山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

神奈川平塚方面 松岩寺~霧降の滝~鷹取山 【H29/2月】

平塚方面の里山を歩いてきました。平塚駅北口からバスに乗り、終点の松岩寺から霧降の滝に向かって歩きだしました。湘南は風もなくぽかぽか陽気でした。道端にはホトケノザやオオイヌノフグリが花盛りでした。タンポポも咲いていました。

ヒメウズもたくさんありましたが、まだ咲いていませんでした。蕾のものは多くありました。霧降の滝までは広い道でした。この滝の付近にセリバオウレンが自生しているとネットで見たのですが、見つけることができませんでしたので空振りに終わりました。霧降の滝も今は水量が少なくちょろちょろと流れている感じでした。

霧降の滝から鷹取山へ向かいました。このハイキングコースは静かで素晴らしいと思いました。スミレの葉もたくさんありましたので春には綺麗に咲くのではないでしょうか。コバノタツナミは咲き終わっていました。シュンランは花芽もつけて春への準備ができていました。素晴らしいハイキングコースもゴルフ場のところまででした。ここからは車も通れるような道が鷹取山の山頂まで続いています。鷹取山から下山してバスで二宮駅に出ました。のんびり歩ける里山ハイキングでした。


里山   梅林の奥には丹沢の大山が見えます。
P2211322_convert_20170221210827.jpg

里山   菜の花が咲いていました。右にはやはり大山が見えます。
P2211324_convert_20170221210849.jpg

ヒメウズ   まだ蕾でした。一生懸命に咲いているのはないか探しましたがありませんでした。
P2211325_convert_20170221210910.jpg

タンポポが咲いていました。萼片を見ましたらニホンタンポポでした。
P2211327_convert_20170221210929.jpg

富士山が見えました。
P2211328_convert_20170221210949.jpg

トウダイグサ
P2211329_convert_20170221211011.jpg

アップで撮ってみました。
P2211330_convert_20170221211031.jpg

霧降の滝からのハイキングコースです。すごくいいところでした。
P2211334_convert_20170221211057.jpg

シュンラン   この株には花芽が4つもついています。
P2211335_convert_20170221211131.jpg

コウヤボウキの綿毛   コウヤボウキは結構ありましたので色付き綿毛を探しました。今回はこれが一番でした。
P2211337_convert_20170221211156.jpg

ハダカホオズキの実 ?
P2211338_convert_20170221211217.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。













スポンサーサイト
2017-02-21 : 神奈川の里山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川の里山 【H28/12月】

神奈川の里山にクロムヨウランを探しに行きました。この里山にはクロムヨウランが自生していると噂話を耳にしたもので出かけましたが、みごと空振りとなりました。しかし、代わりにコクランの群生地を見つけることができました。

クリスマスイブの土曜日は天気もよく里山も気分よく歩けました。トキリマメの実やコウヤボウキのピンクの綿毛などを観察しながらクロムヨウランが自生しているような場所がないかと探しましたが午前中には見つかりませんでした。昼食を摂り、午後に期待をして自生しているような場所を探しました。なんとなくクロムヨウランが自生しているような場所をようやく見つけ、その場所でクロムヨウランの殻があるか探し廻りましたが残念ながら見つかりませんでした。

その場所の端まで行ったときにコクランの葉がありました。周辺を見ると、なんと、ここにも、そこにもと立って見える範囲に20数株もありました。コクランがこんなにある群生地には驚きでした。花の咲く時期には是非来なければと思いました。今年のコクランの観察は茨城まで出かけましたが、訪れるのがやや遅く、咲いていたのはわずか一株でしたので、来年はこれだけの株数があれば観察に来ても外れはないだろうと思いました。来年が楽しみです。


コクランの葉
PC241168_convert_20161225045318.jpg

PC241171_convert_20161225045351.jpg

この株には花茎の殻が付いてました。
PC241175_convert_20161225054121.jpg

マンリョウの実
IMG_2653_convert_20161225044826.jpg

ヤブランの実
PC241148_convert_20161225044930.jpg

里山の尾根道
PC241157_convert_20161225045034.jpg

シュンラン   花芽が出ていました。
PC241151_convert_20161225045002.jpg

ウバユリの花殻
PC241158_convert_20161225045104.jpg

コウヤボウキの綿毛   ピンク色した綿毛がありました。
PC241161_convert_20161225045136.jpg

トキリマメの実
PC241163_convert_20161225045215.jpg

PC241165_convert_20161225045250.jpg

里山には春がきたように南に面した斜面には小さな花が咲いていました。
ヒメオドリコソウ
PC241176_convert_20161225045420.jpg

オオイヌノフグリ
PC241178_convert_20161225045444.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。








2016-12-25 : 神奈川の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川方面 【H28/10月】

晴天の日曜日に神奈川方面の緑地に行ってきました。お目当ての花はイヌセンブリでした。昨年は行くのが遅く残念ながら咲き終わってっいて空振りに終わりました。

今年こそイヌセンブリを愛でたいと思っていたところ、木曜日に花友さんからもう咲き始めたとの情報をいただきましたので出かけてきました。鳳来寺山でセンブリ、山梨方面の山でムラサキセンブリ、そして神奈川方面でイヌセンブリと、このところセンブリづくしの花巡りとなっています。

イヌセンブリの花は白ですが、ほんの僅かに淡紫色の筋があり、蜜腺の周りには長い毛があります。この毛がセンブリやムラサキセンブリとは違って見えました。


イヌセンブリ
IMG_2527_convert_20161017101803.jpg

IMG_2528_convert_20161017101834.jpg

IMG_2533_convert_20161017102000.jpg

IMG_2537_convert_20161017102027.jpg

IMG_2539_convert_20161017102053.jpg

PA160703_convert_20161017102249.jpg

PA160689_convert_20161017102120.jpg

PA160691_convert_20161017102147.jpg

PA160697_convert_20161017102219.jpg

IMG_2529_convert_20161017101904.jpg

IMG_2530_convert_20161017101932.jpg

ゲンノショウコ
PA160718_convert_20161017102512.jpg

タイアザミ
PA160714_convert_20161017102320.jpg

ツリフネソウ
PA160719_convert_20161017102545.jpg

ベニバナボロギク
PA160715_convert_20161017102356.jpg

ガマズミの実
PA160720_convert_20161017102605.jpg

トキリマメの実
PA160721_convert_20161017102630.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。
















2016-10-17 : 神奈川の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川方面 【H28/3月】

神奈川方面の里山、2か所に行ってきました。1か所目の里山でのお目当ての花はツクシスミレでした。神奈川にお住いの花友さんから情報をいただきましたので訪れました。しかし場所にはたどり着いたのですが自生地が分からず電話で教えていただき、花友さんには大変なお手数をおかけしてしまいました。

ツクシスミレを漢字で書くと筑紫菫となります。筑紫は九州の地名なので九州と沖縄が自生地のようです。このスミレは一説には帰化植物ではないかとも言われています。花は小さく1センチほどでした。唇弁がほかの弁より小さく、細かい紫色のすじが入っていました。葉の形が卵形というかさじ形というか、ほかのスミレとは異なる特徴となっています。

2か所目の里山でのお目当てはスハマソウでした。昨年秋頃にネットで検索したときにあるブログに里山に咲いていたと出ていたのをメモしておきました。その後そのブログは削除されたのか検索しても出てきません。古いブログでしたので多分いまは自生していないだろうと思いながらも、もしかしたらを多少期待しながら登山道の両脇をじっくり探しながら歩きましたが残念ながら空振りでした。でもノシランの実とかヤマネコノメソウなどを愛でることができました。


ツクシスミレ  唇弁が小さいです。
IMG_0774_convert_20160304202544.jpg

葉が卵形です。
IMG_0778_convert_20160304202624.jpg

唇弁には細かい紫色のすじが入っています。
P3040915_convert_20160304202717.jpg

P3040920_convert_20160304202747.jpg

P3040921_convert_20160304202811.jpg

距は短くてほとんど目立ちません。
P3040930_convert_20160304202831.jpg

P3040932_convert_20160304202906.jpg

花の中心部はやや黄色を帯びています。
P3040937_convert_20160304203031.jpg

P3040939_convert_20160304203116.jpg

ヒメウズ  ツクシスミレを探しているときに沢山咲いていました。
P3040914_convert_20160304202652.jpg

ノシランの実  ユリ科の植物です。2か所目の里山に沢山ありました。大型のヤブランというような感じでした。コバルトブルーの綺麗な色をしています。
P3040945_convert_20160304203144.jpg

ヤマネコノメソウ
P3040947_convert_20160304203238.jpg

ヤマネコノメソウの実    種が見えます。
P3040946_convert_20160304203213.jpg

フラサバソウ   最初見たときにタチイヌフグリと思いましたが、写真を見ると毛深いのでフラサバソウと判断しました。
P3040948_convert_20160304203307.jpg

キュウリグサ   葉の匂いがキュウリの匂いと同じだそうです。すごく小さな花です。
P3040950_convert_20160304203337.jpg

ヤブツバキ
P3040953_convert_20160304203415.jpg

最後まで見ていただきありがとうございました。



















2016-03-05 : 神奈川の里山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川葉山 仙元山 【H28/2月】

2月の最初の土曜日は葉山の仙元山に行ってきました。お目当ての花はヒメウズでした。今年はどこでも花が早く咲いていますので暖冬な三浦半島方面ならヒメウズも咲いていると思い出かけてきました。

狙いどおり、登山道の脇にはヒメウズが咲いていました。可愛い小さな花ですが花を見ると春を感じます。ヒメウズの多くが登山道と反対側に向いて咲いていましたので写真を撮るには結構大変でした。

ヒメウズ以外にもスミレが咲いていて楽しいハイキングコースでした。このコースのあちらこちらに「ハチに注意」との掲示がありましたのでスズメバチのシーズンには行かないほうがいいかと思います。


ヒメウズ   キンポウゲ科の小さな花です。
IMG_1251_convert_20160206172923.jpg

花弁にみえるのが萼片です。
P2060772_convert_20160206173230.jpg

萼片の中に黄色く見えるのが花弁です。
P2060775_convert_20160206173255.jpg

P2060798_convert_20160206173754.jpg

P2060801_convert_20160206173825.jpg

P2060803_convert_20160206173850.jpg

登山口の案内板
P2060760_convert_20160206172955.jpg

登山道
P2060761_convert_20160206173041.jpg

仙元山の山頂標識
P2060766_convert_20160206173137.jpg

仙元山の山頂から江の島を望む
P2060765_convert_20160206173110.jpg

山頂の草むらに咲いていたスイセン
P2060767_convert_20160206173203.jpg

アオキの実  高尾山に比べ実は真っ赤でした。
P2060792_convert_20160206173634.jpg

このコースの最大の難所、心臓破りの急な階段が続きます。写真だとなだらかですが急でした。階段の途中から撮ってます。
P2060781_convert_20160206173405.jpg

急な階段にスミレが咲いていました。側弁は無毛でした。葉の形からコスミレかと思いましたが?です。
P2060779_convert_20160206173334.jpg

少し階段を上がったら階段脇にも咲いていました。
P2060783_convert_20160206173431.jpg

P2060786_convert_20160206173501.jpg

やや白い花弁でした。
P2060788_convert_20160206173529.jpg

距を見ました。
P2060791_convert_20160206173600.jpg

キランソウ   日当たりの良いところに咲いていました。
P2060795_convert_20160206173700.jpg

タチツボスミレ
P2060796_convert_20160206173728.jpg

ヤブツバキ
P2060804_convert_20160206173919.jpg

最後まで見ていただきありがとうございました。





















2016-02-07 : 神奈川の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR