山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

奥多摩 鳩ノ巣渓谷 【H26/5月】

鳩ノ巣渓谷に行ってきました。お目当ての花はニッコウキスゲです。

奥多摩にニッコウキスゲが咲くのは知っていました。古い本ですが「奥多摩の花」(昭和57年3月20日講談社)によれば日原の孫惣谷にあると掲載されていましたので、山の奥深いところにニッコウキスゲがあるのだと思っていました。

ところが昨年暮れに、武蔵五日市駅前の紅茶と珈琲の店「山猫亭」のHPをみていたときに、2013年5月30日「ニッコウキスゲの花が盛りの中山の滝」を見つけ、秋川渓谷でニッコウキスゲが咲くことを知りました。秋川渓谷にあるのなら多摩川にもあるのではないかと思い検索したところ、鳩ノ巣や古里の付近にニッコウキスゲが自生していることを知りました。

そして開花の時期になりましたので、鳩ノ巣渓谷に出かけました。東京のニッコウキスゲが咲いていました。霧ヶ峰のような群生にはなっていませんが、そこそこには咲いていました。

IMG_3738_convert_20140531223641.jpg

IMG_3742_convert_20140531223713.jpg

鳩ノ巣渓谷には吊り橋も架かっています。この橋を渡っていくとニッコウキスゲの自生地があります。
IMG_3745_convert_20140531223801.jpg

IMG_3749_convert_20140531223842.jpg

IMG_3751_convert_20140531223922.jpg

IMG_3758_convert_20140531223959.jpg

P5301241_convert_20140531224357.jpg

IMG_3762_convert_20140531224038.jpg

IMG_3766_convert_20140531224201.jpg

IMG_3770_convert_20140531224700.jpg

このニッコウキスゲは対岸のかなり遠いところに咲いていました。コンデジの1200ミリ望遠で三脚を立てて撮りました。
IMG_6293_convert_20140531224729.jpg












スポンサーサイト
2014-05-31 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H26/5月】

植物観察会に参加してきました。観察地は3ヵ所で、ホテイラン、サカネラン、スズムシソウ、ササバギンランなどを観察しました。

ホテイラン   南アルプススーパー林道では簡単に見つけられますが、ここは探すのが大変でした。
P5251187_convert_20140525225452.jpg

サカネラン   初めて見るランでした。
P5251223_convert_20140525230146.jpg

P5251225_convert_20140525230219.jpg

スズムシソウ   高尾山系と箱根で見たことがあります。ここで見られたので3ヵ所目となります。
P5251220_convert_20140525230112.jpg

ササバギンラン   ここのササバギンランは小型でした。
IMG_3721_convert_20140525225024.jpg

P5251211_convert_20140525225924.jpg

フデリンドウ  ホテイランを探しているときに見つけました。
P5251170_convert_20140525225137.jpg

ワチガイソウ
P5251175_convert_20140525225205.jpg

ハシリドコロ
P5251184_convert_20140525225314.jpg

ヤマエンゴサク
P5251185_convert_20140525225345.jpg

ニリンソウ
P5251202_convert_20140525225658.jpg

イチリンソウ
P5251205_convert_20140525225732.jpg

イカリソウ
P5251208_convert_20140525225843.jpg

ラショウモンカズラ
P5251213_convert_20140525225956.jpg

ミヤマハコベ
P5251217_convert_20140525230031.jpg

マイズルソウ
P5251228_convert_20140525230319.jpg

ツバメオモト
P5251197_convert_20140525225553.jpg

沢にはまだ雪が残っていました。
P5251169_convert_20140525225058.jpg

カエデの仲間 ?のようです。
P5251201_convert_20140525225626.jpg



















2014-05-26 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系  南高尾山稜 【H26/5月】

高尾山系の南高尾山稜を散策してきました。オカタツナミソウが真っ盛りであちらこちらに咲いていました。

シャガ
DSCN7837_convert_20140524220212.jpg

ヤマツツジ  まだ見られるのも幾つかありましたが、ほとんどは咲き終わりとなっていました。。
DSCN7846_convert_20140524220316.jpg

コアジサイ
DSCN7851_convert_20140524220351.jpg

コゴメウツギ
DSCN7853+(2)_convert_20140524220420.jpg

赤い実が木になっていました。
DSCN7857_convert_20140524220501.jpg

ニガナ
DSCN7859_convert_20140524220534.jpg

マルバウツギ
DSCN7861_convert_20140524220625.jpg

フタリシズカ
DSCN7867_convert_20140524224802.jpg

ミヤマナルコユリ
DSCN7873_convert_20140524220737.jpg

オカタツナミソウ
DSCN7879_convert_20140524220839.jpg

コバノタツナミ  花の向きがよくなかったです。オカタツナミソウより少なかったです。
DSCN7883+(2)_convert_20140524220906.jpg

ジュウニヒトエ  咲き終わりの花でした。
DSCN7890_convert_20140524221333.jpg

マルミノヤマゴボウ
DSCN7891_convert_20140524221024.jpg

ガクウツギ
DSCN7894_convert_20140524221150.jpg

バイカウツギだと思います。
DSCN7896_convert_20140524221450.jpg

ハンショウヅル
DSCN7899_convert_20140524220944.jpg

ヤマブキソウ  まだ咲き残っていました。
DSCN7905_convert_20140524221225.jpg

ヤブデマリ
DSCN7910_convert_20140524221524.jpg












2014-05-24 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 【H26/5月】

高尾山系を散策してきました。

キンラン
IMGP2259(1)_convert_20140518153105.jpg

ササバギンラン
IMGP2296_convert_20140518153124.jpg

エビネ
IMGP2303_convert_20140518153146.jpg

オカタツナミソウ
IMG_1843_convert_20140518153042.jpg

ウマノアシガタ
IMG_1835+(2)_convert_20140518153020.jpg


2014-05-18 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 北高尾山稜 【H26/5月】

今月のボランティアの清掃登山は奥多摩を離れ高尾山系の北高尾山稜に行きました。八王子城跡から富士見台を経て駒木野に下山しました。標高は低くてもアップダウンの繰り返しがあり結構歩きでがありましたので高尾駅南口の居酒屋での反省会のビールは格別に美味かったです。

登山者の少ないコースですが、ペットボトルが捨てられたりゴミがいろいろありました。ゴミを探し拾いながら花を撮りました。

ムべ  
P5101129_convert_20140511070510.jpg

セリバヒエンソウ
P5101130_convert_20140511070541.jpg

アカバナユウゲショウ
P5101133_convert_20140511070640.jpg

シャガ
P5101135_convert_20140511070739.jpg

クワガタソウ
P5101138_convert_20140511070832.jpg

イチリンソウ
P5101139_convert_20140511070909.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
P5101141+(2)_convert_20140511070936.jpg

八王子城跡御主殿跡から本丸跡への登山道沿いにある戦国時代の石垣(このコースはガイドさんがついてないと登れないそうです)
P5101145_convert_20140511071043.jpg

ヤマツツジ
P5101150_convert_20140511073027.jpg

タチツボスミレ
P5101153_convert_20140511071159.jpg

ホウチャクソウ
P5101154_convert_20140511071239.jpg

ガクウツギ
P5101155_convert_20140511071313.jpg

コミヤマスミレ  高尾山系では一番遅く咲くスミレと言われています。
DSCN2821_convert_20140511094834.jpg

カンアオイ
P5101157_convert_20140511073104.jpg

ムラサキケマン  一瞬ジロボウエンゴサクと思いましたが葉がセリ葉状なのでムラサキケマンでした。
P5101161_convert_20140511073137.jpg




続きを読む

2014-05-11 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

東京府中 浅間山(せんげんやま) 【H26/5月】

曇り空で肌寒い連休の最終日でしたが、今年もムサシノキスゲの咲く頃になりましたので浅間山に出かけてきました。

キンランやササバギンランは最盛期でした。この浅間山は地元の保護団体の人たちによってムサシノキスゲをはじめ野草が守られています。


ムサシノキスゲ
IMG_3675_convert_20140506151122.jpg

IMG_3676_convert_20140506152158.jpg

P5061126_convert_20140506151800.jpg

キンラン
P5061125_convert_20140506151718.jpg

IMG_3693_convert_20140506151340.jpg

ササバギンラン
IMG_3681_convert_20140506151308.jpg

P5061119_convert_20140506151607.jpg

ホウチャクソウ
P5061122_convert_20140506151642.jpg

シャガ
IMG_3678_convert_20140506154342.jpg

ハンショウヅル
IMG_3713_convert_20140506151423.jpg








2014-05-07 : 東京の里山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

箱根 金時山 【H26/5月】

天気のよいのは「みどりの日」までとの予報だったので、連日の山歩きとなりました。

人気のある山なので人でいっぱいだろうと思いましたが、天気のよいときに花を見たくて出かけました。目的地は金時山で、お目当ての花はコイワザクラでした。山は大賑わいでした。

足柄峠から入山し、金時登山口に下山しました。昨年、箱根の駒ヶ岳にコイワザクラを見に行ったときは花を探すのが大変でしたが、金時山は登山道を歩いていて見えるので探す苦労はありませんでした。

しかしコイワザクラは登山道が階段やはしごの連続するようなところの離れた山腹に咲いているので、後ろからは登山者が次から次へと来るし、上からは下山者が来るので、カメラを構えてのんびり花の写真を撮るような状態ではありませんでした。


コイワザクラ  250ミリの望遠で撮ってもこんな小さくしか写せませんでした。
IMG_3654+(2)_convert_20140506144003.jpg

IMG_3656+(2)_convert_20140506144031.jpg

このコイワザクラだけ手の届くところに咲いていました。
IMG_3664+(2)_convert_20140506144104.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
IMG_3646+(2)_convert_20140506143750.jpg

オトメスミレ(左)とタチツボスミレ
IMG_3672_convert_20140506144414.jpg

ナガバノスミレサイシン
P5041107_convert_20140506144737.jpg

エイザンスミレ
P5041108_convert_20140506144814.jpg

ニオイタチツボスミレ
P5041116_convert_20140506144919.jpg

アカフタチツボスミレ
P5041118_convert_20140506144955.jpg

ナツトウダイ
P5041100_convert_20140506144600.jpg

ムラサキケマン
P5041101_convert_20140506145542.jpg

ミツマタ
P5041103_convert_20140506144701.jpg

金時山の山頂は人でいっぱいでした。
P5041113_convert_20140506152336.jpg

人をいれずに富士山だけを撮りました。
IMG_3671_convert_20140506145510.jpg

先日登った丸岳が見えました。アンテナが見える山です。
IMG_3669_convert_20140506144305.jpg

フジザクラ(マメザクラ)
IMG_3668_convert_20140506144223.jpg

クサボケ
IMG_3648_convert_20140506143919.jpg

ミツバツツジ
IMG_3667_convert_20140506144146.jpg

マンサク ?? 矢倉沢峠に咲いていました。
IMG_3673_convert_20140506144445.jpg











2014-05-06 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

東海地方 【H26/5月】

東海地方の山の沢沿いに自生するキバナハナネコノメを愛でてきました。この花の存在を知って2年余り、ようやくキバナハナネコノメと出会うことができました。

憲法記念日の3日、東海地方は快晴で登山日和でした。東京から日帰りでは難しいので前日に新幹線とバスに乗り麓のいで湯に泊まりました。

自生する山はきれいに整備された植林帯の中を九十九折に登り、自然林を過ぎてから沢沿いに進みます。沢に入ったところからキバナハナネコノメがあり、感激でした。


キバナハナネコノメ
P5031087+(2)_convert_20140503232457.jpg

P5031047_convert_20140503230243.jpg

P5031048_convert_20140503230323.jpg

P5031052_convert_20140503230453.jpg

P5031053_convert_20140503230529.jpg

P5031085_convert_20140503231552.jpg

P5031087_convert_20140503231629.jpg

P5031093_convert_20140503231702.jpg

P5031098_convert_20140503231852.jpg

植林帯の山道
P5031039_convert_20140503230117.jpg

タチツボスミレ  登り始めてすぐにありましたが、花弁の色が珍しいので撮ってみました。
P5031035_convert_20140503230040.jpg

自然林になるとミツバツツジがありました。
P5031042_convert_20140503230153.jpg

沢の縁を歩くところもありました。まだ雪も残っていました。写真の下のほうの流木の付近にもびっしりとキバナハナネコノメが咲いています。
P5031065_convert_20140503230850.jpg

見たときはニリンソウと思いましたが葉が違っていますので調べたらツルシロカネソウと判明しました。(5/7修正)
P5031061_convert_20140503230636.jpg

ワチガイソウ
P5031062_convert_20140503230706.jpg

雪渓のようになっています。
P5031066_convert_20140503230952.jpg

イワボタンのようです。
P5031063_convert_20140503230738.jpg

トウカイスミレ ?? 小さなスミレでした。
P5031068_convert_20140503231026.jpg

アップして撮りました。
P5031069_convert_20140503232718.jpg

沢も源流近くになりました。
P5031070_convert_20140503231150.jpg

水の流れ出る最上部です。これが太平洋に流れ込む大河の源となります。
P5031071_convert_20140503231225.jpg

右側の斜面には雪がびっしりと残っていました。
P5031072_convert_20140503231334.jpg

富士山が見えました。
P5031075_convert_20140503231413.jpg
























2014-05-04 : その他の地域等 : コメント : 3 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR