヤマカタバミ
P5244837_convert_20190531105033.jpg

ネコノメソウ     黄色が綺麗でした。調べるとネコノメソウのようです。
IMG_9542_convert_20190531104904.jpg

こんな綺麗なネコノメソウは初めてです。
P5244854_convert_20190531105452.jpg

ツルネコノメソウ
P5244844_convert_20190531130759.jpg

コチャルメルソウ
P5244842_convert_20190531105319_20190531114440dcd.jpg

ヒメイチゲ
P5244850_convert_20190531105403.jpg

レンプクソウ
P5254970_convert_20190531110647.jpg

ラショウモンカズラ
P5254977_convert_20190531110734.jpg

横尾に近くになった道には雪が残っていました。
P5254922_convert_20190531110228.jpg

タケシマラン
IMG_9505_convert_20190531104320.jpg

サンカヨウ
P5244864_convert_20190531105550.jpg

ヤマシャクヤクはまだ蕾でした。
P5254910_convert_20190531105830.jpg

ヤマエンゴサク
IMG_9522_convert_20190531130702.jpg

フデリンドウ
IMG_9537_convert_20190531104727.jpg

白花のフデリンドウ
P5254983_convert_20190531110806.jpg

オオカメノキ
IMG_9484_convert_20190531104002.jpg

横尾の近くです。
IMG_9512_convert_20190531104521.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-05-30 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

穂高連峰仰ぎ足元は一面のニリンソウ その① 【2019/5月】

上高地に行ってきました。お目当ての花はニリンソウでした。ニリンソウは高尾や里山などいたるところで愛でている花ですが、徳沢辺りのニリンソウの群生は素晴らしいということを聞いたりネットで見たりしていましたので話しのタネにでもと思い、出かけました。

特急あずさ1号に乗り松本から電車、バスと乗り継ぎ上高地にちょうど12時に着きました。平日でも河童橋付近は観光客でいっぱいでした。観光客も明神までは多くいましたが明神を過ぎると登山靴の方々ばかりでした。初日は徳沢まで、のんびりとニリンソウやサンカヨウ、ツバメオモトなどの花を愛でながら散策しました。

今年は花の開花が遅れているそうです。例年ならイワカガミやシャクナゲなども咲いているそうですが、まだ咲いていませんでした。ニリンソウも例年より遅くようやく見頃になってきたようです。この日は徳沢ロッヂに宿泊しました。平日でもニリンソウお目当ての方が多いようでかなりの宿泊者がいました。

翌日は横尾まで散策してから上高地まで戻りました。話のタネのニリンソウですが「半端ない!」というのが結論です。一度は見る価値があると思いました。ロッヂに泊まっていた方と話をしたら、毎年この時期に徳沢を訪れているという方もいました。


穂高連峰仰ぎ足元は一面のニリンソウ  徳沢ロッヂの前からの景色です。 
IMG_9526_20190529052538b5c.jpg

道の両側はニリンソウのお花畑です。
P5244886_convert_20190529164911.jpg

樹林帯の中までニリンソウです。
P5244873_convert_20190529165118.jpg

IMG_9521_convert_20190529165228.jpg

早朝だとニリンソウの花も閉じていました。
P5254895_convert_20190529165335.jpg

ピンク系のニリンソウ
ピンク系の蕾  高尾でも見られますが、やはり標高が1500メートルくらいのところのものは色が濃いです。
P5254938_convert_20190529171539.jpg

淡いピンクの色がとても素敵です。
P5254937_convert_20190529171638.jpg

花弁に見えるのが萼片です。萼片の外側も内側もピンクが混じっています。
IMG_9523_convert_20190529171727.jpg

淡いピンクが入ったニリンソウ
IMG_9519_convert_20190529171809.jpg

IMG_9520_convert_20190529171906.jpg

P5254931_convert_20190529172031.jpg

P5254936_convert_20190529172123.jpg

P5254940_convert_20190529172226.jpg

ピンク系のミドリニリンソウ      萼片の内側と外側がピンクですが内側にはミドリ色も見えます。
P5244889_convert_20190529172322.jpg

ミドリニリンソウの縁にピンク色が入っています。
P5254953_convert_20190529201627.jpg

ほぼ全面的なミドリニリンソウ
P5244879_convert_20190529202412.jpg

P5254959_convert_20190529202457.jpg

P5254954_convert_20190529203901.jpg

右側の花は白い部分がやや多くなっています。
P5254957_convert_20190529201751.jpg

縁は白が残っているミドリニリンソウ
P5244880_convert_20190529202119.jpg

P5254956_convert_20190529202204.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
2019-05-29 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北アルプス 立山 その③ 【H30/8月】

2日目の朝方は雲やガスで天気も良くなかったですが、昼近くになって青空が広がり夏山という感じになりました。12年前に奥大日岳に登ったときは今回より数日遅い日でしたが、素晴らしいお花畑を見ることができました。年によって花の咲く時期がこんなに違ってくるのかと思い知らされました。

広大なお花畑を見ることはできませんでしたが、高山植物の個々の花は色々と愛でることができました。連日猛暑の下界に比べ天然クーラーの中で短時間でしたが過ごせました。山の下りでも膝痛が出なかったので一安心しました。

今回一番きつい登りは雷鳥沢から室堂バスターミナルへのコンクリートの階段と坂道でした。疲れました。12年前はテントも背負い大きなザックでしたが、平気で歩けました。体力も落ちているのだとつくづく感じました。疲れた分、室堂バスターミナルの2階のレストランでの昼食、生ビールが美味かったです。


ミヤマリンドウ      タテヤマリンドウに比べ色が濃いです。
P8032829_convert_20180807055937.jpg

オヤマリンドウ    秋の花のイメージがありますが、もう咲いていました。
IMG_4619_convert_20180807055216.jpg

コイワカガミ     ほとんどが咲き終わっていましたが、咲いているのを見つけました。
IMG_4597_convert_20180807054900.jpg

アオノツガザクラ
P8032802_convert_20180807055645.jpg

ツガザクラ     一瞬アカモノかと思いましたが葉が違っていました。ツガザクラのようです。
P8032838_convert_20180807060159.jpg

イワイチョウ    この花はまだ至る所に咲いていました。
P8032820_convert_20180807055751.jpg

クロトウヒレン ?
P8022773_convert_20180807055321.jpg

ヤチトリカブト    
IMG_4580_convert_20180807054636.jpg

キヌガサソウ 最盛期を過ぎた花でした。
P8032827_convert_20180807055846.jpg

コシジオウレン ?
IMG_4599_convert_20180807054958.jpg

花だけ見たらタカネシュロソウと思ったのですが葉が違います。どうやらクロクモソウのようです。
P8032852_convert_20180807060501.jpg

P8032851_convert_20180807060404.jpg

新室堂乗越から別山方面のお花畑    チングルマだけが点々と咲いていました。
P8032831_convert_20180807060028.jpg

ミヤマキンバイ
P8032837_convert_20180807060122.jpg

ウサギギク
P8032859_convert_20180807060743.jpg

イワオウギ
P8032863_convert_20180807061022.jpg

ハクサンフウロ
P8032862_convert_20180807060930.jpg

ヨツバシオガマ
P8032856_convert_20180807060554.jpg

雷鳥沢
P8022785_convert_20180807120409.jpg

室堂に戻ったときは奥大日岳方面も天気は回復してきました。
P8032861_convert_20180807060836.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
IMG_4594_convert_20180807142039.jpg

タカネニガナ
P8032858_convert_20180807060648.jpg

ロッジ立山連峰の夕食    生ビールは600円でした。
P8022791_convert_20180807055417.jpg

こちらは朝食です。
P8032792_convert_20180807055501.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。



2018-08-07 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北アルプス 立山 その② 【H30/8月】

アルプスの雰囲気を味わいたくて立山に行きましたが、北アルプスは2010年に鷲羽岳、2011年に燕岳、2012年に南アルプス悪沢岳、2013年に北岳へ登った以降は膝の調子がいまいちで、特に下りが痛くなります。そのため楽な八方尾根とか乗鞍岳に行くようになってしまいました。

6月下旬に整形外科で足型をとり装具を作り、7月上旬から靴の中に入れています。併せて太ももの後ろの筋肉を鍛える運動を薦められ実行しています。先月は装具がしっくりせず高尾山の下りも歩けずケーブルカーで降りました。今回の立山行きは花を愛でることと膝の調子を確かめることを目的としていました。

立山の奥大日岳には2006年の8月に雷鳥沢キャンプ場にテントを張って登ったことがあります。その時に、チングルマの花弁にピンクがかった花がありました。帰宅してから調べたらタテヤマチングルマだと分かりました。そのタテヤマチングルマを再び愛でてみたいと思いました。ところが雷鳥沢でもチングルマは半数以上は咲き終わっていました。雷鳥沢から新室堂乗越までの間がチングルマが一番多く咲いていました。奥大日岳への稜線も咲き終わっていました。探しました。そして少ない花の中からタテヤマチングルマを見つけることができました。


タテヤマチングルマ     花弁にピンク色が入っています。
P8032834_convert_20180805102804.jpg

IMG_4609_convert_20180805102337.jpg

P8032807_convert_20180805102639.jpg

P8032833_convert_20180805102720.jpg

IMG_4595_convert_20180805102213.jpg

P8032799_convert_20180805102523.jpg

チングルマ
IMG_4583_convert_20180805102123.jpg

花が終わって、こんな状態です。
P8032796_convert_20180805195922.jpg

立山連峰    右端が雄山です。
IMG_4581_convert_20180805102036.jpg

ハクサンイチゲ
IMG_4590_convert_20180805102908.jpg

IMG_4613_convert_20180805103010.jpg

クルマユリ
IMG_4591_convert_20180805103114.jpg

P8032844_convert_20180805103227.jpg

エゾシオガマ
IMG_4592_convert_20180805104358.jpg

P8032845_convert_20180805104512.jpg

お花畑には枯れたコバイケイソウがありました。正面のガレ場を登れば稜線に出ます。
P8032797_convert_20180805103821.jpg

コバイケイソウ    ほとんど枯れていました。辛うじて見られるものでした。
IMG_4593_convert_20180805104638.jpg

ミヤマガラシ
P8032793_convert_20180805104835.jpg

噴煙を上げる地獄谷  立山は火山です。正面のロッジ立山連峰に泊まりました。もちろん温泉つきです。
P8032803_convert_20180805103908.jpg

ミヤマキンポウゲ
IMG_4616_convert_20180805105156.jpg

奥大日岳への稜線  花もなく。以前歩いたときはお花畑でした。
P8032811_convert_20180805104002.jpg

奥大日岳はガスの中
P8032814_convert_20180805104041.jpg

剣岳も見えず
IMG_4598_convert_20180805104315.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-08-05 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

北アルプス 立山 その① 【H30/8月】

アルプスの雰囲気を味わいたくて楽に行ける立山に行ってきました。花の多い弥陀ヶ原と奥大日岳でのんびり観察しようとして出かけたのですが、もう花のシーズンは終わっていました。

弥陀ヶ原のチングルマはみな花が終って羽毛状の果実が放射状に出ていました。湿原も雨が降らないため乾ききった状態でした。それでもタテヤマリンドウやミヤマアキノキリンソウなどの花が咲いていました。

弥陀ヶ原は花は少なかったですが周りの景色は最高でした。大日連峰が目の前にそびえ最高のロケーションでした。今回はその①として弥陀ヶ原に咲いていた花たちをご紹介させていただきます。


ミヤマシシウド
IMG_4559_convert_20180804203950.jpg

ニッコウキスゲ    近くにいたガイドさんの説明が聞こえたら立山ではゼンテイカと呼ぶようです。
IMG_4561_convert_20180804204034.jpg

タテヤマウツボグサ    低山のウツボグサよりやや大きく、葉柄は短く花冠が長いそうです。
P8022733_convert_20180804204708.jpg

イワオトギリ    本州の高山性のオトギリソウはイワオトギリとシナノオトギリがあるそうです。
P8022734_convert_20180804204755.jpg

タテヤマリンドウ     たくさん咲いていました。高層湿原などに生えるリンドウで低地のハルリンドウの変種のようです。
IMG_4562_convert_20180804204138.jpg

P8022765_convert_20180804205912.jpg

弥陀ヶ原の木道   ワタスゲが風に揺れていました。
P8022746_convert_20180804204831.jpg

ワタスゲ   白い毛玉は果穂と呼ばれます。
IMG_4570_convert_20180804204419.jpg

ヤマハハコ    低山に咲くイメージがありますが高山にも生えています。
IMG_4565_convert_20180804204214.jpg

ミヤマコウゾリナ
IMG_4566_convert_20180804204259.jpg

キンコウカ
IMG_4568_convert_20180804204337.jpg

弥陀ヶ原    大日連峰をバックに。
P8022747_convert_20180804204922.jpg

ハナニガナとシロバナニガナ
IMG_4575_convert_20180804204537.jpg

ナガバノアカワレモコウ
P8022758_convert_20180804205049.jpg

ヨツバシオガマ
IMG_4573_convert_20180804204508.jpg

ミヤマアキノキリンソウ    低山に生えるアキノキリンソウの高山型だそうです。
P8022759_convert_20180804205140.jpg

ミヤマホツツジ
P8022761_convert_20180804205313.jpg

モミジカラマツ
P8022763_convert_20180804205402.jpg

ゴゼンタチバナ
P8022764_convert_20180804205822.jpg

弥陀ヶ原 池塘
P8022748_convert_20180804205004.jpg

テガタチドリ?の咲き終わり
P8022768_convert_20180804210101.jpg

オニシモツケ
P8022767_convert_20180804205950.jpg

シモツケソウ
IMG_4576_convert_20180804204618.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-08-04 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR