山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

東京郊外 某緑地 【H30/4月】

山野草のブログをいろいろと拝見させていただいています。その中にキンランが咲いて掲載されているのがありました。もう咲いているなら、例年訪れている緑地のキンランも咲いているのかなと気になりましたので木曜日に行ってみました。

昨年より10日くらい前でしたが、もうキンランは花盛りでした。今年は桜が早く咲きましたが、野山の花も早く咲きだしていました。ギンランも咲き始めかかっていました。これから予定している花観察の日程も前倒ししていかないと見逃してしまいそうです。

キンラン
P4191314_convert_20180419213400.jpg

P4191320_convert_20180419213513.jpg

IMG_8522_convert_20180419213039_20180420163122550.jpg

IMG_8525_convert_20180420161016.jpg

IMG_8517_convert_20180419213009_201804201635558c0.jpg

P4191341_convert_20180419213652_20180420163441461.jpg

ギンラン
P4191330_convert_20180419213553_20180420163821dd5.jpg

P4191317_convert_20180420161135.jpg

P4191337_convert_20180420161202.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト
2018-04-20 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京近郊の里山 【H30/4月】

昨年、コクランの自生地を訪れましたが花は既に終わり空振りとなりました。その時にクマガイソウの葉を2株見つけました。このクマガイソウにもう蕾がついているのだろうかと気になりましたので、この里山を観察フィールドにしている花友さんに偵察を日曜日の夜にお願いしました。

月曜日の14時前に花友さんからメールが来ました。「もう咲いている今行くしかない」とのこと。火曜日はスミレの観察を予定していたのを急遽変更して里山に向かいました。ところが昨年クマガイソウの葉を見た場所を何回も見渡してもクマガイソウはありませんでした。おそらく盗掘に遭ったのでしょう。それにしても花友さんは咲いているクマガイソウをどこで見つけたのか、火曜日は仕事に行っている花友さんに12時になったら即電話をかけて聞きました。なんと尾根を一つ越えたところだと。帰りの電車で月曜日のメールを読み返したら、ちゃんと書いてありました。咲いているというところしか読まなかったのが咲いている場所に行けなかった原因でした。

一つ尾根を越えて探すとクマガイソウがひっそりと咲いていました。しかし花友さんの花探しの感性には驚きでした。その後、この里山に詳しい方と偶然お会いして話を聞くと、このクマガイソウは自生のものだと言ってました。いつもは、こんなに早く咲かないそうです。ここのクマガイソウが盗掘に遭わず、毎年咲いていてほしいと思いながら下山しました。


クマガイソウ
IMG_8495_convert_20180410220707.jpg

IMG_8490_convert_20180410220616.jpg

IMG_8486_convert_20180410220529.jpg

IMG_8508_convert_20180410221117.jpg

IMG_8510_convert_20180410221158.jpg

P4101268_convert_20180410222332.jpg

IMG_8513_convert_20180410221250.jpg

チゴユリ
IMG_8501_convert_20180410221023.jpg

ツクバキンモンソウ
P4101263_convert_20180410221748.jpg

ウラシマソウ
P4101256_convert_20180411071605.jpg

ノジスミレ
P4101250_convert_20180410221425.jpg

ニリンソウ
P4101249_convert_20180410221345.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-04-11 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

埼玉浦和 田島ヶ原 【H30/3月】

田島ヶ原のヒロハアマナもそろそろ咲きだしているのではないかと気になりました。昨年は3月5日に訪れていましたので、今年も行こうと昨年より1日遅れの6日に出かけました。

天気は快晴でしたが、北風が吹きやや寒い日でした。ヒロハアマナはお天道様が出ていないと花が開かないので、寒さを我慢すれば観察日和となりました。花粉症対策としてマスク着用、花粉症用の眼鏡で万全の態勢で花の観察に臨みました。

ヒロハアマナの咲き具合は昨年とほぼ同じでした。しかしノウルシは開花が遅れていました。昨年は黄色の花がすでに咲いていましたが、今年は咲いていませんでした。

田島ヶ原もサクラソウの頃は多くの人で賑わいますが、ヒロハアマナは地味な花なので訪れたときは観察者も数人しかいませんでした。


ヒロハアマナ
IMG_8410_convert_20180306221104.jpg

IMG_6991_convert_20180306220412.jpg

IMG_8407_convert_20180306220944.jpg

IMG_8417_convert_20180306221300.jpg

IMG_8394_convert_20180306220622.jpg

IMG_6996_convert_20180306220453.jpg

IMG_8415_convert_20180306221218.jpg

IMG_8419_convert_20180306221331.jpg

ツクシ
IMG_8397_convert_20180306220755.jpg

フキ
IMG_8412_convert_20180306221144.jpg

ノウルシ     昨年は咲いていましたが、今年はようやく蕾が黄色くなったのが数本だけでした。
IMG_8398_convert_20180307104638.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。





2018-03-07 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

南関東方面の里山 【H30/2月】

週間天気予報では快晴になるのは土曜日と翌週の火曜日。前回の高尾山系の時は悪天候でしたので今度は天気のいい日に花と出会いたいと思っていました。火曜日は既に用事が入っているので土曜日に行くしかないと南関東の里山に向かいました。お目当ての花はセリバオウレンです。

セリバオウレンは毎年、都立小峰公園で愛でていました。今年は東京都薬用植物園でお目にかかっています。向かった里山の自生地は意外と遠く、交通機関の時間だけでも電車の乗継や登山口までのバス乗車と待ち時間を含めると3時間近くになりました。自生場所はピンポイントの情報を得ていましたので、すぐに分かりました。セリバオウレンの写真を撮りにきていた先客がいましたので、その方が撮り終わって去ってからじっくりと花を愛でました。

セリバオウレンはちょうど見ごろでした。セリバオウレンには雄花、両性花、雌花の3種類があるそうです。そして早春の花ですが、葉は枯れないのでスプリング・フェメラルに該当しない植物のようです。


セリバオウレン
P2240698_convert_20180225104826.jpg

P2240694_convert_20180225104659.jpg

IMG_4058_convert_20180225104458.jpg

P2240702_convert_20180225104957.jpg

P2240726_convert_20180225105047.jpg

IMG_4035_convert_20180225104231.jpg

P2240700_convert_20180225104925.jpg

P2240712_convert_20180225105022.jpg

IMG_4036_convert_20180225104300.jpg

IMG_4054_convert_20180225104425.jpg

P2240693_convert_20180225104634.jpg

IMG_4031_convert_20180225104200.jpg

IMG_4037_convert_20180225104331.jpg

P2240696_convert_20180225104731.jpg

P2240697_convert_20180225104757.jpg

ヤブツバキ
P2240674_convert_20180225104531.jpg

トウダイグサ
P2240681_convert_20180225104604.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。


















2018-02-25 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

都立野川公園自然観察園 【H30/2月】

先週の土曜日に奥多摩のポランティア仲間で、野川公園のボランティア活動にも携わっている方からイヌノフグリの写真が添付されたメールが届きました。写真のイヌノフグリの花は全開していて色もきれいでした。

こういう写真を見てしまうと野川公園に行って見るしかないと再び野川公園自然観察園を訪れました。前回訪れてから2週間以上たっていましたので花もきれいに開いていました。

セツブンソウの群生地も満開でした。前回訪れたとき愛でたセツブンソウの群生地はほぼ花も終わっていました。ミスミソウやウグイスカグラの花も咲いていました。春は着実に訪れているのかなと感じました。

そろそろ自生地に咲く山の花たちに会いに行く時期が近づいてきました。今年も野山の花と出会える楽しみがやってきます。


イヌノフグリ    小さな花です。90ミリのマクロレンズで撮ってみました。
IMG_8305_convert_20180220222718.jpg

1円玉を置いて花の大きさを見てみました。ピントが1円玉に合ったので花はボケています。1円玉の直径は2センチです。この花は5.5ミリでした。
P2200559_convert_20180220223140.jpg

GT-5の顕微鏡モードで撮ってみました。
P2200555_convert_20180220223022.jpg

P2200610_convert_20180220223724.jpg

P2200608_convert_20180220223659.jpg

P2200606_convert_20180220223632.jpg

セツブンソウ    満開という感じです。
P2200587_convert_20180220223336.jpg

P2200589_convert_20180220223408.jpg

ミスミソウ
IMG_8321_convert_20180220222903.jpg

ミスミソウの紫色の花を見ると、昨年の春に新潟の山で見たオオミスミソウを思い出します。ちょっとピンボケ写真でした。
P2200593_convert_20180220223438.jpg

フクジュソウ
IMG_8322_convert_20180220222940.jpg

ウグイスカグラ
P2200599_convert_20180220223514.jpg

P2200600_convert_20180220223549.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。















2018-02-21 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR