山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

森吉山 【H26/6月】

森吉山へ6年ぶりに訪れました。角館から秋田内陸線に乗るなど不便なところの山ですが、花にひかれての再訪問です。花の百名山として知られ人気の山となっています。イワカガミとチングルマが多く咲いていました。


タニウツギ
IMG_4032_convert_20140629105452.jpg

ノウゴウイチゴ
IMG_0082_convert_20140629105259.jpg

ヒメイチゲ
IMG_4030_convert_20140629140341.jpg

ショウジョウバカマ
IMG_4026_convert_20140629105357.jpg

オオバキスミレ
P6271801_convert_20140629110134.jpg

P6271832_convert_20140629111041.jpg

ウスバスミレ
P6271805_convert_20140629110205.jpg

シラネアオイ
IMG_4071_convert_20140629105923.jpg

アカモノ
P6271794_convert_20140629105950.jpg

ウラジロヨウラクツツジ
P6271795_convert_20140629110020.jpg

ハクサンチドリ
P6271827_convert_20140629110811.jpg

ニッコウキスゲ
P6271807_convert_20140629110238.jpg

ニッコウキスゲと森吉山
P6271808_convert_20140629110312.jpg

ミズバショウ
P6271809_convert_20140629110344.jpg

ヒナザクラ
IMG_4038_convert_20140629105527.jpg

イワカガミ
IMG_4055_convert_20140629105748.jpg

P6271831_convert_20140629111011.jpg

IMG_4059_convert_20140629105821.jpg

IMG_4060_convert_20140629105850.jpg

イワイチョウ
IMG_4053_convert_20140629105708.jpg

お花畑
P6271812_convert_20140629110414.jpg

P6271813_convert_20140629110448.jpg

P6271825_convert_20140629110707.jpg

P6271826_convert_20140629110743.jpg

P6271828_convert_20140629110846.jpg

P6271829_convert_20140629110916.jpg

森吉山の頂上   怪しい黒い雲が広がってきましたのでスマホで天気を確認したところ秋田県内陸に雷注意報が発令中。予定を変更して早々に下山しました。それから数時間後、下界は土砂降りと雷鳴。山の中にいた人は大変だったのではないかと思いました。
P6271814_convert_20140629140632.jpg

黒い雲が出ていましたが展望はよかったです。
P6271815_convert_20140629140709.jpg

ツマトリソウとゴゼンタチバナ
P6271822_convert_20140629110551.jpg

ツマトリソウ
P6271823_convert_20140629110631.jpg

ミツバオウレン
P6271830_convert_20140629110945.jpg

チゴユリ
IMG_0101_convert_20140629105324.jpg













スポンサーサイト
2014-06-29 : 東北の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

秋田駒ヶ岳 【H26/6月】

秋田駒ヶ岳に行ってきました。3回目となります。1回目は昭和の時代で、まだローカルの山で夏の最盛期に行きましたが登山者もまばらでした。木道もありませんし、お花畑に柵やロープもありませんでした。

2回目は2008年の6月に行きましたが、昔とは大きく変わっていました。「新花の百名山」に秋田駒ヶ岳が入ってからはメジャーな山になり全国各地から登山者が来るようになったようで登山道も整備されていました。平日にもかかわらず多くの登山者がいました。変わらないのは花の多さでした。

そして今回は行ってみたい場所がありました。当ブログに訪問してくださる方に「オニオン」さんがいます。オニオンさんのブログ「たまねぎサラダ山盛り」の昨年7月に秋田駒ヶ岳が掲載されていました。その中にムーミン谷が出ていました。ムーミン谷のことを初めて知りました。調べるとチングルマが咲く頃は素晴らしいところと知り行ってみたくなり、その機会をまっていました。

前日遅く新幹線で盛岡に入り、朝一番の列車で田沢湖駅に着きました。21日現在の花情報が駅に出ていました。ムーミン谷の木道の半分は雪に埋もれていると書いてありました。8合目の売店兼案内所で聞くと、雪も一部残っているが問題なく通れるが、チングルマはまだ咲いていないとのことでした。それでもムーミン谷に行くことにしました。その前に男女岳に登ってみました。八合目から山頂まで登山道の脇には次から次へと花が現れて、嬉しさいっぱいでした。


ハクサンチドリ  八合目から新道コースを登りました。ハクサンチドリがいきなり咲いていました。
P6261690_convert_20140628065446.jpg

雪がコースに残っていました。
P6261693_convert_20140628065640.jpg

ムラサキヤシオツツジ
P6261694_convert_20140628065732.jpg

オオバキスミレ
P6261695_convert_20140628065806.jpg

オオバキスミレをアップで撮ってみました。
P6261696_convert_20140628065841.jpg

スダヤクシュ
P6261700_convert_20140628065913.jpg

コミヤマハンショウヅル
P6261702_convert_20140628065946.jpg

エゾツツジ
P6261707_convert_20140628070024.jpg

キバナノコマノツメ
P6261709_convert_20140628070054.jpg

イワテハタザオ
IMG_3970_convert_20140629071719.jpg

ショウジョウバカマ
P6261712_convert_20140628070128.jpg

ノウゴウイチゴ
P6261713_convert_20140628070206.jpg

ミヤマキンバイ   黄色の花なのでミヤマダイコンソウと間違いやすいですがミヤマキンバイの葉はイチゴのような葉が三枚です。
P6261714_convert_20140628070238.jpg

ミヤマキンバイの群生
IMG_3994_convert_20140628064926.jpg

イワカガミ
P6261717_convert_20140628100402.jpg

ムシトリスミレ
P6261721_convert_20140628103717.jpg

あみだ池はもう少しです。前方の山は男岳です。
P6261726_convert_20140628100735.jpg

イワイチョウ
P6261727_convert_20140628100807.jpg

ヒナザクラ
P6261730_convert_20140628100844.jpg

ヒナザクラ
P6261732_convert_20140628100915.jpg

前方にあみだ池が見えてきました。この付近はお花畑になっています。
P6261734_convert_20140628100954.jpg

お花畑  チングルマやイワカガミが咲いていました。
IMG_3988_convert_20140628064705.jpg

お花畑   前方は男女岳の右斜面になります。
P6261741_convert_20140628101109.jpg

ミヤマウスユキソウ
P6261735_convert_20140628101029.jpg

チングルマ
P6261743_convert_20140628101158.jpg

イワベンケイ   男女岳への登山道脇に咲いていました。
P6261745_convert_20140628101236.jpg

男女岳の登りから乳頭山方面を望む。
P6261746_convert_20140628103839.jpg

アオノツガザクラ   
IMG_3993_convert_20140628064841.jpg

ミヤマダイコンソウ  葉が大きく葉脈が目立ち、縁には不揃いの鋸歯となっていますのでミヤマキンバイと区別できます。
P6261747_convert_20140628101403.jpg

ミヤマダイコンソウ
IMG_3996_convert_20140628065010.jpg

男女岳の山頂
P6261748_convert_20140628101442.jpg

あみだ池の右岸から男女岳を望む。
P6261752_convert_20140628101526.jpg

男岳の分岐からムーミン谷に向かいます。結構傾斜のきつい下りでした。
P6261754_convert_20140628101606.jpg

ミヤマスミレ
P6261758_convert_20140628101645.jpg

シラネアオイ
P6261760_convert_20140628101720.jpg

ムーミン谷のチングルマ   この光景が見たくて秋田駒ヶ岳に出かけました。
P6261764_convert_20140628101758.jpg

ムーミン谷につづく木道   振り返っての風景です。
P6261767_convert_20140628101853.jpg

イワカガミ
P6261768_convert_20140628101934.jpg

この先で、国見温泉からの登山道に合流します。
P6261769_convert_20140628102015.jpg

合流して横岳に向かうコースは大焼砂と呼ばれコマクサの群生地です。まだコマクサの季節になっていませんが、咲き始めていました。
IMG_4004_convert_20140628065220.jpg

IMG_4007_convert_20140628065337.jpg

エゾツツジの群生もありました。遠くなので望遠で撮りましたがこれが限度でした。
IMG_4005_convert_20140628065259.jpg

タカネスミレの群生
IMG_4009_convert_20140628065415.jpg

タカネスミレ
IMG_3991_convert_20140629071758.jpg

サンカヨウ   焼森から八合目に下るときに咲いていました。
P6261789_convert_20140628102101.jpg

アカモノ
P6261793_convert_20140629071833.jpg









































2014-06-28 : 東北の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

御坂 三ッ峠山 【H26/6月】

三ッ峠山に行ってきました。今回は奥多摩の清掃ボランティアの仲間で、山の花に詳しく環境省自然公園指導員をしているSさんとご一緒に登りました。花について、いろいろお聞ききしながら歩きました。


カモメラン  この数年、カモメランの咲く頃に訪れています。
P6211619_convert_20140622102157.jpg

P6211620_convert_20140622102228.jpg

シロバナカモメラン   Sさんが見つけました。カモメランの色落ちとは違うようです。
P6211621_convert_20140622102304.jpg

P6211623_convert_20140622102336.jpg

トリガタハンショウヅル  この花もSさんが見つけました。登山道の脇にある木にからんでいました。
P6211584_convert_20140622101838.jpg

ハンショウヅルの茶系統の色とは異なり、黄緑色で爽やかな感じのする花でした。
P6211585_convert_20140622101910.jpg

ヒメムヨウラン
P6211567_convert_20140622101547.jpg

カラマツソウ
P6211570_convert_20140622101623.jpg

ササバギンラン
P6211572_convert_20140622101655.jpg

ユキザサ
P6211576_convert_20140622101731.jpg

エゾノタチツボスミレ
P6211579_convert_20140622101803.jpg

ベニバナツクバネウツギ
P6211587_convert_20140622101940.jpg

ムラサキツリガネツツジ
P6211593_convert_20140622102011.jpg

サラサドウダンツツジ
P6211627_convert_20140622102447.jpg

ウマノアシガタ
P6211594_convert_20140622102041.jpg

ツルシロカネソウ
P6211597_convert_20140622102118.jpg

アヤメ   昨年より花が少なくなっているような気がしました。
P62116<br />30_convert_20140622102520.jpg

アマドコロ
P6211632_convert_20140622102552.jpg

ウスバサイシン   カンアオイの花に似ています。同じウマノスズクサ科のようです。カンアオイの葉は常緑ですがウスバサイシンは落葉するそうです。
P6211639_convert_20140622102632.jpg

三ッ峠山を下山してから周辺を回って花の観察をしてきました。
コアツモリ
P6211653_convert_20140622102750.jpg

P6211656_convert_20140622102828.jpg

クモキリソウ
P6211658_convert_20140622102907.jpg

セイタカスズムシソウに花が二つ咲いていました。全景はピンボケでしたので花のアップだけです。
P6211667_convert_20140622102946.jpg

P6211668_convert_20140622103023.jpg

イチヤクソウの蕾が膨らんできました。
P6211671_convert_20140622103102.jpg

ヤマオダマキ
P6211686_convert_20140622103234.jpg
2014-06-22 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

筑波山 【H26/6月】

筑波山に行ってきました。金曜日でしたが日本100名山の山のためか結構登山者が来ていました。筑波山はこれまで2回登っていますが2回とも冬だったので花の咲いている時期に来たのは初めてでした。今回のお目当ての花はホシザキユキノシタです。

春頃に何気なく筑波山にはどんな花が咲くのかネットで検索していたら筑波山の固有種でホシザキユキノシタがあるということを知りました。ホシザキユキノシタがいつごろ咲くのか、どこに咲くのか、などを調べて、咲いている頃と思い出かけました。


ホシザキユキノシタ     ユキノシタは花弁が5枚で下側の2枚が長くなっています。ホシザキユキノシタは長くならず上側の3枚の花弁と同じくらいの長さで、花弁の幅が狭く極端なものは下の花弁が退化して雄しべとなっている場合もあるそうです。
IMG_3949_convert_20140621165807.jpg

IMG_3943_convert_20140621165545.jpg

P6201500_convert_20140621165846.jpg

P6201518_convert_20140621165921.jpg

【参考】 ユキノシタ(高尾山)
DSCN2967_convert_20140621230044.jpg

シモツケ
IMG_3946_convert_20140621165625.jpg

男体山の下山途中から女体山を望む
IMG_0049_convert_20140621231232.jpg

コアジサイ
IMG_0052_convert_20140621231321.jpg

ヒメウツギ
IMG_3947_convert_20140621165702.jpg

アカショウマ
P6201534_convert_20140621165956.jpg

オカタツナミソウ
P6201535_convert_20140621170037.jpg

ウワバミソウ
P6201539_convert_20140621170125.jpg

ツルアリドオシ
P6201540_convert_20140621170215.jpg















2014-06-21 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H26/6月】

第3日曜日に開催された植物観察会に参加してきました。植物の名前は知っていても見たことのない花を色々と見られて満足のいく一日でした。

観察会の先生からは葉の延長が花なので、葉を見て植物名が分かるようにとのお話がありましたが、花の名前を覚えるので精いっぱいです。それでも参加者の中のある方は、先生が質問した葉で植物名をほとんど正解していました。すごいなと思いました。


富士山駅ホームから富士山がきれいに見えました。
P6151441_convert_20140617052934.jpg

ベニバナヤマシャクヤク   咲いている花と蕾が並んでいました。
IMG_0044_convert_20140622091822.jpg

素晴らしい色でした。
IMG_3865_convert_20140617051820.jpg

こちらは蕾ですが、翌日には咲いたのでは。
IMG_3866_convert_20140617051905.jpg

ハコネラン   昨年、箱根・金時山の茶屋で買った「金時山の花(高田和彦氏)」にハコネランが掲載されていて、いつか見れたらなと思っていたら、観察会で見ることができました。
IMG_3900_convert_20140617052435.jpg

ハコネランの特徴は、唇弁に細かな鋸歯があります。
IMG_3908_convert_20140617052514.jpg

小さな花なのでなかなかピントが合いませんでした。
P6151474_convert_20140617204423.jpg

アヤメ   最初はきれいだなと思っていましたが、次からつぎへと出てくると飽きてきました。
IMG_3840_convert_20140617051409.jpg

IMG_3887+(2)_convert_20140617205628.jpg

アオノマムシグサ
IMG_3842_convert_20140617051503.jpg

フナバラソウ   タチガシワに似ていると思いました。同じガガイモ科でした。
IMG_3844_convert_20140617051550.jpg

ムラサキ  根が染料になるとか。名前は知っていましたが、初めて見ました。
IMG_3883_convert_20140617052039.jpg

カイジンドウ
IMG_3874_convert_20140617051955.jpg

ヤマハタザオ
P6151453_convert_20140617204056.jpg

カナビキソウ   もの凄く小さな花でした。この花は半寄生植物だそうです。
P6151457_convert_20140617204211.jpg

エゾタチツボスミレ
P6151464_convert_20140617204259.jpg

オカグルマ
IMG_3893_convert_20140617205704.jpg

ヤブウツギ   もう咲き終わりの状態でした。一見、タニウツギに似ていますが、違いがあることを習いました。
P6151468_convert_20140617204346.jpg

ナガホノナツノハナワラビ
IMG_3899_convert_20140617052343.jpg

アブラシバ
IMG_3915_convert_20140617052603.jpg

サンショウバラ
IMG_3921_convert_20140617052644.jpg

ニシキウツギ  
IMG_3933_convert_20140617052725.jpg

ミツバウツギ
IMG_3938_convert_20140617052803.jpg

ヤグルマソウ
IMG_3894_convert_20140617052258.jpg

ウメガサソウ  まだ蕾でした。
P6151481_convert_20140617204510.jpg

ウマノアシガタ
P6151446_convert_20140617053012.jpg

フジイバラ
IMG_3939_convert_20140617052852.jpg

3ヵ所目の観察地のベニシャク、今年は蕾を持ちませんでした
P6151486_convert_20140617204636.jpg

ベニシャクの横にはヤマシャクがありました。ベニシャクとヤマシャクの見分け方を習いました。
P6151485_convert_20140617204553.jpg































2014-06-17 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥武蔵 棒ノ嶺 【H26/6月】

ボランティアの清掃登山で棒ノ嶺に行ってきました。棒ノ嶺は東京都と埼玉県との県境にあります。東京側から登ると奥多摩の山で、埼玉側から登ると奥武蔵の山になるようです。今回は埼玉県側から登り、黒山、小沢峠を経て埼玉県側に降りました。

沢沿いのコースを登りましたが、前日までの大雨のため沢は増水しており、沢を何回か渡るのには大変でした。沢の水を見て危険を感じて引き返すパーティもありました。

シモツケ
P6141411_convert_20140615222836.jpg

テイカカズラ
P6141408_convert_20140615222640.jpg

???  (H26/7/13補足 ボランティア仲間のMさんよりノビルとのご助言をいただきました。 )
P6141407_convert_20140615222605.jpg

サワギク
P6141418_convert_20140615222910.jpg

コアジサイ
P6141428_convert_20140615223011.jpg

棒ノ嶺の山頂
P6141429_convert_20140615223135.jpg

山頂から武甲山方面を望む
P6141430_convert_20140615223212.jpg

ネジキ
P6141431_convert_20140615223251.jpg

ヒゴスミレの葉  葉が5裂しているのでヒゴスミレと思います。
P6141435_convert_20140615223324.jpg

ホタルブクロ
P6141410_convert_20140615222747.jpg

シロバナホタルブクロ
P6141438_convert_20140615223356.jpg

クワガタソウ
P6141421_convert_20140615232138.jpg

ウリノキ
P6141440_convert_20140616050648.jpg


















2014-06-15 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

八ヶ岳山麓 【H26/6月】

関東地方が梅雨入りした日に1泊2日の八ヶ岳の山麓の高原を巡るツアーに参加しました。初日の午前中までは曇り空でしたが、昼過ぎからは雨、翌日も雨時々曇りで、一番期待していた場所も花もないようなコースを歩いたりしたので、山の花を満足に見ることはできませんでした。

高原に咲いている花は初夏の花がメインですが、まだ春の花もいろいろと咲いていました。

☆ 蓼科高原 ☆
アヤメ
IMG_3808_convert_20140607065144.jpg

マムシグサ
IMG_3810_convert_20140607065231.jpg

フタリシズカ
IMG_3812_convert_20140607065402.jpg

ベニバナイチヤクソウ
IMG_3814_convert_20140607065442.jpg

アマドコロ
IMG_3818_convert_20140607065529.jpg

ギンラン
IMG_3824_convert_20140607065619.jpg

タニウツギ
P6051317_convert_20140607065843.jpg

???
IMG_3826_convert_20140607065715.jpg

マイズルソウ
P6051320+(2)_convert_20140607072140.jpg

☆ 北八ヶ岳白駒池 ☆
苔と原生林
P6051327_convert_20140607070002.jpg

ウスギオウレン
P6051330_convert_20140607070051.jpg

残雪がありました。登山道がアイスバーンになっているところもありました。白駒池は霧の中で見えませんでした。
P6051332_convert_20140607070138.jpg

☆ 八千穂高原 ☆
ツマトリソウ
P6051340+(2)_convert_20140607070216.jpg

シロバナエンレイソウ
P6051352_convert_20140607070258.jpg

イカリソウ
P6051355_convert_20140607070342.jpg

レンゲツツジと白樺   八千穂高原の白樺の群生は日本一だそうです。
P6061357_convert_20140607070431.jpg

ズミの花が満開でした。
P6061360_convert_20140607070525.jpg

チゴユリ
P6061365_convert_20140607070610.jpg

シロバナヘビイチゴ
P6061366+(2)_convert_20140607072220.jpg

ヤマガラシ
P6061368_convert_20140607070726.jpg

雨に濡れていて花の開きがいまいちです。距が白であることや葉の形からオオタチツボスミレとおもいましたが ?
P6061371_convert_20140607072309.jpg

サラサドウダンツツジ
P6061372_convert_20140607070853.jpg

☆ 古谷渓谷 乙女の滝 ☆
ヤグルマソウ
P6061383_convert_20140607072405.jpg

乙女の滝
P6061378_convert_20140607070946.jpg

☆ 松原湖 ☆
クリンソウ  沢のところなので近づいて撮れませんでした。
P6061386+(2)_convert_20140607071122.jpg

ベニバナイチヤクソウ   群生地もありました。今回廻った中で松原湖が一番多く咲いていました。
P6061387+(2)_convert_20140607071158.jpg

レンゲツツジ
P6061391_convert_20140607071245.jpg

ジロボウエンゴサク
P6061399_convert_20140607071326.jpg




























2014-06-07 : 八ヶ岳・八ヶ岳山麓・霧ヶ峰 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 明王峠~高尾山 【H26/6月】

真夏のような暑さの中、汗を流しながら歩きました。JR相模湖駅で下車し与瀬神社から登り始めました。明王峠にでて、景信山を経て高尾山まで熱中症にもならず歩いてきました。

コバノタツナミ   明王峠へのコースにはコバノタツナミが多くありましたが、花が残っているのは僅かでした。南高尾山稜には多くあったオカタツナミソウは、このコースでは見かけませんでした。
P5311257_convert_20140601225040.jpg

フタリシズカ  花穂が2本以上だとフタリシズカ
P5311255_convert_20140601135205.jpg

イカリソウ  子孫山の下り道の脇に咲いていました。
P5311260_convert_20140601135237.jpg

ヤブレガサ  蕾が膨らんできています。
P5311261_convert_20140601135301.jpg

コアジサイ
P5311264_convert_20140601135333.jpg

ホタルカズラ  ほかの植物の葉の間に花がでています。 
P5311267_convert_20140601135404.jpg

ウマノアシガタ(キンポウゲ)
P5311270_convert_20140601135435.jpg

アマドコロ   茎が角張った感じなのでアマドコロだと思います。
P5311274_convert_20140601135522.jpg

葉の形からツボスミレかと思いました。
P5311277_convert_20140601135552.jpg

花を抱く二枚の苞葉があるのでワニグチソウ
P5311279_convert_20140601135620.jpg

景信山から小仏城山、高尾山方面を望む
P5311280_convert_20140601135655.jpg

こんな花も咲いてました。
DSCF6264+(2)_convert_20140601135125.jpg

P5311288_convert_20140601135806.jpg

ヤマボウシ
P5311281_convert_20140601135732.jpg

イナモリソウ
P5311297+(2)_convert_20140601135839.jpg

ホシザキイナモリソウ
P5311308_convert_20140601135942.jpg
















2014-06-01 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR