山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

埼玉入間 加治丘陵 【H29/3月】

このところカタクリの自生地をネットで検索していますが、入間市の牛沢にも自生地があることを知りました。牛沢カタクリ自生地は加治丘陵の東端にあたるそうです。加治丘陵というのも初めて知りました。

晴天2日目ならカタクリもある程度は咲いているのではないかと加治丘陵に向かいました。天気は晴れていましたが、どんよりした空なのでカタクリを愛でるのは午後にして、午前中は加治丘陵を歩いてみました。西武池袋線の仏子駅の南口から向かいました。北コースの遊歩道を歩き桜山展望台を目指しました。遊歩道は歩行者専用の舗装された道でした。最初はタチツボスミレがたくさん咲いていましたが、進むにつれ咲いている花はありませんでした。

葉だけでしたがフモトスミレやカンアオイなどがありました。展望台はすごい立派なものでした。空がどんよりしていたので、はっきり遠くまではみえませんでした。展望台の周りは桜の木が多く桜が咲いたらお花見にいい場所かなと思いました。下山は南コースを歩きました。

牛沢カタクリ自生地には1時半過ぎくらいに着き、太陽もしっかりと出て気温も上がり、予想通りカタクリもある程度の開花となっていました。自生地には監視員の方がいました。監視員の方は開花したカタクリ、アズマイチゲ、ヒロハノアマナの数を数えて、自生地手前のところに開花状況を書いていると言ってました。西武線の電車からも見える場所でした。


カタクリ
IMG_3046_convert_20170329172240.jpg

IMG_3044_convert_20170329172206.jpg

IMG_3035_convert_20170329171924.jpg

IMG_3037_convert_20170329171958.jpg

IMG_3040_convert_20170329172030.jpg

白花のカタクリがありました。
IMG_3043_convert_20170329172130.jpg

IMG_3043_(2)_convert_20170329172100.jpg

ヒロハノアマナ
IMG_3047_convert_20170329172312.jpg

IMG_3056_convert_20170329172611.jpg

ヒロハノアマナとアズマイチゲ
IMG_3054_convert_20170329172541.jpg

アズマイチゲ
IMG_3050_convert_20170329172414.jpg

IMG_3051_convert_20170329172442.jpg

IMG_3052_convert_20170329172508.jpg

牛沢カタクリ自生地
P3291547_convert_20170329180717.jpg

加治丘陵桜山展望台
P3291544_convert_20170329172745.jpg

展望台から奥武蔵方面
P3291545_convert_20170329172808.jpg

フモトスミレの葉
P3291542_convert_20170329172717.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。










スポンサーサイト
2017-03-29 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

東海地方 【H29/3月】

東海地方に自生するミノコバイモを愛でに行ってきました。これまでにコシノコバイモとカイコバイモを愛でていますが、まだ見ていないコバイモを見たくなり東海地方まで出かけました。

日本にはコシノコバイモ、カイコバイモ、ミノコバイモ、イズモコバイモ、アワコバイモ、トクシマコバイモ、トサコバイモ、ホソバコバイモの8種類があるようですが、これらの花を愛でることができればいいなと思っています。そして今回3つ目のコバイモに会いに行きました。

山梨方面の観察会のメンバーさんの中に各地のコバイモを見た方がいまして、その方からミノコバイモの自生地を教えていただきました。公共交通で訪れたとのことで、交通機関から自生地の道順まで情報をいただきました。確実に自生地に着きますので、後は花が見ごろか、もう遅いのか、あるいは早すぎたか、のいづれかですが、新幹線に乗って遠でしたかいがありました。ちょうど花の見ごろでした。自生地には地元の方が6,7人いましたが、ちょうどいい頃だと言っていました。地元では有名なミノコバイモの自生地のようでした。


ミノコバイモ   広い釣鐘型で花被片の上部が角張っているのが特徴のようです。
IMG_7015_convert_20170317061515.jpg

IMG_7018_convert_20170317061553.jpg

IMG_7019_convert_20170317061625.jpg

P3161462_convert_20170317105304.jpg

P3161472_convert_20170317105328.jpg

IMG_7028_convert_20170317061915.jpg

IMG_7029_convert_20170317061945.jpg

IMG_7033_convert_20170317062053.jpg

IMG_7023_convert_20170317061733.jpg

IMG_7026_convert_20170317061816.jpg

IMG_7027_convert_20170317061847.jpg

IMG_7030_convert_20170317062017.jpg

IMG_7036_convert_20170317062125.jpg


<参考>
コシノコバイモ    釣鐘型の花型で花被片の周囲に鋸歯があるのが特徴のようです。
新潟県    鋸歯が見えます。
IMG_0128_convert_20170317061250.jpg

P4041193_convert_20170317062527.jpg

山梨県   新潟県産より色が濃いです。
P3281088_convert_20170317062457.jpg

拡大して見ますと、山梨県産のコシノコバイモも鋸歯があります。
P3281088_(2)_convert_20170317062421.jpg

静岡県
IMG_0809_convert_20170317061322.jpg

拡大して見ますと、静岡県産のコシノコバイモも鋸歯があります。
P3171065_(2)_convert_20170317062243.jpg

<参考>
カイコバイモ   釣鐘型にはならず、やや開いた杯型が特徴のようです。
山梨県
P4130773_convert_20170317062604.jpg

IMG_3498_convert_20170317061424.jpg

東京都       杯型の特徴がよく出ています。
IMG_1360_convert_20170317061353.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。






















2017-03-17 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京目黒 自然教育園 【H29/3月】

前日の高水三山では花も少なく物足りないなと思っていました。そういえば近畿地方にユキワリイチゲを愛でに行こうと1月に計画を立てたときに花友さんから東京でも見れますよと言われてたことを思い出しました。

ちょつと遅いかも知れないが、目黒駅の近くにある国立科学博物館附属の自然教育園に行ってきました。管理棟でユキワリイチゲについて尋ねたところ、今年は花つきが悪かったので例年より花が少なく、運が良ければ見れます、と言われました。園内の武蔵野植物園にあるそうなので、そこへまっしぐらに行きました。やはり遅かったです。それでも5輪ほど花がありましたが、花が開ききっていませんでした。

このユキワリイチゲは1965年に広島産を植栽し増えているそうです。植栽してから52年もたっていることになります。植栽ものですが図鑑で見るより本物を見ることができるのが植物園の良いところかなと思いました。

園内には山野草がいろいろあり、最近愛でたアマナ、ヒロハアマナ、ヤマルリソウなどもありました。


ユキワリイチゲ   薄紫色がとてもいいです。
IMG_2895_convert_20170313112822.jpg

IMG_2897_convert_20170313112857.jpg

IMG_2898_convert_20170313112925.jpg

IMG_2900_convert_20170313113025.jpg

カタクリ   蕾がでてました。
IMG_2899_convert_20170313112957.jpg

アマナ
IMG_2903_convert_20170313113135.jpg

ヒロハアマナ
IMG_2906_convert_20170313113253.jpg

バイモ
IMG_2909_convert_20170313113327.jpg

アオイスミレ
IMG_2904_convert_20170313113219.jpg

ニリンソウ
IMG_2911_convert_20170313113355.jpg

IMG_2912_convert_20170313113428.jpg

ヤマルリソウ
IMG_2914_convert_20170313113457.jpg

フクジュソウ
IMG_2902_convert_20170313121411.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。














2017-03-13 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

埼玉浦和 田島ヶ原 【H29/3月】

アマナがそろそろ咲く時期かなと思いネットでアマナ自生地を検索しましたら、サクラソウで有名な田島ヶ原にアマナがあることを知りました。昨年の3月5日の情報もあり、その時点で開花しているとでてましたので、今年も3月5日には咲いているかなと期待をして出かけました。

アマナはお天道様が出ないと花が開きませんが天気は上々、気温も高くなる昼前に田島ヶ原に着くようにしました。着いたらすぐに開花しているアマナとご対面でした。柵の中にも咲いていますが、柵のすぐ近くにもあちらこちらで咲いていました。

田島ヶ原にはヒロハアマナもE区に自生しているとネットに出ていましたが、どこがE区なのかの表示がありませんので分かりませんでした。長靴を履いてアマナの写真を撮っている方がいましたので、田島ヶ原の保護団体の関係者かなと思いE区の場所をお聞きしたら、ここがE区で柵の中の中央にたくさん白く咲いているのがヒロハアマナだと教えてくれました。ちょつと遠すぎて250ミリのレンズでは小さくしか撮れませんでした。

ノウルシの黄色の花も咲き始めていました。昼食と缶ビールを持って出かけましたので、のんびりと田島ヶ原の春を満喫することができました。


アマナ
IMG_6990_convert_20170306112817.jpg

IMG_6994_convert_20170306112835.jpg

P3051432_convert_20170306112951.jpg

P3051435_convert_20170306112927.jpg

IMG_6955_convert_20170306112502.jpg

IMG_6979_convert_20170306112714.jpg

IMG_6982_convert_20170306112732.jpg

IMG_6996_convert_20170306112859.jpg

ヒロハアマナ    柵から遠く250ミリでこの大きさしか撮れませんでした。
IMG_6964_convert_20170306112608.jpg

トリミングして拡大しました。ヒロハアマナは葉に白い線が入っています。
IMG_6964_(2)_convert_20170306112545.jpg

ノウルシ   初見の花でしたが黄色が目立つ花です。
IMG_6959_convert_20170306112524.jpg

IMG_6983_convert_20170306112756.jpg

フキノトウ
IMG_6975_convert_20170306112652.jpg

ツクシ
IMG_6972_convert_20170306112629.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうごさいました。














2017-03-06 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川方面 【H28/9月】

金曜日の夜に花友さんからメールがきました。タイトルが「至急連絡」とあり、何事かと思ったら来週予定していたカゲロウランの観察会を天気のいい土曜日に前倒しで開催するとのこと。

土曜日の観察会は花友の四人が参加。集合の駅前からバスに乗り、登山口で下車。尾根に出るまでは太陽の照りつける中、急な上り坂を歩きました。尾根にでると高低差のない道になり、最初は明瞭な登山道でしたが、だんだんと草が生い茂り、そのうちヤブ漕ぎのような状態の中を進みました。ヤブ漕ぎのような状態から抜けると、やや暗い樹林帯の中を進みます。登山道沿いにコクランの葉がありました。その近くの登山道の脇を覗くとコクランが群生し、カゲロウランもちらほら生えていました。

カゲロウランの観察場所は更に進み細い枝道に入ったところでした。登山道の両側にはいたるところにカゲロウランがありました。
少し早かったためか、これから咲くような株がほとんどでした。それでも花が一輪だけ咲いている株がいくつかありましたのでカゲロウランの観察は大変満足しました。

このカゲロウランの群生地は、花友さんたちが春に植物観察に行ったとき、カゲロウランの葉を見つけ、そして八月末に下見に行ったら咲き始めていたそうです。春は草も生い茂っていなかったそうです。

今回はやぶ蚊対策もばっちり。足元も途中、山靴から長靴に履き替えて、いるかどうか分かりませんでしたがヒル、ヘビ対策もしました。リーダーの方は植物の知識が豊富で、葉の付き方など色々と教えていただきました。


カゲロウラン   この株には二輪咲いてました。
P9030189_convert_20160904104450.jpg

カゲロウランの葉
P9030208_convert_20160904104630.jpg

カゲロウランの花はものすごく小さいです。写真はマクロで撮っています。
P9030203_(2)_convert_20160904104514.jpg

更にアップで撮ってみました。この花の萼片は茶色ぽっいです。
P9030207_convert_20160904104600.jpg

こちらの花の萼片は緑色です。よく見ると茎の色も違っていました。
P9030224_convert_20160904104657.jpg

花は下から咲くと思っていましたが、この株の花は一番上から咲いてました。
P9030230_convert_20160904104726.jpg

コクランの葉   登山道脇に生えていた株です。ほとんどの株に殻が付いていました。
P9030187_convert_20160904104409.jpg

タンキリマメ   黄色い花です。
P9030178_convert_20160904103902.jpg

花が終わると赤い実が付きます。
P9030179_convert_20160904103936.jpg

実が割れると種が見えます。
P9030180_convert_20160904104006.jpg

こちらは種だらけです。
P9030176_convert_20160904103807.jpg

ノシラン     ランという名が付いていますがユリ科の植物です。この花の特徴は花茎が扁平なことです。
P9030182_convert_20160904104119.jpg

センニンソウ    この時期どこへ行っても咲いている感じです。
P9030184_convert_20160904104227.jpg

ヤブラン    この花もユリ科の植物です。
P9030185_convert_20160904104258.jpg

ルツボ
P9030186_convert_20160904104330.jpg

ユウガギク
P9030237_convert_20160904104753.jpg

ヒメドコロ
P9030238_convert_20160904104825.jpg

カラスビシャク      サトイモ科の植物です。ツルが伸びてウラシマソウに似ていると思いました。
P9030239_convert_20160904104852.jpg

ツルマメ    田島ヶ原にも咲いていた花でした。
P9030242_convert_20160904104921.jpg

アキカラマツ   花弁がなく雄しべが集まって花に見えるようです。
P9030243_convert_20160904104952.jpg

蝶が撮ってくれと飛ばずに止まっていました。
P9030245_convert_20160904105037.jpg

ツリガネニンジン 葉は輪生で鋸歯があります。
P9030246_convert_20160904221014.jpg























2016-09-04 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR