FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

奥武蔵 名栗方面 【H28/6月】

奥武蔵の名栗方面に出かけてきました。お目当ての花はアズマシライトソウでした。この花を知ったのは昨年の秋に奥武蔵の花を検索しているときに引っかかったことからでした。シライトソウの変種として関東地方に分布しているそうです。

愛でてみたい花として色々調べたところアズマシライトソウの自生地は特定できましたが、特定された場所のどこに咲いているのかが分かりませんでした。先月、花友さんと高尾山系に行ったときに、たまたまアズマシライトソウの話が出て、数年前に観察しているとのこと。観察した場所をピンポイントで教えていただきましたので、花が咲いている頃だと思いでかけました。

ところが見つからず、かなり山の奥まで登っていきました。携帯電話で花友さんにお聞きしようとしましたが尾根と尾根の谷間のため圏外でアンテナが立ちませんでした。しかたなく下りながらアズマシライトソウを探しましたが見つかりませんでした。ようやくアンテナが立った所から花友さんに電話をしたところ、そんなに奥まで行かないとのこと。

往復して探したのに見つからなかったので今回は空振りと半分はあきらめましたが、もしかしたらどこかに咲いているのではと思い枝道があったので、その道を登っていきました。登りが急になった右手の目の高さにヒトリシズカの花が伸びたようなものが見えました。ようやくアズマシライトソウとご対面できました。付近をよく見ると、ここにも、あそこにもと群生地でした。

花を探すときは簡単にあきらめてはだめだと思い知りました。写真を撮って大満足となり、一風呂浴びてから帰ろうと「さわらびの湯」に行ったら、何と第一水曜日は定休日でした。本日は、ついている日なのかつきのない日なのか、やはりお目当ての花を愛でることができたので、ついている日だと思いました。


アズマシライトソウ
P6012317_convert_20160602063510.jpg

IMG_1444_convert_20160602063213.jpg

IMG_1445_convert_20160602063245.jpg

IMG_1451_convert_20160602063323.jpg

P6012304_convert_20160602063357.jpg

P6012330_convert_20160602063656.jpg

P6012332_convert_20160602063730.jpg

P6012309_convert_20160602063432.jpg

P6012324_convert_20160602063547.jpg

P6012328_convert_20160602063623.jpg

サワギク
IMG_1443_convert_20160602063105.jpg

クワガタソウ
IMG_1441_convert_20160602063035.jpg















2016-06-02 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

埼玉小川 仙元山カタクリとニリンソウの里 【H28/3月】

土日は天気が悪いような予報でしたので青空の広がる金曜日に仙元山の麓にあるカタクリとニリンソウの里に出かけてきました。2年前の4月に仙元山に登った後、カタクリとニリンソウの里を訪れています。その時見たカタクリの群生には驚きました。ここは関東では有数なカタクリの群生地のようです。その驚きの感動を再び味わいたいと出かけたのですが。このところ低温が続いたためか天気は良かったのですが、まだ二分咲きくらいでした。

今回のお目当ての花はカタクリのほかにキバナノアマナでした。昨年は裏高尾で愛でていますが、今年は行きそこなってしまい先日、片倉城址公園でお会いした花友さんによれば最盛期は過ぎてもう終わりに近づいているとのことだったので、ここで愛でることができるかと期待して来ました。地元の保護団体の方の話だと、例年より早くキバナノアマナとヤマエンゴサクが咲きだしたそうです。それでもキバナノアマナはまだ見られる状態でした。

ヤマエンゴサクは最盛期を過ぎていましたが、ニリンソウはまだ一分咲きくらいで、四月上旬にカタクリとニリンソウが見ごろになるのではないかと思われます。


カタクリ  陽当たりのよい斜面にはかなり咲いていましたが一面に咲いているという感じにはなっていませんでした。
IMG_0893+-+コピー_convert_20160326104342

IMG_0886+-+コピー_convert_20160326104220

IMG_0937+-+コピー_convert_20160326105014

キバナノアマナ    蕾もまだありましたので、これからも咲いた花が見られるかと思います。
IMG_0896+-+コピー_convert_20160326104406

IMG_0898+-+コピー_convert_20160326104437

アマナ   キバナノアマナの花に比べると全然大きいです。
IMG_0914+-+コピー_convert_20160326104831

ヤマエンゴサク   この花は咲き始めてから色が変わっていくと保護団体の方が話していました。
IMG_0902+-+コピー_convert_20160326104507

IMG_0904+-+コピー_convert_20160326104530

IMG_0912+-+コピー_convert_20160326104758

マルバコンロンソウ
IMG_0891+-+コピー_convert_20160326104315

ニリンソウ   まだ咲き始めたばかりでした。
IMG_0923+-+コピー_convert_20160326104910

レンプクソウ  花を5個付けますが、まだ頂の花しか咲いていません。じっくりと観察するとたくさん生えています。花はこれからが見ごろになるようです。
IMG_0905+-+コピー_convert_20160326104616

ヒメニラ   小さい花なので探してもなかなか見つかりませんでしたが、帰りぎわにようやく見つけました。
IMG_0931+-+コピー_convert_20160326104938

花をアップで撮ってみました。
P3251099+-+コピー_convert_20160326105122

ネコノメソウ
IMG_0909+-+コピー_convert_20160326104649

花をアップで撮ってみました。
P3251090+-+コピー_convert_20160326105045

アズマイチゲ   気温が低いためか花が開いていませんでした。
IMG_0910+-+コピー_convert_20160326104726

ナガバノスミレサイシン
IMG_0889+-+コピー_convert_20160326224325

カタクリとニリンソウの里の近くにある西光寺のしだれ桜
IMG_0884+-+コピー_convert_20160326224226

当ブログに訪問していただきありがとうございました。

















2016-03-26 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

埼玉秩父方面 【H28/2月】

秩父方面に行ってきました。西武秩父駅で電車を降りたらくしゃみの連発。やはり東京方面より花粉が多いみたいです。今回のお目当ての花はセツブンソウでした。植栽されたセツブンソウは野川公園で愛でていますが、やはり自生地に咲くセツブンソウを愛でることを毎年楽しみにしています。3ヵ所の自生地を回ってきました。

今年は暖かったのでセツブンソウも早く咲いているかと思い出かけました。自生地Aは行くたびに減っていました。かつては足の踏み場もないくらい広い場所に群生していましたが、今回は数えられるくらいしか咲いていませんでした。

自生地Bを訪れたら手前の群生地には三脚をセットして撮影している方がいましたので、その先の自生地に行きました。いつもなら自生地Aより早く咲く場所なのに今年は咲いているのが二つだけで、蕾のものが何本かありました。この場所はこれからみたいでした。手前の群生地に戻り、三脚で撮っている方の横からセツブンソウを撮らしてもらいました。この群生地は日当たりがよいせいか花は見頃でした。撮り終わましたので挨拶して帰ろうとしたら山梨方面の観察会に参加している方ですよねと言われびっくり。昨年2回観察会でご一緒した方でした。秩父方面から観察会に参加している方がいたというのは覚えてましたが、お顔までは覚えていませんでした。群生地のところでしばしの花談義をしました。

遅い昼食になりましたが「道の駅あらかわ」の前にあるおそば屋さんでそばを食べるのが毎年の楽しみです。手打ちのおいしいそばです。お店の横にはネットを張った中に種を蒔いて数年たって咲き始めたというセツブンソウがありました。

昼食後は三番目の自生地C向いました。ここはようやく土の中から出てきたばかりのが数本ありました。咲くまでにはまだまだ時間がかかりそうでした。

セツブンソウ

自生地Aで咲いていたセツブンソウ
IMG_0729+(2)_convert_20160228112547.jpg

IMG_0731_convert_20160228112616.jpg

自生地Bで咲いていたセツブンソウ
自生地の奥
IMG_0747_convert_20160228112907.jpg

IMG_0748_convert_20160228112934.jpg

自生地手前の群生地
IMG_0741_convert_20160228112644.jpg

IMG_0742_convert_20160228112709.jpg

IMG_0744_convert_20160228112806.jpg

IMG_0750_convert_20160228112957.jpg

IMG_0758_convert_20160228113347.jpg

IMG_0761_convert_20160228113211.jpg

IMG_0762_convert_20160228113318.jpg

IMG_0767_convert_20160228113514.jpg

最後まで見ていただきありがとうございました。
















2016-02-28 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop

秩父方面 【H27/3月】

秩父方面のセツブンソウの自生地を3ヵ所回ってきました。東京は曇り空でしたが、秩父は青空が広がっていました。その分、花粉も多く飛散していたようで帰るころにはくしゃみの連発でした。

一つ目の自生地は以前は足の踏み場もないくらいにセツブンソウがありましたが、年々減っていき今回はたったの30株くらいしかありませんでした。なぜなら鹿と猪の運動場のようになり踏み荒らしに掘り返しで荒れ放題になっていました。鹿の糞もいたるところにありました。

あと二つの自生地は鹿や猪は出ていないようなので例年通りに咲いていました。今年はすでに昭和記念公園と殿ケ谷戸庭園でセツブンソウを愛でていますが、元々は植栽されたものだと思います。やはり自然の中で咲いているセツブンソウのほうが一味違うかなと思いました。

セツブンソウ
IMG_5218_convert_20150306202939.jpg

IMG_5223_convert_20150306203008.jpg

IMG_5230_convert_20150306203104.jpg

IMG_5240_convert_20150306203132.jpg

IMG_5244_convert_20150306203201.jpg

IMG_5246_convert_20150306203226.jpg

IMG_5249_convert_20150306203254.jpg

IMG_5252_convert_20150306203327.jpg

IMG_5255_convert_20150306203357.jpg

IMG_5257_convert_20150306203426.jpg

IMG_5262_convert_20150306203503.jpg

P3060825_convert_20150306203535.jpg

このセツブンソウは秩父鉄道のある駅の敷地内に咲いていました。
P3060846_convert_20150306203629.jpg

オモト  3ヵ所目の自生地に行くときに登山道の横に赤い実をつけたオモトがありました。
P3060836_convert_20150306203605.jpg
















2015-03-07 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥武蔵 越上山 【H27/2月】

奥武蔵の越上山に行ってきました。西武秩父線の吾野駅から顔振峠に出て越上山に行き、ユガテを回って東吾野駅に下山しました。

金曜日でしたので登山者も少なく花粉も飛んでいなかったので楽に歩けました。ユガテは花の季節には美しい風景が広がるところだと言われおり訪れたいと以前から思っておりました。ロウバイやフクジュソウが咲いており素晴らしい風景に出合いました。

タチツボスミレ  日影には雪も残っていましたが一輪だけ咲いていました。
P2130658_convert_20150213201944.jpg

フクジュソウ  陽が当たらないところに生えていました。陽が当たれば咲くと思いました。
P2130661_convert_20150213202015.jpg

ヤブコウジの実
P2130668_convert_20150213202147.jpg

武甲山を望む  
P2130674_convert_20150213202216.jpg

顔振峠付近の集落  山の上にも民家がありました。
P2130677_convert_20150213202245.jpg

顔振峠
P2130678_convert_20150213202316.jpg

山道  奥武蔵は山の中に車道があるため登山道を歩いていても車道を横切ったりすることが多いです。
P2130679_convert_20150213202346.jpg

オオイヌノフグリ  山の中に立派な社殿の諏訪神社があり境内の陽だまりに咲いていました。
P2130681_convert_20150213202420.jpg

634メートルのタワーが見えました。
P2130683_convert_20150213202446.jpg

越上山の山頂標識  山頂へは結構きつい登りでした。
P2130684_convert_20150213202518.jpg

ユガテのロウバイ
P2130685_convert_20150213202549.jpg

P2130686_convert_20150213202619.jpg

P2130688_convert_20150213202647.jpg

フクジュソウも咲いていました。
P2130689_convert_20150213202747.jpg

P2130692_convert_20150213202815.jpg

ユガテを振り返って見ました。
P2130693_convert_20150213202848.jpg























2015-02-13 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR