FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

赤城山麓 沼の窪 【2019/3月】

早春の花の追いかけの第1弾がセリバオウレン、第2弾がセツブンソウ、そして第3弾がザゼンソウでした。2月の下旬にNHKのニュースで赤城山の山麓の沼の窪のザゼンソウが咲きだしたと報じていました。3月に入れば見頃になるかなと思い快晴の土曜日に沼の窪に行ってきました。

前橋駅からバスに乗り小原目で下車し、道路を40分ほど歩いて沼の窪に着きました。市有林全体で2000~3000株、木道の周囲に1000株ほど自生しているそうですが、どう見てもそんなにないような気がしました。これまでにザゼンソウは山梨玉宮や奥武蔵で見ていますが、玉宮に比べても株数は少ないような、大きさも玉宮や奥武蔵のザゼンソウと比べて小振りの感じでした。

ザゼンソウの観察の後は小原目まで戻り、富士見温泉を目指して歩きだしました。珊瑚寺のところにバス停があり時刻表を見たら二分後に富士見温泉行きのバスがありましたので、バスに乗り温泉へ。土曜日でしたが温泉は空いていました。温泉にどっぷりと浸かり、あとは生ビールに天ぷらざるそばと腹ごしらえ。のんびりできた一日でした。


沼の窪に向かって歩いて行くと赤城山の峰が見えました。
P3094263_convert_20190310065114.jpg

橋の名もざぜんそうはし(沼の窪からかなり離れたところです)
P3094264_convert_20190310065158.jpg

沼の窪のザゼンソウ自生地
P3094252_convert_20190310064424.jpg

木道から観察します
P3094256_convert_20190310064823.jpg

ザゼンソウ
IMG_5046_convert_20190310063421.jpg

IMG_5047_convert_20190310063533.jpg

IMG_5052_convert_20190310063624.jpg

IMG_5053_convert_20190310063700.jpg

IMG_5054_convert_20190310063753.jpg

IMG_5059_convert_20190310063842.jpg

IMG_5062_convert_20190310063933.jpg

IMG_5066_convert_20190310064021.jpg

IMG_5069_convert_20190310064150.jpg

P3094251_convert_20190310064340.jpg

P3094254_convert_20190310064519.jpg


P3094255_convert_20190310064651.jpg

P3094258_convert_20190310064911.jpg

ザゼンソウの看板
P3094259_convert_20190310064951.jpg

道路わきに咲いていました
P3094260_convert_20190310065027.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-03-10 : 群馬の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

谷川岳天神平 【H29/6月】

谷川岳の天神平に行ってきました。新幹線、バス、ロープウェーと乗り継げば天神平に到着します。お目当ての花はナエバキスミレでした。天神平に着いたとき、ロープウェー乗り場の職員の方にナエバキスミレの自生地をお聞きしました。今年は花が遅れているので咲いているかどうか分かりませんと言われました。

咲いていることを期待して谷川岳への登山道を進み、天神山に登り、天神平の中央に下り、次に高倉山を往復しました。歩き始めてすぐにシラネアオイが咲いていました。その後はイワカガミ、イワウチワ、ミツバオウレンなどが咲いていました。

そしてナエバキスミレの自生地付近に来たとき、斜面に黄色い花が見えました。何しろ天神平はエチゴキジムシロの黄色い花が多くありますのでナエバキスミレかどうか分からないので望遠レンズを付けて黄色い花を撮り、それを拡大して確認しました。黄色い花はお目当てのナエバキスミレでした。咲いていました。

ところが咲いている斜面は急なところで、他の植物も生えていますので踏み込んで登ることはできません。辺りを見回すと小さなガレ場の上にも黄色い花が見えましたので、植物も生えていないガレ場を登り、足場が悪い中、ようやく目の前にナエバキスミレが現れてご対面でき写真に収めました。

高倉山に登るとヒメシャガが登山道脇にたくさん咲いていました。以前、新潟の山に行ったときに愛でたことがありますが、こんなにたくさん咲いていると見事というしかありませんでした。

そして今回もしかしたらと思っていた花がノビネチドリでした。天神平の花をネット検索するとノビネチドリがよく出てきます。それも複数株が固まって咲いている写真が掲載されています。歩きながら探しました。そして見つけました。ただし1株でしたが花が咲き始めたばかりのノビネチドリでした。上高地で愛でたノビネチドリに比べると小柄でした。

帰りの新幹線は「たにがわ号」でしたのでガラ空きでした。ナエバキスミレとノビネチドリ、そして多くの花々を愛でることができ、大満足の一日でしたので列車で飲む缶ビールも一段と美味さを感じました。


ナエバキスミレ    オオバキスミレの変種だそうです。茎は紅紫色になっています。
IMG_7474_convert_20170618120542.jpg

IMG_7473_convert_20170618120514.jpg

IMG_7480_convert_20170618120737.jpg

ミヤマスミレと一緒に咲いていました。
IMG_7478_convert_20170618120707.jpg

P6173062_convert_20170618132005.jpg

ミヤマスミレ   本州中部では標高千メートル以上に見られる深山のスミレのようです。北に行くほど低いところにも咲くそうです。
IMG_7471_convert_20170618120439.jpg

ニョイスミレ
P6173056_convert_20170618131936.jpg

谷川岳
IMG_7459_convert_20170618120021.jpg

雪の上を歩く登山者が見えます。
IMG_7496_convert_20170618131228.jpg

シラネアオイ
IMG_7439_convert_20170618115542.jpg

IMG_7442_convert_20170618115626.jpg

イワナシ    ピンクの色が綺麗でした。
IMG_7453_convert_20170618115827.jpg

イワカガミ    淡いピンクの色した花は清楚に感じます。
P6173032_convert_20170618131501.jpg

IMG_7454_convert_20170618115910.jpg

イワウチワ    ここではイワカガミと同時期に咲いています。東京近郊だとイワウチワのほうが早く咲きます。
P6173040_convert_20170618131632.jpg

ショウジョウバカマ
P6173034_convert_20170618131555.jpg

オオカメノキ    木の花です。
IMG_7444_convert_20170618115753.jpg

エンレイソウ
IMG_7446_convert_20170618210051.jpg

朝日岳
IMG_7469_convert_20170618120318.jpg

サンカヨウ
IMG_7483_convert_20170618120901.jpg

ツマトリソウ
P6173046_convert_20170618131708.jpg

ミツバオウレン
IMG_7456_convert_20170618115943.jpg

エチゴキジムシロ
P6173048_convert_20170618131743.jpg

クモイイカリソウ
IMG_7497_convert_20170618131314.jpg

至仏山と笠ヶ岳
IMG_7470_convert_20170618205201.jpg

ハクサンコザクラ   柵の中で遠かったので、よく撮れていません。
IMG_7468_convert_20170618120234.jpg

コミヤマカタバミ
P6173030_convert_20170618131411.jpg

ヒメシャガ
IMG_7486_convert_20170618120939.jpg

IMG_7489_convert_20170618121018.jpg

シロバナヒメシャガ
IMG_7493_convert_20170618121107.jpg

ノビネチドリ    ラン科の花です。
P6173051_convert_20170618131823.jpg

P6173055_convert_20170618131902.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。




























2017-06-18 : 群馬の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

群馬渋川 伊香保森林公園~榛名湖 【H27/5月】

5月8日に観察会メンバーのYさんとYさんの友達と3人で伊香保方面に行きました。お目当ての花はサクラスミレとサクラスミレの葉の主脈に沿って濃紅紫の斑が入るチシオスミレでした。

伊香保森林公園も初めはピクニック気分で歩けましたが、二ッ岳に向かうと本格的な山登りとなってきました。雌岳と雄岳の間が8合目、ここからオンマ谷風穴に下り、林道を少し歩いてから榛名方面への山道へと進みました。

お目当てのサクラスミレもチシオスミレも愛でることができ、ほかのスミレもいろいろ咲いていました。ヒナスミレとヒゴスミレは花はありませんでしたが葉は確認しました。

花は枯れかかっていましたが、交雑種のオクタマスミレ?らしきものにも出会いました。まさにスミレ三昧の一日でした。


サクラスミレ
P5081791_convert_20150510153424.jpg

P5081788_convert_20150510153356.jpg

P5081821_convert_20150510154158.jpg

チシオスミレ
P5081792_convert_20150510153455.jpg

P5081794_convert_20150510153527.jpg

スミレ
P5081780_convert_20150510153130.jpg

ニオイタチツボスミレ
P5081782_convert_20150510153201.jpg

ナガバノスミレサイシン
P5081784_convert_20150510153229.jpg

フモトスミレ
P5081796_convert_20150510153557.jpg

フイリフモトスミレ
P5081802_convert_20150510153717.jpg

エイザンスミレ
P5081806_convert_20150510153753.jpg

オトメスミレ
P5081834_convert_20150510154315.jpg

ニョイスミレ
P5081839_convert_20150510154415.jpg

アケボノスミレ
P5081811_convert_20150510154056.jpg

オクタマスミレ ??
P5081800_convert_20150510153631.jpg

ツクバキンモンソウ
P5081808_convert_20150510153915.jpg

ツクバネウツギ
P5081809_convert_20150510153945.jpg

ワチガイソウ
P5081810_convert_20150510154018.jpg

ミヤマエンレイソウ
P5081814_convert_20150510154128.jpg

ホソバノアマナ
P5081835_convert_20150510154343.jpg

ミツバツツジ
P5081785_convert_20150510153258.jpg

ヤマツツジ
P5081786_convert_20150510153327.jpg

榛名富士
P5081840_convert_20150510154445.jpg























2015-05-10 : 群馬の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

尾瀬 尾瀬ヶ原 【H26/7月】

至仏山から鳩待峠に下りてから尾瀬ヶ原に向かいました。この時期は中学生の団体さんが大勢いました。尾瀬ヶ原は上田代から中田代の真ん中あたりまで行き戻ってきました。研究見本園をぐるりと回って鳩待峠に向かい、戸倉の温泉で汗を流して関越交通の尾瀬号に乗り一路新宿へ。

昔の尾瀬ヶ原にはニッコウキスゲが沢山咲いていました。二年前に訪れたときところどころにポツリと咲いているのには驚きました。これも日本鹿の食害のせいなのでしょうか。昔の光景を覚えていると今の状況はとても尾瀬とは思えない光景でした。

鳩待峠から山ノ鼻までに咲いていた花
モミジカラマツ
P7252114_convert_20140727053915.jpg

オオレイジンソウ  この周りは日本鹿の食害が見られました。
P7252115_convert_20140727054043.jpg

コオニユリ
P7252116_convert_20140727062601.jpg

ショウキラン   うすいピンクの色をして何とも言えぬ美しさでした。
P7252117_convert_20140727054200.jpg

オオバミゾホオズキ
P7252150_convert_20140727055311.jpg

尾瀬ヶ原に咲いていた花
キンコウカ
IMG_0198_convert_20140726221830.jpg

ヒツジグサ
IMG_4252_convert_20140726222122.jpg

IMG_4253_convert_20140726222233.jpg

クルマユリ
IMG_4286_convert_20140726222347.jpg

オニシモツケ
P7252119_convert_20140727054234.jpg

尾瀬ヶ原に着いたときには快晴の夏空となっていました。遠くに見えるのは燧ケ岳です。
P7252120_convert_20140727054320.jpg

クガイソウ
P7252121_convert_20140727054353.jpg

後ろを振り向けば、さっき登った至仏山の優しい山容が見えました。
P7252123_convert_20140727054433.jpg

コバギボウシ
P7252125_convert_20140727054510.jpg

ミズチドリ
P7252126_convert_20140727054550.jpg

トキソウ
P7252129_convert_20140727054645.jpg

オトギリソウ
P7252132_convert_20140727054722.jpg

池塘
P7252134_convert_20140727054803.jpg

燧ケ岳につづく木道
P7252135_convert_20140727054845.jpg

オオマルバノホロシ
P7252138_convert_20140727054922.jpg

ニッコウキスゲ
P7252140_convert_20140727055008.jpg

ウバユリ
P7252141_convert_20140727062637.jpg

モウセンゴケにも白い可愛い花をつけます。
P7252145_convert_20140727055206.jpg

距が跳ね上がっているのでコバノトンボソウ ?
P7252148_convert_20140727055236.jpg

















2014-07-27 : 群馬の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

尾瀬 至仏山 【H26/7月】

鳩待峠から至仏山を往復してきました。至仏山は花の種類も多く好きな山の一つです。今回で4回目となり2年ぶりの至仏山でした。2年前とほぼ同じ時期でしたが、花の種類や咲き具合は異なっていました。

登り始めは雲の切れ間から陽もさしていましたが、雲は切れず稜線ではガスでメガネはくもるし、風景は全く見えず、半袖Tシャツでは寒かったですが、花がいっぱい見られて満足でした。

樹林帯に咲く花
ミツバオウレン
P7252108_convert_20140727053635.jpg

スダヤクシュ
P7252054_convert_20140726222540.jpg

モミジカラマツ
P7252059_convert_20140726222613.jpg

イワオトギリ
P7252113_convert_20140727053841.jpg


湿原に咲く花
ビジターセンターでお聞きしましたが特定できませんでした。ホソバノキソチドリかマイサギソウか?
P7252061_convert_20140726222650.jpg

P7252105_convert_20140727053429.jpg

距が下向きになっているのでホソバノキソチドリと思われます。
P7252107_convert_20140727053554.jpg

イワイチョウ
P7252063_convert_20140726222729.jpg

モウセンゴケ   食虫植物です。
P7252104_convert_20140727053347.jpg

ワタスゲ
P7252106_convert_20140727053517.jpg


草原に咲く花
ヨツバシオガマ
IMG_4192_convert_20140726221907.jpg

ハクサンコザクラ
IMG_4199_convert_20140726222001.jpg

ニッコウキスゲ  二年前は群生していましたが、今年は一本しか咲いていませんでした。
IMG_4220_convert_20140727062431.jpg

シナノキンバイ
P7252065_convert_20140726222837.jpg

ハクサンイチゲ
P7252066_convert_20140726223031.jpg

オゼソウ  蛇紋岩の至仏山、谷川岳、北海道天塩山地しか自生していないそうです。
P7252067_convert_20140726223229.jpg

イワカガミ   高山帯に咲くのははコイワカガミと呼ぶそうですが、最近は区別しないでイワカガミとするようです。
P7252068_convert_20140727051943.jpg

チングルマ   チングルマは草本ではなく落葉低木です。
P7252069_convert_20140727052047.jpg

ハクサンチドリ
P7252099_convert_20140727053147.jpg

ウラジロヨウラク  ツツジ科の植物です。
P7252070_convert_20140727052137.jpg

エゾウサギギク
P7252073_convert_20140727052342.jpg

ハクサンイチゲとオゼソウ
P7252075_convert_20140727052512.jpg

ジョウシュウアズマギク
P7252076_convert_20140727052615.jpg


高山帯の花
ミヤマダイモンジソウ
P7252074_convert_20140727052424.jpg

タカネシオガマ
P7252083_convert_20140727052837.jpg

タカネシュロソウ
P7252082_convert_20140727052752.jpg

タカネバラ  最盛期を過ぎていました。
P7252077_convert_20140727052702.jpg

ハクサンシャクナゲ
P7252088_convert_20140727052914.jpg

ジョウエツキバナノコマノツメ  
P7252092_convert_20140727052947.jpg

ホソバヒナウスユキソウ  ちょつと遅かったようで最盛期は過ぎていました。至仏山と谷川岳に自生しています。
P7252095_convert_20140727053029.jpg

ミネウスユキソウ   
P7252097_convert_20140727053110.jpg

イブキジャコウソウ
P7252101_convert_20140727053221.jpg

タカネナデシコ
P7252102_convert_20140727053302.jpg

鳩待峠へ下山途中、至仏山は雲の中
P7252110_convert_20140727053725.jpg

燧ケ岳と尾瀬ヶ原
P7252112_convert_20140727053804.jpg
































2014-07-27 : 群馬の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR