FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

盛夏 入笠山の花々 【2020/8月】 

入笠山に初めて登ったのは冬山でした。学友と積雪が腰まである中を歩き、今は廃業となってありませんが鈴蘭小屋に泊まり、入笠湿原がスキー場だったので貸しスキーで遊びました。それから長いこと訪れませんでしたが、ある時期の夏前に体調を崩し医者通いが続き泊りがけの登山はできない年がありました。山の花が見たいと簡単に行けるところがないかと探したら入笠山がありました。

当時、入笠山には夏の期間だけ登山バスが出ていました。バスに乗って行きお花畑で花を愛で楽しみました。ゴンドラができてから登山バスは廃止になりました。その頃は日本鹿もいないので防鹿ネットなどありませんでした。入笠湿原にはキャンプ場もありました。今の光景とは大きく異なっています。

そして現在の入笠山の花々は防鹿ネットに囲まれた湿原や花畑で咲いています。全国各地の山で日本鹿による食害で花々が消えています。防鹿ネットで囲まれた中では消えた花も復活しているところもあるようです。日本鹿を減らさない限り防鹿ネットで植物を守っていくしかありません。

入笠山はスズランの群生地として有名ですが、盛夏に咲くヤナギラン、コバギホウシ、コオニユリ、シモツケ、サワギキョウなど色とりどりの花に出会えました。若い時と違い足が弱ってきた者にとって楽にお花が愛でられる山があるのは嬉しいことです。

盛夏 入笠山に咲く花々は、入笠湿原と入笠花畑で撮りました。花の写真は前回のブログ続きになります。


ヤナギラン    かつては雲取山、大菩薩などにヤナギランのお花畑がありましたが鹿に食われ絶滅してしまいました。
DSC00100_convert_20200807140546.jpg

入笠山のヤナギランは防鹿ネットの中なので、いつまでも咲き誇ってほしいです。
P8067548_convert_20200807144048.jpg

コバギボウシ     紫色の花が夏の太陽を浴びて元気に咲いています。
DSC00149_convert_20200807142405.jpg

P8067549_convert_20200807144125.jpg

コバギボウシ(白花)
DSC00167_convert_20200807142905.jpg

サワギキョウ    青紫色の派手な色の花です。
DSC00096_convert_20200807140435_20200808171653e4d.jpg

DSC00122_convert_20200807141647.jpg

エゾカワラナデシコ      優しいピンクの花です。
DSC00129_convert_20200807141940.jpg

アカバナ    名は葉が紅葉して赤くなることに由来しているそうです。ここには葉の細いものと二種類あるそうです。
DSC00125_convert_20200807141841.jpg

シモツケ     夏の太陽と同じ赤く燃えて咲いています。
DSC00145_convert_20200807142216.jpg

オミナエシ        秋の七草の一つです。この花を見ると秋が近づいてきたのかなと感じます。
DSC00169_convert_20200807142958.jpg

オトコエシ     オミナエシに姿、形は似ていますが花は白色。     
DSC00189_convert_20200807143742.jpg

エゾリンドウ     葉の上部に花を付けますが、開花には少し早かったようです。
DSC00124_convert_20200807141753.jpg

ツリガネニンジン    茎の周りに釣鐘状の花を多数付けます。
DSC00197_convert_20200807143843.jpg

DSC00198_convert_20200807143936.jpg

ウメバチソウ
DSC00181_convert_20200807143444.jpg

クサレダマ    入笠湿原のこの時期の花では主役のようでした。
DSC00120_convert_20200807141432.jpg

マツムシソウ     高原の花というイメージがあります。
DSC00187_convert_20200807143633.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



2020-08-09 : 南アルプス・南アルプス山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

夏・山・花 ハクサンフウロ 【2020/8月】

毎年1月になるとその年の山行計画を立てます。このところ夏山では高い山に登っていないので今年こそはと思っていましたがコロナと長梅雨のため行くことができませんでした。そして夏になるとハクサンフウロの花に会いたくなります。この2年は会っていませんでした。

久々に会いたいと簡単に行ける入笠山に出かけました。3密から列車に乗ることに少し抵抗がありましたが、何と特急あずさは往復ともガラガラでした。入笠山の亜高山植物の花々はきれいに咲いていました。そしてお目当てのハクサンフウロともご対面しました。ハクサンフウロは高山・亜高山植物の花の中で一番好きな花でした。

ハクサンフウロとの出会いは山登りを初めて2年目の夏に、まだビーナスラインもない霧ケ峰から蓼科山に学友らと行ったときでした。その時は花の種類が多くて花の名前を覚えるのが精いっぱいで、まだハクサンフウロに対する特別な印象はありませんでした。3年目の夏は単独で中央アルプスの縦走をしましたが多くの高山植物を見た記憶があるもののハクサンフウロはその中には入っていませんでした。

そして4年目の夏に南アルプス北岳に登りました。キスリングが全盛の時代でした。甲府からのバスは人だけ、キスリングなどのザックはトラックで運ぶという時代でした。ガスと強風で何も見えず北岳の山頂を踏んだだけの登山でした。高山植物もたくさん咲いていたはずですが、一つの花を除いてまったく花の記憶がありません。歩くので精いっぱいだったのかと思います。その一つ覚えていたのがハクサンフウロでした。草すべりを下山しているときに登山道脇にピンクの花がかたまって咲いていました。なんて可憐な花なんだろうと強風に揺れる花をしゃがみ込んで眺めていました。

登山を始めたときから植物には興味を持っていました。そして高い山に登れるようになったらクロユリとコマクサを見たいと思いました。そして夏山を重ねるうちにクロユリもコマクサも会いましたが高嶺の花でした。とても好きな花にはなれませんでした。ところがハクサンフウロは高い山から高原まで咲いていて、何か庶民的というか親しみの持てる花かと思っています。だから好きな花になったのかと思います。なお伊吹山で愛でたイブキフウロもお気に入りの花です。


ハクサンフウロ     久々にお会いでき夏山だなと感じました。
DSC00171_convert_20200807143122.jpg

DSC00172_convert_20200807143245.jpg

コオニユリ
DSC00094_convert_20200807145111.jpg

DSC00109_convert_20200807140911.jpg

レンゲショウマ
DSC00084_convert_20200807135802.jpg

シシウド
DSC00087_convert_20200807135926.jpg

ヤマオダマキ      ゴンドラの乗車チケットを買うと「入笠に咲く花」をくれます。それにはキバナノヤマオダマキと出てます。
DSC00105_convert_20200807140749.jpg

手持ちの図鑑にを見たらヤマオダマキをキバナノヤマオダマキと別にしているもの、一緒にしているもの図鑑により様々でした。
DSC00152_convert_20200807142501.jpg

ノハナショウブ      まだ咲き残りがありました。
DSC00118_convert_20200807141233.jpg

クガイソウ       蝶が停まっていました。
DSC00081_convert_20200807135716.jpg

ハンゴンソウ
DSC00077_convert_20200807135453.jpg

サワギク
DSC00085_convert_20200807135836.jpg

アキノキリンソウ
DSC00119_convert_20200807141344.jpg

キリンソウ
DSC00131_convert_20200807142022.jpg

シナノオトギリ
DSC00110_convert_20200807141034.jpg

ヒヨドリバナ
DSC00078_convert_20200807135627.jpg

カラマツソウ
DSC00091_convert_20200807140217.jpg

ノコギリソウ
DSC00116_convert_20200807141140.jpg

チダケサシ
DSC00093_convert_20200807140320.jpg

ワレモコウ       トンボが停まっていました。
DSC00102_convert_20200807140658.jpg

花の種類が多いので二回に分け、残りは次回に掲載します。
当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-08-08 : 南アルプス・南アルプス山系 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

南アルプス山系 入笠山 その② 【H30/8月】

入笠山も初めて訪れた頃と大きく変わりました。富士見パノラマリゾートとしてゴンドラが架かりどの時期でも気軽に行けるようになりました。初めて登ったのは40数年前の1月でした。鈍行の夜行列車に乗り、早朝に青柳駅で下車し積雪が1mほどの山道を登り鈴蘭小屋に泊まりました。当時の入笠湿原はスキー場になっていて小屋のスキーを借りて滑りました。

夏の入笠山デビューは1997年の8月9日でした。この年の夏は体調不良で医療機関にかかっていてアルプスにも行けず、ようやく日帰りで入笠山に行きました。この当時は青柳駅前から夏限定の路線バスが入笠山まで走っていました。入笠湿原の中にキャンプ場もありました。

そして夏になると青春18切符を使うようになり、余ると8月後半に入笠山によく訪れました。花畑(入笠山登山口)の前から大阿原湿原まで無料のシャトルバスが運行されていたこともありました。

入笠山も大きく変わりましたが、それとともに鹿の食害も大きな問題となりましたが、入笠湿原や花畑を防鹿ネットで囲み、亜高山植物の花々を守っています。いつまでも花々が季節ごとに美しい花を咲かせてほしいと思います。


アケボノソウ     以前は湿原に咲いていたようでしたが、今回は湿原以外でも愛でることができました。
IMG_9045_convert_20180821112410.jpg

IMG_8976_convert_20180821071025.jpg

エゾカワラナデシコ    富士見パノラマリゾート発行の「入笠山お手軽ハイキング」にはカワラナデシコと記載されていますが、 富士見町発行の「入笠に咲く花 散策ガイドBOOK 花の宝庫」にはエゾカワラナデシコと掲載されています。名前は花の宝庫を参考にさせていただきました。
IMG_8986_convert_20180821071129.jpg

シモツケソウ
IMG_9015_convert_20180821071501.jpg

シモツケ
P8192931_convert_20180821113816.jpg

ヤマハハコ
P8192932_convert_20180821113912.jpg

ノコギリソウ
P8192958_convert_20180821114732.jpg

ヨツバヒヨドリ
P8192933_convert_20180821114020.jpg

キキョウ
IMG_9003_convert_20180821071425.jpg

IMG_9007_convert_20180821221400.jpg

ホソバトリカブト
P8192913_convert_20180821113209.jpg

ヤマトリカブト ?   富士見町発行の「花の宝庫」にはヤマトリカブトも入笠山にはあると書かれています。このトリカブトは葉が広いような感じなのでヤマトリカブトかな・・・?
IMG_8989_convert_20180821071202.jpg

ヤマオダマキ
P8192937_convert_20180821114127.jpg

ゲンノショウコ
P8192919_convert_20180821113336.jpg

ツリガネニンジン
IMG_9038_convert_20180821112302.jpg

サラシナショウマ     富士見パノラマリゾート発行の「入笠山お手軽ハイキング」では花畑(入笠山登山口)に咲くのはサラシナショウマと掲載されていますが、イヌショウマかなと思いますが・・?
IMG_9000_convert_20180821071338.jpg

イヌゴマ
P8192922_convert_20180821113548.jpg

クルマバナ
P8192947_convert_20180821114526.jpg

ハナイカリ    よく見ると船の錨の形をしています。
P8192975_convert_20180821115227.jpg

花の中を覗いてみました。
P8192979_convert_20180821115305.jpg

アカバナ
P8192945_convert_20180821114206.jpg

アカバナの葉はやや幅があります。
P8192966_convert_20180821223836.jpg

ホソバアカバナ    山彦荘側の入笠湿原のゲート入口付近に入笠湿原の説明の大きな看板があります。看板を読んだら湿原にはホソバアカバナが自生している旨のことが書かれていました。湿原でじっくりとホソバアカバナを探しました。
P8192962_convert_20180821114808.jpg

葉を見るとアカバナの葉より細いので、ホソバアカバナかなと思いましたが・・・。
IMG_9029_convert_20180821111839.jpg

コバギボウシ
IMG_9017_convert_20180821071858.jpg

ハクサンフウロ    花畑に入るとハクサンフウロが群生しています。    
P8192927_convert_20180821113656.jpg

お気に入りのハクサンフウロ。色の濃いアサマフウロを探しましたが見つけられませんでした。
P8192950_convert_20180821114610.jpg

クサボタン
IMG_9047_convert_20180821112512.jpg

ウメバチソウ     入笠湿原にはたくさん咲いていました。
IMG_9030_convert_20180821112032.jpg

クサレダマ    鮮やかな黄色の花です。
P8192910_convert_20180821113008.jpg

ワレモコウ群生     ワレモコウだらけという感じでした。
P8192969_convert_20180821115145.jpg

八ケ岳を望む
IMG_9008_convert_20180821225157.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。

2018-08-23 : 南アルプス・南アルプス山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

南アルプス山系 入笠山 その① 【H30/8月】

夏も終わりに近づいてきましたが、今年の夏山の花の愛で歩きは何か物足りない感じがしました。夏山の始めは八幡平で多くの花と出会えました。しかし、夏本番の立山に行って個々の高山植物は多く愛でましたが、群生した花のお花畑が終わっていたからかなと思います。

物足りなさを埋めるには花に会いに行かなければと思い、尾瀬にしようか、霧ケ峰にしようか、八方尾根にしようかと迷いましたが、結局は楽に行けるところで花の多い入笠山に行ってきました。

ヤナギラン、マツムシソウ、サワギキョウ、ハクサンフウロなどの夏の花は盛りを過ぎていましたが、それでもまだ咲き残った花が多くありましたので十分に楽しむことができました。これから主役となる花としてエゾリンドウ、ウメバチソウ、アケボノソウなどもたくさん咲いていました。

主に亜高山植物の花たちでしたが多くの花を愛でることができ、ようやく今年の夏山の花の愛で歩きも満足したものとなりました。


コオニユリ    ゴンドラのチケットを購入すると「入笠に咲く花 散策ガイドBOOK 花の宝庫」という冊子をくれます。この冊子によればコオニユリのほかにクルマユリも咲くようです。
IMG_8949_convert_20180820212224_convert_20180820223314.jpg

IMG_9033_convert_20180820212315.jpg

アキノキリンソウ     この花は最盛期となっていました。
IMG_8951_convert_20180820212503.jpg

P8192941_convert_20180820224639.jpg

レンゲショウマ    今年は御岳山に愛でに行かなかったので見ていませんでしたが、入笠山で出会えるとは思いもよらず。
IMG_8955_convert_20180820225148.jpg

エゾリンドウ     主役の花です。カメラの性能なのか青が強く出ています。こんなには青くないです。
IMG_8960_convert_20180820225730.jpg

このリンドウは全開はしないようです。少し開いた花を真上から撮ってみました。ちょつとボケていますが。
P8192967_convert_20180820212939.jpg

エゾリンドウの群生です。
IMG_8967_convert_20180820212813.jpg

ウツボグサ     花も落ちて少なくなっています。
IMG_9022_convert_20180820214915.jpg

オミナエシ 秋の七草の一つに数えられる花です。山はもう秋なのかな・・・。
IMG_9037_convert_20180820214443.jpg

オトコエシ     オミナエシの仲間です。
P8192935_convert_20180820214528.jpg

ノアザミ     入笠山にはノハラアザミもあるようです。
IMG_8997_convert_20180820214756.jpg

ナンバンハコベ
IMG_8990_convert_20180820214129.jpg

P8192920_convert_20180820233019.jpg

サワギキョウ     盛りを過ぎていました。多くのサワギキョウはこんな状態でした。
IMG_8962_convert_20180820213359.jpg

このサワギキョウはまだ見られる花でした。
P8192909_convert_20180820213545.jpg

サワギキョウの群生
IMG_8973_convert_20180820213437.jpg

マツムシソウ
IMG_8979_convert_20180820213028.jpg

IMG_9004_convert_20180820213219.jpg

P8192939_convert_20180820234457.jpg

マツムシソウの群生
IMG_8985_convert_20180821061257.jpg

シシウド
IMG_9012_convert_20180820214304.jpg

P8192908_convert_20180821061921.jpg

キオン
IMG_8954_convert_20180821062258.jpg

ヤナギラン
IMG_8983_convert_20180820213649.jpg

最盛期の群生しているところを見たかった・・・。おそらく素晴らしい光景でしょう。
P8192938_convert_20180820213820.jpg

花が終わり種ができてきたヤナギラン
IMG_8996_convert_20180821062840.jpg

キツリフネ    高尾や奥多摩で見かけるキツリフネに比べるとややオレンジ色がかっているような気がします。
IMG_8988_convert_20180820213912.jpg

ツリフネソウ
P8192917_convert_20180820214054.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-08-21 : 南アルプス・南アルプス山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

南アルプス山系 入笠山 【H26/8月】

右膝の状態がいまいちなので高い山に行きたくてもちょっと不安なので、手軽に行けて花の多い入笠山に行ってきました。

曇り空でしたが風か強くなってきたら雲も流され、青空も見えるようになりました。花がたくさん咲いていて大満足でした。

ただ3年前に行ったときには入笠湿原にはアケボノソウがたくさん咲いていましたが、今回は一つも見つけることはできませんでした。


ツリガネニンジン   スズラン自生地斜面に咲いていました。
IMG_4461_convert_20140816065615.jpg

アキノキリンソウ
IMG_4463_convert_20140816065700.jpg

マツムシソウ   スズラン自生地斜面に咲いていました。
IMG_4467_convert_20140816065918.jpg

こちらは入笠湿原に咲いていました。
IMG_4495_convert_20140816070735.jpg

こちらは山頂近くの登山道脇に咲いていました。
IMG_4539_convert_20140816072248.jpg

コバギボウシ
IMG_4465_convert_20140816065749.jpg

コオニユリ
IMG_4480_convert_20140816070344.jpg

コオニユリの群生
IMG_4466_convert_20140816065839.jpg

サワギキョウ   入笠湿原ではクサレダマと同様多くありました。
IMG_4469_convert_20140816070010.jpg

IMG_4546_convert_20140816072522.jpg

サワギキョウの群生
IMG_4491_convert_20140816070533.jpg

クガイソウ   入笠湿原のクガイソウは最盛期を過ぎたものばかりでした。
IMG_4472_convert_20140816070100.jpg

こちらのクガイソウは御所平峠お花畑に咲いていました。
IMG_4519_convert_20140816071517.jpg

イヌゴマ  実の形がゴマに似ていて役に立たないので名付けられたそうです。
IMG_4475_convert_20140816070148.jpg

クルマバナ
P8152426_convert_20140816113316.jpg

ヤナギラン    入笠湿原に咲いていました。
IMG_4477_convert_20140816070256.jpg

こちらのヤナギランは御所平峠お花畑に咲いていました。
P8152462_convert_20140816115242.jpg

マルバダケブキ    入笠湿原に咲いていました。蝶が停まっていました。
IMG_4481_convert_20140816070430.jpg

このマルバダケブキは山頂への登山道脇に咲いていました。
IMG_0260_convert_20140816065428.jpg

マルバダケブキの群生   登山道奥の樹林帯に咲いていました。
IMG_4532_convert_20140816072015.jpg

エゾリンドウ
IMG_4492_convert_20140816070646.jpg

クサレダマ   入笠湿原ではサワギキョウと同様多くありました。
IMG_4497_convert_20140816070822.jpg

ホソバトリカブト
IMG_4501_convert_20140816070919.jpg

ノカンゾウ
IMG_4502_convert_20140816071004.jpg

ノアザミ
IMG_4505_convert_20140816071054.jpg

チダケサシ
IMG_4506_convert_20140816071138.jpg

アカバナ
P8152447_convert_20140816072846.jpg

ウメバチソウ
IMG_4541_convert_20140816072356.jpg

ゲンノショウコ
P8152448_convert_20140816072935.jpg

ツリフネソウ
IMG_4508_convert_20140816071221.jpg

キツリフネ
IMG_4536_convert_20140816072145.jpg

ヤマオダマキ
IMG_4511_convert_20140816071323.jpg

ハクサンフウロ   御所平峠お花畑の下のほうにはたくさん咲いていました。アサマフウロもあるようです。
IMG_4514_convert_20140816071407.jpg

IMG_4516_convert_20140816071439.jpg

クサフジ
P8152453_convert_20140816073150.jpg

オミナエシ
IMG_4522_convert_20140816071605.jpg

シモツケソウ
IMG_4526_convert_20140816071749.jpg

シモツケ
P8152455_convert_20140816073248.jpg

ワレモコウ
P8152460_convert_20140816073353.jpg

ヤマハハコ
P8152459_convert_20140816113242.jpg

ウツボグサ
P8152464_convert_20140816073426.jpg

エゾカワラナデシコ
IMG_4528_convert_20140816071849.jpg

IMG_4530_convert_20140816071926.jpg

シナノオトギリ
P8152469_convert_20140816073535.jpg

シロバナハナニガナ
P8152470_convert_20140816113212.jpg

シシウド
IMG_4550_convert_20140816072618.jpg

ウバユリ
IMG_4534_convert_20140816072101.jpg

ソバナ
IMG_4551_convert_20140816072708.jpg

入笠山山頂
P8152467_convert_20140816073501.jpg

八ヶ岳は雲の中
IMG_0258_convert_20140816065341.jpg














































2014-08-16 : 南アルプス・南アルプス山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム  次のページ »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR