山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

奥多摩 今熊山~小峰公園 【H26/3月】

今熊山が奥多摩の山域に入るのか微妙なところですが、便宜、奥多摩にしています。今回は今熊山の金剛の滝付近のハナネコノメが見頃かと思って行ったのですが、残念ながら開花が遅れていました。

今熊山山頂から金剛の滝を経て登り下りを繰り返して進むと、小峰公園の最高地点に出ました。小峰公園ではセリバオウレンがまだ見られました。カタクリも咲いていました。小峰公園の後は、秋川流域のカタクリの自生地に行きました。

アオイスミレ
P3280585_convert_20140329072958.jpg

タチツボスミレ
P3280589+(2)_convert_20140329074629.jpg

コスミレ ?
P3280576+(2)_convert_20140329072818.jpg

カンスゲ
P3280583_convert_20140329072846.jpg

登る途中に展望の効くところがあります。五日市の街並みが見えました。
P3280596_convert_20140329073145.jpg

ミミガタテンナンショウ
P3280584_convert_20140329072928.jpg

ヤブツバキ  今熊山はヤブツバキがいたるところにありました。
P3280595_convert_20140329073108.jpg

山頂直下の道標  左に行くと戸倉三山につながっています。
P3280597_convert_20140329073216.jpg

カンアオイ
P3280599+(2)_convert_20140329074307.jpg

今熊山山頂
P3280600_convert_20140329073356.jpg

ヤマルリソウ  「クワガタソウ ???」と表記してましたが当ブログを訪れた「きゅー」様からヤマルリソウと教えていただきました。(4/14)
P3280603_convert_20140329073430.jpg

金剛の滝付近  雪崩で?木などが沢を埋めていました。
P3280614_convert_20140329074346.jpg

まだ雪が多く残っていました。雪の上には枯葉などが覆っていました。
P3280615_convert_20140329073639.jpg

期待していたハナネコノメはまだまだのようです。
P3280605_convert_20140329073507.jpg

P3280609+(2)_convert_20140329073532.jpg

小峰公園に行く山道
P3280616_convert_20140329073713.jpg

ナガバノスミレサイシン
P3280617+(2)_convert_20140329074414.jpg

小峰公園
セリバオウレン
IMG_3376_convert_20140329072511.jpg

カタクリ
IMG_3371_convert_20140329072432.jpg

アズマイチゲ
IMG_3379_convert_20140329072544.jpg

カタクリ自生地
カタクリ
IMG_3385_convert_20140329072627.jpg

IMG_3390_convert_20140329072701.jpg

IMG_3406_convert_20140329074207.jpg

アズマイチゲも咲いていました。
P3280633_convert_20140329073915.jpg






















スポンサーサイト
2014-03-29 : 奥多摩 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H26/3月】

3連休の最終日は植物観察会に参加してきました。フクジュソウ、コシノコバイモ、セツブンソウ、ミスミソウなどを観察しました。しかし、大雪のため花によっては開花が遅れていました。


フクジュソウ
フクジュソウの自生地は、林道を行き、雪の斜面を登って登山道に出たり、登山道から沢に降りたり、沢の上部の細い杣道をこわごわと通ったりして沢の上流部に着きました。とても一人だったら行けないところにフクジュソウの群生地があり一面に黄色になっているはずでしたが、残念ながらフクジュソウは芽がでたばかしでした。観察会の先生が探したところ岩の上に咲いているのがありました。大変な思いをして登ってきたので花が見られて感動ものでした。
IMG_6104_convert_20140324202313.jpg

IMG_6109_convert_20140324202400.jpg

IMG_6112_convert_20140324202435.jpg

P3230544_convert_20140324202745.jpg

P3230545+(2)_convert_20140324202834.jpg

フクジュソウの自生地付近
P3230549_convert_20140324202919.jpg


コシノコバイモ
コシノコバイモは新潟県に咲く花かと思っていましたが、新潟県以外にも自生しているそうです。自生地では芽がでたばかりのものしかありませんでしたが、先生が沢を渡った対岸の斜面で蕾をつけたものを見つけました。沢を渡り、沢に落ち込んでいる斜面の上の杣道を登り観察しました。戻るときは足元に沢が見えるので、びびりながらへっぴり腰で降りました。
P3230551_convert_20140324203007.jpg

IMG_6124_convert_20140324202556.jpg


セツブンソウ
セツブンソウは2か所で観察しました。一つは山の中にある沢沿いの岸の上に咲いていました。近づけないので望遠で撮りました。
IMG_6120_convert_20140324202506.jpg

あと1か所は民家の裏山で、一面にセツブンソウが咲いていました。少し盛りを過ぎていました。ここのセツブンソウは秩父のセツブンソウより小さいと感じました。
IMG_6130_convert_20140324202627.jpg

このセツブンソウはがく片(花びらではありません)が8枚ついています。
P3230556_convert_20140324203049.jpg


ミスミソウ
観察会で一番見たかった花です。新潟の各地で咲くオオミスミソウは色とりどりですが、ここの自生地のミスミソウの花は白だけでした。
IMG_6142_convert_20140324202655.jpg

P3230566_convert_20140324203159.jpg

P3230568_convert_20140324203234.jpg







2014-03-24 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

秩父 里山のふもと 【H26/3月】

3連休の初日に秩父方面のセツブンソウの自生地を回ってきました。昨年より二週遅くなりましたが、今年の大雪のためちょうど見ごろとなっていました。

秩父方面は杉花粉が黄色く飛んでいるのが分かるくらいでしたので、くしゃみと鼻水で大変でした。


セツブンソウ  自生地四か所を回ってきました。自生地により葉の色とかに違いがあります。
IMG_3333_convert_20140322144441.jpg

IMG_3352_convert_20140322144509.jpg

P3210505_convert_20140322145425.jpg

P3210529_convert_20140322144656.jpg

RSCN7814_convert_20140322144859.jpg

RSCN7815_convert_20140322144920.jpg

二か所目の自生地 自生地の半分は雪がありました。
P3210514_convert_20140322144623.jpg

このセツブンソウは秩父鉄道のある駅の敷地に咲いていました。数年前、駅員さんに教わりました。
DSCN7817_convert_20140322144341.jpg

今年は駅の敷地にアズマイチゲがありました。
DSCN7813_convert_20140322145350.jpg

「道の駅あらかわ」から武州日野駅に向かう途中から見る武甲山
P3210534_convert_20140322145736.jpg

上の写真を撮った近くにフキノトウがありました。
P3210535_convert_20140322144802.jpg

武州日野駅のホームには雪がまだありました。
P3210537_convert_20140322144836.jpg









2014-03-22 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

番外編 沖縄小浜島の野の花 【H26/3月】

石垣島、西表島で山歩きを楽しんだ後、小浜島に行ってみました。レンタルサイクルで観光し、ついでに道端などの野の花を愛でました。

イリオモテアザミ 
P3170486_convert_20140322103625.jpg

ランタナ ?
P3170488_convert_20140322103659.jpg

ショウジョウソウ  野のポインセチアとも言われているようです。
P3170490_convert_20140322103727.jpg

ノアサガオ
P3170492_convert_20140322103801.jpg

アメリカハグマ ??
P3170495_convert_20140322103827.jpg

???
P3170499_convert_20140322103857.jpg

ルリハコベ
P3170502_convert_20140322103927.jpg





2014-03-22 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄西表島 カンビレーの滝

西表島の大河、浦内川を遊覧船で軍艦岩まで行き、そこからマリユドゥの滝を経て、カンビレーの滝までのトレッキングをしました。(滝の名前は遊覧船を運営する「(資)浦内川観光」のパンフレットから引用しています。ガイドブック等ではマリュドゥの滝、カンピラの滝となっているのもあります。)

カンビレーの滝までは八年前に石垣島からのツアーで行ったことがあります。その時は帰りの遊覧船の時刻が指定されていたので早歩きで滝まで行って引き返したので、山の中の様子は覚えていませんでした。

今回、カンビレーの滝で見たい花が二つありました。セイシカとヤエヤマスミレです。この花を見たいために西表島まで来ました。昨年、西表島の仲間川の遊覧船に乗ったとき、船長が山の中腹に幻の花が見えますと言いました。あまりにも遠くなのでピンクの花だなくらいしか分かりませんでした。その後、幻の花を調べたらツツジ科の木本植物でセイシカという花でした。石垣島と西表島に自生しており、主に川沿いの崖地に生育しているそうで、数が少ないことから幻の花と呼ばれているようです。そのセイシカの花を目の前で見たかったのです。

ヤエヤマスミレも石垣島と西表島にしか自生していないスミレです。山の渓流の岩場に生育しており、葉は菱形になるのが典型とされています。心形になっているのがイリオモテスミレと呼ばれています。

花の名前が分からないものには???を付けました。また名前を付けても誤っている場合もあるかと思います。


セイシカ  カンビレーの滝付近で確認できたセイシカの木は2本でした。満開に咲いている木は藪の中で、ハブが怖くて中に入れませんでした。あと一本は登山道沿いにありましたが最盛期を過ぎてました。幻の花を目の前で見ることができました。
IMG_6022_convert_20140321223837.jpg

P3160432_convert_20140321225212.jpg

ヤエヤマスミレ  セイシカとは違って小さな花なので岩場を丹念に見ましたが見つからず、あきらめようとしたときに花らしきものが岩の窪みに見えました。近づいて見ると探し求めたヤエヤマスミレでした。このスミレを見られて嬉しくなりました。
IMG_6034_convert_20140321223950.jpg

IMG_6042+(2)_convert_20140321224017.jpg

IMG_6043_convert_20140321230710.jpg

遊覧船からの浦内川  上流に向かっています。
P3160407_convert_20140321224437.jpg

P3160409_convert_20140321224528.jpg

ヤエヤマヒルギ  根がタコの足みたいになっているのがヤエヤマヒルギだそうです。
P3160412_convert_20140321230801.jpg

テリハノギク ??
P3160417_convert_20140321224648.jpg

センリョウ
P3160418_convert_20140321224730.jpg

マリユドゥの滝  展望台から望む。日本の滝100選に選ばれています。
IMG_6015_convert_20140321223538.jpg

タイワンサギゴケ ?
IMG_6053_convert_20140321224214.jpg

カラコンテリギ
IMG_6016_convert_20140321223725.jpg

???   3/28西表森林生態系保全センターに照会したところ「オキナワシャリンバイ」と思われるそうです。
IMG_6018_convert_20140321223807.jpg

ヒメタムラソウ ??
IMG_6032_convert_20140321223905.jpg

ナガバイナモリ
IMG_6051_convert_20140321224115.jpg

ツルハグマ
IMG_6060_convert_20140321224242.jpg

ナガバイナモリ
IMG_6052_convert_20140321224149.jpg

重装備で西表島横断を目指す学生のパーティー
P3160450_convert_20140321230851.jpg

クチナシ
IMG_6061_convert_20140321224346.jpg

登山道
P3160427_convert_20140321225059.jpg

サキシマツツジ
P3160429_convert_20140321225137.jpg

キンギンソウ ??
P3160446_convert_20140321225325.jpg

カンビレーの滝
P3160433_convert_20140322004615.jpg

クマタケラン
P3160451_convert_20140321225439.jpg

オオムラサキシキブ  下流船着き場付近
P3160455_convert_20140321225618.jpg

巨大なシダの葉
P3160461_convert_20140321225658.jpg

イボタクサギ
P3160479_convert_20140321230934.jpg

ヤエヤマヒルギ
P3160480_convert_20140321225834.jpg

























2014-03-22 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄石垣島 於茂登岳 【H26/3月】

沖縄県の最高峰・於茂登岳は沖縄本島ではなく石垣島にあります。最高峰の於茂登岳に行ってきました。登山口までのアプローチ、ハブの心配、亜熱帯植物の知識不足などを考慮してガイドさんについていただきました。

それほど暑くもなく登山には適した気候でした。ガイドさんの後を遅れないように歩きました。思ったより花は少なかったです。ガイドさんによれば6月ごろは花が多いとか。花だけでなく木について、あるいは葉についての説明を受けながら歩きました。


サキシマツツジ  登山口の近くに咲いていました。
P3150392_convert_20140318215141.jpg

クマタケランの実  名前にランと付いていますがラン科ではありません。葉はヤブミョウガに似ています。
P3150350_convert_20140318213406.jpg

カゴメランの葉  花は秋に咲きます。  
P3150352_convert_20140318213539.jpg

水の碑のようです。ガイドさんから説明を受けましたがメモしませんでした詳しくは?。手を合わせました。
P3150351_convert_20140318213450.jpg

オオバギ  大きい葉から名がついたようです。葉柄が葉の中央付近から出ています。  
P3150354_convert_20140318213637.jpg

登山道です。亜熱帯の森の中を歩きます。
P3150384_convert_20140318215014.jpg

スダジイ(イタジイ)  於茂登岳の巨木、ブナ科の樹木です。
P3150357_convert_20140318213721.jpg

マツバラン  木に着生しています。松の葉に似ているから名がついたそうです。シダ植物です。
P3150359_convert_20140318213812.jpg

サツマイナモリ  沢に咲いていました。 
P3150360+(2)_convert_20140318213847.jpg

カラコンテリギ  単に「ヤマアジサイ」とも呼んでいるようです。
P3150363+(2)_convert_20140318213922.jpg

エゴノキ  ガイドさんからは「エゴノキ」と教えてもらいました。リュウキュウエゴノキとも呼ぶみたいです。
P3150365_convert_20140318214007.jpg

登山道が開けたところに出たとき隣の山が見えました。
P3150366_convert_20140318214052.jpg

ユウコクラン  蕾がついてました。ラン科の植物です。
P3150367_convert_20140318214142.jpg

山頂
P3150368_convert_20140318214233.jpg

P3150369_convert_20140318214327.jpg

山頂からの展望
P3150371_convert_20140318214415.jpg

シャリンバイ  バラ科の植物だそうです。
P3150374_convert_20140318214515.jpg

リュウキュウパライチゴ
P3150379_convert_20140318214650.jpg

センリョウ  南の島にも自生しているので驚きました。
P3150381_convert_20140318214737.jpg

無名の滝  登山道から離れ踏み跡を辿ると三段の滝が現れました。名前のない滝だそうです。
P3150382_convert_20140318214827.jpg

イヌビワの仲間の木だそうです。葉脈が非対称となっています。
P3150383_convert_20140318214909.jpg

ルリミノキ  実が瑠璃色のため名がついたようです。
P3150390_convert_20140318215055.jpg

今回ガイドをお願いしたのは「石垣島自然体験ツアー エコツアーBe-Wonder」のオーナーの白鳥さんでした。
植物の解説だけでなく3Dクモの巣やシロアリの巣について、大雨で崩れた場所の説明など多岐にわたり興味深くお聞きしました。
2014-03-18 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

東京都自然公園 小峰公園 【H26/3月】

小峰公園の雪も溶けてセリバオウレンの花が一斉に咲きました。昨年は2月の半ばに訪れましたが、今年は雪のためずいぶん遅れました。

セリバオウレンを愛でた後は、里山尾根を登り小峰公園の最高地点に行き、桜尾根を下りました。今回はのんびりとした里山歩きでした。


セリバオウレン
IMG_3276_convert_20140308161837.jpg

IMG_3286+(2)_convert_20140308161913.jpg

IMG_3291_convert_20140308161956.jpg

IMG_3300_convert_20140308162040.jpg

IMG_3310_convert_20140308162119.jpg

IMG_3313_convert_20140308162152.jpg

P3080326_convert_20140308162224.jpg

P3080328_convert_20140308162302.jpg

P3080333_convert_20140308162344.jpg

P3080336_convert_20140308162420.jpg

コウヤボウキ
P3080337_convert_20140308162503.jpg

シュンランの花芽が上がってきました。
P3080338_convert_20140308162543.jpg

里山尾根の登山道
P3080339_convert_20140308163431.jpg

ヤブコウジ
P3080341_convert_20140308162711.jpg

最高地点の直下 急な階段が続きます。写真だとなだらかに見えますが、何しろ急でした。
P3080343_convert_20140308162803.jpg

最高地点の看板
P3080344_convert_20140308162843.jpg

ヤブツバキ
P3080345_convert_20140308162927.jpg

桜尾根にはところどころ雪が残っていました。
P3080347_convert_20140308163012.jpg

ジャノヒゲ
P3080348_convert_20140308163056.jpg





2014-03-08 : 東京の里山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川横須賀  三浦富士~武山 【H26/2月】 

奥多摩や高尾山系などは、まだ雪がいっぱい残っているとか。早春に咲く花々は雪の下。二月の末日、雪のない三浦半島の三浦富士から武山を歩いてきました。山を下りてから三浦海岸駅前の河津桜を見てきました。

三浦富士の山頂手前から武山までヒメウズがいたるところにありましたが最盛期は過ぎてました。スミレも日当たりのよいところに咲いていました。


三浦富士を登るのに予定では東光寺から警察犬訓練所を通っていくはずでしたが、途中に三浦富士の看板があったので、ここから登りました。
P2280265_convert_20140301102903.jpg

登山道です。
P2280266_convert_20140301102934.jpg

登山道の脇には大きなヤブツバキがありました。
P2280267_convert_20140301103002.jpg

タブノキ
P2280269_convert_20140301103036.jpg

一本の木から何本も枝がでていました。
P2280270_convert_20140301103105.jpg

サネカズラ(ビナンカズラ)
P2280271_convert_20140301103130.jpg

トキリマメだと思いましたが、葉の形が丸っぽいのでタンキリマメかもしれません。
P2280273_convert_20140301103158.jpg

ヤブコウジ
P2280277_convert_20140301103255.jpg

三浦富士の山頂
P2280289_convert_20140301103325.jpg

山頂からの展望 伊豆大島
P2280293_convert_20140301103350.jpg

日本(カントウ)タンポポでした。各地で西洋タンポポが多いなか、ここの山は日本のタンポポが頑張っています。
P2280294_convert_20140301103421.jpg

ヒメウズ  小さい花です。
P2280295_convert_20140301103452.jpg

ヒメウズの中を覗いてみました。
P2280311_convert_20140301103747.jpg

野生のスイセン??が咲いていました。
P2280299_convert_20140301103522.jpg

スミレ  最初はタチツボスミレかと思いましたが、葉が披針形なのでタチツボスミレではないと判断しました。スミレの同定は「山渓ハンディ図鑑6増補改訂日本のスミレ(いがりまさし)」を使っています。葉の形からナガバノタチツボスミレか、ナガバノスミレサイシンか、距が長いのでナガバノタチツボスミレかと思いました。しかし本によれば静岡から西に分布となっており、何スミレか判断はできませんでした。
P2280303_convert_20140301103551.jpg

葉の形は披針形、葉の裏は緑色でした。
P2280305_convert_20140301103618.jpg

タチツボスミレ  葉は心形です。
P2280313_convert_20140301103817.jpg

P2280315_convert_20140301103915.jpg

登山道の道標
P2280310_convert_20140301103719.jpg

砲台山(大塚山)  昭和初期に海軍が砲台を造ったことから砲台山と呼ばれるそうです。すり鉢の中央に高角砲が据え付けられていたそうです。
P2280309_convert_20140301103650.jpg

ヤブラン
P2280314_convert_20140301103847.jpg

武山の展望台  ここはお寺があり車が入ってこれます。
P2280318_convert_20140301104054.jpg

展望台からの眺め  房総半島が見えます。
P2280316_convert_20140301103950.jpg

横浜方面です。
P2280317_convert_20140301104021.jpg

三浦海岸駅付近の河津桜
IMG_3263_convert_20140302103706.jpg

IMG_3262_convert_20140302103625.jpg

IMG_3268_convert_20140302103733.jpg

IMG_3272_convert_20140302103800.jpg























2014-03-01 : 神奈川の里山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR