山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

茨城 筑波山 【H30/6月】

運動、飲酒も解禁となりましたので、梅雨の晴れ間に筑波山に行ってきました。筑波神社から入山し自然研究路を回って、つつじヶ丘に下山しました。前日の雨で登山道は濡れていたので、特につつじヶ丘への下りは岩場が多いので足元ばかり見ていましたので植物観察はできませんでした。

今回のお目当ての花、ホシザキユキノシタは愛でることができましたが、ただ盛りは過ぎていました。ホシザキユキノシタとは4年前に対面していますが、お気に入りの花の一つです。自然研究路などの岩にはイワタバコの葉が沢山付いていましたが花はまだ先のようです。

つくば駅からのバスに乗っているときは曇り空で、筑波山の上のほうは雲の中でした。男体山の山頂に立ったときは、雲海のようになっており、空は青空でした。平日でしたが多くの人が来ていました。


ホシザキユキノシタ
P6132068_convert_20180614064510.jpg

P6132069_convert_20180614064543.jpg

P6132067_convert_20180614064430.jpg

コアジサイ
P6132054_convert_20180614064141.jpg

P6132056_convert_20180614064224.jpg

シモツケ
P6132063_convert_20180614064349.jpg

イワガラミ
P6132072_convert_20180614064632.jpg

トチバニンジン
P6132049_convert_20180614064039.jpg

P6132048_convert_20180614063906.jpg

タツナミソウ
P6132057_convert_20180614064310.jpg

ヒメウツギ ?
P6132073_convert_20180614064713.jpg

オオナルコユリ
P6132074_convert_20180614064751.jpg

ノアザミ
P6132075_convert_20180614064825.jpg

《参考文献》  筑波山を彩る花  

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト
2018-06-14 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

secret 【H30/6月】 

金曜日の天気予報では土曜日は晴天とのこと。第2土曜日は奥多摩の清掃登山のボランティア活動日でしたが、5日に医療機関にかかり1週間は運動、飲酒の禁止、食事制限等が課せられていましたので不参加としました。

家でじっとしているのも飽きてきましたので何かないかと思ったときに、里山にあの花が咲いているのではと思いつきました。里山なら体に負担もかけないし行くしかないと決断しました。しかし里山のどこに咲いているのか分かりませんでしたので、金曜日の夕方に花の大先輩にメールを出してお伺いしました。そして、その後スマホが鳴り、花の大先輩から詳細な地図と情報が送られてきました。

土曜日、里山に入山したらいきなりやぶ蚊の猛襲、慌てて虫よけスプレーをザックから出して振りかけました。詳細な地図のとおり進むと、あの花がありました。あの花とはラン科オニノヤガラ属のナヨテンマでした。自生地は極めて少なく希少な植物であるといわれています。

花はやや盛りは過ぎた感じでしたが、まだ十分に愛でることができました。花の大先輩からこのような希少な植物の情報を教えていただき感謝、感謝です。


ナヨテンマ    オニノヤガラやアオテンマは草丈が高いですが、ナヨテンマは草丈は20センチほどと低かったです。
IMG_8763_convert_20180610104935.jpg

固まって自生していました。
P6092033_convert_20180610105637_20180610113951ecd.jpg

IMG_8765_convert_20180610105040.jpg

花はオニノヤガラよりヤツシロランに似ていると思いました。
P6092029_convert_20180610105531.jpg

P6092036_convert_20180610105736.jpg

P6092018_convert_20180610115825_201806101201493c9.jpg

P6092023_convert_20180610105325.jpg

P6092028_convert_20180610105424.jpg

唇弁はオレンジ色をしています。
P6092025_convert_20180610105354.jpg


《参考》  ナヨテンマの仲間
オニノヤガラ  (東京都)
IMG_6838_convert_20180610104550_20180610134648757.jpg

アオテンマ  (山梨県)
P6272362_convert_20180610105943.jpg

シロテンマ  (東京都) まだ蕾です。
P7012751_convert_20180610110009.jpg

ナヨテンマの近くに咲いていました。
ムラサキニガナ
P6092038_convert_20180610141940.jpg

ホタルブクロ(白花)
P6092040_convert_20180610115439.jpg

ホタルブクロ
P6092042_convert_20180610115509.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-06-10 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

甲信方面 【H30/5月】

甲信方面に行ってきました。お目当ての花はコアツモリソウ、スズムシソウ、サカネランのラン科3兄弟でした。今年は開花が早かったのでスズムシソウとサカネランは盛りを過ぎていました。コアツモリソウは見頃でしたが、花の向きがアッチ向いてホイ状態のが多く写真を撮るには不向きの花が多かったです。

観察には、昨年の春から先生のご都合により休会している観察会のメンバーであるN氏とS氏と3人で行きました。S氏は車で来るので現地付近で合流しました。N氏と列車で現地に向かっているときにN氏がスマホを取り出し、東海方面に在住しているらしき方のブログ「HanaHana日記」を開き、コアツモリソウの白花の写真を見せてくれました。こんな花が今日見られたらいいねと話をしていました。

そしてコアツモリソウの観察の最中に私が白花を発見しました。分散して観察していましたので、すぐにN氏とS氏に声をかけました。観察を終えて奥三河に向かったS氏から夜にメールが届き、白花のコアツモリソウはシナノコアツモリソウとして学会で発表されていると書かれていました。滅多に見られない白花のコアツモリソウに出会えたのは嬉しい限りでした。


シロバナコアツモリソウ(シナノコアツモリソウ)
P5261865_convert_20180527054252.jpg

IMG_8715_convert_20180527053845.jpg

コアツモリソウ
P5261861_convert_20180530140555.jpg

P5261857_convert_20180527054110.jpg

花の向きがアッチ向いてホイ状態が多かったです。
IMG_8697_convert_20180527053706.jpg

IMG_8704_convert_20180527053759.jpg

スズムシソウ
IMG_8718_convert_20180527053933.jpg

サカネラン
IMG_8719_convert_20180527054019.jpg

P5261891_convert_20180527054543.jpg

ササバギンラン
P5261873_convert_20180527054328.jpg

エゾノタチツボスミレ
P5261880_convert_20180527054423.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-27 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

渡良瀬遊水地 【H30/5月】

渡良瀬遊水地は茨城、群馬、埼玉、栃木の4県にまたがる広大な遊水地です。明け方まで雨降りでしたが快晴の天気になった日に、この遊水地を訪れました。お目当ての花はタチスミレでした。

花仲間の方たち5人で行きました。そのうちの2人が昨年観察会でタチスミレを見に渡良瀬遊水地を訪れているので、その方たちに案内していただきました。この広大な遊水地のどこにタチスミレがあるのか、知っている方に案内していただかなければまず見ることができないと思いました。

昨年、菅生沼で茨城県博物館主催の観察会でタチスミレを愛でていますが、個体数は比較できないほど渡良瀬遊水地には多くありました。ただ菅生沼のタチスミレのほうが草丈は高く、いかにもタチスミレという感じがありました。

タチスミレのほかに、ハナムグラ、マイズルテンナンショウ、チョウジソウなどの花も愛でることができました。


タチスミレ
IMG_4335_convert_20180520064012.jpg

IMG_4338_convert_20180520064043.jpg

P5191734_convert_20180520064244.jpg

P5191740_convert_20180520101913.jpg

P5191752_convert_20180520101945.jpg

P5191755_convert_20180520064425.jpg

タチスミレの花弁の裏側は薄い紫色をしています。
P5191773_convert_20180520064648.jpg

ハナムグラ
P5191762_convert_20180520064530.jpg

P5191764_convert_20180520102013.jpg

マイズルテンナンショウ      ウラシマソウのように付属体がありますがウラシマソウほど長くはないです。
P5191782_convert_20180520064925.jpg

周りと同じ色なので探しにくいですが、昨年観察した方の記憶はばっちりと合っていました。
P5191780_convert_20180520102059.jpg

茎の途中から葉と花に分かれています。
P5191779_convert_20180520102035.jpg

チョウジソウ
P5191787_convert_20180520065003.jpg

ヒレアザミ   茎にひれ(翼)があります。所見のアザミでした。
IMG_4330_convert_20180520063807.jpg

IMG_4331_convert_20180520101646.jpg

スイカズラ
P5191731_convert_20180520064205.jpg

ヤセウツボ
IMG_4344_convert_20180520064120.jpg

ミゾコウジュ
IMG_4332_convert_20180520101708.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-20 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

甲信方面 【H30/5月】

GWの最終日なら交通機関も山もすいているかと思い、甲信方面の山に行ってきました。お目当ての花はユウシュンランでした。
情報を提供してくれた方は1日に観察に行っており、ちょうど見ごろだったそうです。それから5日経っていて花が見られるのか気になりましたが、一つくらい花は残っているだろうと考え、来年まで待てないので山に向かいました。

自生地に着くと、まだ見られるユウシュンランが咲いていました。初見の花でした。事前勉強して観察に臨みましたが、草丈は小さいと分っていましたが、実物を愛でると本当に小さかったです。葉もギンランやササバギンランに比べると全然小さかったです。萼片は花にくっくように立っているという知識でしたが、背萼片も側萼片も花から離れ万歳をしているような形でした。花が最盛期を過ぎていたからなのか、この万歳ポーズは事前勉強で得た知識と違っていました。

天気は最高に良かったのですが、風が強く小さなユウシュンランは揺れに揺れて観察するにも写真を撮るにも最悪の条件でした。しかしユウシュンランを愛でることができましたので満足して下山しました。


ユウシュンラン
この株は最盛期を過ぎていますが、真ん中の花が万歳ポーズをしています。
P5061472_convert_20180507070739.jpg

右の花にピントを合わせました。花は半開きです。
IMG_8684_convert_20180507070513.jpg

下の花は逆向きになっているようで背萼片が下に、距が上を向いているようです。真上から撮ったのでこう見えたのでは。
P5061502_convert_20180507071037.jpg

この花はやや黄色がかっています。最盛期を過ぎたからでしょうか。
P5061468_convert_20180507070704.jpg

P5061504_convert_20180507071114.jpg

P5061477_convert_20180507070854.jpg

定規を立てて草丈を見たら7センチくらいでした。葉も小さいです。定規にピントを合わせたので花はピンボケです。
P5061482_convert_20180507070929.jpg

ハルリンドウ      フデリンドウかと思いましたが写真を撮りに来ていた方からハルリンドウだと教えてもらいました。
P5061463_convert_20180507070550.jpg

P5061475_convert_20180507070823.jpg

P5061464_convert_20180507070629.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-07 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR