山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山 【12月】

今年の山納めは冬至の日に高尾山に行ってきました。植物観察も行いましたが、ダイヤモンド富士を見るのが目的でした。山頂に2時に着きましたが、すでに三脚を立てた人が大勢いました。2列目に三脚を立て約2時間余り太陽が富士山の山頂に落ちるのを待ちました。


ダイヤモンド富士 綺麗には撮れませんでしたが時系列で並べてみました。
IMG_3093_convert_20131222222836.jpg

IMG_3094_convert_20131222222902.jpg

IMG_3095_convert_20131222222945.jpg

IMG_3096_convert_20131222223014.jpg

IMG_3099_convert_20131222223049.jpg

IMG_3108_convert_20131222223128.jpg

IMG_3110_convert_20131222223203.jpg

IMG_3112_convert_20131222223242.jpg

植物観察
ツルギキョウの実
DSCN5812_convert_20131222222325.jpg

キジョランの綿毛(種子)  果実が熟すと割れて絹のような綿毛をつけた種子が飛び出してきます。
DSCN5842_convert_20131222222409.jpg

DSCN5846_convert_20131222222700.jpg

キジョランのこの果実は種子が全部出てからでした。
DSCN5847_convert_20131222222729.jpg

テイカカズラ  さやが割れて種子が出てきています。
IMG_3059_convert_20131222222629.jpg

IMG_3060_convert_20131222222804.jpg

オオカモメズルのさや(実)
PC221649_convert_20131222223437.jpg

こちらのさや(実)は割れて種子が飛びそうでした。
PC221655_convert_20131222223511.jpg

紅葉がまだありました。
PC221647_convert_20131222223358.jpg

東京スカイツリーも見えました。
IMG_3058_convert_20131222222557.jpg

コバノタツナミ 一株だけ咲いていましたが花の向きがよくなかったです。
PC221659_convert_20131222223545.jpg

1号路を下山しました。途中、夜景が見えました。まだ少し明るいので綺麗な夜景ではありません。
PC221670_convert_20131222223635.jpg















スポンサーサイト
2013-12-22 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 御岳山 【12月】

御岳山に「氷の花」を愛でに行ってきました。先週の清掃ボランティア山行の際に、青梅在住の方から「11月30日に御岳山でシモバシラを見た。」との話をききましたので、御岳ビジターセンターに問い合わせたら来所すれば場所を教えていただけるとのことでした。

御岳山ではシモバシラとは呼ばず、「氷の花」と呼んでいます。「シモバシラ」はシソ科のシモバシラという植物が根から枯れた茎に地下の水分を吸い上げ、枯れた茎の中の水分が凍って膨張し茎を破って氷の柱ができる「氷の華」をいうそうです。御岳山では植物のシモバシラが生育していないそうで、カメバヒキオコシという植物に氷の柱ができるため「シモバシラ」とは呼ばず「氷の花」と呼んでいるそうです。

ビジターセンターで教えていただいた氷の花がある場所、5か所を回ってきました。火曜日に雨が降ったので大きな氷の花が見られるかと期待していたのですが、まだ水分が足らないのか小さい「氷の花」ばかりでした。しかし、教えていただいた場所ではないところで、やや大きめの「氷の花」を見つけました。


氷の花
IMG_3016_convert_20131215094832.jpg

IMG_3026_convert_20131215094933.jpg

IMG_3032_convert_20131215095022.jpg

IMG_3043_convert_20131215100254.jpg

IMG_3044_convert_20131215100358.jpg

PC141585_convert_20131215100659.jpg

PC141588_convert_20131215100747.jpg

PC141593_convert_20131215100831.jpg

PC141594_convert_20131215101006.jpg

PC141639_convert_20131215102007.jpg

この「氷の花」が一番大きなものでした。写真では大きいのか小さいのか分かりませんので、定規を置いてみました。
PC141596_convert_20131215101044.jpg

草や木の実などもありました。

クズの実 金色の毛が逆光で見ると輝いていました。
PC141620_convert_20131215101442.jpg

ノササゲの実
PC141642_convert_20131215102041.jpg

PC141613_convert_20131215133510.jpg

ムラサキシキブの実
PC141632_convert_20131215101738.jpg

ヤマホロシの実
PC141634_convert_20131215101812.jpg

IMG_3047_convert_20131215100436.jpg

ツルリンドウの実
PC141635_convert_20131215101844.jpg

ホソバテンナンショウの実(ビジターセンターで教えてもらいました。)
PC141636_convert_20131215101916.jpg

コウヤボウキの綿毛
PC141623_convert_20131215101627.jpg

タイアザミの綿毛
PC141611_convert_20131215101233.jpg

エイザンスミレの閉鎖花  手前は割れて種子が見えます。
PC141607_convert_20131215101152.jpg

種子のところをマクロで撮ってみました。ちょつとピンボケです。
PC141606_convert_20131215101121.jpg

長尾平から日の出山を望む。
IMG_3053_convert_20131215100527.jpg

御嶽神社の冬桜
IMG_3054_convert_20131215100601.jpg





















2013-12-15 : 奥多摩 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 高水二山(岩茸石山・惣岳山) 【12月】

ボランティアの清掃登山で、高水二山(岩茸石山・惣岳山)を歩いてきました。東青梅駅の前から都バスに乗り終点の上成木で下車し、升が滝経由で名坂峠に出て、岩茸石山~惣岳山を経て青渭神社に下り、御嶽駅に出ました。

ゴミ拾いをしながらの草や木の実を観察しているので、見逃したものも多々あるかと思いますが、それでも先月の三頭山に比べて色々とありました。

ボランティアの会の忘年会を小作駅近くの居酒屋で盛大に執り行われました。


成木川沿いの紅葉です。
PC071548_convert_20131207222344.jpg

ヤブコウジの実
PC071549_convert_20131207222417.jpg

ベニバナボロギク
PC071550_convert_20131207222449.jpg

ナンテンの実
PC071551_convert_20131207222522.jpg

升が滝 二段の滝でした。上の滝の滝つぼが升のようになっているので升が滝との呼び名になったようです。
PC071556_convert_20131207222551.jpg

テンナンショウの仲間の実
PC071557_convert_20131207222626.jpg

登山道脇にあった「切石」。岩が切れていることから切石というようです。
PC071558_convert_20131207222657.jpg

ヘビイチゴの実
PC071559_convert_20131207222730.jpg

センボンヤリの綿毛(種子)
PC071562_convert_20131207222836.jpg

ツチグリ
PC071563_convert_20131207222908.jpg

コウヤボウキの綿毛(種子)
PC071565_convert_20131207222946.jpg

サルトリイバラの実
PC071566_convert_20131207223037.jpg

惣岳山に向かっているときの展望 右端が高水山
PC071568_convert_20131207223112.jpg

左端が岩茸石山
PC071569_convert_20131207223203.jpg

カシワバハグマの綿毛(種子)
PC071572_convert_20131207223239.jpg

ナガバノコウヤボウキの綿毛(種子)  ナガバノコウヤボウキは枝の節ごとに花(今は綿毛)をつけます。コウヤボウキは枝先に一つの花(今は綿毛)を付けますので、花(今は綿毛)の付き方により区別することができます。
PC071577_convert_20131207233431.jpg

ツルリンドウの実
PC071573_convert_20131207223323.jpg

ヒサカキの実
PC071575_convert_20131207223409.jpg

タチツボスミレ この近くには幾つも咲いていました。
PC071578_convert_20131207223527.jpg

ビナンカズラの実  別名サネカズラとも呼びます。 
PC071582_convert_20131207223656.jpg

ミヤマフユイチゴの実
PC071581_convert_20131207223610.jpg



















2013-12-07 : 奥多摩 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 陣場山 【11月】

11月の最終日は天気も良く風もなくハイキング日和でした。陣場山に出かけました。(最近は「陣馬山」というようですが、本来は「馬」ではなく「場」だそうです。)

相模湖駅から与瀬神社を通って子孫山ノ頭の山頂を踏んで明王峠に出ました。このコースは登山者も少なく静かな山歩きができました。神社から山道に入るところに、熊の目撃情報がある旨の注意が出ていました。峠には昼時に着いたので、多くの登山者がいました。

明王峠のベンチで富士山を眺めながらの昼食を摂ってから陣場山に向かいました。縦走路は来る人、行く人で賑わっていました。陣場山の山頂も結構な人の数でしたが、高尾山と異なるのは観光客がいないということでした。下山は歩いたことがなかった和田尾根コースを歩きました。県立陣馬自然公園センターの横がバス停でしたがバスの時間まで間があるのでのんびり歩いて「陣馬山登山口」の一つ手前のバス停からバスに乗りました。

自然公園センターに寄ったら、陣馬山で今シーズン初めての「シモバシラ」の写真がありました。30日の早朝に撮ったそうです。与瀬神社から明王峠までは、花は少ないものの草や木の実がいろいろとあり楽しめました。

与瀬神社の手前、中央高速の橋の上から山の紅葉です。
PB301479_convert_20131201070538.jpg

ナンテンの実
IMG_2947_convert_20131201070507.jpg

ヤブコウジの実
PB301481_convert_20131201070615.jpg

ムラサキシキブの実 ?
PB301483_convert_20131201070643.jpg

ヤブランの実 実も落ちてわずかとなりました。 
PB301486_convert_20131201070707.jpg

サルトリイバラの実
PB301490_convert_20131201070736.jpg

ヘクソカズラの実
PB301493_convert_20131201070804.jpg

登山道の標識
PB301496_convert_20131201070837.jpg

リュウノウギク
IMG_2958_convert_20131201072545.jpg

センボンヤリ 閉鎖花の綿毛(種子)
PB301497_convert_20131201070909.jpg

マルバノホロシの実 ?
PB301498_convert_20131201070940.jpg

トキリマメの実
PB301501_convert_20131201071052.jpg

PB301500_convert_20131201071015.jpg

ミヤマフユイチゴの実
PB301504_convert_20131201071131.jpg

子孫山ノ頭の山頂  樹林帯の中で展望はありませんが三角点はありました。
PB301506_convert_20131201071206.jpg

ハダカホウズキの実
PB301510_convert_20131201071240.jpg

アオツヅラフジの実
PB301512_convert_20131201071316.jpg

木に赤い実がついていました。木の名前は??
PB301513_convert_20131201071348.jpg

ツルリンドウの実
PB301515_convert_20131201071423.jpg

ジャノヒゲの実
PB301516_convert_20131201071452.jpg

カシワバハグマの綿毛(種子)
PB301518_convert_20131201071527.jpg

明王峠からの富士山
PB301521_convert_20131201071603.jpg

コウヤボウキの綿毛(種子)  高尾山系のコウヤボウキの綿毛の色はピンクかがかったものが多くあります。
PB301524_convert_20131201071634.jpg

縦走路から見た紅葉
PB301526_convert_20131201071705.jpg

霜柱  陣場山の山頂手前で。山は気温が低いんだと思いました。
PB301527_convert_20131201071742.jpg

陣場山の頂上にある白馬の像
PB301528_convert_20131201071818.jpg

生藤山方面の展望
PB301530_convert_20131201071852.jpg

下山した和田尾根コース
PB301531_convert_20131201071927.jpg

アワコガネギク ??
PB301541_convert_20131201072042.jpg

トネアザミ  まだ咲き残っていました。
PB301542_convert_20131201072119.jpg

センニンソウ  この花もまだ頑張って咲いていました。
PB301546_convert_20131201072256.jpg

和田付近の山の紅葉  山腹には茶畑が多く見られました。
PB301536_convert_20131201072005.jpg

素晴らしい紅葉がありました。
PB301544_convert_20131201072152.jpg


































2013-12-01 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR