山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

京都 愛宕山 【11月】

京都市の愛宕山に行ってきました。愛宕山は京都市内の最高峰で標高が924Mあります。山頂には火難除けの信仰が厚い愛宕神社が鎮座しています。

京都駅前から京都バスに乗り、登山口のある清滝に向かいました。バスには登山者が自分も含め5人いました。花や草木の実は登山口から登り始めだけでしたが、途中、紅葉の素晴らしいところが随所にありました。

下山は山の中にある月輪寺を通って、林道に出て清滝バス停まで歩きました。


清滝バス停の横にある登山道の看板。
IMG_5891_convert_20131123132511.jpg

愛宕山の登山口
IMG_5899_convert_20131123140735.jpg

登山口に立っていた看板
IMG_5930_convert_20131123133937.jpg

ヘクソカズラの実
IMG_5892_convert_20131123132553.jpg

アキノキリンソウ
IMG_5895_convert_20131123132717.jpg

ノコンギク
IMG_5901_convert_20131123133127.jpg

フユイチゴの実
IMG_5904_convert_20131123133209.jpg

ナンテンの実
IMG_5905_convert_20131123133245.jpg

登山道の最初から階段状の登りがしばらく続きます。
IMG_5907_convert_20131123133331.jpg

最初の休憩小屋です。
IMG_5914_convert_20131123133621.jpg

休憩小屋には温度計が架けてありました。ここは10度でした。
IMG_5912_convert_20131123133525.jpg

休憩小屋の付近は紅葉が見事でした。きつい登りも綺麗な紅葉を見ると頑張って登ろうという気持ちになります。
IMG_5910_convert_20131123133414.jpg

IMG_5911_convert_20131123133456.jpg

階段状のきつい登りが終わると、なだらかな登りとなります。開けたところに出ました。
IMG_5919_convert_20131123133702.jpg

展望が良いところですが、初めての山なもので、どの辺が見えているのか全然分からずでした。
IMG_5922_convert_20131123133744.jpg

三つ目の休憩小屋です。
IMG_5928_convert_20131123133906.jpg

この休憩小屋の気温は6度でした。最初の小屋より4度も低くなっていました。
IMG_5927_convert_20131123133822.jpg

山門が見えてきました。ここを過ぎると神社の施設が見えてきます。
IMG_5931_convert_20131123134008.jpg

神社の近くにあった看板です。登山者にマナーを説いてます。
IMG_5938_convert_20131123134214.jpg

山頂に鎮座する愛宕神社の本殿です。
IMG_5936_convert_20131123134134.jpg

本殿に架かっていた温度計は3度でした。寒くて手がかじかみピンボケの写真となってしまいました。
IMG_5935_convert_20131123134047.jpg

月輪寺方面に下山して、まもなくに展望の開けたとこがありました。池が見えます。広沢池か?大沢池か?
IMG_5939_convert_20131123134251.jpg

登山道が分かれるところには標識がでていました。
IMG_5941_convert_20131123134337.jpg

月輪寺近くの紅葉です。
IMG_5945_convert_20131123134418.jpg
























スポンサーサイト
2013-11-23 : 西日本の山 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

奈良 若草山 【11月】

奈良の山焼きで有名な若草山に登りました。若草山は、三つの笠を重ねたような形をしていることから三笠山とも呼ぶようです。山頂には鶯塚古墳があります。

若草山に登るには入山料150円徴収されます。北ゲートから入山し、山頂まで行き、春日山原生林を通る春日山遊歩道を下山しました。春日大社の横に出ました。

若草山は芝とススキの山でした。それでも一重目までの登山道脇には花の終わったマツカゼソウがたくさんありました。芝はノシバと呼ばれる日本固有の芝で、近畿地方では唯一の自生地だそうです。春日山原生林は常緑樹が主体で、天然記念物だけあって手つかずの森という感じでした。


東大寺の境内から望む若草山
IMG_5805_convert_20131123105850.jpg

北ゲートから入山しました。
IMG_5813_convert_20131123113326.jpg

最初は階段が続きます。
IMG_5814_convert_20131123094701.jpg

花の終わったマツカゼソウがたくさんありました。このマツカゼソウには花がついていました。
IMG_5815_convert_20131123094731.jpg

階段が終わるとなだらかな道となります。
IMG_5818_convert_20131123110055.jpg

紅葉した木も見られました。
IMG_5817_convert_20131123110023.jpg

三つの笠のうち一つ目の笠が一重目 東大寺の境内から見えたところです。
IMG_5819_convert_20131123110626.jpg

一重目から二重目を見たところです。左手の丸い丘のところが二重目です。
IMG_5820_convert_20131123110658.jpg

二重目から奈良市内を望んだところです。大仏殿も左側に見えます。
IMG_5823_convert_20131123110727.jpg

三重目に向かうときに紅葉した木がありました。
IMG_5824_convert_20131123110808.jpg

三重目です。ここを山頂と思う人が多いそうです。山頂はもう少し登ります。
IMG_5826_convert_20131123110837.jpg

鶯塚古墳が山頂です。鶯陵の石碑が立っていました。
IMG_5827_convert_20131123110907.jpg

山頂から隣の山を望んだところです。
IMG_5828_convert_20131123110937.jpg

道標に導かれて春日山遊歩道を下りました。
IMG_5830_convert_20131123111006.jpg

林道のような道です。歩行者専用のためのんびり歩けます。
IMG_5831_convert_20131123111036.jpg

常緑樹が多いためか下草はシダ類が目立ちました。
IMG_5833_convert_20131123111106.jpg

苔むしたところから黒い茎が伸び花が咲いた後のようなものがありました。クロムヨウランもこのような形で残るようですが、これは何でしょうか??
IMG_5834_convert_20131123111159.jpg

遊歩道も下のほうに来ると落葉樹も交じってきました。紅葉のもみじもありました。
IMG_5839_convert_20131123111231.jpg

もみじをアップして撮ってみました。
IMG_5846_convert_20131123111259.jpg


☆春日大社の萬葉植物園がありましたので、入園料を払って見学しました。いろいろな木や草の実がありました。
山で見られるものをいくつか載せました。☆

テイカカズラの実
IMG_5868_convert_20131123111405.jpg

センリョウの実
IMG_5873_convert_20131123111434.jpg

ヤブコウジの実
IMG_5874_convert_20131123111506.jpg

ビナンカズラの実
IMG_5875_convert_20131123111601.jpg

























2013-11-23 : 西日本の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

東京あきる野 秋川丘陵~弁天山・城山 【11月】

秋も深まり花や草木の実があるのは低山になってきましたので、小春日和の土曜日、春に歩いた秋川丘陵に行きました。丘陵だけでは物足りないので弁天山と城山も歩いてきました。

秋川丘陵の尾根歩きはアップダウンもあまりないのでのんびりと花や草木の実を探しながら歩きました。弁天山には一度下界に降りてから登山口まで歩いて登りました。城山は弁天山から尾根続きですがちょつと急な登りがありました。山頂からの下りも急な階段状の道が結構つづきました。


テイカカズラの実
IMG_2923_convert_20131117062228.jpg

イヌホオズキ ?
PB161429_convert_20131117062309.jpg

ヤブランの実
PB161430_convert_20131117062350.jpg

ヤブミョウガの実
PB161433_convert_20131117062440.jpg

スズメウリの実
PB161434_convert_20131117062515.jpg

アズマヤマアザミ ?
PB161435_convert_20131117062557.jpg

チゴユリの実
PB161438_convert_20131117062644.jpg

ヤブコウジの実 一般的には葉の下に実をつけますが上についてました。
PB161439_convert_20131117062723.jpg

カンアオイ ?
PB161441_convert_20131117062801.jpg

コウヤボウキ
PB161443_convert_20131117062838.jpg

秋川丘陵の道標
PB161445_convert_20131117062912.jpg

ヒヨドリジョウゴの実 ?
PB161447_convert_20131117062947.jpg

キッコウハグマの閉鎖花 
PB161454_convert_20131117063029.jpg

登山道と道標
PB161456_convert_20131117063124.jpg

ヤブムラサキ  実が下向きでへたがついているのでヤブムラサキと思います。
PB161457_convert_20131117063241.jpg

アキノキリンソウ
PB161459_convert_20131117063319.jpg

アメリカイヌホオズキ ?
PB161461_convert_20131117063351.jpg

赤い木の実 植物名は??
PB161463_convert_20131117063429.jpg

リュウノギク
PB161464_convert_20131117063505.jpg

アオツヅラフジの実
PB161466_convert_20131117063541.jpg

弁天山の登山口
PB161467_convert_20131117063621.jpg

フユイチゴの実
PB161470_convert_20131117063655.jpg

キッコウハグマ 弁天山の登りには閉鎖花がたくさんありました。その中に花をつけていたのが一つありました。
PB161472_convert_20131117063728.jpg

弁天山の山頂標識
PB161476_convert_20131117063802.jpg

城山の山頂 三角点もありました。
PB161477_convert_20131117063842.jpg






















2013-11-17 : 東京の里山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 三頭山 【11月】

奥多摩の清掃登山のボランティア山行で三頭山に行きました。午前中まで晴れとの天気予報でしたが曇り空で冷たく感じる日でした。一時、雨もパラつきましたが雨具も使わないで済みました。

三頭山は都民の森から比較的簡単に登れる山なので、登山者が多くいました。やはり千メートル超す山ではもう花もなく、紅葉も終わりに近い状況でした。


オヤマボクチ  枯れる寸前でした。
PB091401_convert_20131110102157.jpg

テンナンショウの仲間の実
PB091406_convert_20131110102322.jpg

三頭山の東峰山頂  西峰の山頂はすごい人の数でした。
PB091404_convert_20131110102238.jpg

イヌブナなどの黄葉 もう最盛期は過ぎていました。
PB091409_convert_20131110102415.jpg

コアジサイの黄葉
PB091415_convert_20131110102456.jpg

モミジの紅葉
PB091422_convert_20131110102540.jpg

三頭大滝
PB091423_convert_20131110102613.jpg





2013-11-10 : 奥多摩 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川秦野 頭高山~渋沢丘陵 【11月】

あまりにも天気がよいので、小田急線を挟んで丹沢の展望台となっている渋沢丘陵を歩いてきました。渋沢丘陵だけでは少し物足りないので、頭高山から歩きました。

小田急線の渋沢駅から頭高山へは普通の道路をかなり歩きました。住宅街から山里の風景になると登山口となりました。山頂までは人とも会わず、花を愛でながらのんびり歩きました。山頂の東屋に先着の登山者が一人いました。

頭高山から渋沢丘陵へは来た登山道を少し戻ってから、道標にしたがって進みました。林の中を歩いたり、畑の横を歩いたりして震生湖を経て秦野駅まで歩きました。標高の低い里山には、まだ花が咲いていて十分楽しめた一日でした。


シロヨメナ
PB081329_convert_20131109223206.jpg

リュウノギク
PB081343_convert_20131109223609.jpg

ヤブランの実
PB081332_convert_20131109223306.jpg

リンドウ リンドウは渋沢丘陵でも咲いていました。 
PB081333_convert_20131109223403.jpg

コウヤボウキ
PB081336_convert_20131109223445.jpg

アキノキリンソウ
PB081342_convert_20131109223536.jpg

タイアザミ
PB081346_convert_20131109223702.jpg

ヤマハッカ
PB081349_convert_20131109223842.jpg

アオツヅラフジの実
PB081351_convert_20131109223931.jpg

トリカブト まだ咲いているのにはびっくりしました。
PB081353_convert_20131110063647.jpg

オケラ 枯れるまえの状態でした。
PB081355_convert_20131109224230.jpg

頭高山の山頂下から大山が見れました。
PB081359_convert_20131109224531.jpg

ヤクシソウ
PB081361_convert_20131109224627.jpg

頭高山の山頂
PB081364_convert_20131109224716.jpg

エビネの葉だと一瞬思いました。
PB081366_convert_20131109224802.jpg

しかし葉の裏を見ましたら三本線でした。サイハイランの葉でした。エビネは五本線です。
PB081367_convert_20131109224909.jpg

ヤブコウジの実
PB081368_convert_20131109224955.jpg

渋沢丘陵への道標
PB081371_convert_20131109225329.jpg

ガマズミの実
PB081373_convert_20131110062519.jpg

カラスウリの実
PB081384_convert_20131110062602.jpg

サラシナショウマ
PB081385_convert_20131110062716.jpg

ハダカホオズキ
PB081388_convert_20131110062827.jpg

アカネスミレと思われます。一瞬見たとき「スミレ」かと思いましたが、葉の形が心形なので??でした。スミレに詳しい方に翌日写真を見てもらったら「アカネスミレ」ではないかとのことでした。
PB081391_convert_20131110062911.jpg

トキリマメの実
PB081393_convert_20131110062954.jpg

渋沢丘陵のハイキングコースは畑の横を通ったり、牛舎の横を通ったりします。
PB081395_convert_20131110063032.jpg

ムラサキシキブの実
PB081383_convert_20131110073741.jpg

ノブドウの実
PB081396_convert_20131110063103.jpg

イヌホオズキ ? 
PB081398_convert_20131110063133.jpg

ゲンノショウコ
PB081399_convert_20131110063203.jpg























2013-11-10 : 神奈川の里山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 青梅丘陵 【11月】

奥多摩の青梅丘陵に行ってきました。青梅線の二俣尾駅で下車し、丘陵に向かいました。名郷峠に出て尾根づたいに青梅の鉄道公園付近を通って青梅駅まで歩きました。峠からの尾根歩きは結構登り下りがありました。青梅にかなり近くなると山道ではなく林道のような道になります。

今回のお目当ての花は、キッコウハグマでした。登り始めからキッコウハグマはありましたが、みな閉鎖花をつけたものばかりで、花は見られずに空振りに終わるのかと思っていたところ登山道の右手に小さな白い花が目に飛び込んできました。ようやくキッコウハグマの花を見つけることができました。ところが、その場所から歩き始めると、次から次へと咲いていました。昨年までは高尾山でみていましたが、青梅丘陵のキッコウハグマの咲いている数は高尾山と比べものにならないくらい咲いていました。

キッコウハグマ
二輪の花のように見えますが、それぞれ3個の小花が合体しています。
PB021305_convert_20131102225725.jpg

DSCN7747_convert_20131102225009.jpg

DSCN7750_convert_20131102225118.jpg

上には閉鎖花がついています。
DSCN7740_convert_20131102224856.jpg

群生していました。これは群生地の一部分です。
DSCN7749_convert_20131102225045.jpg

思いもよらずフクオウソウの花を見ることができました。高尾山系では見ていましたが青梅丘陵で見られるとは思いませんでした。
DSCN7721_convert_20131102224742.jpg

PB021302_convert_20131102225646.jpg

登山口のコース案内板
DSCN7673_convert_20131102224302.jpg

ヤマハッカ
PB021298_convert_20131102225605.jpg

峠への登山道
DSCN7700_convert_20131102224407.jpg

名郷峠の手前の道標
DSCN7702_convert_20131103074107.jpg

ヤクシソウ
DSCN7712_convert_20131102224608.jpg

センブリ
DSCN7742_convert_20131102224932.jpg

手前のセンブリは花冠が4つに裂けています。同じ株なのに他の花は5つに裂けています。
DSCN7757_convert_20131102225159.jpg

ガンクビソウ
DSCN7760_convert_20131102225306.jpg

尾根(稜線)の登山道
DSCN7719_convert_20131102224713.jpg

コウヤボウキ
PB021296_convert_20131102225525.jpg

アキノキリンソウ
PB021322_convert_20131102225759.jpg

シロヨメナ ?
PB021297_convert_20131103071108.jpg

ノコンギク ?   葉が細いので?
DSCN7707_convert_20131103071026.jpg

フユイチゴの実
DSCN7672_convert_20131102224219.jpg

ミヤマシキミの実
DSCN7698_convert_20131102224331.jpg

ツルリンドウの実
DSCN7710_convert_20131102224537.jpg

サトイモ科のテンナンショウの仲間の実
DSCN7717_convert_20131102224640.jpg

チゴユリの実
DSCN7759_convert_20131102225231.jpg

ヤブムラサキ ??
DSCN7734_convert_20131102224818.jpg

赤い木の実がありました。
DSCN7709_convert_20131102224508.jpg

DSCN7767_convert_20131102225342.jpg




















2013-11-02 : 奥多摩 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR