FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

伊吹山 【H26/8月】

昨年の7月に伊吹山に行きましたが、今年もイブキフウロの花が見たくて行ってきました。この時期は山の花もほとんど終わりの状況でした。

登山道を登って行くと柵で囲まれたところがありました。防鹿柵かと思いましたら、写真と説明が表示されていました。そこはシモツケソウの群生地だったそうですが、テンニンソウがはびこりシモツケソウがなくなってしまったそうです。そこでテンニンソウを除去してシモツケソウの回復をしているとのことでした。テンニンソウは群生すると他の植物の成長を阻害するアレロバシーを出すなど排他的な性質があると言われています。

山頂の売店で缶ビールを買いましたが、その店には花の写真が貼ってありました。ニッコウキスゲの群生している写真もありました。店の方にどの辺に咲くのかお聞きしたところ、日本鹿が増えてから伊吹山のニッコウキスゲはすべてなくなったと言われました。

日本鹿も猪も増えてお花畑を荒らしているそうです。そういえば登山道を歩いているときに土をひっくり返したようなところがありました。


イブキフウロ   花弁が3尖裂しているのがイブキフウロの特徴です。
P8202567_convert_20140821111000.jpg

P8202570_convert_20140821111035.jpg

P8202579_convert_20140821111331.jpg

ハクサンフウロ
IMG_4611_convert_20140821105446.jpg

IMG_4648_convert_20140821105953.jpg

ミツバフウロ
IMG_4655_convert_20140821110157.jpg

クガイソウ    ルリトラノオと似ていますが、クガイソウは葉が輪生していて階段状についています。
IMG_4602_convert_20140821105211.jpg

ルリトラノオ  伊吹山の特産種です。葉が対生となっています。
P8202541_convert_20140821110248.jpg

メタカラコウ
IMG_4604_convert_20140821105300.jpg

ツリガネニンジン
IMG_4609_convert_20140821105416.jpg

カワラナデシコ
IMG_4613_convert_20140821105534.jpg

コイブキアザミ   伊吹山の特産種です。
IMG_4618_convert_20140821105623.jpg

IMG_4631_convert_20140821105912.jpg

キリンソウ
P8202560_convert_20140821110551.jpg

山頂標識
IMG_4625_convert_20140821105822.jpg

山頂
P8202574_convert_20140821111114.jpg

三角点は少し離れたところにあります。
P8202577_convert_20140821111249.jpg

山頂で憩う登山者たち
P8202576_convert_20140823101058.jpg

イブキジャコウソウ  ご本家のイブキジャコウソウです。この夏に至仏山や八方尾根でも見ました。
P8202573_convert_20140821120352.jpg

シシウド
IMG_4649_convert_20140821110110.jpg

シオガマギク
P8202581_convert_20140821111435.jpg

シモツケ
P8202583_convert_20140821111519.jpg

シモツケソウ
IMG_4607_convert_20140821143511.jpg

クルマバナ
P8202551_convert_20140821110338.jpg

テンニンソウ
P8202586_convert_20140821120309.jpg

伊吹山と麓
P8202591_convert_20140821143550.jpg

防鹿柵が設置されているところもありました。
P8202594_convert_20140821111744.jpg

サラシナショウマ   最盛期を過ぎていました。 
P8202587_convert_20140821111604.jpg

イブキトリカブト    これから最盛期を迎える花の一つです。
P8202596_convert_20140821111828.jpg

マルバダケブキ
P8202600_convert_20140821112004.jpg

































2014-08-21 : 西日本の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

京都 愛宕山 【11月】

京都市の愛宕山に行ってきました。愛宕山は京都市内の最高峰で標高が924Mあります。山頂には火難除けの信仰が厚い愛宕神社が鎮座しています。

京都駅前から京都バスに乗り、登山口のある清滝に向かいました。バスには登山者が自分も含め5人いました。花や草木の実は登山口から登り始めだけでしたが、途中、紅葉の素晴らしいところが随所にありました。

下山は山の中にある月輪寺を通って、林道に出て清滝バス停まで歩きました。


清滝バス停の横にある登山道の看板。
IMG_5891_convert_20131123132511.jpg

愛宕山の登山口
IMG_5899_convert_20131123140735.jpg

登山口に立っていた看板
IMG_5930_convert_20131123133937.jpg

ヘクソカズラの実
IMG_5892_convert_20131123132553.jpg

アキノキリンソウ
IMG_5895_convert_20131123132717.jpg

ノコンギク
IMG_5901_convert_20131123133127.jpg

フユイチゴの実
IMG_5904_convert_20131123133209.jpg

ナンテンの実
IMG_5905_convert_20131123133245.jpg

登山道の最初から階段状の登りがしばらく続きます。
IMG_5907_convert_20131123133331.jpg

最初の休憩小屋です。
IMG_5914_convert_20131123133621.jpg

休憩小屋には温度計が架けてありました。ここは10度でした。
IMG_5912_convert_20131123133525.jpg

休憩小屋の付近は紅葉が見事でした。きつい登りも綺麗な紅葉を見ると頑張って登ろうという気持ちになります。
IMG_5910_convert_20131123133414.jpg

IMG_5911_convert_20131123133456.jpg

階段状のきつい登りが終わると、なだらかな登りとなります。開けたところに出ました。
IMG_5919_convert_20131123133702.jpg

展望が良いところですが、初めての山なもので、どの辺が見えているのか全然分からずでした。
IMG_5922_convert_20131123133744.jpg

三つ目の休憩小屋です。
IMG_5928_convert_20131123133906.jpg

この休憩小屋の気温は6度でした。最初の小屋より4度も低くなっていました。
IMG_5927_convert_20131123133822.jpg

山門が見えてきました。ここを過ぎると神社の施設が見えてきます。
IMG_5931_convert_20131123134008.jpg

神社の近くにあった看板です。登山者にマナーを説いてます。
IMG_5938_convert_20131123134214.jpg

山頂に鎮座する愛宕神社の本殿です。
IMG_5936_convert_20131123134134.jpg

本殿に架かっていた温度計は3度でした。寒くて手がかじかみピンボケの写真となってしまいました。
IMG_5935_convert_20131123134047.jpg

月輪寺方面に下山して、まもなくに展望の開けたとこがありました。池が見えます。広沢池か?大沢池か?
IMG_5939_convert_20131123134251.jpg

登山道が分かれるところには標識がでていました。
IMG_5941_convert_20131123134337.jpg

月輪寺近くの紅葉です。
IMG_5945_convert_20131123134418.jpg
























2013-11-23 : 西日本の山 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

奈良 若草山 【11月】

奈良の山焼きで有名な若草山に登りました。若草山は、三つの笠を重ねたような形をしていることから三笠山とも呼ぶようです。山頂には鶯塚古墳があります。

若草山に登るには入山料150円徴収されます。北ゲートから入山し、山頂まで行き、春日山原生林を通る春日山遊歩道を下山しました。春日大社の横に出ました。

若草山は芝とススキの山でした。それでも一重目までの登山道脇には花の終わったマツカゼソウがたくさんありました。芝はノシバと呼ばれる日本固有の芝で、近畿地方では唯一の自生地だそうです。春日山原生林は常緑樹が主体で、天然記念物だけあって手つかずの森という感じでした。


東大寺の境内から望む若草山
IMG_5805_convert_20131123105850.jpg

北ゲートから入山しました。
IMG_5813_convert_20131123113326.jpg

最初は階段が続きます。
IMG_5814_convert_20131123094701.jpg

花の終わったマツカゼソウがたくさんありました。このマツカゼソウには花がついていました。
IMG_5815_convert_20131123094731.jpg

階段が終わるとなだらかな道となります。
IMG_5818_convert_20131123110055.jpg

紅葉した木も見られました。
IMG_5817_convert_20131123110023.jpg

三つの笠のうち一つ目の笠が一重目 東大寺の境内から見えたところです。
IMG_5819_convert_20131123110626.jpg

一重目から二重目を見たところです。左手の丸い丘のところが二重目です。
IMG_5820_convert_20131123110658.jpg

二重目から奈良市内を望んだところです。大仏殿も左側に見えます。
IMG_5823_convert_20131123110727.jpg

三重目に向かうときに紅葉した木がありました。
IMG_5824_convert_20131123110808.jpg

三重目です。ここを山頂と思う人が多いそうです。山頂はもう少し登ります。
IMG_5826_convert_20131123110837.jpg

鶯塚古墳が山頂です。鶯陵の石碑が立っていました。
IMG_5827_convert_20131123110907.jpg

山頂から隣の山を望んだところです。
IMG_5828_convert_20131123110937.jpg

道標に導かれて春日山遊歩道を下りました。
IMG_5830_convert_20131123111006.jpg

林道のような道です。歩行者専用のためのんびり歩けます。
IMG_5831_convert_20131123111036.jpg

常緑樹が多いためか下草はシダ類が目立ちました。
IMG_5833_convert_20131123111106.jpg

苔むしたところから黒い茎が伸び花が咲いた後のようなものがありました。クロムヨウランもこのような形で残るようですが、これは何でしょうか??
IMG_5834_convert_20131123111159.jpg

遊歩道も下のほうに来ると落葉樹も交じってきました。紅葉のもみじもありました。
IMG_5839_convert_20131123111231.jpg

もみじをアップして撮ってみました。
IMG_5846_convert_20131123111259.jpg


☆春日大社の萬葉植物園がありましたので、入園料を払って見学しました。いろいろな木や草の実がありました。
山で見られるものをいくつか載せました。☆

テイカカズラの実
IMG_5868_convert_20131123111405.jpg

センリョウの実
IMG_5873_convert_20131123111434.jpg

ヤブコウジの実
IMG_5874_convert_20131123111506.jpg

ビナンカズラの実
IMG_5875_convert_20131123111601.jpg

























2013-11-23 : 西日本の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

伊吹山 【7月】

夏山のアルプス行きに備えて泊りがけで中級クラスの山を歩かなければと思っていましたが、2週前から腰痛で長時間の歩きや、立ち上がる時に痛みが走り山どころではない状態でした。楽に行けて花が沢山咲いているところを探したところ日本百名山の一つの伊吹山がありました。

新宿から名古屋まで夜行高速バス(椅子はかなり倒せるので楽です)に乗り、JRで大垣駅へ。駅前から伊吹山への登山バスで9合目へ。バスを降りれば登山道脇はお花畑が広がります。

伊吹山には15年前に滋賀県側の山麓から山頂まで歩いて登ったことがあります。そのとき、登っている途中から腹の調子がおかしくなり、ただひたすら山頂のトイレを目指したせいか、お花畑の記憶がありませんでした。

伊吹山はイブキトラノオ、イブキジャコウソウなどイブキと名のつく植物が30種ほどあるようです。標高は1377mですが、豪雪地帯のためか、高山植物、亜高山植物なとが山頂付近に咲いています。

今回は楽な登山で、バスを降りてから西遊歩道を登って山頂に向かいました。登山者と観光客で大勢の人でした。山頂から下りは東遊歩道コースを歩きました。こちらは登山靴を履いてない人は歩けないので、人はずっと少なくなりました。

今回、見てみたかった花がイブキフウロでした。

イブキフウロ  花弁の先が三尖裂しています。エゾフウロの亜種といわれています。
IMG_2459_convert_20130728152214_20130728155323.jpg

IMG_2484_convert_20130728152653.jpg

エゾフウロ  茎葉や萼片に毛が多いのが特徴となっています。
P7260522_convert_20130728153614.jpg

ハクサンフウロ  エゾフウロのように毛は多くないそうです。
IMG_2468_convert_20130728152327.jpg

グンナイフウロ 花はフウロの仲間では一番大きいそうです。最盛期はすぎていました。
IMG_2472_convert_20130728152402.jpg

ヒメフウロ  葉は細かい切れ込みがあり、花が小さいのでヒメフウロと名がついたとか。  
IMG_2445_convert_20130728151830.jpg

イブキトラノオ  伊吹山で最初に発見された花です。南アルプス北岳の草すべりなどで見たことがありました。
P7260557_convert_20130728153902.jpg

イブキジャコウソウ  これも伊吹山で最初に発見された花です。草ではなく小低木です。
P7260519_convert_20130728153512.jpg

キバナノレンリソウ  伊吹山の固有種ですが帰化植物で、織田信長が薬草園を開いたときからだそうです。
IMG_2453_convert_20130728152003.jpg

コバノミミナグサ  伊吹山の固有種です。小さな花で花弁の先が割れています。最盛期を過ぎていました。
IMG_2498_convert_20130728152952.jpg

ルリトラノオ  伊吹山の固有種でクガイソウと似ていますが、葉の付き方が違うそうです。
IMG_2457_convert_20130728152139.jpg

クガイソウ
P7260561_convert_20130728172411.jpg

クサフジ  この花が一番多くありました。
P7260551_convert_20130728153827.jpg

ヤマホタルブクロ  ホタルブクロは萼片の間に、反り返った付属物があるので、区別ができます。
IMG_2440_convert_20130728151720.jpg

コオニユリ
IMG_2443_convert_20130728151801.jpg

シモツケ  草ではなく落葉低木です。
IMG_2446_convert_20130728151914.jpg

シモツケソウ  咲き始めたばかりでした。一週後くらいに見ごろになるのでは。
P7260528_convert_20130728153709.jpg

キンバイソウ  
IMG_2455_convert_20130728152046.jpg

ヒヨクソウ
IMG_2462_convert_20130728152256.jpg

オオバギボウシ
IMG_2476_convert_20130728152437.jpg

シュロソウ
IMG_2482_convert_20130728152526.jpg

タカトウダイ
IMG_2483_convert_20130728152609.jpg

シシウド  
IMG_2490_convert_20130728152753.jpg

クモキリソウ  ラン科の花もありましたが、最盛期を過ぎてました。
IMG_2496_convert_20130728152917.jpg

山頂付近
IMG_2500_convert_20130728153056.jpg

山頂  三角点はちょつと離れた場所にありました。
IMG_2491_convert_20130728152837.jpg

カワラナデシコ
IMG_2504_convert_20130728153146.jpg

東遊歩道 下り専用のコースです。登山靴を履いてないと入ってはいけないと看板が立っていました。
IMG_2507_convert_20130728153253.jpg

東遊歩道  メタカラコウの群生
IMG_2509_convert_20130728153341.jpg

ウバユリ
IMG_2513_convert_20130728153421.jpg

ヨツバヒヨドリ
P7260549_convert_20130728153745.jpg

キバナノカワラマツバ  伊吹山には白花,淡黄色の三種類あるそうです。
P7260559_convert_20130728154025.jpg

キリンソウ
P7260564_convert_20130728154103.jpg





















2013-07-28 : 西日本の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

徳島県 剣山 【8月】

四国で第二の高峰の山、剣山に行きました。遠い山でしたが、リフトを使って楽々登山をしてきました。ナンゴククガイソウ、シコクフウロなどを見てきました。

DSCF1410_convert_20120902100656.jpg

DSCF1408_convert_20120902100944.jpg


2012-09-02 : 西日本の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR