山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山系 【H29/10月】

晴天の一日でした。翌日からは当分雨や曇りの日が続くとの天気予報。花友さんたちと野の花、山の花の観察に行ってきました。花だけでなく木の実や草の実も色々とありました。

ツリフネソウの咲くところでは白花のツリフネソウを六つの目で探しましたが、見つけることはできませんでした。この数年、白花のナツリフネソウを愛でいる場所に今年も行く予定でしたが体調を崩し行けませんでした。したがって、今回見つけることがでなかったので、今年は白花のツリフネソウと対面することができませんでした。白花のツリフネソウは見つけられませんでしたが、薄いピンクのツリフネソウは見つけることができました。

セキヤノアキチョウジも花盛りでした。花を愛でているときに、「〇〇には白花のセキヤノアキチョウジがある」と花友さんたちに話しかけた後に、花友さんの一人「花探の天才」さんが、またもや才能を発揮し、白花のセキヤノアキチョウジを見つけました。

花や実を見ずに、さっさと歩けば2時間半くらいのコースでしたが倍以上の時間をかけて、のんびりと秋の花や実の観察ハイクを楽しんできました。


薄いピンクのツリフネソウ       写真は薄いピンクでも濃い順から並べています。
PA120889_convert_20171013111153.jpg

PA120896_convert_20171013111244.jpg

このツリフネソウの下の花弁は白に近いです。
PA120893_convert_20171013111217.jpg

このツリフネソウは開ききっていませんが赤い斑点もないようです。
PA120899_convert_20171013111306.jpg


«ホオズキ3兄弟» 勝手につけた名です。
長男・ヤマホオズキ  環境省の絶滅危惧種に指定されているそうです。
PA120823_convert_20171013110553.jpg

ガクに包まれた液果   花のあとガクが大きくなり球形の液果を包み込むようです。
PA120816_convert_20171013110407.jpg

色づいた液果   ガクがとれて液果だけが付いていました。
PA120818_convert_20171013110430.jpg

次男・イガホオズキ
イガホオズキも花のあとガクが大きくなり球形の液果を包み込む。まばらに棘状の突起があります。
PA120877_convert_20171013110949.jpg

三男・ハダカホオズキ
液果を覆うものが何もないことから名がついたようです。秋になると赤く色づきます。
PA120812_convert_20171013110307.jpg


«同じような赤い実»
マルバノホロシ
PA120822_convert_20171013110522.jpg

ヒヨドリジョウゴ
PA120824_convert_20171013110626.jpg

ヒヨドリジョウゴの特徴は毛深いです。葉をみても毛が見えます。
PA120826_convert_20171013110653.jpg


«同じ花でも紅白»   
白組・ゲンノショウコ   関東は一般的に白花が咲きます。種を飛ばした後は、神輿の形が見れます。
PA120787_convert_20171013105848.jpg

紅組・ゲンノショウコ    西日本は赤花が多いとか。
PA120792_convert_20171013105944.jpg

白組・ミゾソバ
PA120886_convert_20171013111102.jpg

紅組・ミゾソバ
PA120887_convert_20171013111125.jpg


«同じ花でも青白»
青組・セキヤノアキチョウジ
PA120797_convert_20171013110008.jpg

白組・セキヤノアキチョウジ
PA120811_convert_20171013110239.jpg


ビナンカズラ(サネカズラ)の実   少し色づいてきました。
PA120770_convert_20171013105634.jpg

ツチアケビの実     ウインナーソーセージのような形です。
PA120805_convert_20171013110153.jpg


«野の花»  初めて見る花で、花友さんに色々と教えてもらいました。
サクラタデ    薄いピンクの可愛い花です。
PA120774_convert_20171013105704.jpg

コナギ    紫色が綺麗でした。
PA120785_convert_20171013105822.jpg

イボクサ     花弁にはピンクも入っていて清楚な花でした。
PA120779_convert_20171013105734.jpg

ザクロソウ   花弁に光沢があり珍しい花だと思いました。
PA120791_convert_20171013105912.jpg

キカシグサ  (10/15訂正) キカクグサとしていましたが聞き間違いをしていました。
PA120784_convert_20171013105757.jpg


ツルニンジン   この花は随分と色白です。
PA120798_convert_20171013110034.jpg

キバナアキギリ
PA120906_convert_20171013111332.jpg

アケボノソウ
PA120829_convert_20171013110721.jpg

PA120852_convert_20171013110747.jpg

PA120867_convert_20171013110811.jpg

サラシナショウマ
PA120803_convert_20171013110130.jpg

サンショの実
PA120868_convert_20171013110838.jpg

ヤクシソウ
PA120820_convert_20171013110452.jpg

ヤブコウジ
PA120873_convert_20171013110903.jpg

ヤブコウジの実
PA120874_convert_20171013110924.jpg

コシオガマ
PA120880_convert_20171013111024.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。










  

























スポンサーサイト
2017-10-13 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 陣場山 【H29/10月】

体育の日も晴天となりました。体力のあった頃は連休となれば泊りがけの山に出かけていましたが、近年は花探しの山歩きとなったので低い山ばかりになりました。高尾山はすごい混雑が予想されるので陣場山に出かけました。

お目当ての花はセンブリです。ネットで見ると大きな株のセンブリが出ていましたので是非愛でてみたいなと思いました。それと時期が遅くなり花は見れないと思いましたが枯れ姿でもいいから見て見たいものがありました。

陣場山には、これまで陣馬高原下からか、相模湖駅から明王峠からでした。今回は藤野駅から和田までバスに乗り神奈川県側から登り、下りも陣馬登山口に下りました。秋とは思えない陽気の中、汗をかきながら山の花の愛で歩きをしました。


センブリ    千の花が咲いた?センブリ   見事な大株でした。
PA090731_convert_20171010152748.jpg

蕾は紫色です。
PA090732_convert_20171010152815.jpg

高尾の一丁平では大株は少ないのでは……。陣場山にはいっぱいありました。
PA090715_convert_20171010152424.jpg

PA090716_convert_20171010152449.jpg

PA090722_convert_20171010152610.jpg

PA090721_convert_20171010152545.jpg

イヌショウマ    花には柄がありません。  
PA090690_convert_20171010151840.jpg

サラシナショウマ    水にさらして食用にしたことから名がついたそうです。花には柄があります
PA090739_convert_20171010152921.jpg

コウヤボウキ    枝先に花をつけます。小さな花が10個ほど集まって咲いているそうです。
PA090693_convert_20171010151916.jpg

カシワバハグマ
PA090699_convert_20171010151957.jpg

オケラ
PA090712_convert_20171010152321.jpg

アキノキリンソウ
PA090702_convert_20171010152059.jpg

ヤクシソウ
PA090720_convert_20171010152518.jpg

メタカラコウ
PA090753_convert_20171010153240.jpg

キバナアキギリ    花は終わっていましたが、唯一この花が残っていました。
PA090707_convert_20171010152154.jpg

ノコンギク   紫色が濃かったです。
PA090759_convert_20171010153417.jpg

ユウガギク?   花の形はリュウノギクのように見えますが、葉の形はユウガギクのような気がします……?
PA090760_convert_20171010153459.jpg

シロヨメナ
PA090761_convert_20171010153531.jpg

総苞片がやや反り返っているのでノハラアザミかな?
PA090701_convert_20171010152032.jpg

総苞片が長くて反り返っているのでトネアザミ(タイアザミ)かな?
PA090709_convert_20171010152226.jpg

何アザミか同定できませんでした。
IMG_7891_convert_20171010210545.jpg

ヤマハッカ
PA090703_convert_20171010152127.jpg

ツリガネニンジン
PA090713_convert_20171010152352.jpg

ヤマトリカブト
PA090746_convert_20171010153101.jpg

ネジバナ
PA090733_convert_20171010152847.jpg

ボタンヅル
PA090769_convert_20171010153756.jpg

ゲンノショウコ   ピンクがやや濃いです。
PA090729_convert_20171010152719.jpg

ピンクを通り越して紅色のゲンノショウコ
PA090767_convert_20171010153601.jpg

タカオヒゴタイ
PA090754_convert_20171010153312.jpg

PA090757_convert_20171010153347.jpg

セイタカトウヒレン
PA090751_convert_20171010153207.jpg

オンガタヒゴタイ    ネットで見たら9月19日に咲いている写真がありました。
PA090740_convert_20171010152952.jpg

PA090741_convert_20171010153022.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。

































2017-10-10 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/9月】

先週に引き続き、今週も高尾山に行ってきました。今回は最近歩いていないコースを久々に歩こうとしましたので、お目当ての花はありませんでした。

歩いていないコースを歩いてみると花が少なかったです。やはり意識的にこのようなコースを避けていたのかなと思いました。花が少ないコースにもツルギキョウが咲いていました。この数年、高尾山一帯にツルギキョウが出て花を咲かせています。誰かが種を蒔いているのかなと疑ってしまいます。

高尾山に行っても山頂を踏むことは滅多にありません。山頂下のトイレのところまでは行きますが、山頂を巻いてしまいます。花探訪が目的なので山頂に行っても人混みだけなので敬遠しています。今回は電車の中から富士山が見えたので、久々に山頂に行き富士山を眺めようとしました。やはり秋になってきたなと感じました。昼前でも富士山が見えました。しかし、山頂は小学生の遠足の方々で満員でした。

秋を感じたのは富士山だけではなく、ツルリンドウも咲き終わったところに赤い実がありました。これからリンドウやセンブリの花が咲くと高尾にも本格的な秋が訪れるのだと思います。


ツルギキョウ
IMG_3828_convert_20170922053410.jpg

P9210562_convert_20170922053507.jpg

P9210558_convert_20170922053441.jpg

オクモミジハグマ
P9210566_convert_20170922053539.jpg

シモバシラ
P9210567_convert_20170922053614.jpg

キバナアキギリ
P9210571_convert_20170922053729.jpg

イヌショウマ
P9210568_convert_20170922064237.jpg

アキノキリンソウ
P9210575_convert_20170922053912.jpg

ツルリンドウの実     これからもっと色づいてきます。
P9210574_convert_20170922053840.jpg

ビナンカズラの実     秋から冬にかけて赤く色づきます。
P9210576_convert_20170922053953.jpg

高尾山の山頂からの富士山
P9210572_convert_20170922053801.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。






2017-09-22 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/9月】

週の中日は30度を超す残暑でしたが高尾山に行ってきました。汗はいっぱいかきましたが蒸し暑さはそれほど感じませんでした。今回は高尾山の本山だけでしたので朝ドラのひよっこを見てから出かけました。平日でも中高年など多くのハイカーで賑わっていました。

今回のお目当ての花はツル3兄弟でした。ツル3兄弟とは、ツルニンジン、ツルギキョウ、ツルリンドウです。自分で勝手に呼んでいるだけですが。毎年愛でている花ですが、この時期になると会いたくなってくる花たちです。

ツルニンジンは登る途中で会うことができましたので、毎年見ていた場所には今回行きませんでした。今年はバアソブを2回愛でているのでツルニンジンはバアソブよりちょつと大きいかなと感じました。

ツルギキョウはかつては高尾山の幻の花とも言われた花のようですが、近年はいたるところにあります。ツルギキョウ通りと呼ばれるコースを歩きましたが、今年は生育が遅れていました。例年、この時期には花をたくさん付けている大きな株は蕾もありませんでした。ツルギキョウ通りの株を一株ごとじっくり見ていきました。ようやく蕾のある株がありましたので花がないか葉の下を覗いたたら一輪だけ咲いていました。ここで写真を撮っていましたら、ご夫婦らしき二人連れの方が来て、〇〇コースの分岐の近くに大きなツルギキョウの株があり、たくさん花を付けていたと写真を見せてくれました。〇〇コースのツルギキョウは私の花メモ帳には載っていないところでした。

ツルリンドウは予定の場所と登山道脇で木などに絡みつき花を咲かせているのを幾つか見つけました。お目当てのツル3兄弟を愛でることができ満足して下山しました。なお、6号路は落石防止の工事のため通行止めになっていました。


ツルニンジン(ジイソブ)
IMG_3806_convert_20170914210820.jpg

IMG_3808_convert_20170914210941.jpg

IMG_3807_convert_20170914210903.jpg

ツルギキョウ
P9130540_convert_20170914211912.jpg

P9130541_convert_20170914211942.jpg

ツルリンドウ
IMG_3814_convert_20170914211050.jpg

IMG_3816_convert_20170914211128.jpg

P9130545_convert_20170914212014.jpg

ノササゲ
IMG_3809_convert_20170914211018.jpg

オオカモメヅルの実(袋果)   
IMG_3819_convert_20170914211217.jpg

ゲンノショウコ
P9130527_convert_20170914211628.jpg

ミツバフウロ
IMG_3825_convert_20170914211433.jpg

ヤブミョウガ    実がついてきました。
P9130526_convert_20170914211555.jpg

ヤマホトトギス
P9130531_convert_20170914211705.jpg

カシワバハグマ
P9130532_convert_20170914211841.jpg

ミズタマソウ
P9130519_convert_20170914211517.jpg

シモバシラ
IMG_3820_convert_20170914211250.jpg

イヌショウマ
P9130553_convert_20170914212034.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
















2017-09-14 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 小仏城山 【H29/8月】

ようやく天気も安定し夏らしくなり雨も雷も大丈夫そうなので高尾山から小仏城山まで歩き小仏峠に下りました。しかし暑かったです。今回は保冷剤を5個保冷袋に入れ、保冷剤を手ぬぐいで包んで首に巻き、保冷剤が溶けてきたら替えてと暑さ対策をしてきましたが小仏城山に着く頃にはバテバテでした。

小仏城山に着いたとき売店が営業していたのでホットしました。冷たい缶ビールを買い一気に飲みました。美味かった。昼食後はかき氷。一昨年、かき氷の大盛りを注文したら驚くほどの山盛りでビックリしました。食べるのも大変だったので、今回は普通盛りにしました。

今回のお目当てはミヤマウズラとツルギキョウでした。高尾山のミヤマウズラは咲き終わっていました。一昨年は8月28日でも上のほうの花は咲いていました。昨年は少し早めの8月19日で、あとから咲いた株は見頃でした。今年は全般に花の開花が遅れているので花が見られると思っていましたが空振りとなりました。ツルギキョウも毎年8月中に咲きだす株がありますが、今年は蕾も着いていませんでした。

次に高尾山系のミヤマウズラの群生地に向かいましたが、昨年は久々に行ったにもかかわらず迷わずに辿り着いたのですが、今回は近くまで行きながら場所が特定できませんでした。

高尾は、まだ暑い夏ですが、秋の花が咲きだしてきました。ツルリンドウやヤマホトトギスなども咲きだしました。次は、ツルギキョウやツルニンジンが咲く頃に行ってこようと思いました。


ツルリンドウ   花の色が淡紫色より薄い感じです。
P8240377_convert_20170825104333.jpg

P8240382_convert_20170825104406.jpg

ヤマホトトギス   花被片が反り返るのが特徴です。
P8240350_convert_20170825103803.jpg

ナンテンハギ
P8240388_convert_20170825104520.jpg

フジカンゾウ
P8240370_convert_20170825104234.jpg

タマアジサイ
P8240352_convert_20170825103832.jpg

センニンソウ     花はボタンヅルと似ていますが、違いは葉の形にあります。
P8240390_convert_20170825104553.jpg

ボタンヅル    ボタンヅルの葉は切れ込みがありますが、センニンソウの葉は切れ込みがありません。
P8240404_convert_20170825104930.jpg

ミミガタテンナンショウの実
P8240391_convert_20170825104625.jpg

ヤマシャクヤクの実
P8240395_convert_20170825104803.jpg

シモバシラ
P8240383_convert_20170825104442.jpg

マツカゼソウ
P8240361_convert_20170825104030.jpg

シュウカイドウ
P8240400_convert_20170825104900.jpg

ゲンノショウコ
P8240397_convert_20170825104831.jpg

クサギ
P8240362_convert_20170825104102.jpg

ワレモコウ
P8240374_convert_20170825104304.jpg

ツリフネソウ
P8240393_convert_20170825104656.jpg

ガンクビソウ
P8240368_convert_20170825104201.jpg

コバギボウシ
P8240408_convert_20170825104959.jpg

ノササゲ    晩秋には紫色のきれいな実をつけます。
P8240364_convert_20170825104132.jpg

オオカモメヅル    花と実(正式には「袋果」というそうです。) 花は5mm位ですが、実は7~8cm位あります。
P8240353_convert_20170825103903.jpg

花をアップで撮ってみました。小さな花が大きな実をつけるのには驚きです。
P8240355_convert_20170825103932.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。






















2017-08-25 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR