山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

山梨方面 【H27/3月】

今年最初の山梨方面で開催された植物観察会に参加してきました。快晴の天気で富士山も一日雲がかからずに綺麗に見えました。今回の参加者は少数だったため先生の説明もよく聞けました。観察会が終わり解散場所でも先生を囲んで花談義が続き、ラン科のある花の開花時期に緊急観察会を開催することまで決まり話が盛り上がりました。

昨年は大雪のため開花が遅れ空振りに終わったコシノコバイモですが、今年はちょうど見ごろでした。コシノコバイモは北陸~新潟地方に分布していますが、山梨県や静岡県にも隔離分布しているそうです。

沢の源流部にあるフクジュソウの自生地へは沢を高巻しながら行きましたが、葉がかなり出てやや遅かったようです。

当初予定のセツブンソウとミスミソウは開花時期が過ぎていることから観察を取り止めて、アズマイチゲの群生地に行きました。


富士山が一日雲がつかずに見えました。
P3281123_convert_20150329102128.jpg

ダンコウバイ
P3281072_convert_20150329101708.jpg

イワボタン
P3281073_convert_20150329101734.jpg

ミヤマウグイスカグラ
P3281100_convert_20150329101907.jpg

エゾアオイスミレ
P3281105_convert_20150329101936.jpg

コシノコバイモ  花被片の周囲に鋸歯かあり釣鐘型の花形が特徴となっています。
IMG_5624_convert_20150329101454.jpg

IMG_5626_convert_20150329101520.jpg

P3281081_convert_20150329101803.jpg

P3281097_convert_20150329101843.jpg

フクジュソウ
P3281115_convert_20150329102030.jpg

IMG_5637_convert_20150329101548.jpg

アズマイチゲ
IMG_5658_convert_20150329101614.jpg

IMG_5667_convert_20150329101642.jpg













スポンサーサイト
2015-03-29 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 & 片倉城址公園 【H27/3月】

平日の金曜日に高尾山に出かけてきました。6号路から入山し、稲荷山コースに出て高尾山山頂に。下山は蛇滝に降りて小仏川沿いに高尾駅まで歩きました。

高尾山の山頂は土日並みの混雑でした。6号路、蛇滝付近のハナネコノメは赤い葯は落ちていました。スミレ類はこれからが本番になりますが、ヒナスミレが目立つほどに咲いていました。キバナノアマナの咲く場所は地元の方が保護活動のために監視をしていました。

高尾駅で京王線に乗り、京王片倉駅で下車し、片倉城址公園で見ごろになったカタクリを見てきました。


ユリワサビ
P3270985_convert_20150328232921.jpg

アオイスミレ
P3270986_convert_20150328233016.jpg

ニリンソウ  花びらに見える萼片はややピンク色になっています。
P3270992_convert_20150328233122.jpg

ニリンソウ  6号路のニリンソウ、花びらに見える萼片は通常(5枚)より多くありました。
P3270993_convert_20150328233224.jpg

ヒナスミレ
P3271026_convert_20150328234151.jpg

アブラチャン
P3271022_convert_20150328234047.jpg

高尾山山頂からの富士山
P3271020_convert_20150328233939.jpg

ナガバノスミレサイシン
P3271041_convert_20150329000037.jpg

エイザンスミレ
P3271004_convert_20150328233531.jpg

ヤマルリソウ
P3271028_convert_20150328234425.jpg

タチツボスミレ
IMG_5556_convert_20150328232319.jpg

ヤマエンゴサク
P3271043_convert_20150329000143.jpg

ニリンソウ  花びらに似た萼片は通常5枚です。
P3271035_convert_20150328235906.jpg

キバナノアマナ
P3271048_convert_20150329000357.jpg

P3271058_convert_20150329000520.jpg

ヒメニラ
P3271054_convert_20150329000441.jpg

キクザキイチゲ
P3271039_convert_20150328235949.jpg

アズマイチゲ
P3271044_convert_20150329000232.jpg


片倉城址公園のカタクリ群生
IMG_5612_convert_20150328232833.jpg

カタクリ
IMG_5605_convert_20150328232731.jpg

IMG_5589_convert_20150328232506.jpg



























2015-03-29 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄 竹富島の野の花 【H27/3月】

沖縄の竹富島には石垣に囲まれた赤瓦屋根の家屋があり国の重要伝統的建造保存地区に指定されています。赤瓦の家屋がある集落から離れれば道路脇は草木に覆われています。草木に覆われたところに野の花が咲いていました。

ギンネム
P3210167_convert_20150324215908.jpg

キケマン
P3210169_convert_20150324220004.jpg

アメリカハマグルマ
P3210172_convert_20150324220112.jpg

ショウジョウソウ
P3210174_convert_20150324220213.jpg

ハマダイコン
P3210182_convert_20150324220331.jpg

ノゲイトウ
P3210189_convert_20150324220356.jpg

???
P3210180_convert_20150324220304.jpg

ハイビスカスかと思ったのですが、ちょっと違うような気もします。
P3210177_convert_20150324220240.jpg









2015-03-24 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄 西表島の野の花・山の花 【H27/3月】

真夏を思わせるような太陽が輝き青い空が広がる西表島に行ってきました。西表島は野生ランの宝庫と言われておりますが、残念ながらこの時期は端境期でした。

今回はガイドさんをお願いして山、里、海岸と幅広いフィールドでの植物観察をしてきました。亜熱帯の地に咲く花々は色も鮮やかなものが多くありました。

今回、ガイドしていただいたのは西表島白浜の金城旅館の女将である島袋ときわさんです。山梨方面の観察会メンバーのFさんからランの撮影に度々訪れてガイドしていただいているという話を伺っていたので、依頼しました。


コウトウシラン  ピンクの花で何とも言えぬ美しさでした。 
IMG_5434_convert_20150322104931.jpg

ヤエヤマスミレ  山道を登ってから沢に降り、沢の奥の岩に咲いていました。残念ながらこの沢には葉が心形のイリオモテスミレはありませんでした。
P3190079_convert_20150322110014.jpg

コウトウウシュウカイドウ
P3200114_convert_20150322110127.jpg

オジギソウ  
P3200102_convert_20150322110053.jpg

イリオモテアザミ
IMG_5475_convert_20150322105159.jpg

フトモモ
IMG_5497_convert_20150322105608.jpg

コロマンソウ 
IMG_5350_convert_20150322104340.jpg

カショウクズマメ
IMG_5358_convert_20150322104411.jpg

クロバナツルアズキ
IMG_5363_convert_20150322104441.jpg

コンロンカ
IMG_5364_convert_20150322104509.jpg

シマツユクサ
IMG_5365_convert_20150322104538.jpg

ツルハグマ
IMG_5371_convert_20150322104645.jpg

チリメンナガボウソウ
IMG_5368_convert_20150322104615.jpg

センダン
IMG_5373_convert_20150322104722.jpg

リュウゼツラン    里の花です。
IMG_5386_convert_20150322104803.jpg

センリョウ  実がついていました。
IMG_5401_convert_20150322104855.jpg

ハママンネングサ  海岸の花です。
IMG_5515_convert_20150322105848.jpg

テッポウユリ   これも海岸の花です。群生地に案内していただいたのですが今年は開花が遅れているそうでポツリポツリとしか咲いていませんでした。
IMG_5517_convert_20150322105924.jpg

モンパノキ   海岸の花です。
IMG_5478_convert_20150322105236.jpg

アダン  パインのような形をした実がついていました。
IMG_5479_convert_20150322105315.jpg

ハマウド  海岸の砂地に生えていました。
IMG_5481_convert_20150322105349.jpg

セイシカ   山の中で遠くに咲いていましたので望遠で撮りました。西表では川沿いに多くあります。
IMG_5492_convert_20150322105427.jpg

コバノツルアズキ
IMG_5506_convert_20150322105648.jpg

ノアサガオ
IMG_5508_convert_20150322105732.jpg

クワズイモ
IMG_5511_convert_20150322105804.jpg

テン二ンギク
IMG_5523_convert_20150322124316.jpg

キキョウラン
IMG_5528_convert_20150322124101.jpg

テリミノイヌホウズキ
P3190048_convert_20150322124527.jpg

ルリハコベ
P3190058_convert_20150322124358.jpg

ソコベニヒルガオ
IMG_5520_convert_20150322124208.jpg

キランソウ
P3190094_convert_20150322124438.jpg

キンギンソウ
P3190065_convert_20150322131524.jpg

































2015-03-22 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 景信山 【H27/3月】

奥多摩の清掃ボランティアは、今月も奥多摩を離れ高尾山系の景信山での清掃登山を行ってきました。高尾山と同様に登山道にはゴミはありませんが登山道脇の樹林帯にはペットボトルや缶、瓶などが沢山投げ捨てられていました。

小仏バス停から景信山に登り、小仏峠、小仏城山を経て尾根を日影まで下りました。先週の6号路とは違い、日影ではハナネコノメが満開でした。アオイスミレ、キクザキイチゲなども咲いており日影は花盛りでした。4時を過ぎて曇り空でしたのでアズマイチゲの花は閉じていました。

アブラチャン   黄色の花は目立ちます。
P3140945_convert_20150315071031.jpg

シュンラン  春の訪れを感じます。
P3140949_convert_20150315071109.jpg

ウグイスカグラ
P3140952_convert_20150315071210.jpg

コチャメルソウ  尾根から下って日影の沢を渡るところにありましたが花の向きがいまいちでした。
P3140955_convert_20150315071238.jpg

キクザキイチゲ
P3140965_convert_20150315071412.jpg

アオイスミレ
P3140960_convert_20150315071344.jpg

ハナネコノメ   
P3140982_convert_20150315071737.jpg

P3140979_convert_20150315071703.jpg

P3140978_convert_20150315071627.jpg

P3140970_convert_20150315071530.jpg

P3140969_convert_20150315071505.jpg

P3140968_convert_20150315071438.jpg















2015-03-15 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨甲州 小倉山 & 塩の山 【H27/3月】

甲州市(旧・塩山市)の小倉山の麓に流れる竹森川の沢沿いにザゼンソウの群生地があります。ここのザゼンソウは日本の南限に咲くそうです。今回はザゼンソウを愛でてから小倉山に登ってきました。久々に訪れましたが、入口付近は王宮ざぜん草公園として整備され随分と様変わりしていました。

ザゼンソウはその姿が座禅僧の姿に似るので、この名前がついたそうです。別名ダルマソウともいうそうで、達磨大師の姿に見立てたものだそうです。

小倉山の山頂から眼下に塩の山が見えました。平地にこの山だけがぼこっと出ています。中央線に乗るたびに気になっていた山でしたので、小倉山の帰りに塩の山を登ってみました。

塩の山は「塩山」の地名に由来になった山だそうです。古今和歌集の中で「志ほの山」と詠まれており、「四方から見える山」の意で「しほうのやま」から「しおのやま」と呼ばれるようになったと言われています。

ザゼンソウ
IMG_5268_convert_20150314212153.jpg

IMG_5276_convert_20150314212238.jpg

IMG_5278_convert_20150315051154.jpg

IMG_5281_convert_20150314212404.jpg

IMG_5284_convert_20150315051349.jpg

IMG_5285_convert_20150315051510.jpg

IMG_5290_convert_20150315051713.jpg

IMG_5294_convert_20150315051752.jpg

IMG_5296_convert_20150315051832.jpg

IMG_5298_convert_20150315051949.jpg

IMG_5297_convert_20150315051909.jpg

IMG_5306_convert_20150315052108.jpg

IMG_5326_convert_20150315052329.jpg

小倉山への登山道
IMG_0666_convert_20150314212025.jpg

小倉山の山頂展望台からの富士山
IMG_5319_convert_20150315052147.jpg

小倉山の山頂展望台から南アルプス甲斐駒ケ岳、鳳凰三山方面
IMG_5320_convert_20150315052236.jpg

小倉山の山頂展望台から塩の山
IMG_0668_convert_20150314212118.jpg

塩の山 山頂  霞んでて富士山は見えませんでした。
P3130934_convert_20150315052535.jpg

P3130933_convert_20150315052451.jpg

シュンランが咲いていました。
P3130930_convert_20150315052406.jpg





















2015-03-15 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H27/3月】

午前中は冷たい雨が降る日曜日でした。高尾山に春を告げる花、ハナネコノメが咲き始めたのか気になり、雨の中、6号路のハナネコノメの様子を見てきました。

全開していた花は一つだけでした。わずかですが赤い葯が見えるのがありましたが、ほとんどはまだ固い蕾でした。見ごろになるのには少し時間がかかりそうです。

雨が降っていて傘を差しながら写真を撮りましたが、メガネが曇ったりして80枚ほど撮った写真のほとんどがピンボケでした。掲載した写真もピントがあまいのばかりです。

ハナネコノメ
P3080920_convert_20150308144134.jpg

P3080902_convert_20150308143926.jpg

P3080911_convert_20150308143951.jpg

P3080918_convert_20150308144042.jpg

P3080919_convert_20150308144111.jpg

P3080924_convert_20150308144154.jpg







2015-03-08 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

秩父方面 【H27/3月】

秩父方面のセツブンソウの自生地を3ヵ所回ってきました。東京は曇り空でしたが、秩父は青空が広がっていました。その分、花粉も多く飛散していたようで帰るころにはくしゃみの連発でした。

一つ目の自生地は以前は足の踏み場もないくらいにセツブンソウがありましたが、年々減っていき今回はたったの30株くらいしかありませんでした。なぜなら鹿と猪の運動場のようになり踏み荒らしに掘り返しで荒れ放題になっていました。鹿の糞もいたるところにありました。

あと二つの自生地は鹿や猪は出ていないようなので例年通りに咲いていました。今年はすでに昭和記念公園と殿ケ谷戸庭園でセツブンソウを愛でていますが、元々は植栽されたものだと思います。やはり自然の中で咲いているセツブンソウのほうが一味違うかなと思いました。

セツブンソウ
IMG_5218_convert_20150306202939.jpg

IMG_5223_convert_20150306203008.jpg

IMG_5230_convert_20150306203104.jpg

IMG_5240_convert_20150306203132.jpg

IMG_5244_convert_20150306203201.jpg

IMG_5246_convert_20150306203226.jpg

IMG_5249_convert_20150306203254.jpg

IMG_5252_convert_20150306203327.jpg

IMG_5255_convert_20150306203357.jpg

IMG_5257_convert_20150306203426.jpg

IMG_5262_convert_20150306203503.jpg

P3060825_convert_20150306203535.jpg

このセツブンソウは秩父鉄道のある駅の敷地内に咲いていました。
P3060846_convert_20150306203629.jpg

オモト  3ヵ所目の自生地に行くときに登山道の横に赤い実をつけたオモトがありました。
P3060836_convert_20150306203605.jpg
















2015-03-07 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

千葉君津 高宕山 【H27/2月】

2月の最終日も青空が広がり登山日和となりました。房総の高宕山に行ってきました。自宅を7時30分に出て東京駅から快速電車で君津駅へ、バスを乗り継ぎ植畑上郷バス停に下車したのが11時30分。4時間の行程でした。そこから車道を30分ほど歩いて、ようやく登山口でした。本当に遠い遠い山でした。

それでもお目当てのスハマソウの花を愛でることができたときは遠い山でも来てよかったなと思いました。頂上からは見る風景は山ばかり。千葉県にこんなに山があったのかと思うくらいでした。

スハマソウはキンポウゲ科のミスミソウ属で、三つに裂けた葉の角が丸くなっています。日本に自生するミスミソウはオオミスミソウ、ミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウの4種類があるそうです。ケスハマソウは近畿以西と四国に分布しているので、東日本で見られるのは3種類だそうです。オオミスミソウは角田山と佐渡で、ミスミソウは山梨方面の観察会で愛でていますので、機会があればケスハマソウも愛でてみたいと思っています。

スハマソウ
IMG_5205_convert_20150301063629.jpg

IMG_5203_convert_20150301063559.jpg

IMG_5207_convert_20150301063705.jpg

P2280776_convert_20150301063909.jpg

P2280778_convert_20150301063947.jpg

P2280796_convert_20150301064529.jpg

P2280798_convert_20150301064601.jpg

P2280800_convert_20150301064637.jpg

ネコノメソウ
P2280770_convert_20150301063736.jpg

シュンラン  この山ではシュンランは花盛りでした。
P2280813_convert_20150301064925.jpg

石射太郎山近くのベンチ付近からの風景
P2280805_convert_20150301064820.jpg

P2280806_convert_20150301064852.jpg

タチツボスミレ
P2280802_convert_20150301064715.jpg

ヒメウズ  横を向いていたので正面から撮れませんでした。
P2280804_convert_20150301064750.jpg

カンアオイ  カンアオイは多く見られました。
P2280789_convert_20150301064426.jpg

ヤブツバキ
P2280785_convert_20150301064238.jpg

コウヤボウキの綿毛
P2280786_convert_20150301064308.jpg

岩のへこんだ下に大きな石塔がありました。山の中までどうやって運んだり積み上げたりしたのでしょうか。
P2280771_convert_20150301063805.jpg

高宕観音のお堂   お堂の半分くらいは岩の中にあります。源頼朝が戦勝祈願をしたと伝えられているそうです。このお堂の先に岩をくりぬいたトンネルかあり、抜けて進み、最後は梯子を上がると狭い高宕山の山頂に着きます。
P2280772_convert_20150301063836.jpg

山頂からの展望  山また山の風景です。
P2280780_convert_20150301064015.jpg

祠がありました。
P2280782_convert_20150301064113.jpg

山頂になぜかお釜もありました。
P2280783_convert_20150301104841.jpg

























2015-03-01 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR