山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

丹沢 【H29/9月】

9月最初の日曜日は天気も良くなったので丹沢に行ってきました。お目当ての花はサガミジョウロウホトトギスでした。そしてあと一つがビランジです。サガミジョウロウホトトギスは開花を期待して向かったのですが、残念ながら蕾でした。開花にはあと数日かかりそうです。

ビランジはちょうど見ごろでした。大きな株は登山道より下のほうで、ガスが吹きつけて観察にはちょつと難でした。登山道脇に咲いていたのは盛りが過ぎて花弁が欠けていました。

この夏はロープウェーや標高の高いところまでバスだったり楽な山歩きをしていたので、今回は歩き始めてすぐに太ももが張って足が重くなりました。これではお目当ての花まで辿りつかないのではと思いましたが、幸いなことに徐々に回復して、なんとか歩いてきました。下山では膝ががくがくになり、腰も重くなり超スローで歩き、後からくる人に次々に抜かれました。

お目当ての花以外にも、色々な花を愛でることができました。サガミジョウロウホトトギスの開花を予想するのは難しいと感じた一日でした。


サガミジョウロウホトトギス     岩場に垂れ下がるように自生しています。
IMG_7785_convert_20170904110552.jpg

IMG_7786_convert_20170904110622.jpg

IMG_7781_convert_20170904110519.jpg

ピンボケです。岩場の下は足元が悪く、滑り落ちれば危険が伴うので片手で撮ったらこのありさまでした。咲いていたら真下から見れたのに・・・・。
P9030459_convert_20170904111321.jpg

ホトトギス
P9030446_convert_20170904110824.jpg

ヤマジノホトトギス    花被片は反り返っていません。
P9030454_convert_20170904111122.jpg

ヤマホトトギス    花被片が反り返っています。
P9030467_convert_20170904111558.jpg

ビランジ    登山道脇の下の岩場に咲いていました。
P9030461_convert_20170904111403.jpg

登山道沿いに咲いていたビランジ。盛りを過ぎたのか花弁が欠けています。
P9030463_convert_20170904111435.jpg

バアソブ     盛りを過ぎた花でした。
P9030441_convert_20170904110658.jpg

アキノキリンソウ
P9030444_convert_20170904110754.jpg

コウリンカ
P9030450_convert_20170904110944.jpg

マルバダケブキ    鹿が食べないので、すくすく育っています。
P9030469_convert_20170904111632.jpg

アザミ(何アザミか同定できませんでした。)
P9030443_convert_20170904110726.jpg

フジアザミ
P9030465_convert_20170904111512.jpg

ツルボ
P9030452_convert_20170904111051.jpg

ウスユキソウ
P9030470_convert_20170904111703.jpg

アキノタムラソウ
P9030456_convert_20170904111159.jpg

ヤブマメ
P9030457_convert_20170904111246.jpg

ヤハズハハコ
P9030451_convert_20170904111012.jpg

ゲンノショウコ
P9030471_convert_20170904111733.jpg

キツネノカミソリ
P9030478_convert_20170904111904.jpg

コオニユリ
P9030448_convert_20170904110855.jpg

雲に覆われる尾根
P9030474_convert_20170904111829.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。














スポンサーサイト
2017-09-04 : 丹沢・丹沢山系 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

丹沢山系 大山の近辺 【H28/4月】

朝方は青空が広がっていましたが、昼過ぎには大山の近辺は曇り空でした。昼過ぎからちょこっとのハイキングで大山の近辺を歩いてきました。


タチツボスミレ    登り始めは登山道脇にはタチツボスミレだらけでした。
IMG_1466+-+コピー_convert_20160409171840

外来種??   タチツボスミレだらけの中に、色の濃いスミレが咲いていました。アメリカスミレサイシンでしょうか。
IMG_1468+-+コピー+(2)_convert_20160409171931

イワボタン  写真を撮るときには黄色い葯には気がつかず、ヨゴレネコノメと思い込んで撮りました。このイワボタンがあった場所は大群落でした。
IMG_1471+-+コピー_convert_20160409171959

マルバコンロンソウ
IMG_1472+-+コピー_convert_20160409172027

ミミガタテンナンショウ    この場所より低いところにウラシマソウがありましたが、枯れかかっていました。
P4081249+-+コピー_convert_20160409172238

シャガ
P4081250+-+コピー_convert_20160409172310

キランソウ
P4081254+-+コピー_convert_20160409172419

ミツマタ   盛りは過ぎた感じです。
P4081248+-+コピー_convert_20160409172212

赤いほうはまだ見られる感じでした。
P4081252+-+コピー_convert_20160409172352

大山桜  山の中に四本あります。大山桜はヤマザクラです。一番大きい「上大山桜」は樹齢400年、幹回り3.5メートルの巨木の桜です。ただただ凄い桜だなーと思いました。
IMG_1473+-+コピー_convert_20160409172106

IMG_1476+-+コピー_convert_20160409172143








2016-04-09 : 丹沢・丹沢山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

丹沢山系  宮地山~シダンゴ山 【H26/1月】

宮地山からシダンゴ山まで歩いてきました。今回は寄(やどろぎ)に下山するので、寄のロウバイ園でロウバイの鑑賞目当ての山行でした。

小田急線の新松田駅前から寄(やどろぎ)行きのバスに乗り、田代向で下車し田代橋を渡って舗装された道を登って行き、民家がなくなると樹林帯になります。宮地山への道標があり、そこから山道になりました。丹沢や丹沢山系はシカが多いせいか樹林帯には下草がほとんどない状態でした。そのため草木の実も少なかったです。シダンゴ山から寄(やどろぎ)への下山道は多少下草がありましたので草木の実なども見ることができました。

コウヤボウキ  綿毛(冠毛)に色のついたのを探しましたら一株だけありました。
IMG_5946_convert_20140118071119.jpg

舗装された林道から宮地山へ登山道
P1170002_convert_20140118072454.jpg

登山道は落ち葉に覆われていました。
IMG_5948_convert_20140118071147.jpg

落ち葉とともにドングリがたくさん落ちていました。そのドングリを見ると芽を出したものもありました。
P1170003_convert_20140118072522.jpg

宮地山の山頂標識
IMG_5949_convert_20140118071214.jpg

山頂周辺 
IMG_5950_convert_20140118071248.jpg

宮地山からシダンゴ山に向かう途中、道標が要所要所にありました。落葉樹のところは下草がありません。
IMG_5952_convert_20140118071318.jpg

杉や檜の常緑樹の下にミツマタが生えていました。
IMG_5957_convert_20140118071350.jpg

ミツマタの蕾はまだ固い状態でした。
P1170006_convert_20140118072553.jpg

やはり常緑樹の下にハダカホオズキ??の実がありました。
IMG_5959_convert_20140118071417.jpg
 
シダンゴ山から寄への下山道にもありました。
P1170008_convert_20140118072624.jpg

宮地山とシダンゴ山の間のピークはタコチバ山というようです。ここからかなり下ります。
IMG_5961_convert_20140118071444.jpg

山道を歩いていたら突如、新設している林道に出ました。
IMG_5963_convert_20140118071512.jpg

シダンゴ山の道標が出てきました。
IMG_5966_convert_20140118071549.jpg

写真だと急坂には見えませんが、この山行で一番の急登でした。
IMG_5968_convert_20140118071620.jpg

シダンゴ山の山頂標識
IMG_5970_convert_20140118071719.jpg

山頂です。
IMG_5976_convert_20140118072014.jpg

シダンゴ山の山名の由来が書かれていました。
IMG_5969_convert_20140118071650.jpg

山頂からの展望。奥は大山です。手前が二ノ塔です。
IMG_5972_convert_20140118071842.jpg

山頂から塔ノ岳を望む。
IMG_5974_convert_20140118071910.jpg

山頂から蛭ヶ岳を望む。
IMG_5971_convert_20140118071743.jpg

山頂は馬酔木の低木が群生しています。
IMG_5978_convert_20140118072047.jpg

シダンゴ山から寄への下山の最初は雪がありました。
IMG_5979_convert_20140118072119.jpg

ミヤマシキミの赤い実がきれいでした。
P1170010_convert_20140118072657.jpg

ミヤマシキミの蕾がありました。
P1170013_convert_20140118072727.jpg

タイアザミの綿毛
P1170016_convert_20140118072805.jpg

センニンソウの綿毛
P1170017_convert_20140118072836.jpg

ヤブツバキ
P1170020_convert_20140118072910.jpg

寄(やどろぎ)の集落を見下ろす。真ん中右手の木がないところがロウバイ園
IMG_5980_convert_20140118072151.jpg

ロウバイ園に向かう途中、茶畑の土手にオオイヌノフグリが咲いていました。
P1170022_convert_20140118072940.jpg

ロウバイ園のロウバイ
IMG_5983_convert_20140118072224.jpg

IMG_5985_convert_20140118072252.jpg

IMG_5987_convert_20140118072320.jpg

IMG_5988_convert_20140118072419.jpg


































2014-01-19 : 丹沢・丹沢山系 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

丹沢 表尾根(二ノ塔~塔ノ岳)  【8月】

腰の状態が良くなってきましたので、お誘いがかかっていた奥多摩の清掃登山の仲間と丹沢に行ってきました。表尾根から塔ノ岳に登り、大倉尾根を下山しました。

山はガスがかかり展望はまったくありませんでした。花は期待していませんでしたが、よく見るといろいろな花が結構咲いていました。

大倉尾根の途中にある山小屋「堀山ノ家」に清掃登山のメンバーのかたが働いているとのことで、小屋に寄りました。この小屋の缶ビールは冷えててうまいと感じました。行程途中で買ったある小屋の缶ビールは常温でした。

マツカゼソウ    
P8030566_convert_20130804071233.jpg

タマゴダケ
P8030568_convert_20130804071309.jpg

オトギリソウ
P8030570_convert_20130804071343.jpg

コフウロ ??
P8030571_convert_20130804144009.jpg

ヤマキツネノボタン ??
P8030572_convert_20130804071434.jpg

コバノギボウシだと思いますが。
P8030573_convert_20130804071509.jpg

ウツボグサ
P8030574_convert_20130804071547.jpg

ウスユキソウ
P8030575_convert_20130804071625.jpg

ヤマユリ  尾根上ではところどころに咲いていました。
P8030576_convert_20130804071709.jpg

ネジバナ
P8030579_convert_20130804071748.jpg

シモツケソウ  ほかの山に咲くのより小ぶりでした。
P8030582_convert_20130804071829.jpg

マルバダケブキ
P8030584_convert_20130804071909.jpg

ヤマオダマキ  ピンボケの写真です
P8030585_convert_20130804071947.jpg

塔ノ岳山頂
P8030586_convert_20130804072017.jpg







2013-08-04 : 丹沢・丹沢山系 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

丹沢山系 松田山【3月】

松田山の河津桜を愛でてから「松田山みどりの風自然遊歩道」を寄(やどりぎ)まで歩きました。松田山は観光客で大勢の人がいましたが、登山コースに入ると静かな山歩きができました。

松田山の自然館の横から登山コースになりますが、最初は土の道ですが少し歩くとミカン畑の間に続く舗装された道になり、最明寺史跡公園ちかくまで舗装された林道を歩きました。ゴルフ場近くから土の山道となりました。

道の法面の日当たりの良いところには春を感じる花が見られました。


松田山(西平畑公園)の河津桜
DSCN6464_convert_20130302234736.jpg

DSCN6465_convert_20130303072157.jpg

タネツケバナ
DSCN6474_convert_20130303072251.jpg

オオイヌノフグリ
DSCN6476_convert_20130303072325.jpg

タチツボスミレ
DSCN6482_convert_20130303072400.jpg

ホトケノザ
RSCN6524_convert_20130303072437.jpg

ヒメオドリコソウ
RSCN6523_convert_20130303072520.jpg

レンプクソウ ? まだ花は咲いていませんが葉の形などからレンプクソウと思いました。
DSCN6492_convert_20130303073106.jpg
<参考>
レンプクソウの花は4月下旬ころ咲きます
DSCN2204_convert_20130303073203.jpg

スイセン
DSCN6499_convert_20130303072605.jpg

ツチグリ きのこです。こんな時期に見られるとは思いませんでした。
DSCN6505_convert_20130303072649.jpg

登山道 要所要所に道標が立っていました。
DSCN6506_convert_20130303072732.jpg

オニシバリ 地味な花です 別名はナツボウズ
DSCN6511_convert_20130303072847.jpg
<参考>
夏になると葉を落とすのでナツボウズと呼ばれるそうです。雌株は夏に赤い実をつけます。
DSCF6350_convert_20130303073309.jpg

登山道の途中の展望台 遠く右手が大山 左に丹沢の山々が連なっています。
DSCN6507_convert_20130303072812.jpg

ヤマネコノメソウ ?
RSCN6521_convert_20130303072928.jpg

ヤブツバキ
RSCN6527_convert_20130303073005.jpg

2013-03-03 : 丹沢・丹沢山系 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR