山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

山梨方面 【H29/11月】

三連休の最終日も秋晴れの天気となりましたので山梨方面の山に行ってきました。お目当ての花はツメレンゲでした。ツメレンゲという植物を知ったのはちょうど一年前の11月半ばに花友さんからお聞きしました。お聞きした時点では花も終わりということでしたので、今年は是非愛でてみたいと思っていました。

目星をつけた場所に行きましたがツメレンゲはありませんでした。場所を替えて探しましたら岩の上で花を咲かせていたツメレンゲを見つけました。周辺には花をつけていない株が幾つもあり、紅葉したように赤くなっていました。ツメレンゲは多肉植物で乾燥した岩場を好むそうです。種子から発芽して開花まで3年かかるそうです。

ツメレンゲのほかには野菊やトキリマメやヒヨドリジョウゴの実などの観察ができました。


ツメレンゲ
IMG_3906_convert_20171106115857.jpg

IMG_3909_convert_20171106115944.jpg

IMG_3910_convert_20171106120006.jpg

花をつけていない株     赤く色づいていました。
IMG_3908_convert_20171106115920.jpg

IMG_3905_convert_20171106115833.jpg

人が近づけない岩場にもツメレンゲの株がありました。望遠で撮り、さらにトリミングしています。
IMG_3911_convert_20171106120031.jpg

ヤマハッカ
PB051155_convert_20171106120218.jpg

ヤクシソウ
PB051158_convert_20171106120245.jpg

サイハイランの葉
PB051159_convert_20171106120315.jpg

リュウノギク
PB051161_convert_20171106120347.jpg

ノコンギク
PB051169_convert_20171106120521.jpg

紅葉
PB051166_convert_20171106120417.jpg

ヒヨドリジョウゴの実
PB051170_convert_20171106120636.jpg

トキリマメの実
PB051168_convert_20171106120452.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。













スポンサーサイト
2017-11-06 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H29/10月】

先週の金曜日から雨降りの日が続いていましたが、ようやく晴れの日が1日だけできました。晴れて太陽がでないと開かない花に出会いに行ってきました。その花はムラサキセンブリです。

ムラサキセンブリを見たことのない花友さんたちを案内することにしていた日は雨、そして予備日も雨予報。今年はムラサキセンブリを愛でることができないと思ったら晴れの日が来ました。行くしかないと出かけました。

現地に着き、そこで何と観察会メンバーのMさんとばったり。Mさんは箱根と丹沢の花に詳しい方で、一度丹沢と箱根にラン科の花を見に案内していただいたことがある方です。「ムラサキセンブリで来たの?」と聞くと「キノコさんに出てたでしょ」と観察会メンバーの「ピテカン&カッパ」さんのブログ「花とキノコの山日記」にムラサキセンブリが掲載されていたのを見て、晴れたので花が開くと思い訪れたとのことでした。

いつも愛でている場所に行きビックリ。あれーないじゃない。毎年たくさん自生していたところには見当たりません。盗掘にあったのだろうかと思いながら近くを見ると少し上の場所に何株かありました。その後は毎年、山をぐるぐる回って探してましたけど、今回はMさんが、ちょとした群生して咲いているところに案内してくれましたので2か所でムラサキセンブリを愛でて観察は終了にし、富士山を見ながら早い昼食を摂ってから下山しました。


ムラサキセンブリ
IMG_7912_convert_20171019105112.jpg

PA180948_convert_20171019110025.jpg

IMG_7911_convert_20171019105043.jpg

IMG_7901_convert_20171019104937.jpg

IMG_7915_convert_20171019105215.jpg

このムラサキセンブリは大株でした。今までに見た中で一番でした。草丈も高かったです。
IMG_7896_convert_20171019104824.jpg

大株に少し接近してみました。花の数も半端じゃないです。
IMG_7898_convert_20171019104858.jpg

更に近づいて見ました。
PA180947_convert_20171019105953.jpg

初冠雪した富士山が見れると思ったら雪はなし。あんなに寒くて雨が降っていたのに富士山は雪にならなかったのか。
IMG_7926_convert_20171019105357.jpg

ムラサキセンブリ
IMG_7902_convert_20171019105004.jpg

IMG_7914_convert_20171019105141.jpg

IMG_7931_convert_20171019105431.jpg

IMG_7940_convert_20171019105542.jpg

PA180949_convert_20171019110059.jpg

PA180989_convert_20171019111006.jpg

リンドウ
IMG_7924_convert_20171019105320.jpg

PA180963_convert_20171019110455.jpg

ヤマラッキョウ
PA180957_convert_20171019110304.jpg

タチフウロ
IMG_7921_convert_20171019105252.jpg

PA180960_convert_20171019110340.jpg

キクアザミ
IMG_7934_convert_20171019105512.jpg

PA180973_convert_20171019110845.jpg

セイタカトウヒレン
IMG_7943_convert_20171019105619.jpg

アキノキリンソウ
PA180942_convert_20171019105846.jpg

ナギナタコウジュ
PA180995_convert_20171019111034.jpg

アオツヅラフジの実
PA180966_convert_20171019110749.jpg

ハバヤマボクチ
PA180962_convert_20171019110411.jpg

フシグロ
PA180997_convert_20171019111105.jpg

コシオガマ
PA181000_convert_20171019111355.jpg

オミナエシ
PA181005_convert_20171019112241.jpg

ヤマハッカ
PA181007_convert_20171019112315.jpg

リュウノギク
PA181011_convert_20171019112350.jpg

イガアザミ ?
PA180944_convert_20171019105918.jpg

ヤマトリカブト
IMG_7945_convert_20171019105735.jpg

IMG_7949_convert_20171019105813.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。






























2017-10-19 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H29/8月】

山梨方面に観察会の仲間と出かけてきました。午後から雨が降る予報でしたが、運よく帰るまで雨に降られずに山の花々を観察することができました。

今回の観察のお目当ての花が4つありましたが、2つは探しても見つけることができませんでした。その代わりに見られた花の一つががスズムシソウでした。この8月半ばになっても花を咲かしていました。もう驚きでした。

2つ目がオオナンバンギセルでした。普通のナンバンギセルは何回かお目にかかっていましたが、オオナンバンギセルは名前のとおり大型で初見の花でした。

そして3つ目はジンバイソウでした。時間があればジンバイソウの自生地に行く予定でしたが、時間がなくなりましたので行くのを止めました。そして最後の観察地から帰ろうとしたときに仲間の方が登山道脇にラン科の花を見つけました。それがなんとジンバイソウでした。一人で来ていたら見つけられませんでしたが、複数人だと誰かの目に引っかかるようです。

帰りには富士山の頭が雲の上に出ていました。お目当て以外の色々な花々も見ることができました。電車の中でも花談義をしながら帰りました。


アオフタバラン     8月中旬ころが見頃との情報を得て自生地に行きました。
P8140245_convert_20170815111320.jpg

自生地は一面にアオフタバランが咲いていました。
P8140256_convert_20170815111430.jpg

踏まないように注意を払ってアオフタバランに近づきました。
P8140257_convert_20170815111500.jpg

花のアップです。
P8140254_convert_20170815111355.jpg

アオフタバランの横顔です。
IMG_7696_convert_20170815111130.jpg

ツリガネニンジン   萼片が線形で細いのが特徴のようです。
P8140176_convert_20170815112313.jpg

シロバナツリガネニンジン
P8140183_convert_20170815112346.jpg

フクシマシャジン    萼片の幅が広いのが特徴のようです。
P8140191_convert_20170815112432.jpg

ヤマハッカ   秋の花も咲きだしていました。唇形花が特徴のようです。
P8140204_convert_20170815113015.jpg

アキノタムラソウ
P8140199_convert_20170815113114.jpg

シロバナアキノタムラソウ
P8140210_convert_20170815112522.jpg

マルバハギかな?
P8140168_convert_20170815144634.jpg

イヌゴマ    実の形がゴマに似るが役にたたないことから名がついたそうです。
P8140170_convert_20170815144803.jpg

ヒキヨモギ    ヨモギの葉に似ていて茎を折ると糸を引くことが名前の由来のようです。花の形は猛禽類のくちばしのようです。
P8140178_convert_20170815144937.jpg

コオニユリ
P8140180_convert_20170815145021.jpg

ユウスゲ   曇天だからなのか閉じないで、まだ咲いていました。 
P8140212_convert_20170815150101.jpg

オオバキボウシ
P8140184_convert_20170815145053.jpg

コバギボウシ   蕾で花はこれからです。 
P8140217_convert_20170815150408.jpg

キセワタ      まだ咲きはじめでした。
P8140187_convert_20170815145200.jpg

ツルフジバカマ
P8140190_convert_20170815145345.jpg

センニンソウ
P8140193_convert_20170815145544.jpg

タチフウロ
P8140195_convert_20170815145659.jpg

ワレモコウ   小さな花が密集した花穂で、上から下に咲いていくそうです。
P8140200_convert_20170815145818.jpg

シシウド
P8140202_convert_20170815145901.jpg

カセンソウ    他の植物の間から花を咲かせていました。
P8140225_convert_20170815150753.jpg

チダケサシ
P8140213_convert_20170815150142.jpg

オオナンバンギセル
P8140220_convert_20170815150445.jpg

イタチササゲ
P8140221_convert_20170815150532.jpg

クサレダマ   湿地でもない山に生えているのは、おそらく霧がよく発生するからだと思われます。
P8140223_convert_20170815150613.jpg

シモツケ
P8140226_convert_20170815150854.jpg

ウツボグサ
P8140229_convert_20170815150923.jpg

フシグロセンノウ  朱色の花が目立ちます。
P8140234_convert_20170815150957.jpg

ウシタキソウ   総状花序に白い2弁の花です。
P8140237_convert_20170815151121.jpg

スズムシソウ   真夏のこの時期に咲いているのには驚きました。普通のスズムシソウとは違う品種なのかな・・・・? 
P8140206_convert_20170815111235.jpg

ジンバイソウ   知識がないのでラン科のツレサギソウ属の花はみな同じように見えてしまいます。距の長さや向きなどに違いがあるようですが覚えるのが難しいです。ジンバイソウは葉のほうでなんとか区別がつきました。 
P8140280_convert_20170815112113.jpg

P8140281_convert_20170815112156.jpg

ハクウンラン    ちょうど見ごろでした。今年は高尾山で見られなかったので今回見られて良かったです。
P8140277_convert_20170815112004.jpg

P8140276_convert_20170815111932.jpg

P8140278_convert_20170815112040.jpg

P8140261_convert_20170815111539.jpg

P8140266_convert_20170815111615.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。









































2017-08-15 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H28/10月】

秋晴れの爽やかな土曜日に山梨方面の山に行ってきました。この時期になると紫色の花を愛でたくなります。お目当ての花はムラサキセンブリでした。

ムラサキセンブリの紫は高貴な感じの色だと思います。好きな花の一つです。リンドウやヤマラッキョウなどの花もたくさん咲いていました。日本一の山も見えました。昨年は雪が付いてましたが、今年はまだでした。

昨年より3日早く行きましたが、ちょうど見ごろでした。いつも行くと観察している場所がありますが、そこは昨年より株が多く出てました。しかし全体的に見ると個体数はかなり減っています。観察会の先生から以前お聞きした話では盗掘が多いそうです。山に咲く花は山で見るのがマナーだと思います。いつまでもムラサキセンブリが見られる山であってほしいと願っています。


ムラサキセンブリ
IMG_6568_convert_20161015165559.jpg

IMG_6579_convert_20161015165723.jpg

IMG_6581_convert_20161015165803.jpg

IMG_6582_convert_20161015165837.jpg

IMG_6588_convert_20161015165918.jpg

IMG_6589_convert_20161015165951.jpg

IMG_6590_convert_20161015170030.jpg

IMG_6593_convert_20161015170152.jpg

IMG_6595_convert_20161015170232.jpg

IMG_6596_convert_20161015170302.jpg

IMG_6598_convert_20161015170357.jpg

IMG_6600_convert_20161015170442.jpg

IMG_6603_convert_20161015170620.jpg

PA150663_convert_20161015171323.jpg

PA150668_convert_20161015171355.jpg

IMG_6572_convert_20161015165647.jpg

IMG_6591_convert_20161015170110.jpg

IMG_6601_convert_20161015170539.jpg

IMG_6616_convert_20161015171101.jpg

リンドウ
IMG_6609_convert_20161015170845.jpg

ヤマラッキョウ
IMG_6604_convert_20161015170723.jpg

タチフウロ
PA150655_convert_20161015171233.jpg

オヤマボクチ
IMG_6615_convert_20161015171001.jpg

アキノキリンソウ
IMG_6605_convert_20161015170805.jpg

ナギナタコウジュ
PA150672_convert_20161015171547.jpg

コシオガマ
PA150674_convert_20161015171619.jpg

アキカラマツ
PA150675_convert_20161015171721.jpg

ヤマハッカ
PA150677_convert_20161015171800.jpg

アキノタムラソウ
PA150681_convert_20161015171908.jpg

ヤクシソウ
PA150679_convert_20161015171834.jpg

ヤマトリカブト
PA150650_convert_20161015171155.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。



























2016-10-16 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨上野原 能岳~八重山~根本山 【H27/12月】

上野原市にある能岳、八重山方面を歩いてきました。今回は登山靴を換えたので靴慣らしを兼ねての山歩きでした。JR上野原駅から新井行きのバスに乗り終点で降り能岳に向かいました。

登山道には紅葉も見られ、富士山もよく見えました。草木の実のほか、咲き残りの花も幾つか愛でることができました。高尾駅では高尾山に行く人でいっぱいでしたが、こちらの山は空いてました。なお、秋葉山と根本山へは八重山から一度下界に降りてから登り直しでした。

能岳の登りの途中にはカタクリの群生地の標識がありました。八重山の山頂下にはシュンランの標識がありましたので春には綺麗な花が見られそうな山なので、花の時期に再度訪れてみたいと思いました。


ヤブランの実
IMG_1145_convert_20151206093437.jpg

フユノハナワラビ
IMG_1147_convert_20151206093535.jpg

コウヤボウキの綿毛(冠毛)
IMG_1154_convert_20151206093605.jpg

コウヤボウキの赤い綿毛(冠毛)を探しました。尾根に出たら意外と多くありました。
PC050547_convert_20151206095602.jpg

シュンランの花芽  ピンボケでした。陽の当たるところのシュンランには花芽が付いていました。
IMG_1156_convert_20151206093753.jpg

アキノキリンソウ   綿毛となり、葉は紅葉していました。
IMG_1157_convert_20151206093820.jpg

登山道の上には色づいた葉がありました。
IMG_1162_convert_20151206093906.jpg

オケラの花殻
IMG_1166_convert_20151206093938.jpg

このオケラ花殻は大きな株となっていました。
IMG_1175_convert_20151206094245.jpg

能岳の山頂標識   山頂は結構、木が生えているので展望はよくないです。
IMG_1168_convert_20151206094010.jpg

ツルリンドウの実   この山域はツルリンドウが多くありました。
IMG_1172_convert_20151206094135.jpg

IMG_1201_convert_20151206095205.jpg

ヤブコウジの実   歩いた登山道脇にはどこにでもあるくらい多かったです。
IMG_1176_convert_20151206094311.jpg

登山道脇に祀られた石仏   馬頭観音など幾つかの石仏が祀られていました。
IMG_1178_convert_20151206094350.jpg

富士山を望む   能岳から八重山に行く途中から。
IMG_1179_convert_20151206094428.jpg

権現山を望む
IMG_1180_convert_20151206094515.jpg

八重山の山頂標識   山頂には東屋がありました。
PC050543_convert_20151206095515.jpg

ヤマツツジ    八重山から下りの登山道脇に咲いていました。
IMG_1182_convert_20151206094551.jpg

トネアザミ(タイアザミ)だと思います。 
IMG_1185_convert_20151206094624.jpg

八重山展望台からの富士山
IMG_1186_convert_20151206094708.jpg

八重山展望台からの陣馬山
IMG_1190_convert_20151206094751.jpg

八重山の山頂を望む
IMG_1194_convert_20151206094920.jpg

八重山展望台からの丹沢山塊   右が大室山、右から二つ目のピークが檜洞丸、写真中央の左側が蛭ヶ岳
IMG_1195_convert_20151206094958.jpg

足元にも色づいた葉がありました。
IMG_1196_convert_20151206095032.jpg

IMG_1197_convert_20151206095059.jpg

ヤクシソウ
IMG_1199_convert_20151206095133.jpg

マルバノホロシの実
PC050552_convert_20151206095634.jpg

アキノタムラソウ   まだ咲いていました。
PC050559_convert_20151206095709.jpg

ヤブミョウガの実
IMG_1204_convert_20151206095243.jpg

エビネの葉かと思いましたが、葉の裏を見たら三本線、サイハイランの葉でした。
IMG_1205_convert_20151206095324.jpg

スミレが咲いていました。葉も距も確認しなかったので何スミレか分かりません。ノジスミレかな?
PC050563_convert_20151206095741.jpg

トキリマメの実
PC050567_convert_20151206095810.jpg




































2015-12-06 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR