山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

沖縄 本島中部&渡嘉敷島の野の花 【H28/5月】

沖縄に行ってきました。例年、大型連休が終わると梅雨入りする沖縄ですが、今年はまだ梅雨に入っていません(5/16日に梅雨入りとなりました。)。当初、西表島の植物観察に行こうかなと思っていましたが、たまたま見た沖縄の本に、本島の中部から北部(山原)の野山のいたるところにイジュという花が咲くことを知りました。珍しい花ではありませんが、見たことのない花、イジュを是非見て見たいと思い本島中部に出かけました。

もう一つ見てみたい花がケラマツツジでした。名前は知っていましたが沖縄では一般的なツツジのようです。本島にも自生しているようですが、ケラマツツジのケラマは慶良間諸島から付けられたようなので、やはりご本家で見たくなり渡嘉敷島に出かけました。
渡嘉敷島の港から阿波連集落に行くにはバスで山を越えて行きますが、山を越える付近に紫色の花がバスの中から見えました。ノボタンかなと思いましたら、後で調べたらやはりノボタンでした。目の前で見てみたかったなと思いました。


本島中部
イジュ    別名ヒメツバキと呼ばれています。ツバキ科の常緑高木です。
DSCF8105_convert_20160516133213.jpg

DSCF8107_convert_20160516133237.jpg

P5132024_convert_20160516133644.jpg

P5132012_convert_20160516133553.jpg

P5132022_convert_20160516133616.jpg

ケルエラソウ
P5132006_convert_20160516133522.jpg

ゲットウ
P5131962_convert_20160516133259.jpg

ゲットウの花をアップで撮ってみました。
P5131964_convert_20160516133323.jpg

??  花はキダチハマグルマに似ていますが葉が違うような気がします。
P5131991_convert_20160516133346.jpg

??
P5131993_convert_20160516133408.jpg

ウスベニニガナ
P5131995_convert_20160516133429.jpg

ムラサキカタバミ
P5132003_convert_20160516133454.jpg


渡嘉敷島
ケラマツツジ   最盛期は過ぎていて花がみな落ちていましたが、この花だけが残っていました。
P5142039_convert_20160516133935.jpg

グンバイヒルガオ    砂浜につるを伸ばして咲いていました。
P5142032_convert_20160516133714.jpg

葉が軍配に似ていることから名が付いたそうです。
P5142033_convert_20160516133749.jpg

ハマササゲ   この花も砂浜に咲いていました。
P5142034_convert_20160516133907.jpg

シナガワハギ    東京の品川で最初に発見されたことから名が付いたそうです。
P5142054_convert_20160516140215.jpg

ハマダイコン
P5142056_convert_20160516140250.jpg

キダチハマグルマ
P5142036_convert_20160516133844.jpg

モンパノキ
P5142057_convert_20160516140316.jpg

おまけ
慶良間の海
ケラマブルーと呼ばれています。  山の上の展望台から見た風景です。そこに行く途中にケラマツツジが咲いてました。
P5142042_convert_20160516134000.jpg

P5142045_convert_20160516134023.jpg
























スポンサーサイト
2016-05-16 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄 竹富島の野の花 【H27/11月】

前日の夕方、西表島から石垣島に戻り、夜は居酒屋で地元の海鮮料理を食べ西表島の花を見ることができたことの祝杯を挙げました。オリオンビールを生から始まり、石垣島の各酒造所の泡盛をたらふく飲みました。

朝方、大雨の音で目が覚めました。雨なので午後の那覇便の出発までホテルでのんびりしようと、とりあえず朝食を食べに食堂に行きました。食べ終わって部屋に戻ると太陽の光が部屋に差し込んでいました。窓の外を見ると青空。こんないい天気になったならホテルにいるのはもったいないと思い、近くて船の便も多い竹富島に向かいました。

赤瓦の集落は見ずに、道の両側が草むらになっているところに行き、野の花の観察を行いました。頭の上は真夏の太陽が照りつけていました。西表島や石垣島の方は真っ黒な雲に覆われていました。竹富島の野の花も何回か来ているので見た花が多かったですが初めて見る花もありました。観察していたら雨がポツリポツリと降ってきました。そして大雨になりました。植物観察も止めて石垣島に戻りました。


ショウジョウソウ   ポインセチアにそっくりの花です。
IMG_0423_convert_20151121063215.jpg

チリメンナガボソウ   西表島にも咲いていました。
IMG_0426_convert_20151121063241.jpg

ギンネム
PB130503_convert_20151121064009.jpg

アメリカハマグルマ
PB130500_convert_20151121063939.jpg

花に止まる蝶   島には蝶々がたくさん飛んでいました。
IMG_0427_convert_20151121063305.jpg

コロマンソウ
IMG_0431_convert_20151121063418.jpg

樹に止まるサギ
IMG_0435_convert_20151121063448.jpg

ギョクシンカ ?   初めて見る花でした。
IMG_0437_convert_20151121063512.jpg

シマヤマヒハツの実
IMG_0438_convert_20151121063534.jpg

ランタナ ?
IMG_0440_convert_20151121063556.jpg

オオムラサキシキブ
IMG_0450_convert_20151121063809.jpg

クロバナツルアズキ
PB130499_convert_20151121063913.jpg

ユウナ
IMG_0447_convert_20151121063740.jpg

パパイア
IMG_0445_convert_20151121175154.jpg

コンドイビーチ   どこまでも透き通った水が続いています。
IMG_0444_convert_20151121063627.jpg














2015-11-21 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄 西表島 【H27/11月】

今年の3月に訪れた沖縄・西表島。西表島の大自然に魅せられ、そこに咲く花をまた愛でてみたいと思い再び訪れました。今回は「西表島のぶず」にガイドをお願いしました。

西表島にはガイド業者さんがいくつもありますが、「西表島のぶず」はトレッキングが専門で、HP内のブログで花についても時々書かれていましたので、花巡りのガイドをお願いできるのか照会したところ、快諾していただきましたので「西表島のぶず」に決めました。

「西表島のぶず」にガイドをお願いしてよかったのは装備一式(ザック、雨具、手袋、長靴、沢歩きの靴・靴下、防水袋)が千円でレンタルしていただけるので東京から行くときの荷物を減らすことができたことです。昨年の石垣島や3月の西表島のときはザックや雨具、石垣島のときは登山靴、西表島のときは長靴を持参しましたので荷物がかさばりましたが、今回は楽でした。

沖縄に出発する前日の週間天気予報では沖縄八重山地方は晴れ時々曇りでしたが、当日朝の天気予報では曇りのち雨や曇り時々雨の予報になりましたが、那覇経由で石垣島に行きました。

翌日、西表島の大原港で「西表島のぶず」の代表者でガイドの末永尚子さんとお会いして、最初にナリヤランの自生地に連れて行ってもらいました。斜面にはたくさんのナリヤランが咲いていました。長靴に履き替えて目の前で愛でることができる自生地に案内していただきました。リクエストしていた花でしたので花の美しさに感激でした。

その後は場所を移動しユツン橋へ。橋の上から前方はるか遠くの山に見えるユツン滝、あの滝のところまで行きますとの説明に、あそこまで歩けるかなとやや心配しましたが、小学生でも歩いて行けるコースですとのガイドさんの言葉に押されて出発しました。小雨が降る中を登山道を歩いたり沢を渡ったり、あるいは沢のナメを登ったり、登山道も沢に降りたり沢から登ったり、倒木をまたいだり、くぐったりと大変と変化のあるコースでした。雨も強くなってきましたがユツンの滝まで行くことができました。

登山の途中にはいろいろな花を愛でることができました。特に嬉しかったのは5月に沖縄本島で空振りとなったサクラランが見られたことです。ガイドの末永さんが上を見てくださいサクラランが咲いていますよと言われ、見上げた先に咲いてました。

今回ガイドしていただいた「西表島のぶず」のガイド、末永さんは事前に下見をして、どこに花が咲いているか確認していたそうで、登山道を歩いていて、ここに咲いていますよと声をかけてくれました。歩いているときも、樹の枝が登山道に出ているところが多いので、頭に注意してください、足元が滑りやすいところでは気をつけてと常に声をかけていただき、沢を渡るときも足の位置を指示していただき安全に登山することができました。

自然いっぱいの西表島に、季節を変えて、違う花が咲いているときに、また訪れて見たいなと思っております。

※ 11月16日追記  
ガイドの末永さんの説明をメモしなかったため、うろ覚えで植物名を記載したため誤りがありました。また、うろ覚えもできなかったのは???と表示していましたが、末永さんからメールで助言をしていただきましたので訂正等をいたしました。


ナリヤラン  ラン科の花でカトレアのような感じのする花でした。
PB120440_convert_20151115101111.jpg

綺麗な花でした。
IMG_0373_convert_20151115100543.jpg

花期は5月から12月とかなり長い期間咲くようです。
IMG_0378_convert_20151115100645.jpg

目の前で美しいランを愛でることができ、遠い西表まで来た甲斐がありました。
IMG_0381_convert_20151115100713.jpg

カッコウアザミ  (11/16修正 当初は???で表示)
PB120442_convert_20151115101144.jpg

チリメンナガボソウ   この花はナリヤランの近くに咲いていました。
PB120445_convert_20151115101255.jpg

ハシカンボク   ノボタン科の花です。原生林の中の登山道脇に咲いていました。
IMG_0390_convert_20151115100748.jpg

ピンクの色がとてもきれいでした。
PB120458_convert_20151115101602.jpg

ギランイヌビワ  (11/16修正 当初は???で表示) 樹の幹に実のようなものが付いており珍しいものと思いました。
PB120446_convert_20151115101329.jpg

ギランイヌビワ  (11/16修正 当初はオキナワウラジロガシで表示) 板根のある樹なのでサキシマスオウかと思いましたが、ガイドさんからマングローブの近くに生えるのがサキシマスオウで、山の中のはオキナワウラジロガシやギランイヌビワが多いそうです。
PB120447_convert_20151115101401.jpg

アオノクマタケランの実 (11/16修正 当初はクマタケランで表示)  ラン科ではなくショウガ科の植物です。
PB120448_convert_20151115101429.jpg

イリオモテイワタバコの葉
PB120460_convert_20151115101632.jpg

アリモリソウ
PB120451_convert_20151115101458.jpg

マツバラン  ラン科ではありません。シダ類で着生しています。
PB120461_convert_20151115101707.jpg

沢を渡ります。後ろ姿はガイドの末永さん。ヘルメットをぶら下げています。下山時にかぶります。
PB120462_convert_20151115101737.jpg

写真では平らに見えますが傾斜のあるナメを登ります。フェルト底の沢シューズを履いていますので滑りません。
PB120464_convert_20151115101809.jpg

サクララン   ラン科ではなくガガイモ科の植物です。5月に空振りした花をこの時期に見られ花とガイドさんに感謝です。
IMG_0394_convert_20151115100819.jpg

テリハノギク    亜熱帯のジャングルにも野菊があるのには多少の驚きがありました。
PB120465_convert_20151115101844.jpg

ヤエヤマスミレ   沢の中に自生します。3月にも見ましたが、もう咲いていました。
PB120466_convert_20151115101921.jpg

マルバルリミノキの実  (11/16修正 当初はルリミノキで表示) 青い実が綺麗です。 
PB120469_convert_20151115101954.jpg

ユツンの滝   滝まで辿りつきました。この手前で下山してくるガイドさんと若い女性の登山客とすれ違いました。
PB120471_convert_20151115102030.jpg

見事な滝でした。
PB120472_convert_20151115102103.jpg

マルヤマシュウカイドウ   西表には2種類のシュウカイドウが自生しているそうです。あと一つはコウトウシュウカイドウです。
PB120473_convert_20151115102137.jpg

ツノギリソウ    最初に見たとき花の形がジャコウソウに似ているなと思いました。
PB120475_convert_20151115102213.jpg

アリサンアイ   ガイドさんが下見に行ったときに滝の上部に行く登山道を少し登ったところに咲いていたということで行きましたが蕾はありましたが咲いているのは見つかりませんでした。あきらめて下山を始めたらガイドさんが咲いたのを見つけました。雨と風で花が揺れ10枚ほど撮りましたが、なんとか見られるのはこれ一枚だけでした。薄紫色の清楚な花でした。
PB120482_convert_20151115102247.jpg

ナガバイナモリ (11/16修正 当初ナガバノイナモリで表示) 比較的多く見られました。
PB120485_convert_20151115102319.jpg

沢を渡るガイドの末永さん。下山のときは安全確保のためヘルメットをかぶり、水の中をじゃぶじゃぶ歩きました。
PB120489_convert_20151115102352.jpg

トサカメオトラン  (11/16修正 当初ラン科の植物で表示。蕾で表示) エビネの葉に似ています。蕾のように見えますが咲いた後だそうです。
PB120490_convert_20151115102421.jpg

サキシマフヨウ   白花
IMG_0410_convert_20151115100926.jpg

サキシマフヨウ  赤花  実際はピンクです。
IMG_0417_convert_20151115101019.jpg

サキシマハマボウ   一般的にはユウナと呼ばれています。葉の先が尖っているのが特徴のようです。
IMG_0412_convert_20151115100951.jpg

カンムリワシ  登山口に無事に下山しましたら目の前の樹にとまっていました。毛が白いので幼鳥だそうです。
IMG_0405_convert_20151115100854.jpg






































2015-11-15 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【番外編】 沖縄 オリヅルスミレ

オリヅルスミレは1982年に沖縄本島の国頭村の渓流で発見されたスミレです。1988年に新種として学会で発表されましたが、その時すでに自生地はダム湖に沈んでいました。自然界では絶滅種となったスミレです。

オリヅルスミレはストロン(匍匐枝)を出して、その先端に新しい苗を作り増殖する姿を「折鶴」に見立て、それが和名になったと言われています。

自然界では絶滅になったオリヅルスミレですが、沖縄の海洋博記念公園を管理運営する沖縄美ら島財団の総合研究センターの研究施設では、広島市植物公園(広島県)で保護育成されていた株を譲り受け、栽培に関する調査研究を行うとともに、遺伝子源の保存に取り組まれているそうです。

沖縄の海洋博記念公園の熱帯ドリームセンターでは毎年3月に「沖縄のスミレとパンジー・ビオラ展」を開催しており、オリヅルスミレの展示も行っています。

オリヅルスミレの写真は沖縄美ら島財団の総合研究センターの許可(平成27年4月28日付け)を得て掲載しています。

オリヅルスミレ
P3180020_convert_20150519215802.jpg

2015-05-19 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄南城 ガンガラーの谷 【H27/5月】

5月15日は沖縄が本土に復帰してから43年たちました。その復帰の日にガンガラーの谷に行きました。ガンガラーの谷は鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる太古の森です。

この森に見て観たい花の一つであるサクラランが咲くということをネット情報で知りました。ランと名がついてますが、ラン科の植物ではなくカガイモ科の植物です。

ガンガラーの谷は予約制でガイド付きのツアーでしか入ることができません。料金を払う受付の際にサクラランの開花状況を聞いたところ、もう咲いていますとのことでした。しかし付いたガイドさんは東京葛飾出身の沖縄在住5年目の方。「サクラランはどの辺に咲いているのですか」と尋ねたところ「サクラランてなんですか?」と、多分マニュアルに出てくる植物は分かるみたいでしたが「植物には詳しくないので」と言われてしまいました。 仕方なく四方八方見渡しながら歩きましたが見つからず空振りに終わりました。


ゲットウ   沖縄ではどこにでも見られる花です。
IMG_6772_convert_20150517100211.jpg

花をアップで撮ってみました。黄色の綺麗な花です。
IMG_6770_convert_20150517100036.jpg

クワズイモ   クワズイモの葉がガンガラー谷のシンボルマークになっていました。
IMG_6774_convert_20150517100240.jpg

クロツグ   ヤシ科の植物です。
IMG_6776_convert_20150517100313.jpg

オキナワスズメウリ  実です。
IMG_6784_convert_20150517100431.jpg

ヒギリ  まだ蕾です。森のあちらこちらに赤く見られました。
IMG_6787_convert_20150517100458.jpg

森の賢者 大主(うふしゅ)ガジュマル   沖縄でガジュマルをいろいろ見てきましたが、このガジュマルは見事でした。
IMG_6783_convert_20150517100407.jpg

IMG_6782_convert_20150517100343.jpg

ハマササゲ  この花はガンガラーの谷ではなく糸満漁港の付近で撮りました。
IMG_6789_convert_20150517100532.jpg














2015-05-17 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR