山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

八方尾根 【H27/8月】

今年の夏山は咳喘息に罹ったため予定が狂ってしまいました。七月下旬に東北の山、八月上旬は南アか北アの山へと考えていましたが、予定通りには行けませんでした。

病み上がりのため楽に行けて花が沢山あるところにしようと思い決めたのが、北アルプスの唐松岳でした。過去に2回行ってます。八方尾根だけなら昨年も行っています。

夏休みを週半ばから取り、朝出発して山で2泊してのんびり花三昧しようと出かけました。北陸新幹線で大宮から長野まで1時間、長野から白馬まで特急バスで1時間半、中央線で行くより早いです。山の天気は安定していませんでした。午後1時前なのに空は暗くなり八方池山荘に着くなり土砂降りの雨。そして稲光と雷鳴。結構、長い時間降っていました。この雷の中、八方池あたりに行っていたハイカーがぞろぞろ降りてきました。雷の中、よく怖くないのかと小屋の部屋の窓から眺めていました。

雷雨が去り、ゴンドラ、リフトの運行が終わって山は静かになりました。山荘付近の花を愛で歩きしました。昨年見た、ハッポウタカネセンブリ、撮った写真はみなピントが甘かったり、ボケたりしていましたので今回は三脚を使って撮ってみました。夕暮れの白馬三山も綺麗に見えました。

翌日は唐松岳までの行程。花を愛でながらのんびり歩いても楽に昼までには着くとの予定。花を撮りながら八方池に着いて、いままで見損なっていたハッポウワレモコウをようやく愛でることができました。一息いれている間に早くもガスが出て展望はなくなりました。

ハッポウワレモコウを見ることができたせいか、山頂に行くより、温泉に行ってのんびりしたくなりました。午後は雷かもしれないし、もう気持ちは温泉モードになり下山へとなりました。しかし沢山の花を愛でることができました。


ヤナギラン     かつては夏の雲取山や大菩薩でも見られた花ですが鹿の食害で見られるところも少なくなりました。
IMG_6068_convert_20150808000438.jpg

キンコウカ
IMG_6190_convert_20150808003949.jpg

キンコウカの群生
P8062909_convert_20150808070448.jpg

ホソバノキソチドリ    ラン科の花で、距は下向きになります。
IMG_6082_convert_20150808000554.jpg

距が上向きなっています。唇弁も幅広いのでコバノトンボソウ ??
P8052838_convert_20150808004749.jpg

オオバギボウシ
IMG_6085_convert_20150808000715.jpg

タテヤマウツボグサ
IMG_6086_convert_20150808000753.jpg

ハクサンシャジン
IMG_6089_convert_20150808000925.jpg

IMG_6147_convert_20150808002318.jpg

ハッポウタカネセンブリ   八方尾根の固有種です。花は小さいです。
P8052813_convert_20150808004312.jpg

P8052818_convert_20150808004455.jpg

P8062894_convert_20150808070252.jpg

P8062908_convert_20150808070407.jpg

カライトソウ
IMG_6160_convert_20150808002845.jpg

ワレモコウ
P8062886_convert_20150808070114.jpg

ハッポウワレモコウ    八方尾根の固有種  バラ科のカライトソウとワレモコウの交雑種だそうです。
IMG_6144_convert_20150808002127.jpg

シモツケソウ
IMG_6099_convert_20150808001244.jpg

夕暮れの白馬三山(右奥が白馬岳。真ん中が杓子岳、左が白馬鑓ヶ岳)
IMG_6103_convert_20150808001325.jpg

白馬岳
IMG_6104_convert_20150808071354.jpg

白馬鑓ヶ岳
IMG_6108_convert_20150808001448.jpg

朝の五竜岳(右側)と鹿島槍ヶ岳(左奥)
IMG_6116_convert_20150808001534.jpg

ミヤマアズマギク
IMG_6124_convert_20150808001617.jpg

ハクサンチドリ
IMG_6166_convert_20150808002923.jpg

ユキワリソウ   この花も小さいです。
IMG_6169_convert_20150808003003.jpg

ハッポウウスユキソウ   八方尾根の固有種です。ミネウスユキソウの変種で、葉が細く40~60度に斜上して着くそうです。
IMG_6126_convert_20150808001726.jpg

タカネマツムシソウ
IMG_6137_convert_20150808001945.jpg

IMG_6140_convert_20150808002051.jpg

ミヤマタンポポ
IMG_6139_convert_20150808002018.jpg

イワイチョウ
IMG_6146_convert_20150808002235.jpg

オヤマリンドウ
IMG_6148_convert_20150808002425.jpg

クモマミミナグサ
IMG_6151_convert_20150808002602.jpg

ウメバチソウ
IMG_6154_convert_20150808002640.jpg

ミヤマムラサキ
IMG_6157_convert_20150808002718.jpg

シナノオトギリ
IMG_6159_convert_20150808002804.jpg

ヨツバシオガマ
IMG_6175_convert_20150808003125.jpg

キバナノカワラマツバ
IMG_6177_convert_20150808003231.jpg

シロバナニガナ
IMG_6178_convert_20150808003330.jpg

ヤマブキショウマ
IMG_6180_convert_20150808003419.jpg

シロバナヤマホタルブクロ
IMG_6181_convert_20150808003513.jpg

ヤマホタルブクロ
IMG_6182_convert_20150808003640.jpg

タムラソウ ??
IMG_6185_convert_20150808003738.jpg

ニッコウキスゲ
IMG_6187_convert_20150808071441.jpg

シシウド
IMG_6192_convert_20150808071518.jpg

八方池に映る白馬三山
P8062885_convert_20150808070025.jpg

IMG_6145_convert_20150808002206.jpg

クガイソウの群生
P8062877_convert_20150808065934.jpg

オンタデ
P8062890_convert_20150808070159.jpg

ミヤマコゴメグサ
P8052820_convert_20150808004532.jpg

エゾシオガマ
P8052828_convert_20150808004632.jpg

ホツツジ
P8052831_convert_20150808004710.jpg

ミヤマダイモンジソウ
P8062870_convert_20150808065841.jpg

イブキジャコウソウ
P8062860_convert_20150808065626.jpg

チャボゼキショウ
P8062869_convert_20150808065737.jpg

ミヤマクワガタ
P8062905_convert_20150808070330.jpg

オニアザミ
IMG_6088_convert_20150808000903.jpg

タカネアオヤギソウ
IMG_6098_convert_20150808001158.jpg



























































スポンサーサイト
2015-08-08 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

北アルプス 八方尾根 【H26/7月】

京王線の駅や電車の中に「白馬 Alps 花三昧 2014」のポスターが貼られています。このポスターを見てると、あの花も咲いているのかなと思い、休暇も余っているし花でも見に行こうかと八方尾根に出かけてきました。

あの花とはハッポウタカネセンブリです。二年前に花の写真展で見て知りました。それまでにも唐松岳に八方尾根から二回登っていても気が付かなかった花でした。

登山道の脇をじっくりと探しながら歩きました。意外と早く見つかりましたが、思っていた以上に小さな花でした。ハッポウタカネセンブリのほかにも花はたくさん咲いていました。まさに花三昧を味わってきました。

ハッポウタカネセンブリ
IMG_4349_convert_20140801132032.jpg

P7312207_convert_20140801135030.jpg

P7312223_convert_20140801135415.jpg

P7312224_convert_20140801135811.jpg

P7312225_convert_20140801135712.jpg

P7312241_convert_20140801140207.jpg

カライトソウ
P7312248_convert_20140801150109.jpg

クルマユリ
IMG_4357_convert_20140801150424.jpg

ヤナギラン
IMG_4359_convert_20140801153238.jpg

ヨツバシオガマ
IMG_4287_convert_20140801153114.jpg

オオバギボウシ   白馬連峰をバックに。
IMG_4292_convert_20140801153350.jpg

オオバギボウシ
IMG_0237_convert_20140801153307.jpg

お花畑
P7312153_convert_20140801133434.jpg

IMG_4369_convert_20140801133108.jpg

IMG_4332_convert_20140801131302.jpg

キンコウカ
P7312160_convert_20140801133607.jpg

シナノオトギリ
P7312161_convert_20140801133653.jpg

ミヤマコゴメグサ
P7312165_convert_20140801133739.jpg

エゾシオガマ
P7312180_convert_20140801133936.jpg

イブキジャコウソウ
P7312181_convert_20140801134054.jpg

ミヤマアズマギク
P7312231_convert_20140802071809.jpg

ミヤマクワガタ
P7312184_convert_20140801134256.jpg

ミヤマママコナ
P7312190_convert_20140801134347.jpg

タカネマツムシソウ
P7312192_convert_20140801134502.jpg

ニッコウキスゲ
P7312194_convert_20140801134557.jpg

ハクサンシャジン
IMG_4295_convert_20140801130258.jpg

タカネナデシコ
IMG_4296_convert_20140801130338.jpg

シモツケソウ
IMG_4314_convert_20140801130600.jpg

ハクサンチドリ
IMG_4317_convert_20140801130647.jpg

チングルマ
IMG_4337_convert_20140802071850.jpg

ユキワリソウ
IMG_4343_convert_20140801131709.jpg

イワイチョウ
IMG_4344_convert_20140801131806.jpg

ワタスゲ
IMG_4347_convert_20140801131850.jpg

まだ雪が残っていました。 この辺りは左側通行でした。下山するときには登る人がじゅずつなぎでした。
P7312198_convert_20140801134700.jpg

ミヤマダイモンジソウ
P7312202_convert_20140801134755.jpg

これもミヤマダイモンジソウなのでしょうか? 変わった花がありました。 
P7312236_convert_20140801140057.jpg

タカネシュロソウ
P7312203_convert_20140801134846.jpg

ハッポウウスユキソウ  ミネウスユキソウの変種だそうです。
IMG_4320_convert_20140801130836.jpg

タテヤマリンドウ
P7312205_convert_20140801134936.jpg

八方池を望む  ガスっていて周りの景色は見えませんでした。
P7312212_convert_20140801135125.jpg

ホソバツメクサ
P7312213_convert_20140801135225.jpg

クモマミミナグサ
IMG_4323_convert_20140801130920.jpg

シロバナニガナ
IMG_4330_convert_20140801131208.jpg

ワレモコウ
P7312220_convert_20140801135326.jpg

イワシモツケ
IMG_4356_convert_20140801132203.jpg

オオコメツツジ
P7312245_convert_20140801140301.jpg

ホツツジ
IMG_4362_convert_20140801132637.jpg

クガイソウ
IMG_4368_convert_20140801133014.jpg

オニシモツケ
P7312261_convert_20140801140624.jpg

シシウド
IMG_4370_convert_20140801133157.jpg

シロバナヤマホタルブクロ
IMG_4366_convert_20140801132723.jpg

 距が上向きとなっているのでコバノトンボソウと思います。 
IMG_0238_convert_20140801130008.jpg

P7312250_convert_20140801140532.jpg

距が下向きなのでホソバノキソチドリかと思います。
IMG_4352_convert_20140801132117.jpg

P7312167_convert_20140801133832.jpg




















































2014-08-01 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

木曽御嶽山 【8月】

丹沢山行の二日後に腰痛が再発しました。通勤の電車を降りるときに痛みが走り、一瞬歩けなくなりました。この時に北アルプス(黒部五郎岳~薬師岳)は諦めました。しかし、天気は安定してきて夏山日和となってきましたので、どうしても山に行きたいと思いました。

山の中で腰痛で歩けなくなったらという心配もあるので、山小屋が要所要所にあるような山を探したところ木曽御嶽山がありました。一泊二日の行程を二泊三日にして、ゆっくり歩き腰に負担をかけないよう休みも多く取るようにし、腰に湿布薬を貼っての山歩きでした。入山が楽な黒沢口から入り、女人堂と五の池小屋に泊まり、小坂口(濁河温泉)に下りました。

木曽御嶽山には昭和の時代に王滝口から登ったことがあります。その時は雨と強風の中、景色も花も何も見えず、ただひたすら歩いて御岳小屋(現在の五の池小屋)に泊まりました。翌日も同じような天候で、小坂口に降りました。

木曽御嶽山には北アルプスのように広大なお花畑はありませんでしたが、小規模なお花畑は随所にありました。しかしコマクサに関しては広大な群生地がありました。ゆっくりした日程だったので花をゆっくり愛でることができました。


コマクサ  高山植物の女王と言われています。主に御嶽山の北部に群生地がありました。
IMG_2551_convert_20130810105526.jpg

IMG_2574_convert_20130810105852.jpg

IMG_2582_convert_20130810110051.jpg

コマクサの群生地
IMG_2580_convert_20130810105954.jpg

イワギキョウ  森林限界を超えて高山帯に入ると、いたるところに咲いていました。
IMG_2514_convert_20130810104844.jpg

チシマギキョウ  イワギキョウに似ていますが花がやや下向きに咲き、花に毛があります。継子岳と継子Ⅱ峰の間に多く咲いていました。
IMG_2596_convert_20130810110512.jpg

白花のチシマギキョウ
IMG_2598_convert_20130810110556.jpg

女人堂から見たご来光
IMG_2523_convert_20130810104924.jpg

剣ヶ峰(3067m)山頂から北アルプスを望む 手前が乗鞍岳 奥が槍ヶ岳と穂高岳
IMG_2525_convert_20130810105002.jpg

ハクサンイチゲ
IMG_2538_convert_20130810105204.jpg

ハクサンイチゲの群生 三の池、四の池付近に多く咲いていました。 
IMG_2533_convert_20130810105049.jpg

三の池  この水は御神水と呼ばれ腐らないそうです。山小屋でペットボトル500円で売っていました。
P8080683_convert_20130810112103.jpg

四の池 水がたまった池ではなく雪解け水が川になっていました。五の池小屋のホームページでは、四の池では多数の高山植物が見られると書いてありましたので期待して行ったらロープが張られ、池の中には入れませんでした。
IMG_2600_convert_20130810110656.jpg

ミヤマダイコンソウ
IMG_2539_convert_20130810105246.jpg

ミヤマキンバイ
IMG_2566_convert_20130810105807.jpg

オンタデ  砂礫地に多く見られました。雌雄異株で、赤花が雌株です。
P8080636_convert_20130810111356.jpg

オンタデ  白花が雄株です。
P8080630_convert_20130810111318.jpg

チングルマ 三の池では咲いていました。 
P8080679_convert_20130810111948.jpg

チングルマの花が終わると花柱が伸びて毛が立ちます。継子岳への稜線やサイノ河原では毛が立っていました。
IMG_2590_convert_20130810110236.jpg

サイノ河原と剣ヶ峰(左側のピーク)を望む。
P8080659_convert_20130810111514.jpg

ヨツバシオガマ
IMG_2540_convert_20130810105324.jpg

アオノツガザクラ
IMG_2534_convert_20130810105126.jpg

ミツバオウレン  花弁に見える白いのが萼片で、花弁は黄色のところです。
IMG_2544_convert_20130810105405.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
IMG_2550_convert_20130810105441.jpg

イワツメクサ  高山帯のいたるところに咲いてました。
IMG_2560_convert_20130810105643.jpg

コイワカガミ  少し盛りは過ぎていました。
IMG_2557_convert_20130810105605.jpg

五の池のお花畑  池には入れません。オレンジ色の花はクルマユリです。
IMG_2585_convert_20130810110146.jpg

継子岳山頂から剣ヶ峰を望む(中央の峰)
IMG_2595_convert_20130810110411.jpg

ライチョウ  四の池から五の池小屋に向かう途中、登山道の真ん中にいました。前の四羽はヒナ鳥です。
IMG_2606_convert_20130810110734.jpg

P8090723_convert_20130810112736.jpg

モミジカラマツ  樹林帯、高山帯にも咲いていました。
P8070596_convert_20130810110817.jpg

ナナカマド 森林限界付近に多くありました。
P8080624_convert_20130810111239.jpg

二の池 多くの山小屋はこの池の水をホースで送って使っています。 
P8080650_convert_20130810111435.jpg

継子岳(左)と継子Ⅱ峰(右)を望む
P8080660_convert_20130810111603.jpg

摩利支天山を望む  御嶽山には幾つもの峰があります。
P8080663_convert_20130810111704.jpg

イワベンケイ
P8080669_convert_20130810111809.jpg

コバイケイソウ  これから花が白くなっていくところです。
P8080675_convert_20130810111905.jpg

イワオトギリ 
P8090707_convert_20130810112609.jpg

ゴゼンタチバナ 樹林帯や高山帯にも咲いてました。
P8090729_convert_20130810112840.jpg

カニコウモリ 樹林帯の中にありました。
P8090734_convert_20130810112946.jpg

コバノイチヤクソウ 樹林帯の中です。花は盛りを過ぎていました。
P8070606_convert_20130810110855.jpg

キソチドリ  樹林帯の中に咲いていました。登山道の左右を見て探しましたら見つけました。
P8090740_convert_20130810113039.jpg

タケシマランの実
P8090743_convert_20130810113208.jpg

ヤマオダマキ 登山口の濁河温泉近くで。
P8090750_convert_20130810113251.jpg

ヤナギラン 登山口の濁河温泉近くで。
P8090752_convert_20130810113328.jpg


おまけ

女人堂 森林限界を抜けた8合目にあります。従業員はとても親切でした。お風呂があり小屋に到着順に入れてくれます。一番早く着いたので一番風呂に入りました。トイレは小屋の中にありました。公衆トイレは外でした。
P8070618_convert_20130810111033.jpg

夕食  ご飯とみそ汁はおかわりできました。
P8070619_convert_20130810111112.jpg

朝食
P8080621_convert_20130810111200.jpg

五の池小屋 トイレは外の公衆トイレと兼用なので不便でした。缶ビールは冷えてませんでした。生ピール(800円)は冷えてました。
P8090705_convert_20130810112515.jpg

夕食 テーブルごとにご飯とみそ汁が鍋で出されますが、人数分しか入れてないのでおかわりは無理でした。
P8080698_convert_20130810112303.jpg

朝食
P8090699_convert_20130810112408.jpg







 



































2013-08-10 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

北アルプス 乗鞍岳 【10月】

スーパーあずさ1号に乗り日帰りで北アルプス乗鞍岳の紅葉を見にいきました。連休前日の平日にもかかわらず山は紅葉見学の人でにぎわっていました。紅葉は位ケ原山荘から大雪渓肩の小屋口辺りが見事でした。

高山植物の花はもう終わりでしたが、枯れる寸前のトウヤクリンドウ、ミヤマアキノキリンソウやコケモモの実、ナナカマドの実などが見れました。また、高山植物の紅葉も意外ときれいでした。

高山植物の花や実
IMG_0679+(2)_convert_20121006104858.jpg

IMG_0687+(2)_convert_20121006105239.jpg

IMG_0657+(2)_convert_20121006105629.jpg

IMG_0683+(2)_convert_20121006110003.jpg

IMG_0688+(2)_convert_20121006110321.jpg

高山植物の紅葉
IMG_0691+(2)_convert_20121006112123.jpg

IMG_0674+(2)_convert_20121006112458.jpg

IMG_0690+(2)_convert_20121006112914.jpg

大黒岳山頂から槍ヶ岳・穂高岳が見えました。
IMG_0640+(2)_convert_20121006134048.jpg

槍ヶ岳を望遠で撮りました。
IMG_0648+(2)_convert_20121006134522.jpg

大黒岳から紅葉を見下ろしました。
IMG_0637+(2)_convert_20121006135034.jpg

IMG_0635+(2)_convert_20121006135534.jpg

IMG_0667+(2)_convert_20121006135954.jpg

バスの中から見た紅葉(コンパクトデジカメで撮影)
DSCF7487+(2)_convert_20121006141719.jpg

DSCF7505+(2)_convert_20121006142129.jpg

DSCF7507+(2)_convert_20121006142544.jpg

DSCF7510+(2)_convert_20121006142943.jpg

お花畑付近の紅葉
IMG_0701_convert_20121006144204.jpg

IMG_0702+(2)_convert_20121006144824.jpg
2012-10-06 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR