FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

南東北の福島にトケンランの花が咲く 【2019/6月】

6日は晴れの天気です。この先は当分曇りか雨で梅雨に入るのではとの天気予報。TVで朝ドラ、あさイチを見てましたが、こんな良い天気だし高尾山にでも行こうかなと思ったときに、前日調べたトケンランのことを思いだしましたのでトケンランを愛でに行こうと急いでカメラをザックに入れて東北新幹線で福島に向かいました。福島駅から12時30分のバスに乗り水林自然林に行きました。

前日トケンランを調べたのは、先日、花仲間との花談義でコケイランを何か所かで見ているが、その中に唇弁が真っ白のものがあったと話したら、唇弁が真っ白のランにはトケンランがあるのでトケンランか確認したほうがよいと言われました。そこでネットでトケンランを調べました。結果はコケイランでした。

ネットで調べたときに福島県の地元紙の福島民報の記事がありました。「トケンランが開花 荒井の水林自然林 6月上旬まで見頃」との見出しでトケンランの写真も付いていました。このことが頭に残っていたのてした。

水林自然林に着いて管理事務所に行き、トケンランの自生場所をお聞きしました。パンフレットの案内図に場所を書き込んでくれました。もし分からなかったら、パンフレットに出ている電話番号に電話をかけてくれれば、すぐに行ってご案内しますと誠に親切な対応でした。

案内図を見ながら自生場所に着くと、ご婦人がいて、ここに咲いていますと教えてくれました。地元の方で何日か前に新聞に掲載されていたのを見て来たと言っていました。思っていた以上に小さな花でした。やぶ蚊の猛攻に耐えながら、やや盛りを少し過ぎた感じでしたがトケンランの花を十分に愛でてから帰りました。


トケンラン
和名は「杜鵑蘭」で花弁や萼片につく紫色の斑点を鳥のホトトギス(杜鵑)の胸から腹にある斑紋にたとえたものとのことです。
唇弁は白く、左右に大きく広げているのが側萼片、上部に三本立っている左右が側花弁、真ん中が背萼片だそうです。
IMG_5423_convert_20190607112919.jpg

IMG_5411_convert_20190607112754.jpg

IMG_5414_convert_20190607112823.jpg

IMG_5415_convert_20190607112850.jpg

IMG_5426_convert_20190607112952.jpg

IMG_5427_convert_20190607113019.jpg

IMG_5437_convert_20190607113140.jpg

P6065109_convert_20190607113347.jpg

IMG_5433_convert_20190607113110.jpg

IMG_5407_convert_20190607112726.jpg

IMG_5446_convert_20190607113310.jpg

サイハイラン     多く見られましたが終わりに近づいていました。
P6065135_convert_20190607113531.jpg

マルバダケブキ    もう咲いていました。管理事務所で聞いたら5月から咲きもうすぐ咲き終わりになるそうです。
P6065140_convert_20190607113624.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-06-07 : 東北の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

青森 岩木山 【H30/6月】

弘前からバスに乗り車窓から見える岩木山は晴天にもかかわらず7合目辺りから上は雲の中に入っていました。3回目の岩木山でした。1回目は平成の始めの頃に東北の夏祭り巡りの際についでに行きました。2回目は8年前にミチノクコザクラを愛でることを目的に行きました。そして今回も久々にミチノクコザクラに会いに行きました。

ガスと強風の最悪の中を歩き、登山道脇にミチノクコザクラがあり久々の対面でしたが、もう花は終わり、とても写真に撮れない姿でした。来るのが遅かったのか、それとも花が早く咲きすぎたのか・・・。それでも前回来た時に白花のミチノクコザクラを愛でたところなら咲いているのではと、かすかな希望を持って次の場所に向かいました。

ガスの中、かすかにピンクの花がいくつも見えてきました。ミチノクコザクラが咲いていた!ゆっくりと下って花に近づきました。花弁が傷んでいるのが多かったですが、まだ鑑賞に耐える花もありました。はるばるやってきた甲斐がありました。


ミチノクコザクラ     8年ぶりのご対面でした。この自生地は稜線の下なので風の影響はありませんでした。
IMG_8853_convert_20180627063208.jpg

8年前にもミチノクコザクラを愛でた場所です。今回は白花はありませんでした。
IMG_8835_convert_20180627062932.jpg

IMG_8841_convert_20180627063130.jpg

特に左側の花に花弁の傷みがあります。
P6242278_convert_20180627063410.jpg

IMG_8832_convert_20180627062851.jpg

P6242281_convert_20180627063454.jpg

IMG_8836_convert_20180627063010.jpg

ハクサンチドリ    東北の山にはハクサンチドリが多く見られます。
P6242303_convert_20180627063713.jpg

白花はを探しましたが見つけられませんでした。この花は薄いピンク色でした。
P6242300_convert_20180627063558.jpg

スダヤクシュ
P6242301_convert_20180627063639.jpg

イワヒゲ    岩にへばりついていました。
P6242309_convert_20180627063918.jpg

イワウメ
P6242314_convert_20180627064000.jpg

ミヤマキンバイ
P6242317_convert_20180627064041.jpg

P6242304_convert_20180627063755.jpg

風が強かったので写真はあまり撮れませんでした。当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。

2018-06-27 : 東北の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東北 八幡平 【H30/6月】

今年も東北に出かけてきました。以前は早池峰山や岩手山に登りましたが、近年は右膝の調子がいまいちのため、楽に行けて花が愛でられるところばかりになってしまいました。

今回は八幡平に行きました。6年ぶりで3回目の八幡平です。前回は初日に藤七温泉に泊まり、翌日は雨の中、湿原などを歩きましたが、ほかに歩いている人もいないので貸し切り状態でした。花もヒナザクラぐらいしか見た記憶がありません。

今回は晴天の土曜日でしたので多くの人がいました。熊出没注意の看板があちこちにあるので、登山者のほとんどがクマよけの鈴を付けているので、鈴の音が賑やかでした。人もいましたが、花もいろいろと咲いていて歩くのもゆっくりとなり膝の負担も少なく歩いていても楽しくなってきます。

ハクサンチドリはいたるところに咲いていました。湿原にはヒナザクラが群生していたり、ミズバショウも咲いていました。シラネアオイ、キヌガサソウなども愛でることができ最高でした。そして、探していたノビネチドリも最後の最後に見つけることができ大満足で盛岡に向かいました。


シラネアオイ
IMG_8785_convert_20180625140812.jpg

キヌガサソウ
IMG_8791_convert_20180625140844.jpg

エンレイソウ
P6232189_convert_20180625141935.jpg

ショウジョウバカマ
IMG_8795_convert_20180625140947.jpg

IMG_8811_convert_20180625141158.jpg

岩手山の左側に早池峰山
IMG_8779_convert_20180625140653.jpg

ミツバオウレン
IMG_8784_convert_20180625140730.jpg

P6232175_convert_20180625141654.jpg

イワカガミ
IMG_8815_convert_20180625141314.jpg

ミズバショウ
IMG_8798_convert_20180625141009.jpg

ヒナザクラ     群生しています。
P6232199_convert_20180625142224.jpg

群生していなくても可愛い花です。
IMG_8801_convert_20180625141055.jpg

IMG_8806_convert_20180625141124.jpg

湿原に木道   尾瀬ヶ原のような雰囲気です。
P6232194_convert_20180625142124.jpg

オオバキスミレ     今回は3種類のスミレを愛でることができました。
P6232228_convert_20180625142640.jpg

ミヤマスミレ
P6232236_convert_20180625142837.jpg

ウスバスミレ
P6232237_convert_20180625142911.jpg

ベニバナイチゴ
P6232238_convert_20180625142957.jpg

オオカメノキ
IMG_8776_convert_20180625140620.jpg

ナナカマド
P6232167_convert_20180625141424.jpg

岩手山と裏岩手連峰
P6232169_convert_20180625141509.jpg

イワナシ
P6232214_convert_20180625142450.jpg

サンカヨウ
P6232229_convert_20180625142723.jpg

コミヤマカタバミ
P6232234_convert_20180625142804.jpg

こちらはピンクのコミヤマカタバミ
P6232224_convert_20180625142605.jpg

ツバメオモト
P6232186_convert_20180625141850.jpg

ミヤマキンポウゲ
P6232239_convert_20180625143039.jpg

マイヅルソウ
P6232177_convert_20180625141734.jpg

岩手山と湿原
P6232212_convert_20180625142407.jpg

ミネザクラ
P6232217_convert_20180625142529.jpg

ハクサンチドリ
P6232173_convert_20180625141625.jpg

IMG_8825_convert_20180625161100.jpg

ノビネチドリ
P6232242_convert_20180625143121.jpg

雪に埋まった池
IMG_8812_convert_20180625141236.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-06-25 : 東北の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

蔵王山 熊野岳 【H29/6月】

蔵王山の熊野岳に行ってきました。お目当ての花はコマクサでした。コマクサは各地の山で何回も愛でていますが、まだ蔵王ではお目にかかっていませんでした。これまでに2回、蔵王を訪れていますが、いずれも8月上旬でしたのでコマクサの花は終わっておりました。

熊野岳のコマクサの自生地に着いて見回しても花の咲いたコマクサはありませんでした。まだ時期が早すぎたようでした。しかし広い自生地なので、どこかに咲いているコマクサがあるのではないかとゆっくり時間をかけて歩き廻って探しました。やはり予想通り花を付けたコマクサがありました。花を付けた株を3株見つけました。うれしいご対面でした。蕾を付けたコマクサがたくさんありましたので、あと一週間余りで自生地はコマクサのお花畑になるのではないかと思いました。

そして、もう一つ探している花がありました。種差海岸では白花のハマナス、秋田駒ヶ岳では白花のイワカガミ、蔵王で探した白花はハクサンチドリでした。ハマナスとイワカガミの白花は探したのではなく偶然見れたものでしたが、蔵王の白花のハクサンチドリは探しました。

蔵王は何しろハクサンチドリがたくさん咲いていました。登山道脇のいたるところにありました。秋田駒ヶ岳にもかなりありましたが秋田駒ヶ岳の何倍もあるような感じでした。こんなにハクサンチドリがあれば白花があるのではないかと登山道を歩きながら右見て左見てと探しました。ところが熊野岳山頂に着くまでには白花のハクサンチドリはありませんでした。帰りは往きと違う登山道を歩きました。ありました。ついに見つけました。白花のハクサンチドリが咲いていました。初見の花でした。感激しました。

コマクサと対面できてうれしかったですが、白花のハクサンチドリはうれしいを超えて感激でした。帰りの新幹線でのビールは最高に美味かったです。

蔵王といえば、当ブログに訪問してくださる aoikesi 様が開設しているブログ「蔵王のふもとから」は、四季それぞれの自然を蔵王のふもとから発信しており、蔵王に咲くチングルマやコマクサなど、花も多くでています。素晴らしいブログですので是非ご覧ください。


コマクサ    まだ早かったですが、数株愛でることかできました。やはりコマクサを見に来てた地元の方(宮城側)の話では宮城蔵王のこまくさ平のコマクサは満開だと言ってました。ただし望遠レンズがないと写真は撮れないとのことでした。
IMG_3572_convert_20170630170610.jpg

IMG_3577_convert_20170630170637.jpg

IMG_3581_convert_20170630170709.jpg

IMG_3583_convert_20170630170744.jpg

IMG_3585_convert_20170630170818.jpg

ハクサンチドリ   たくさん、たくさん咲いていました。
IMG_3564_convert_20170630170322.jpg

IMG_3568_convert_20170630170400.jpg

IMG_3609_convert_20170630171740.jpg

IMG_3595_convert_20170630171244.jpg

IMG_3571_convert_20170630170538.jpg

普通のハクサンチドリよりやや色が薄く感じます。
IMG_3594_convert_20170630171216.jpg

シロバナハクサンチドリ    完全な真っ白ではありませんが、白花とさせていただきます。花にだんだん近づきました。
IMG_3589_convert_20170630171103.jpg

IMG_3593_convert_20170630171136.jpg

P6293265_convert_20170630172331.jpg

こちらの花は薄いピンクがかっていますが、この花も白花とさせていただきます。
IMG_3598_convert_20170630171412.jpg

アップで撮ってみました。
P6293272_convert_20170630172401.jpg

ややピンクがかっていますが、普通のハクサンチドリに比べたら白花としてもいいのかな・・・。
IMG_3600_convert_20170630171443.jpg

アップの写真だとピンクが濃すぎるのかな・・・。
IMG_3601_convert_20170630171530.jpg

イワカガミ    ハクサンチドリと同じく、たくさん咲いていました。
IMG_3569_convert_20170630170437.jpg

IMG_3570_convert_20170630170506.jpg

アオノツガザクラ
IMG_3586_convert_20170630170854.jpg

P6293259_convert_20170630172219.jpg

ミネズオウ
IMG_3588_convert_20170630170957.jpg

P6293254_convert_20170630172140.jpg

熊野岳山頂標識
P6293248_convert_20170630172026.jpg

お釜方面
P6293252_convert_20170630172107.jpg

イソツツジ
IMG_3596_convert_20170630171331.jpg

ツマトリソウ
P6293246_convert_20170630171901.jpg

ショウジョウバカマ
P6293279_convert_20170630172512.jpg

ミツバオウレン
P6293282_convert_20170630172623.jpg

ムシトリスミレ
IMG_3602_convert_20170630171605.jpg

ヒナザクラ   可愛らしい花です。
IMG_3606_convert_20170630171637.jpg

IMG_3607_convert_20170630171706.jpg

こんなに花が固まって咲いているのは初めて見ました。
P6293277_convert_20170630172439.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。































2017-07-02 : 東北の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

秋田駒ヶ岳 【H29/6月】

白神山地に足を踏み入れたくてツアーの申し込みをしたのですが、催行人員に足らずツアーは開催されないとのことでした。さあ、どうするか迷いましたが、楽で、花がたくさんあるところに………。ということで秋田駒ヶ岳に行くことにしました。

秋田駒ヶ岳に最初に訪れたのは昭和の時代、2回目は2008年に、3回目は2014年に、そして今回4回目となりました。人気のある山なので平日でも大勢の登山者で賑わっていました。花は前回の2014年に比べると少ないように感じました。残雪の量も少なかったので気象条件によるものかも知れません。

チングルマは秋田駒ヶ岳の主役の花のようです。この花は相変わらずに咲いており、お花畑となっていました。前2回は愛でることができたミヤマウスユキソウがいくら探しても見つけることができませんでした。


オオバキスミレ   秋田駒ヶ岳ではオオバキスミレとキバナノコマノツメは混在していました。
IMG_7573_convert_20170630063518.jpg

キバナノコマツノメ    スミレで名にスミレがつかないのはキバナノコマツノメ だけのようです。
P6273188_convert_20170630065138.jpg

タカネスミレ   厳しい環境の礫地に生えています。
IMG_7634_convert_20170630064507.jpg

ミヤマスミレ
P6273232_convert_20170630065544.jpg

ムシトリスミレ  スミレの名がついていますが、スミレ科ではなくタヌキモ科の食虫植物です。
IMG_7611_convert_20170630064144.jpg

ミヤマキンバイ
P6273216_convert_20170630065425.jpg

IMG_7618_convert_20170630064424.jpg

ミヤマダイコンソウ   黄色の花なのでミヤマキンバイと間違いやすいです。
P6273190_convert_20170630065206.jpg

登山道は雪渓を横切っていくところもあります。
P6273177_convert_20170630065059.jpg

ゴゼンタチバナ
P6273222_convert_20170630065505.jpg

イワテハタザオ
IMG_7577_convert_20170630063559.jpg

ノウゴウイチゴ
IMG_7582_convert_20170630063635.jpg

ツマトリソウ
IMG_7585_convert_20170630063708.jpg

鳥海山    登りの途中から
IMG_7603_convert_20170630064043.jpg

太平山
IMG_7586_convert_20170630063741.jpg

ベニバナイチゴ
IMG_7590_convert_20170630063855.jpg

ミツバオウレン
IMG_7599_convert_20170630064005.jpg

ミネズオウ
IMG_7616_convert_20170630064303.jpg

ハクサンチドリ   登山道沿いに目立つように咲いていました。
IMG_7588_convert_20170630063820.jpg

IMG_7643_convert_20170630064930.jpg

岩手山  男女岳山頂から
IMG_7639_convert_20170630064619.jpg

八幡平方面
IMG_7641_convert_20170630064746.jpg

早池峰山方面
IMG_7642_convert_20170630064819.jpg

イワベンケイ
P6273212_convert_20170630065345.jpg

ヒナザクラ
P6273206_convert_20170630065311.jpg

チングルマ
IMG_7605_convert_20170630064112.jpg

P6273194_convert_20170630065238.jpg

チングルマのお花畑
IMG_7613_convert_20170630064232.jpg

IMG_7617_convert_20170630064344.jpg

クワガタソウに似ていますが分かりませんでした。
P6273234_convert_20170630065622.jpg

イワカガミ    ネットで見ると秋田駒ヶ岳のイワカガミを「コイワカガミ」として表示している方が多いですが、秋田駒ヶ岳・乳頭山自然環境保全協議会が発行している「秋田駒ヶ岳自然観察マップ」では「イワカガミ」としてますので、当ブログもイワカガミとしました。近年はイワカガミとコイワカガミを区別しないでイワカガミとするような傾向もあるようです。
IMG_7635_convert_20170630064539.jpg

P6273242_convert_20170630065729.jpg

シロバナイワカガミ   ヒメイワカガミの変種の白花を咲かせるヤマイワカガミは愛でたことがありますが、高山帯のイワカガミの白花は初めて見ました。前回訪れたときには気がつきませんでした。ネットで見るとシロバナコイワカガミとして出てました。
IMG_7595_convert_20170630063932.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。

























2017-06-30 : 東北の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR