山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

箱根方面 【H29/5月】

当ブログは一週間余り空いてしまいました。本来なら沖縄の渡嘉敷島の山に咲くノボタンの花を掲載するはずでしたが、那覇の泊港から渡嘉敷島に行く日が大雨洪水警報が出る悪天候となり、高速船も欠航となるなど残念ながら空振りに終わりました。

沖縄から帰ってきたら、花友さんから箱根湿生花園のサルメンエビネが咲いている、あと2、3日しか持たない旨の連絡がありました。自生のサルメンエビネを見るのは難しいので植生であっても本物のサルメンエビネが見たかったので箱根に行くことになりました。

箱根湿生花園だけだと観光になってしまうので、箱根外輪山を歩いて仙石原に下山して、箱根湿生花園に行ってきました。外輪山ではスズムシソウに出会えて思わずラッキーと独り言。箱根湿生花園のサルメンエビネ、じっくりと見せていただきました。自生のサルメンエビネが見られたらいいのだけどとは、よくばりかな・・・・。


スズムシソウ    箱根の山でお目にかかるのは2回目です。最初に見たのは盗掘され翌年にはありませんでした。
P5202577_convert_20170522131727.jpg

P5202576_convert_20170522131626.jpg

ホウチャクソウ
P5202575_convert_20170522131557.jpg

ミツバツチグリ
P5202574_convert_20170522131527.jpg

ジロボウエンゴサク
P5202588_convert_20170522131834.jpg

タニギキョウ
P5202590_convert_20170522131902.jpg

ヤマルリソウ
P5202592_convert_20170522131934.jpg

夏のような暑い日でしたが富士山も見えました。
P5202593_convert_20170522132000.jpg

???スミレ      大きな花のスミレでした。葉は細くて立っています。スミレの本を見ても同定できませんでした。
P5202594_convert_20170522132026.jpg

ニョイスミレ
P5202598_convert_20170522132056.jpg

コミヤマスミレ
P5202603_convert_20170522132229.jpg

ヒメハギ
P5202600_convert_20170522132128.jpg

ツクバネソウ
P5202601_convert_20170522132200.jpg


箱根湿生花園   
サルメンエビネ
IMG_7280_convert_20170522121044.jpg

IMG_7282_convert_20170522121136.jpg

P5202606_convert_20170522132256.jpg

エビネ
IMG_7291_convert_20170522121231.jpg

アヤメ
IMG_7292_convert_20170522131134.jpg

サクラソウ
IMG_7295_convert_20170522131207.jpg

クリンソウ
IMG_7297_convert_20170522131238.jpg

コウホネ
IMG_7299_convert_20170522131308.jpg

ニッコウキスゲ
IMG_7301_convert_20170522131334.jpg

クロユリ
IMG_7304_convert_20170522131359.jpg

ミヤマオダマキ
IMG_7305_convert_20170522131426.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。















スポンサーサイト
2017-05-22 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

箱根 屏風山 【H29/5月】

箱根の山で、まだ歩いていない山が屏風山でした。屏風山を登り、甘酒茶屋に下り、甘酒とみそおでんで休憩し、その後、旧道を畑宿まで歩きました。今回はお目当ての花はありませんでしたが、どのような花が咲いているのか楽しみに歩いてきました。歩いた結果、この山はスミレの山でした。

箱根関所跡の前に登山口がありました。歩き始めるとニョイスミレがたくさん、たくさん咲いていました。こんなに咲いているなら花弁が真っ白なシラユキスミレや花弁が紫色したムラサキコマノツメがあるのではないかと、一歩歩いては立ち止まり、また一歩歩いては立ち止まり、じっくりと探しました。コースタイムが短い山なので時間をたっぷりとかけて歩きました。シラユキスミレは見つけられませんでしたが、ムラサキコマノツメはついに見つけました。

ニョイスミレが終わると急な登りが続きます。急すぎて一気には登れませんでした。この急坂を過ぎれば楽な歩きができました。出てきたスミレはシコクスミレでした。最盛期は過ぎている感じでした。その次に出てきたスミレがフモトスミレなのかヒメミヤマスミレなのか同定できなかったスミレがたくさん咲いていました。そして最後にコミヤマスミレかなと思われるスミレが咲いていました。エイザンスミレやナガバノスミレサイシンは花が終わっていましたが、葉はたくさん見られました。


ニョイスミレ(タチツボスミレ)    一般的に唇弁に濃い紫条が入り、側弁にはわずかに薄い紫条があります。
P5112499_convert_20170512064030.jpg

このニョイスミレは側弁にも濃い紫条が入っています。
P5112508_convert_20170512064335.jpg

P5112509_convert_20170512064404.jpg

ニョイスミレの花弁が紫色したムラサキコマノツメ
IMG_3354_convert_20170512094548.jpg

P5112513_convert_20170512064437.jpg

P5112559_convert_20170512065710.jpg

シコクスミレ
P5112523_convert_20170512064734.jpg

IMG_3357_convert_20170512064002.jpg


☆フモトスミレに似ているスミレの特徴☆
フモトスミレ    側弁の毛は密生        葉の裏は紫色      葉の形は卵形
ヒメミヤマスミレ  側弁の毛は密生         葉の裏は淡緑色     葉の形は三角形に近い心形
トウカイスミレ   側弁は無毛かわずかにあり 葉の裏は淡緑色     葉の形は心形 

このスミレは、側弁に毛があり、葉の裏は紫色でしたのでフモトスミレだと思います。
P5112519_convert_20170512064627.jpg

側弁に毛が見えます。
P5112519_convert_20170512203511.jpg

P5112520_convert_20170512064702.jpg

このスミレは、側弁に毛があり、葉の裏は淡緑色でしたのでヒメミヤマスミレだと思います。このスミレはたくさん咲いていました。
P5112533_convert_20170512064923.jpg

側弁に毛が見えます。
P5112533_convert_20170512210609.jpg

P5112534_convert_20170512210642.jpg

コミヤマスミレだと思います。
P5112547_convert_20170512065219.jpg

ハコネシロカネソウ    箱根周辺にだけ生えるシロカネソウの仲間です。
P5112550_convert_20170512065343.jpg

エンレイソウ    花は終わっていました。
P5112554_convert_20170512065507.jpg

ホウチャクソウ
P5112517_convert_20170512064517.jpg

ミヤマハコベ
P5112539_convert_20170512064954.jpg

タニギキョウ
P5112540_convert_20170512065028.jpg

オトメアオイ
P5112546_convert_20170512065141_20170512220644d37.jpg

ツクバネソウ
P5112531_convert_20170512064809.jpg

コチャルメルソウの実
P5112549_convert_20170512065304.jpg

ウラシマソウ
P5112556_convert_20170512065633.jpg

ニリンソウ
P5112555_convert_20170512065550.jpg

ミミナグサ ?
P5112506_convert_20170512064254.jpg

屏風山の山頂標識
P5112541_convert_20170512065101.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。



























 









2017-05-12 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

箱根方面 【H28/10月】

三連休の前日は天気もまあまあで、時々日差しもありましたが山を歩くには暑すぎず良かったです。花友さんと3人で箱根方面で花散策をしてきました。お目当ての花はテイショウソウでした。

テイショウソウはキク科モミジハグマ属の植物です。初めてお目にかかる花でした。花をぱっと見るとオクモミジハグマかと思うようでしたが、葉はオクモミジハグマとは異なるし、花もたくさん付いていました。1個の頭花は3個の小花から成っているようです。

テイショウソウの自生地までにも色々な山の花に出会え、藪蚊もいなかったので、のんびりと花ハイクを楽しみました。


テイショウソウ    花だけを見るとオクモミジハグマかと思ってしまいます。
IMG_2498_convert_20161008104715.jpg

このテイショウソウは花をたくさん付けています。これくらい花があるとオクモミジハグマとは違うかなと感じます。
IMG_2499_convert_20161008104757.jpg

IMG_2502_convert_20161008104827.jpg

花をたくさん付けている株は草丈も高いです。
IMG_2503_convert_20161008104902.jpg

IMG_2504_convert_20161008104937.jpg

花をアップで見てみます。
PA070586_convert_20161008105837.jpg

PA070587_convert_20161008105912.jpg

PA070595_convert_20161008105948.jpg

葉を見るとオクモミジハグマの葉とは全然違います。古い葉には白班が入っていますが、若い葉には班が入っていません。
PA070596_convert_20161008110023.jpg

虫に食われて穴の開いた葉もありました。
PA070569_convert_20161008105751.jpg

ツルニンジン
PA070557_convert_20161008105716.jpg

ツルギキョウの実     ツルギキョウはたくさんありましたが、蕾のばかりで花は見ることができませんでした。
PA070544_convert_20161008105247.jpg

センブリ   花の咲いたセンブリは1株しか見つけられませんでした。蕾のもばかりでした。
PA070549_convert_20161008105452.jpg

花をアップで撮ってみました。
PA070551_convert_20161008105516.jpg

ゲンノショウコ
PA070554_convert_20161008105552.jpg

コシオガマ
PA070598_convert_20161008110122.jpg

リュウノギク    葉を撮らなかったのですが深く裂けて普通の菊の葉に似ていました。
PA070542_convert_20161008105148.jpg

シロヨメナ  葉の先が尖り、縁には鋸歯があります。花友さんからは葉の違いで見分けることを習いました。
PA070543_convert_20161008105223.jpg

トネアザミ  総苞片がそりかえっているのでトネアザミだと思います。
PA070541_convert_20161008105116.jpg

アシタカマツムシソウ
IMG_2508_convert_20161008105016.jpg

IMG_2510_convert_20161008105047.jpg

キバナアキギリ
PA070597_convert_20161008110058.jpg

オトメアオイ     箱根周辺のカンアオイはオトメアオイのようです。
PA070545_convert_20161008105340.jpg

センニンソウ    まだ咲いていました。
PA070547_convert_20161008105416.jpg

ヤマジノホトトギス    花が葉腋から咲いているのでヤマジノホトトギスと思います。
PA070556_convert_20161008105625.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。



























2016-10-08 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

箱根方面 【H28/8月】

3000M級の山は2013年に木曽御嶽山と南アルプス北岳に行って以来、すっかりご無沙汰していましたので、今週に入ったら行こうと予定していたのですが、天気が不安定で続けて3日くらい安定する天気がなかったので行く機会をなくしました。また、行く気力もなくなってきました。

しかし天気の良い日もあったので、箱根のトンボソウの自生地に行ってきました。ここの自生地は群生はしていませんが、登山道沿いに個体数はかなりあるところです。今年はどこも花が早いので咲いているだろうと思い訪れたのですが、咲いているのと咲いていないのと半々くらいでした。

トンボソウを愛でた後はロープウェーに乗って黒い温泉卵を買いに行こうと思っていたら、なんと4日はロープウェーは運休でした。しかたなく箱根湿生花園に行ってきました。仙石原湿原植生復元区はなかなかいい感じでした。

写真の縮小の不具合によりブログ掲載当初は写真が2枚だけでしたが、不具合が解消されましたので写真を追加して掲載しました。(8/6 PM2:06)


トンボソウ
IMG_2301_convert_20160805112814.jpg

IMG_2311_convert_20160805113015.jpg

IMG_2312_convert_20160806125612.jpg

花を付けたトンボソウ
IMG_2313_convert_20160806125638.jpg

まだ蕾のトンボソウ
IMG_2318_convert_20160806125704.jpg

IMG_2322_convert_20160806125731.jpg

ここからはトンボソウの花をマクロで撮影
P8043311_convert_20160806130410.jpg

P8043316_convert_20160806130510.jpg

P8043320_convert_20160806130537.jpg

P8043329_convert_20160806130602.jpg

タマアジサイ
IMG_2325_convert_20160806125805.jpg

イワタバコ
IMG_2304_convert_20160806125448.jpg

IMG_2305_convert_20160806125526.jpg

ウバユリ
IMG_2327_convert_20160806125838.jpg


箱根湿生花園
コオニユリ
IMG_2330_convert_20160806125916.jpg

ヨツバヒヨドリ ?
P8043339_convert_20160806130700.jpg

キキョウ
IMG_2332_convert_20160806125943.jpg

コバギボウシ
IMG_2334_convert_20160806130036.jpg

コウホネ
IMG_2335_convert_20160806130120.jpg

サワギキョウ
IMG_2337_convert_20160806130153.jpg

シシウド
IMG_2338_convert_20160806130227.jpg

クガイソウ
IMG_2339_convert_20160806130308.jpg

カワラナデシコ
IMG_2342_convert_20160806130337.jpg

クサレダマ
P8043340_convert_20160806130726.jpg

ヌマトラノオ
P8043342_convert_20160806130751.jpg

キツリフネ
P8043343_convert_20160806130821.jpg

フシグロセンノウ
P8043344_convert_20160806130847.jpg

ナツエビネ   自生のナツエビネを見てみたいです。もしかしたら今月中に見られるかも・・・・。
P8043346_convert_20160806130909.jpg

































2016-08-05 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

富士山五合目付近(吉田口) 【H28/7月】

富士山五合目付近を散策してきました。今回のお目当ての花はクルマユリでした。観察会の先生から佐藤小屋付近のクルマユリは花弁に斑点などの模様が入っていないとお聞きしていました。ちょうどクルマユリの見ごろと思い連休明けの天気のよい日に出かけてきました。

五合目行きのバスで御庭で下車し、お中道まで登り廃墟した御庭山荘のところから大沢崩れ方面の滑沢辺りまで行こうとしたらロープが張られ立ち入り禁止となっていました。ロープをくぐれば行けますがルールは守ることにして五合目方面に向かいました。昨年もこの道を歩いていますが花の開花が早いためか昨年より少ないように感じました。

にぎやかなスバルライン五合目からクルマユリを見に泉ヶ滝の先まで行きました。行く途中には高山植物のイワツメクサが咲いていました。お中道とは違った感じの植物が多いようでした。


クルマユリ     花弁に斑点模様がありませんでした。
IMG_2011_convert_20160720105931.jpg

このクルマユリも斑点模様はありません。全体的に斑点模様のない方が多いようでした。
IMG_2003_convert_20160720105708.jpg

こちらのクルマユリは斑点模様がありました。
IMG_2008_convert_20160720105843.jpg

ヤマオダマキ
IMG_2015_convert_20160720110054.jpg

キバナノヤマオダマキ
IMG_2018_convert_20160720110139.jpg

ヤマオダマキとキバナノヤマオダマキが同じところで一緒に咲いていました。
P7193190_convert_20160720110253.jpg

トモエシオガマ    まだ花は開ききっていませんでした。
IMG_2012_convert_20160720110016.jpg

ヤハズヒゴタイ   うすいピンクの綺麗な花でした。
IMG_1994_convert_20160720105226.jpg

イワツメクサ   花弁は10枚に見えますが5枚で2裂しています。5合目で高山植物が見れるとは思いませんでした。
IMG_1998_convert_20160720105457.jpg

ハクサンシャクナゲ   場所により色もやや異なっていました。
IMG_1951_convert_20160720103819.jpg

かなりピンクの色が濃い花でした。
IMG_1962_convert_20160720104146.jpg

白に近い色の花でした
IMG_1988_convert_20160720104935.jpg

ミヤマフタバラン    花弁の色が緑色と茶色とがあります。
IMG_1960_convert_20160720104033.jpg

IMG_1978_convert_20160720104638.jpg

IMG_1981_convert_20160720104715.jpg

IMG_1989_convert_20160720105018.jpg

富士山を見上げる
IMG_1959_convert_20160720103949.jpg

青空が出たりガスが出たりと天気は目まぐるしく変わりました。
IMG_1984_convert_20160720104755.jpg

フジハタザオ
IMG_1985_convert_20160720104850.jpg

イワオウギ
IMG_1966_convert_20160720104316.jpg

コケモモ
IMG_1977_convert_20160720104550.jpg

ミヤマオトコヨモギ
IMG_1964_convert_20160720104229.jpg

ベニバナイチヤクソウ   ほとんどが枯れていて咲いているのは僅かでした。
IMG_1967_convert_20160720104406.jpg

フジオトギリソウ
IMG_2005_convert_20160720105756.jpg

タカネバラ
IMG_1991_convert_20160720105104.jpg

アキノキリンソウ
IMG_1993_convert_20160720105148.jpg

メイゲツソウ
IMG_1953_convert_20160720103908.jpg

シャジン    花が開いていませんでした。
IMG_2001_convert_20160720105622.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。






















2016-07-20 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR