山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山 【H29/6月】

前回、高尾山に行ってから2週間ほどたちましたので、そろそろクモキリソウ、ウメガサソウ、イチヤクソウが見頃かなと思いましたので高尾山に行ってきました。梅雨の晴れ間が続きましたが、いよいよ翌日から梅雨空になる天気予報でしたので高尾山も混んでいました。

クモキリソウは3ヵ所で観察しました。花は咲いていましたが、2か所では少し早いかなと思いました。まだ上まで咲いていませんでした。ウメガサソウとイチヤクソウは最盛期をやや過ぎた感じでした。ついでにムヨウランも観察してみましたが、場所によってはもう花の姿もありませんでしたが、かろうじて花が残っているところもありました。

いよいよ梅雨空が続きそうですが、これから高尾山では色々な腐生ランや黒、白のランなどの花が咲き、また、イワタバコの花も咲くようになりますので楽しみです。


クモキリソウ    このクモキリソウは多くの登山者の方が写真を撮っていました。
IMG_3530_convert_20170621054600.jpg

このクモキリソウは人知れず、ほかの草の陰に隠れてそっと咲いています。少し早かったようです。
IMG_3533_convert_20170621054725.jpg

IMG_3532_convert_20170621054651.jpg

これと、この後のクモキリソウは近づけないところに咲いています。望遠で撮りました。このクモキリソウが一番よく咲いています。
IMG_3540_convert_20170621054914.jpg

IMG_3541_convert_20170621054939.jpg

ウメガサソウ   ウメガサソウは草と思っている方が多いですが、黒木昭三氏の『高尾山花手帖』によれば、常緑の小低木です。
P6203088_convert_20170621055401.jpg

P6203086_convert_20170621055331.jpg

【参考】
高尾山花手帖  けやき出版
季節ごとに咲く花が掲載されています。写真も大きく、説明も分かり易く、高尾山の花を観察するときに大変便利な本です。
P6213105_convert_20170621070121.jpg

イチヤクソウ
P6203082_convert_20170621055253.jpg

雌しべの先端が曲がっているのが特徴だそうです。 (黒木昭三氏の『高尾山花手帖』より)
P6203075_convert_20170621055015.jpg

ヤブムラサキ    葉や茎など全体に毛深いです。
P6203080_convert_20170621055133.jpg

ナンテンハギ   小葉がナンテンに、花がハギに似ていることが名前の由来だそうです。(黒木昭三氏の『高尾山花手帖』より)
P6203097_convert_20170621055626.jpg

ヤマボウシ
P6203089_convert_20170621055426.jpg

ギンリョウソウ   ようやく土の中から頭を出してきました。
P6203081_convert_20170621055206.jpg

ナルコユリ
IMG_3534_convert_20170621054803.jpg

イガホオズキ   萼にとげ状の毛が生え、花後大きくなり果実を包みこむ。外面はとげ錠の突起があります。
P6203094_convert_20170621055511.jpg

こんなところにと思うようなところに、これがありました。
P6203078_convert_20170621055056.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。








スポンサーサイト
2017-06-21 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/6月】

高尾山関係のブログを見ていましたら、ムヨウランやヒトツボクロの花が掲載されていました。あれ、もう咲いたのかと思いました。花が咲いたのならムヨウランやヒトツボクロを愛でに行かなくてはと高尾山とその周辺を歩いてきました。

ケーブルカーが運休していたせいか、高尾山もいくらか空いている感じでした。ムヨウランは咲いてましたが、まだ五分咲きという感じでした。ブログに掲載されている写真は咲いている部分を撮っているので、その写真を見て、もうみな咲いていると思って現地にいくと、あれ~まだこれしか咲いていないのか~となってしまいます。

ヒトツボクロも満開になるのは週末くらいになるのではないでしょうか。なにしろ小さな花です。マクロのレンズを持っていったのに三脚を持っていくのを忘れてしまいましたので、コンデジのTGで撮りました。

サイハイランが見ごろになってきました。エビネほど人気がありませんが、よく見ると綺麗な花だと思います。また、今回、ある方に教えていただいた花を愛でてきました。その花の自生地に着き、その花を見たとき「ハッとして!Good」でした。


ムヨウラン
IMG_3461_convert_20170607101030.jpg

IMG_3463_convert_20170607113007.jpg

P6062905_convert_20170607103427.jpg

P6062840_convert_20170607101209.jpg

P6062847_convert_20170607101240.jpg

ヒトツボクロ    萼片と側花弁は細いのが分かります。
P6062880_convert_20170607102931.jpg

写真を撮る位置からは花の後ろしか撮れませんでした。距は意外と長いです。
P6062876_convert_20170607102902.jpg

P6062890_convert_20170607103208.jpg

P6062870_convert_20170607102801.jpg

サイハイラン
IMG_3459_convert_20170607100943.jpg

P6062852_convert_20170607102420.jpg

このサイハイランは萼片、側花弁も赤系の色が強く出ています。見事な花だと思います。
P6062898_convert_20170607103317.jpg

トチバニンジン    まだ蕾です。
P6062851_convert_20170607102345.jpg

ナルコユリ
P6062893_convert_20170607103245.jpg

フイリイナモリソウ    「ハッとして!Good」と思った花でした。
IMG_3468_convert_20170607101142.jpg

P6062854_convert_20170607102508.jpg

P6062855_convert_20170607102536.jpg

P6062856_convert_20170607102559.jpg

P6062858_convert_20170607102702.jpg

P6062860_convert_20170607103544.jpg

イナモリソウ
P6062857_convert_20170607102632.jpg

P6062904_convert_20170607103345.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。





















2017-06-07 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 【H29/5月】

前々回の「高尾山」で「次に高尾の花を愛でるのはベニバナヤマシャクヤクかな・・・?」と書きました。そして訪れるのは開花が予想される30日と決めていました。この予想日はヤマシャクヤクの昨年と、今年の開花時期から割り出していました。

当ブログの読者の方から27日にベニバナヤマシャクヤクを見に行ったときの蕾の写真が送信されてきました。非常にありがたい情報でした。写真を見て30日に開花は間違いないと確信しました。

そして30日。まず第1自生地に時間をずらして行きました。大勢の方々が見終わった頃に着きましたが、まだ3人いました。行く途中に仲間の方を連れた旧知のA氏とすれ違いました。ここのベニバナヤマシャクヤクの花は30日が限度で31日には花弁を落とすと思いました。

昼食場所に移動したら隣のベンチに旧知のB氏がいました。食事をしながら花談義をし、その後、B氏と第2自生地へ向かいました。ここは30日に開花した1輪と蕾が2つありました。最初は人もいなくのんびり写真を撮っていましたが、やはり次から次へと人がやってきました。

別のコースを歩くというB氏と別れ、第3自生地に向かったら旧知のC氏とばったり。短時間の立ち話の後、目的地へ。ここのベニバナヤマシャクヤクの花が一番きれいでした。ここで旧知のD氏とばったりご対面。D氏と一緒に戻ると、先ほどお会いしたC氏が日蔭で休憩中。C氏、D氏と長時間の花談義が始まりました。その後はC氏に同行して下山しました。

同じ日に3ヵ所で開花したベニバナヤマシャクヤクを見られることは珍しいことです。例年は開花時期がずれていました。また、旧知の方々4人と山の中でお会いできたことも驚きでした。


ベニバナヤマシャクヤク
IMG_3403_convert_20170531105244.jpg

IMG_3408_convert_20170531105340.jpg

P5302735_convert_20170531105709.jpg

P5302737_convert_20170531105740.jpg

IMG_3407_convert_20170531125004.jpg

IMG_3413_convert_20170531124938.jpg

IMG_3417_convert_20170531124818.jpg

P5302743_convert_20170531105859.jpg

IMG_3421_convert_20170531130603.jpg

IMG_3432_convert_20170531105543.jpg

ツリバナ
P5302754_convert_20170531105933.jpg

ツレサギソウ
IMG_3435_convert_20170531132051.jpg

IMG_3436_convert_20170531132115.jpg

P5302760_convert_20170531132137.jpg

エビネ   エビネも終盤でした。
P5302742_convert_20170531105832.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。











2017-05-31 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/5月】

先日の高尾山に行ったとき、予定していたコースを変更したため愛でることのできなかった花がありました。その花はヨウラクラン、サイハイラン、イナモリソウでしたので、その花を目当てに、ちょっこら高尾山に行ってきました。

先日、ムヨウランの自生地に2か所訪れましたが、今回、あと1か所に行きましたが花が咲くにはまだまだという感じでした。サイハイランは咲いていましたが、まだ花盛りにはなっていませんでした。例年に比べやや遅れている感じでした。


ヨウラクラン    樹上に着生するランで小さな花を穂状にたくさんつけています。穂状がたくさん垂れ下がっています。
P5282699_convert_20170528211458.jpg

巨木にも着生しています。
IMG_7312_convert_20170528211128.jpg

花は小さいです。ランの花で一番小さいのかも・・・?   
P5282704_convert_20170528211522.jpg

P5282713_convert_20170528211548.jpg

サイハイラン     まだ盛りになっていせんでした。
P5282719_convert_20170528211736.jpg

P5282719_convert_20170528221709.jpg

P5282718_convert_20170528211711.jpg

イナモリソウ  花弁はホシザキイナモリソウより太いです。
P5282726_convert_20170528211912.jpg

P5282723_convert_20170528211843.jpg

セッコク    1号路のセッコクです。
IMG_7316_convert_20170528211224.jpg

IMG_7317_convert_20170528211258.jpg

スイカズラ
P5282696_convert_20170528211329.jpg

花は白から黄色に変わります。
P5282697_convert_20170528211428.jpg

コアジサイ
P5282721_convert_20170528221335.jpg

ユキノシタ
P5282727_convert_20170528211940.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。











2017-05-29 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H29/5月】

前回、高尾山系を歩いてから17日たちましたのでエビネも咲いているかなと高尾山とその周辺を歩いてきました。今年は花の咲くのが遅いので、まだ咲いていないと思っていたセッコクが咲いていました。

また、昨年、登山道脇に咲き、誰でもが見ることができ一躍有名となりましたツレサギソウも咲いていました。セッコクもツレサギソウも咲いていたので、もしかしたらヒトツボクロやムヨウランなどのラン科の花も咲いているかなと期待しましたが、まだ花茎が出たばかりでした。花を咲かすには6月に入ってからかなと思いました。

お目当てのエビネですが、咲き終わったのもありましたが、ミドリやピンクの花を咲かせるエビネはなんとか見ることができました。次に高尾の花を愛でるのはベニバナヤマシャクヤクかな・・・・・。


セッコク
IMG_3383_convert_20170524171751.jpg

IMG_3387_convert_20170524171817.jpg

IMG_3390_convert_20170524171843.jpg

ツレサギソウ
IMG_3397_convert_20170524172014.jpg

P5242663_convert_20170524172226.jpg

キンラン    開花が遅れたためかキンランが花盛りでした。
P5242694_convert_20170524172646.jpg

エビネ   
一般的にミドリエビネと呼んでいますが、萼片と側花弁が緑色で唇弁が白色の品種はヤブエビネが正式名のようです。
参考文献 『日本のラン ハンドブック』(文一総合出版)
P5242686_convert_20170524172517.jpg

P5242684_convert_20170524172448.jpg

P5242688_convert_20170524172545.jpg

こちらのエビネは萼片と側花弁は褐色に緑色が混ざり唇弁は薄いピンク色です。
P5242673_convert_20170524172354.jpg

P5242674_convert_20170524172422.jpg

こちらのエビネは萼片と側花弁は褐色に緑色が混ざり唇弁は白色です。
P5242693_convert_20170524172616.jpg

ホシザキイナモリソウ    牧野富太郎博士が高尾山で最初に発見した花だそうです。
P5242654_convert_20170524172048.jpg

P5242658_convert_20170524172113.jpg

ハンショウヅル    まだ蕾で開花までには数日かかるのでは。
IMG_3391_convert_20170524171914_20170525071512a09.jpg

アヤメ
P5242670_convert_20170524172326.jpg

オカタツナミソウ
IMG_3394_convert_20170524171942.jpg

トウゴクシソバタツナミソウ
IMG_3402_convert_20170525104012.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。



















2017-05-25 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR