山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

新潟 樋曽山 & 角田山 その② 【H29/4月】

その② 角田山

樋曽山から五ヶ峠登山口に戻り、今度は角田山に向かいました。角田山には過去に2回来ています。今でこそツアーの登山客が全国各地からくるメジャーな山となっていますが、初めて登ったときはローカルな山で雪割草の最盛期の土曜日でしたが、長靴を履いた地元の人と登山靴を履いた県外者?がポツリポツリでした。登山口から下山口までに会った人は15人ほどでした。

2回目に行ったときは角田山の雪割草が全国的に有名なっていましたので、開花時期も終わりの頃でしたが人、人、人でいっぱいでした。今回も登山者が大勢いました。

五ヶ峠登山口から登り始めるとオオミスミソウが咲いています。この辺りのオオミスミソウは植栽したもののようです。看板が立っていて大事に育てたものを植えましたのようなことが書かれていました。昼近くになってきましたのでカタクリも咲いてきました。オオミスミソウは思ったより少なく所々に咲いていました。白花のカタクリを見つけましたので写真を撮っていたら、下山者が次から次へと写真を撮り始めました。

途中、展望が開けるところから佐渡島が見えました。高い山には雪が付いているのが分かりました。ナガハシスミレ、ミチノクエンゴサクなどの花も愛でることができました。山頂は大勢の人で賑やかでした。

下山は公式の登山コースに含まれていませんが、近年、花が一番咲くのではという、人気になっている桜尾根を歩きました。オオミスミソウもカタクリも見頃、花盛りでした。ただ惜しいことはカタクリ大群生は谷側の斜面に咲いていますので、上から見下ろすので花の後ろ側からしか見えないことでした。

今回は樋曽山と角田山の花々に出会え大満足の花旅でした。新潟駅で下車し、寿司屋に入り地魚のにぎり、生ビールから始まり、そして飲んだことのない銘柄の日本酒を幾種類か飲み、ほろ酔い気分で新幹線に乗り帰りました。


コシノコバイモ     登山口から少し登ったところに咲いていました。
P4011620_convert_20170402105219.jpg

ミチノクエンゴサク     地元の方がこのエンゴサクは細葉だと言っていました。
P4011623_convert_20170402105350.jpg

こちらのエンゴサクは標高が高いところに咲いていましたが、葉が太いです。
P4011631_convert_20170402105848.jpg

佐渡島を望む
IMG_7113_convert_20170402102311.jpg

キクザキイチゲ
P4011628_convert_20170402105717.jpg

P4011645_convert_20170402112139.jpg

ナガハシスミレ    距が長いので別名テングスミレと呼ぶようです。
P4011629_convert_20170402105801.jpg

スミレサイシン
P4011654_convert_20170402112412.jpg

キクバオウレン
P4011634_convert_20170402111919.jpg

P4011635_convert_20170402111848.jpg

ショウジョウバカマ
IMG_7114_convert_20170402102342.jpg

P4011633_convert_20170402111615.jpg

ショウジョウバカマとオオミスミソウ
IMG_7126_convert_20170402103008.jpg

カタクリ
P4011625_convert_20170402105539.jpg

白花のカタクリ
P4011627_convert_20170402105632.jpg

オオミスミソウ
IMG_7109_convert_20170402102152.jpg

IMG_7111_convert_20170402102230.jpg

IMG_7123_convert_20170402102810.jpg

IMG_7125_convert_20170402102915.jpg

IMG_7119_convert_20170402102550.jpg

P4011561_convert_20170402103208.jpg

P4011566_convert_20170402103408.jpg

P4011570_convert_20170402103558.jpg

P4011621_convert_20170402105259.jpg

P4011624_convert_20170402105433.jpg

P4011638_convert_20170402111954.jpg

P4011648_convert_20170402112218.jpg

P4011652_convert_20170402112326.jpg

P4011655_convert_20170402112449.jpg

P4011656_convert_20170402112528.jpg

P4011657_convert_20170402112612.jpg

P4011660_convert_20170402112643.jpg

P4011663_convert_20170402112710.jpg

P4011662_convert_20170402224728.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。












































スポンサーサイト
2017-04-03 : 新潟の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新潟 樋曽山 & 角田山 その① 【H29/4月】

その①  樋曽山

地元の方は雪割草と呼んでいるオオミスミソウで有名な樋曽山と角田山に行ってきました。4月の土日から角田山周遊バスが運行されますので、3月31日の新潟行きの夜行高速バスを前もって予約していました。ところが28日の週間天気予報で1日は曇りのち雨になりましたので雨なら花も咲かないからと山行は中止にして29日にバスをキャンセルしました。

またまた天気予報は変わり30日の予報では1日は曇りのち晴れになりましたので、新潟に行くことにしました。31日の夜に新幹線で新潟駅へ。駅前のビジネスホテルに泊まり、1日に巻駅前から7時50分発の角田山周遊バスに乗り五ヶ峠登山口で下車しました。

五ヶ峠登山口から、まず樋曽山を往復しました。ネットでは角田山よりオオミスミソウが凄いという方もおりましたので大いに期待して登りました。登山口から3メートル歩いたら、なんとコシノコバイモが咲いていました。予想外の花がいきなりでてきたのでテンションも上がります。

そしてオオミスミソウの花も期待以上の花盛りでした。往路では、まだ時間が早いせいか開花しきっていない花もありましたが復路は見頃になっていました。登りの時は気がつかなかった脇に入る登山道がありました。人がいて座り込んで写真を撮っていましたので、そちらに入るとオオミスミソウの花園でした。初めからこの場所を知っていたら上まで登らなくてもいいくらいの感じでした。

オオミスミソウ以外の花にはカタクリ、キクバオウレン、ナニワズ、トキワイカリソウ、コシノカンアオイ、エンレイソウなどを愛でることができました。サイハイランの葉がけっこう目につきました。角田山に比べ人が少なく静かに花を愛でることができました。


コシノコバイモ
IMG_7058_convert_20170402100151.jpg

本場・新潟のコシノコバイモを愛でるのは昨年の弥彦山以来になります。
P4011617_convert_20170402105138.jpg

ヤマネコノメソウ 雄しべの数からネコノメソウではなくヤマネコノメソウだと思います。
P4011615_convert_20170402105048.jpg

キクバオウレン
P4011614_convert_20170402104956.jpg

トキワイカリソウ
IMG_7076_convert_20170402100818.jpg

P4011565_convert_20170402103327.jpg

ナニワズ
IMG_7077_convert_20170402100853.jpg

P4011559_convert_20170402103123.jpg

コシノカンアオイ    花の大きさがカントウカンアオイに比べて大きいです。
P4011576_convert_20170402103758.jpg

アブラチャン
P4011572_convert_20170402103707.jpg

ユキツバキ
IMG_7065_convert_20170402100348.jpg

チシマザクラと思いましたが・・・?
P4011563_convert_20170402103249.jpg

エンレイソウ
IMG_7069_convert_20170402100607.jpg

P4011567_convert_20170402103516.jpg

カタクリ   最初は開ききっていませんでしたが復路では綺麗に咲きました。
IMG_7093_convert_20170402101357.jpg

キクザキイチゲ   この花もお天道様がないと咲きません。ちょつと太陽が弱かったようです。
IMG_7073_convert_20170402100721.jpg

スミレサイシン
P4011602_convert_20170402104502.jpg

オオミスミソウ(雪割草)
P4011608_convert_20170402104657.jpg

P4011601_convert_20170402104413.jpg

IMG_7064_convert_20170402100314.jpg

IMG_7067_convert_20170402100458.jpg

IMG_7079_convert_20170402100937.jpg

IMG_7085_convert_20170402101054.jpg

IMG_7095_convert_20170402101432.jpg

IMG_7090_convert_20170402101313.jpg

IMG_7082_convert_20170402101019.jpg

IMG_7101_convert_20170402101710.jpg

IMG_7102_convert_20170402101756.jpg

IMG_7106_convert_20170402102017.jpg

IMG_7066_convert_20170402100422.jpg

IMG_7088_convert_20170402101128.jpg

IMG_7104_convert_20170402101903.jpg

IMG_7105_convert_20170402101938.jpg

P4011603_convert_20170402104543.jpg

IMG_7097_convert_20170402101511.jpg

P4011582_convert_20170402103854.jpg

P4011588_convert_20170402104038.jpg

P4011592_convert_20170402104120.jpg

P4011594_convert_20170402104154.jpg

P4011595_convert_20170402104225.jpg

P4011597_convert_20170402104325.jpg

P4011613_convert_20170402104914.jpg

P4011605_convert_20170402104623.jpg

カタクリとオオミスミソウ
IMG_7100_convert_20170402101627.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。




















































2017-04-02 : 新潟の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新潟 妙高高原 【H28/8月】

週初めにネットでアケボノソウを検索したら、その中に妙高高原ビジターセンターのHPがありました。HPを開いたら「いもり池」付近でアケボノソウが開花したことが出ていました。それとクロバナヒキオコシの花も出ていました。クロバナヒキオコシは初めて知った花でした。クロバナヒキオコシの花を是非愛でてみたいと思い、天気が安定した木曜日に妙高高原まで出かけました。

新幹線で長野駅まで行き、しなの鉄道に乗り換え妙高高原駅で下車しました。列車に接続の市営バスに乗りビジターセンター前で下車して妙高高原ビジターセンターを訪れました。スタッフの方にクロバナヒキオコシとアケボノソウを愛でに来たことを話しましたら咲いている場所まで案内してくれました。その時に午後からカヤバ草原に行きたいと話をしたら、後でビジターセンターに寄ってくれれば場所を教えていただけることになりましたので、いもり池周辺での植物観察をしました。

クロバナヒキオコシは小さな花でした。自生している場所を教えていただいていなければ見過ごしてしまいます。アケボノソウは木道から枝道に入ったところに5、6株くらいありました。これも教えていただけなかったら見逃してしまう場所でした。サワギキョウやミズタマソウなどいもり池の周りはいろいろな花がありました。

いもり池を周ってビジターセンターに戻り、撮った黄色の花で名前が分からなかったのをお聞きしたところ、分からないと言われましたがちょうどセンターの元館長さんたちがいて、実物を見てくると出かけてくれました。その後、ビジターセンターの方の携帯に電話がかかってきてクサレダマだと連絡がきました。クサレダマは何回も見ていますが花の形はクサレダマではないような感じでした。

カヤバ草原の場所を教えていただきましたが、私がイモリ池の周りで観察している間に車でカヤバ草原まで行き、所有者に敷地に入ることの了解を取り付けたり、草刈されている状況も見てきてくれていました。行くときには熊にも注意してくださいと言われました。5日くらい前にはいもり池でも熊が出没しているそうです。

ビジターセンター内に咲いている花の写真が貼られていましたが、その中に午後から咲くというミズオトギリがありました。2時頃になると咲くというのでカヤバ草原から帰ったら寄ることにしていました。センターのすぐ近くでは咲いていないのでスタッフさんがいもり池周辺に咲いているのを探しに行ってくれました。咲いているのがあったと呼びにきてくれましたので咲いた花を愛でることができました。

今回は妙高高原ビジターセンターのスタッフや関係者の方々には大変とお世話になりました。本当にありがとうございました。感謝申し上げます。

(8/29に一部の花名を修正しました。当ブログに訪問していただいている「おじさんぽ」様からご教示いただきました。)

クロバナヒキオコシ    シソ科の植物です。花は2~3ミリの大きさでした。
IMG_6437_convert_20160826065933.jpg

北海道と主に本州の日本海側に生育しているようです。
P8250076_convert_20160826071744.jpg

小さな花なので手振れをおこしそうなので三脚を使って撮りました。
P8250052_convert_20160826071547.jpg

更にアップで撮ってみました。トリミングではありません。
P8250054_convert_20160826071621.jpg

上から撮ってみました。
P8250070_convert_20160826071705.jpg

ミズオトギリ   湿生の植物だそうです。蕾が開いてきました。
IMG_6489_convert_20160826071421.jpg

ビジターセンターの女性スタッフの方が咲いているのを見つけてくれました。
IMG_6490_convert_20160826071511.jpg

2時頃から開花するそうです。
P8250109_convert_20160826095422.jpg

アケボノソウ    株によっては満開のもありましたし、まだ蕾が多い株もありました。   
IMG_6467_convert_20160826070621.jpg

模様が綺麗です。
IMG_6471_convert_20160826070654.jpg

ここのアケボノソウの草丈はかなり高かったです。
IMG_6474_convert_20160826070911.jpg

コバギボウシ
IMG_6477_convert_20160826071008.jpg

サワギキョウ
IMG_6451_convert_20160826070014.jpg

サワヒヨドリ
IMG_6453_convert_20160826070049.jpg

ノハラアザミ
IMG_6454_convert_20160826070125.jpg

ミズタマソウ
IMG_6465_convert_20160826070547.jpg

P8250081_convert_20160826071816.jpg

ゲンノショウコ
IMG_6478_convert_20160826071036.jpg

ややピンクが入っています。
P8250097_convert_20160826072102.jpg

ユウガギク
IMG_6455_convert_20160826070200.jpg

アカバナ
IMG_6456_convert_20160826070230.jpg

ハンゴンソウ
IMG_6458_convert_20160826070303.jpg

ツリフネソウ    たくさん咲いていたので白花があるか見まわしましたがありませんでした。
IMG_6459_convert_20160826070355.jpg

ゴマナ   茎の先が多数に分岐して花を咲かせています。
IMG_6460_convert_20160826070438.jpg

ヒメシロネ    葉がほぼ水平に開いています。その脇に花を付けていました。
IMG_6462_convert_20160826070510.jpg

スイレン   いもり池にはびっしりと生えていました。
IMG_6476_convert_20160826070806.jpg

クサレダマ   元館長さんたちが調べてくれました。ちょつとクサレダマのイメージとは違って見えました。
IMG_6480_convert_20160826071102.jpg

ノコンギク
IMG_6482_convert_20160826071138.jpg

いもり池と雲がかかった妙高山
IMG_6483_convert_20160826071215.jpg

キツリフネ     キツリフネは少ないです。ビジターセンターのスタッフの方から咲いている場所を教えてもらいました。
IMG_6484_convert_20160826071245.jpg

オミナエシ
IMG_6488_convert_20160826071358.jpg

いもり池から黒姫山だと思います。
P8250090_convert_20160826071846.jpg

クルマバナ  (8/29修正 イヌゴマとしていましたがクルマバナのようです。)
P8250092_convert_20160826071917.jpg

アキノキリンソウ
P8250096_convert_20160826072027.jpg

ボタンヅル    地面に這うように咲いていました。
P8250098_convert_20160826072134.jpg

キオン
P8250099_convert_20160826072201.jpg

ハイメドハギ ?
P8250102_convert_20160826095259.jpg

ワレモコウ
P8250103_convert_20160826095338.jpg

ミソハギ  (8/29修正 ???としていましたがミソハギのようです。)
P8250111_convert_20160826095448.jpg






































2016-08-26 : 新潟の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

新潟弥彦 弥彦山 【H27/4月】

新潟県の弥彦山に行ってきました。東京は曇り空でしたが新潟は快晴の登山日和でした。今回のお目当ての花はコシノコバイモです。先日、山梨の山で愛でたのですが、越後のコシノコバイモを見たくなり出かけました。

これまでに角田山、国上山、六日町の山などに登っているのですが、残念ながらコシノコバイモを見つけることができませんでした。ネットで調べると弥彦山ではコシノコバイモを見ることができると確信して新幹線に乗り日帰りで行ってきました。

弥彦神社で登山の安全と花との出会いを祈願してから表参道の登山道に入りました。登山道の両脇にはスミレサイシンがいたるところに咲いていました。少し歩くと茶店があり、店の方にコシノコバイモのことを訊ねると、丁寧に咲いている場所を教えてくれました。あまりにも親切だったのでオデンの玉子100円を買い食べました。味が浸みていておいしかったです。

お目当てのコシノコバイモの場所に着く前からキクザキイチゲ、カタクリ、オウレンなどが咲いていて写真を撮るのに大忙しでした。目標物の20メートル先には教えていただいたとおりコシノコバイモが咲いていました。その場所からかなり上まで咲いていました。地元の方の話だと今年は当たり年で沢山咲いているそうです。越後のコシノコバイモを見たときの印象は、やはり雪国育ちだから色が白いのかなと思いました。

コシノコバイモの次に少しだけ期待していた花がオオミスミソウでした。角田山や佐渡のように群生はしていませんでした。
所々にあるという感じでした。地元の方の話では群生地も何か所かあるそうですが車で行かないと無理とのことでした。


弥彦山  弥彦駅から弥彦神社に向かっているときに撮りました。
P4041159_convert_20150405110411.jpg

コシノコバイモ
IMG_0105_convert_20150405105118.jpg

IMG_0109_convert_20150405105239.jpg

IMG_0129_convert_20150405105615.jpg

IMG_0130_convert_20150405105651.jpg

P4041179_convert_20150405110726.jpg

IMG_0111_convert_20150405105315.jpg

スミレサイシン
P4041164_convert_20150405110445.jpg

ナガハシスミレ  距が長く、別名がテングスミレ。中腹ぐらいに咲いていました。
IMG_0116_convert_20150405172200.jpg

キクザキイチゲ 白花
IMG_0121_convert_20150405105535.jpg

キクザキイチゲ  うす紫色
IMG_0133_convert_20150405105724.jpg

P4041210_convert_20150405111002.jpg

ショウジョウバカマ
IMG_0114_convert_20150405105355.jpg

ミチノクエンゴサク
P4041175_convert_20150405110540.jpg

オウレン
IMG_0143_convert_20150405105955.jpg

ナニワズ  オニシバリの亜種だそうです。
P4041204_convert_20150405110853.jpg

カタクリ  もう盛りを過ぎていました。
P4041220_convert_20150405111111.jpg

マンサク
P4041230_convert_20150405111221.jpg

エンレイソウ  この山のエンレイソウはみな小さかったです。
IMG_0107_convert_20150405105156.jpg

オオミスミソウ
IMG_0117_convert_20150405105507.jpg

IMG_0160_convert_20150405110105.jpg

IMG_0168_convert_20150405110145.jpg

IMG_0172_convert_20150405110221.jpg

IMG_0178_convert_20150405110259.jpg

IMG_0181_convert_20150405110333.jpg

P4041189_convert_20150405110807.jpg

P4041222_convert_20150405111142.jpg

山頂
P4041211_convert_20150405111039.jpg

佐渡島の金北山
IMG_0137_convert_20150405105801.jpg

山頂にいたツアーのガイドさんの話だと朝日連峰だそうです。飯豊連峰、守門岳なども見えました。 
IMG_0138_convert_20150405105841.jpg

  













 









2015-04-05 : 新潟の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

新潟三条 袴腰山 【5月】

5月の最終日に新潟の袴腰山に出かけてきました。新幹線で行くと日帰り圏内の山です。今回のお目当ての花はヒメサユリです。ヒメサユリは新潟県、福島県、山形県だけしか自生していないそうです。

ヒメサユリは以前、浅草岳の山開きに行ったときに見ていますが、そのとき買ってまだ2か月目のデジカメが突如故障してヒメサユリを写せませんでした。

袴腰山のヒメサユリはちょうど満開に近く、浅草岳で見たヒメサユリの数より圧倒的に多くありました。しかし、標高は低い山でしたが、結構きつい山でした。

ヒメサユリ
IMG_2063_convert_20130601233952.jpg

IMG_2058_convert_20130601233808.jpg

IMG_2053_convert_20130601233539.jpg

IMG_2074_convert_20130601234056.jpg

IMG_5575_convert_20130601234237.jpg

IMG_2056_convert_20130601233619.jpg

登山口近くの田園風景 雪のついている山は守門岳
P5310001_convert_20130601235054.jpg

ヒメシャガ 初めて見る花でした。一瞬、アヤメかと思いました。
IMG_2060_convert_20130601233907.jpg

タニウツギ
IMG_5557_convert_20130602003353.jpg

ガクウラジロヨウラク
P5310011_convert_20130601235154.jpg

ウゴツクバネウツギ
IMG_2057_convert_20130601233709.jpg

ヤマツツジ
IMG_5591_convert_20130601234423.jpg

高城(左手前)と袴腰山(右奥)
IMG_5628_convert_20130601234955.jpg

登山道 ロープが垂れているところが何か所かありました。
IMG_5587_convert_20130601234339.jpg

袴腰山は急登が続きますが、最後の急登は「とどめの坂」
IMG_5597_convert_20130601234600.jpg

袴腰山の山頂
IMG_5599_convert_20130601234639.jpg

山頂から粟ケ岳を望む
IMG_5601_convert_20130601234738.jpg

山頂から守門岳を望む
IMG_5602_convert_20130601234815.jpg

山頂にはナナカマドの花が咲いていました。
P5310013_convert_20130601235250.jpg

山頂のヤマツツジ
IMG_5594_convert_20130601234507.jpg
















2013-05-31 : 新潟の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR