山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

神奈川小田原  不動山 【H26/2月】

第2週の土曜日のボランティア清掃登山が雪のため第4週に順延されましたが青梅線の不通や積雪のため木曜日の夜に中止の連絡がありました。それではフクジュソウの自生地にでも行ってこようと思い、金曜日、自生地に近いあるところの積雪を地元に問い合わせましたら、山麓までまだ雪がたっぷりありますとのことでした。

フクジュソウをあきらめ小田原の曽我梅林が見ごろとのことで、曽我梅林の観梅と近くの不動山をセットにして出かけてきました。3週間ぶりの山あるきでした。

曽我梅林は中河原、原、別所の3か所に分かれています。原と別所の2か所を見てから不動山に向かいました。詳細な地図を梅林の案内所でもらい、地図を見ながら歩きました。山腹はミカン畑のためか舗装された林道がいろいろあり、さらに林道から支道があり途中から分からなくなりました。支道に入り込みミカン畑で行き止まりとなりましたが、細い道がついていましたので登っていったら尾根上の林道に出ました。この付近からハイカーが何人もいました。不動山は舗装された林道から離れた山道を登っていきました。そして途中でピンクのテープが巻かれたところから細い登山道を登っていくと山頂に着きました。道標がないのでテープに気づかないと山頂に行かないで通り過ごしとなりそうな山でした。


曽我梅林  梅まつりで賑わっていました。
P2220222_convert_20140222170651.jpg

P2220223_convert_20140222170723.jpg

P2220227_convert_20140222170758.jpg

林道を登っているときにカラスウリがありました。
P2220228_convert_20140222170832.jpg

トウダイグサ科の植物かな???
P2220233_convert_20140222170909.jpg

ミカン畑のあいだに枝垂れウメがありました。
P2220235_convert_20140222171128.jpg

木の実なのか蕾なのか?
P2220236_convert_20140222171204.jpg

登っている途中、矢倉岳が見えました。残念ながら富士山は見えませんでした。
P2220238_convert_20140222171245.jpg

サネカズラ(ビナンカズラ)  集合果の実はおちています。この山には多くありました。
P2220240_convert_20140222171322.jpg

ヤブコウジ
P2220243_convert_20140222171352.jpg

登山道
P2220244_convert_20140222171426.jpg

アオキ  ここの山のアオキの実はみな赤くなっていました。
P2220245_convert_20140222171504.jpg

不動山に行く分岐点 細い木にピンクのビニールテープがついています。道標もありません。 
P2220246_convert_20140222171533.jpg

ノササゲ  まだ実が落ちずについていました。
P2220249_convert_20140222171641.jpg

ヤブラン  
P2220250_convert_20140222171713.jpg

不動山の山頂に向かう道
P2220251_convert_20140222171745.jpg

ウバユリ
P2220253_convert_20140222171815.jpg

樹林帯の中の不動山の山頂  展望はありません。 
P2220254_convert_20140222171855.jpg

オニシバリ  多く見られましたが蕾をつけているのは少なかったです。
P2220256_convert_20140222171932.jpg

がくが反り返っていませんので日本(カントウ)タンポポのようです。
P2220257_convert_20140222172002.jpg

山の中腹にも梅の木がありました。
P2220259_convert_20140222172036.jpg

ヤブツバキ
P2220260_convert_20140222172112.jpg

フキノトウ
P2220263_convert_20140222172149.jpg

山麓から不動山を見る。
P2220264_convert_20140222172224.jpg






















スポンサーサイト
2014-02-22 : 神奈川の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

番外編 世界らん展日本大賞2014 & 小石川後楽園

先週の大雪の翌日に世界らん展を東京ドームに見に行きました。後日、読売新聞を見ていたら世界らん展に青いコチョウランが出品されていると書いてありました。

青い色の花のコチョウランは見ていなかったので、再度、東京ドームに出かけてきました。先週は大雪の翌日だったのですいていましたが、今日はずいぶんと混んでいました。

東京ドームを出たら小石川後楽園の看板があり、ラン展の入場券の半券を見せれば割引と書いてありましたので、後楽園
の梅もついでに見てきました。


青いコチョウラン  遺伝子組み換えにより青い色のコチョウランができたそうです。すごい人だかりでした。ガラスのケース内にありましたので、撮るのが大変でした。
P2210155_convert_20140221170815.jpg

P2210157_convert_20140221170855.jpg

P2210158_convert_20140221170926.jpg

P2210163_convert_20140221171003.jpg

先週とは違ったランを撮ってみました。
P2210166_convert_20140221171035.jpg

P2210167_convert_20140221171104.jpg

P2210170_convert_20140221171131.jpg

P2210174_convert_20140221171203.jpg

P2210175_convert_20140221171233.jpg

P2210177_convert_20140221171304.jpg

P2210192_convert_20140221171346.jpg

黒い色でした。クロユリは黒より濃い茶色ですが、この黒は真っ黒でした。
P2210194_convert_20140221171418.jpg


小石川後楽園
P2210200_convert_20140221171541.jpg

P2210201_convert_20140221171616.jpg

P2210205_convert_20140221171805.jpg

P2210212_convert_20140221171916.jpg

P2210213_convert_20140221171945.jpg

P2210214_convert_20140221172020.jpg

P2210219_convert_20140221172211.jpg

P2210220_convert_20140221172254.jpg

フクジュソウが咲いていました。
P2210215_convert_20140221172058.jpg

P2210218_convert_20140221172139.jpg

馬酔木にのぼみ
P2210202_convert_20140221171700.jpg







2014-02-21 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

番外編  世界らん展日本大賞2014

二週続けて週末は雪になり山歩きもお休みにしました。山の花の追っかけを高山植物と亜高山植物だけのときは夏場だけでしたので、冬の雪山では奥秩父、西丹沢、大菩薩などに、春の残雪期には南アルプスや八ヶ岳などにも登っていました。

花の追っかけを低山、里山まで広げていったら雪山もすっかり遠ざかってしまいました。里山ではセリバオウレンやフクジュソウも咲き始めたのに、この雪で埋まってしまい花追いのスケジュールもすっかり狂ってしまいました。秩父のセツブンソウもいつもの時期に愛でることはできないかなと思っています。

山の花も見られないので、東京ドームに世界らん展日本大賞2014を見に行ってきました。


日本大賞受賞のラン
P2150146_convert_20140216104228.jpg

IMG_3188_convert_20140216102942.jpg

IMG_3192_convert_20140216102833.jpg

IMG_3196_convert_20140216103041.jpg

IMG_3198_convert_20140216105213.jpg

IMG_3202_convert_20140216103123.jpg

IMG_3215_convert_20140216103208.jpg

IMG_3216_convert_20140216103254.jpg

IMG_3217_convert_20140216103330.jpg

IMG_3218_convert_20140216103419.jpg

IMG_3221_convert_20140216103500.jpg

IMG_3224_convert_20140216103542.jpg

IMG_3228_convert_20140216103625.jpg

IMG_3234_convert_20140216103712.jpg

IMG_3240_convert_20140216103757.jpg

IMG_3245_convert_20140216103834.jpg

IMG_3247_convert_20140216103911.jpg

IMG_3250_convert_20140216103950.jpg

IMG_3257_convert_20140216104029.jpg

IMG_3258_convert_20140216104106.jpg

IMG_3259_convert_20140216104145.jpg

P2150147_convert_20140216104257.jpg

P2150148_convert_20140216104334.jpg

P2150151_convert_20140216104440.jpg
2014-02-16 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥相模 鷹取山 【H26/2月】

奥相模という山域は地図にもガイドブックにも載っていません。このブログが勝手に決めた山域です。相模原市緑区のうち高尾山系(小仏城山から陣場山とそれから派生している尾根並びに南高尾山稜)を除いた地域を奥相模としています。

2月の初日は天気もよく、風もなく比較的暖かな陽気でした。鷹取山へは中央線の藤野駅で下車し、登山口となる藤野神社から登りました。

鷹取山への尾根道は主に雑木で、ところどころ開けていて展望もありました。この尾根には岩戸山と小渕山がありますので、山頂を踏むと下りになり、また登りとなりますが全体的には緩やかな登りでした。

この尾根にはナガバノコウヤボウキがずっとありました。ツツジが多く春には見ごたえがありそうだと思いました。


ナガバノコウヤボウキの綿毛(冠毛)  一般的な色のものです。
P2010115_convert_20140201170319.jpg

今回も色つきを探しました。こちらは赤みが強いです。
IMG_5996_convert_20140201170154.jpg

こちらはピンク系の色です。
P2010132_convert_20140201171310.jpg

サルトリイバラの実  実も落ちてきています。
P2010116_convert_20140201170412.jpg

明るい尾根道でした。
P2010117_convert_20140201170507.jpg

クズの実
P2010121_convert_20140201170622.jpg

ヤブコウジの実
P2010124_convert_20140201170719.jpg

岩戸山の山頂
P2010128_convert_20140201231506.jpg

ヘクソカズラの実
P2010125_convert_20140201170814.jpg

ところどころ開けた場所がありました。上野原方面の街並みが見えました。
P2010126_convert_20140201170922.jpg

シュンランに花芽が出ていました。
P2010127_convert_20140201171015.jpg

小渕山の山頂
P2010131_convert_20140201171218.jpg

ドングリ 実が割れ根がでて土の中に入っていました。
P2010135_convert_20140201171408.jpg

カシワバハグマ ??の綿毛 
P2010136_convert_20140201171509.jpg

登山道
P2010137_convert_20140201171614.jpg

陣場山が見えました。
P2010138_convert_20140201171729.jpg

望遠で撮ってみました。山頂の茶店が見えます。
IMG_6003_convert_20140201170232.jpg

鷹取山の山頂
P2010140_convert_20140201171923.jpg

ツツジの花芽も膨らんでます。
P2010143_convert_20140201172019.jpg

トキリマメの殻 実は落ちていました。
P2010145_convert_20140201172115.jpg

















2014-02-01 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR