FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

湖畔を彩るクリンソウ 【2019/6月】

梅雨の晴れ間となった13日に奥日光の中禅寺湖千手ヶ浜に咲くクリンソウを愛でに行ってきました。前日のNHKニュースで千手ヶ浜のクリンソウが見頃になったと報じましたので、湯元行きの路線バスも、赤沼から千手ヶ浜行きの低公害バスも超満員、千手ヶ浜も人・人・人・・・人だらけ。NHKニュースの影響力は凄いなと思いました。自分自身もニュースを見ていく気になったのですが。

東武線の春日部駅の売店で、缶ビールに缶チューハイ、乾きもののつまみを買い、特急列車に乗り換えて観光気分で東武日光駅へ。改札を出て戦場ヶ原フリーパスを購入してから急いでJR日光駅前のバス停へ。既に15人くらいの列ができていました。あっという間に列は長くなり後ろのほうに並んだ人は座れませんでした。東武日光駅からはバスに乗り切れずに残される人もいました。バスは超満員。

クリンソウは入笠山、大菩薩、昨年では戸隠でと各地で何回も見ていますが、いずれも赤系色の花でした。ところが千手ヶ浜のクリンソウは白、ピンク、紫、赤など色が多彩でした。そして群生しているところが、今までに愛でたクリンソウの自生地とは違うところでした。千手ヶ浜は湖畔のため風が意外とあり花が揺れるくらいでした。

人が多くバスの出発時間より早めバス停にいかないとバスに乗れなくなるので、ゆっくりとクリンソウの花を愛でる時間がありませんでした。とりあえず写真を撮ってきたという感じでした。赤沼にもどって日光駅へのバスの時間まで一時間ほど戦場ヶ原を散策しました。ズミの花はピークは過ぎていました。ワタスゲもちらほらとしかありませんでした。花もまだ少なく端境期という感じでした。赤沼のバス停は前から三人目でしたので座れて東武日光駅へ。慌ただしいクリンソウの愛で歩きの一日でした。


クリンソウ
サクラソウ科の仲間ては一番の大型です。名前の由来は、花は花茎を中心円状につき、それが数段に重なる姿が寺院の塔の上につく九輪に似ていることからついたそうです。

P6135144_convert_20190614102702.jpg

P6135147_convert_20190614102804.jpg

IMG_5457_convert_20190614101008.jpg

IMG_5459_convert_20190614101047.jpg

IMG_5480_convert_20190614102138.jpg

IMG_5472_convert_20190614101923.jpg

水面にうつるクリンソウ
IMG_5461_convert_20190614101127.jpg

IMG_5474_convert_20190614101952.jpg

千手ヶ浜からの男体山
P6135143_convert_20190614102556.jpg

IMG_5467_convert_20190614101552.jpg

IMG_5469_convert_20190614101626.jpg

IMG_5462_convert_20190614101209.jpg

IMG_5464_convert_20190614101321.jpg

IMG_5471_convert_20190614101725.jpg

P6135159_convert_20190614103210.jpg

サクラソウ
P6135152_convert_20190614103107.jpg

ヒメカラマツ    初見の花でした。ネットで千手ヶ浜付近の花を検索したらヒメカラマツとして幾つかありましたのでヒメカラマツとしました。
 IMG_5483_convert_20190614102226.jpg

ズミと奥日光の山
IMG_5485_convert_20190614102335.jpg

ズミ
P6135171_convert_20190614103658.jpg

ニョイスミレ
P6135166_convert_20190614103400.jpg

ワタスゲ
IMG_5488_convert_20190614102416.jpg

ツマトリソウ
P6135173_convert_20190614103919.jpg

マイヅルソウ
P6135177_convert_20190614104008.jpg

ミヤマウグイスカグラ     ウグイスカグラと違うのは花や葉に毛があります。
P6135170_convert_20190614103559.jpg

《参考  ウグイスカグラ》    毛がありません。
P2214138_convert_20190614113540.jpg

ウマノアシガタ
P6135181_convert_20190614104205.jpg

戦場ヶ原から奥日光の山々
P6135179_convert_20190614104104.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-06-14 : 栃木の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥日光 戦場ヶ原 【H30/7月】

奥日光の戦場ヶ原に行ってきました。戦場ヶ原に咲くホザキシモツケを数年前から見たいと思っていましたが、なかなか行けず、ようやく行く気になりました。先日、日光湯元ビジターセンターに開花状況を問い合わせたら見ごろですと言われましたが、このところ午後から発雷確率が高かったので確率の下がった日曜日に東武鉄道の特急で日光に向かいました。

木道歩きの楽なハイキングコースを歩くので特急列車に乗ってから缶ビールに缶チューハイと観光気分になってしまいました。そのためバスに乗るにはJR日光駅まで数分歩いて始発から乗るというのをすっかり忘れてしまい東武日光駅で並んで乗ってしまいましたので座れず、立ったままの乗車でのいろは坂はきついものでした。

赤沼から戦場ヶ原のハイキングコースに入った途端にホザキシモツケがお出迎え。ちょつと最盛期は過ぎた感じで枯れかかっているのもありました。花の観察する方よりも鳥の観察する方がたくさんいました。木道は高低がないので歩くには最適です。木道は樹林帯の中を通るほうが多かったです。

ホザキシモツケは至る所に咲いていました。大好きな花のハクサンフウロも咲いていました。コオニユリ、ツリガネニンジン、ノアザミなども咲いていました。そしてラン科の花まで愛でることができました。ミズチドリとシロテンマ(?)でした。高原の花々を満喫した一日でした。


ホザキシモツケ   バラ科のシモツケ属の落葉低木です。
IMG_4539_convert_20180723105555.jpg

絶滅危惧種に指定されたが解除になっているようです。
IMG_4541_convert_20180723105734.jpg

IMG_4542_convert_20180723105817.jpg

P7222714_convert_20180723111118.jpg

ホザキシモツケの群生      群生しているところは至るところにありました。
IMG_4525_convert_20180723105245.jpg

トモエソウ
IMG_4522_convert_20180723104958.jpg

コバギボウシ
IMG_4543_convert_20180723105913.jpg

イブキトラノオ
IMG_4529_convert_20180723105419.jpg

IMG_4540_convert_20180723105637.jpg

サワギク
IMG_4519_convert_20180723104913.jpg

戦場ヶ原と奥日光の山
P7222702_convert_20180723110855.jpg

ツリガネニンジン
P7222701_convert_20180723110804.jpg

ノアザミ
IMG_4545_convert_20180723110036.jpg

ワタスゲ    僅かに残っていました。
IMG_4527_convert_20180723105334.jpg

シロテンマだと思うのですが・・・?  オニノヤガラはもっと茶色ぽかったような気がしますが・・・。
P7222710_convert_20180723110940.jpg

ミズチドリ
P7222719_convert_20180723111313.jpg

ハクサンフウロ
IMG_4524_convert_20180723105125.jpg

P7222718_convert_20180723111204.jpg

奥日光の山
P7222713_convert_20180723111028.jpg

ゲンノショウコ
P7222721_convert_20180723111404.jpg

クサレダマ   まだ蕾でした。
IMG_4544_convert_20180723105952.jpg

タケシマランの実
IMG_4554_convert_20180723110618.jpg

タマガワホトトギス    奥多摩以外で見るのは初めてでした。 
IMG_4553_convert_20180723110515.jpg

コオニユリ
IMG_4550_convert_20180723110151.jpg

湯滝   豪快な滝でした。
P7222729_convert_20180723111448.jpg

トンボソウ    この花は奥日光ではありません。日光東照宮から輪王寺大猷院への参道の石垣の上に咲いていました。
IMG_4557_convert_20180723110711.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。

2018-07-23 : 栃木の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

日光 霧降高原 【H28/6月】

霧降高原のニッコウキスゲが見頃になってきたと霧降高原のHPに出ていたので、天気も快晴となりそうな月曜日に出かけてきました。東武の特急けごん1号で東武日光駅へ。3分ほど歩いてJR駅前のバス停に。バスはここから出るので東武日光駅前からだと座れない場合があります。予想通り東武日光駅からの乗車した人の半分以上の方は座れませんでした。

日光駅前は晴れていますが、山の上は雲がかかっていました。平日にもかかわらず霧降高原は大賑わいでした。ツアー登山客も来ていました。昔はリフトで登れたそうですが、今は霧降高原の山頂(小丸山展望台)へ行くには整備された登山道(途中まで)と階段で登るしかありません。

今回はニッコウキスゲよりもお目当ての花はオノエランでした。オノエランを愛でるには天空回廊と呼ばれる階段を登らなければならず階段登りは結構疲れました。階段の終点、小丸山展望台から赤薙山方面を歩きオノエラン探しをしました。オノエランはこれまでに東北や会津の山で愛でていますが、今回はじっくりと愛でたいと思っていました。

ニッコウキスゲ、オノエランそして色々の花々も愛でることができ満足した花巡りの一日となりました。


ニッコウキスゲ    鹿の食害で減ったそうですが、今は防鹿ネットで高原を囲んでいますので今後は回復するのでは。
IMG_1869_convert_20160628113644.jpg

IMG_1870_convert_20160628113712.jpg

P6272727_convert_20160628114940.jpg

天空回廊から見た、かなり上の方の斜面に咲くニッコウキスゲ
IMG_1874_convert_20160628113747.jpg

延々と続く階段
P6272696_convert_20160628114427.jpg

小丸山展望台に着きました。
P6272698_convert_20160628114532.jpg

防鹿ネットが高原を取り囲んでいました。
P6272699_convert_20160628114604.jpg

オノエラン   何株も見ることができましたが、この株が一番きれいでした。
IMG_1893_convert_20160628114050.jpg

最初に出会ったオノエラン
P6272710_convert_20160628114715.jpg

ネバリノギラン
IMG_1879_convert_20160628113934.jpg

ヨツバヒヨドリ
IMG_1867_convert_20160628113514.jpg

オオナルコユリ   ナルコユリの倍の大きさがありました。
IMG_1868_convert_20160628113611.jpg

カラマツソウ
IMG_1866_convert_20160628113423.jpg

ソバナ   階段の1440段目付近の横に咲いていました。
IMG_1878_convert_20160628113822.jpg

チダケサシ
IMG_1881_convert_20160628114011.jpg

アヤメ
IMG_1913_convert_20160628114209.jpg

IMG_1916_convert_20160628114239.jpg

オトギリソウ
P6272693_convert_20160628114322.jpg

コメツツジ   アップで撮っているので大きく見えますが小さな花です。
P6272694_convert_20160628114352.jpg

シモツケ
P6272701_convert_20160628114642.jpg

ニガナ
P6272724_convert_20160628114841.jpg

オノエラン探しを終えて小丸山展望台に戻るときには霧が降りてきました。霧は霧降高原の名物?
P6272717_convert_20160628114800.jpg

※ 花の名前は、レストハウスの売店で買った「日光霧降高原キスゲ平 高原の花」を参考にしました。






















2016-06-28 : 栃木の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

栃木塩谷 鬼怒川河川敷 【H28/4月】

栃木県の塩谷町の鬼怒川河川敷に咲くオキナグサを愛でに行ってきました。宇都宮まで新幹線に乗り、宇都宮駅前から関東バスに乗り塩屋町まで行きました。

このオキナグサを知ったのは花友さんからオキナグサを見にいかないかとお誘いを受けたことからでした。日程の都合がつかなかったので一人で久々に天気の良い水曜日にオキナグサを愛でてきました。キンポウゲ科の多年草で、花の咲き終わった後に白く長い綿毛がある果実の集まった姿を老人の頭にたとえ翁草と名付けられたそうです。

オキナグサは裏高尾の民家の石垣に咲いているのは見たことがありますが、自然の中で群生しているのには驚きました。群生地には地元の保護団体の方がいましたので、このオキナグサは自生なのか植栽なのか、お伺いしたら自生しているものだとのことでした。

この河川敷のオキナグサは5年前ほどは草に囲まれていためか盗掘によってずいぶん群生地が荒らされたそうです。そこで群生地の周りの草を刈り(許可を取って刈ったそうです。)をして堤防から見えるようにしたそうです。堤防から群生地が見えるようになってから盗掘がなくなったそうです。

群生地にはロープも張られていませんので、踏まれていたのもありました。あまりにも多くあるので写真を撮るのに夢中だと踏んでしまうのだと思いました。近々、東京から〇〇〇ツーリズムの団体さんがお出でになるとのこと。昨年も来ているとか。


オキナグサ
IMG_1066+-+コピー_convert_20160407150316

IMG_1062+-+コピー_convert_20160407150236

IMG_1072+-+コピー_convert_20160407150344

IMG_1076+-+コピー_convert_20160407150419

IMG_1444+-+コピー_convert_20160407150713

IMG_1461+-+コピー_convert_20160407150839

P4061208+-+コピー_convert_20160407151055

P4061214+-+コピー_convert_20160407151216

花が咲き終わった後、これが白くなるそうです。
IMG_1456+-+コピー_convert_20160407150754

堤防から河川敷への入り口
P4061202+-+コピー_convert_20160407150918



オキナグサを愛でた後、宇都宮まで戻り、またバスに乗り宇都宮の近郊の里山に行きました。スミレの宝庫でヒトツバエゾスミレが咲くというところでしたが、残念ながら空振りでした。まだ早かったのかも知れません。

エイザンスミレ
IMG_1079+-+コピー_convert_20160407150457

IMG_1081+-+コピー_convert_20160407150604

P4061238+-+コピー_convert_20160407151312

フモトスミレ 
P4061234+-+コピー_convert_20160407151245

タチツボスミレ
IMG_1080+-+コピー_convert_20160407150534

アカヤシオ (4/9 トウゴクミツバツツジとしていましたが訂正しました。)
IMG_1084+-+コピー_convert_20160407150637
















2016-04-07 : 栃木の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

栃木 那須岳 【10月】

那須岳の紅葉の名所と言われている姥ケ平に行ってきました。往復ロープウェーを使って楽していこうと思っていましたが、強風のためロープウェーは運休でした。しかたなく?歩いて峰の茶屋、牛ケ首を経由して姥ケ平に入りました。樹林帯を出てから峰の茶屋、牛ケ首までは台風並みの風でしたが、平日にもかかわらず登山者は大勢いました。

紅葉は最盛期は過ぎていましたが、まだ見頃でした。、オヤマリンドウ、アザミ、シラタマノキの実などを見ることができました。

IMG_0720_convert_20121013074710.jpg

IMG_0713+(2)_convert_20121013075254.jpg

IMG_0745+(2)_convert_20121013095425.jpg

IMG_0714_convert_20121013095922.jpg

IMG_0782+(2)_convert_20121013100331.jpg

紅葉
IMG_0732_convert_20121013100732.jpg
牛ケ首への稜線で

IMG_0734_convert_20121013101220.jpg
稜線から姥ケ平を見下ろす

IMG_0751_convert_20121013102147.jpg
姥ケ平から那須岳を望む

IMG_0764_convert_20121013102646.jpg
姥ケ平から那須岳を望む

IMG_0765_convert_20121013103251.jpg
姥ケ平から那須岳を望む

IMG_0776_convert_20121013103833.jpg
朝日岳の紅葉

IMG_0779_convert_20121013104524.jpg
那須岳を仰ぎ見る
2012-10-13 : 栃木の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR