山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

南箱根 岩戸山 【H27/5月】

5月最後の土曜日に熱海の北側にある岩戸山に行ってきました。天気もよく気持ちのよい1日でした。今回はお目当ての花はありませんでしたので気楽に歩いていました。

お目当ての花があると、初めての山だとどこに咲いているのか懸命に探しますし、植物の場所が分かっているときには、まだ咲いているのかと心配しながら歩きます。今回はどんな花が咲いているのか楽しみながら歩きました。


ニシキウツギ  花の色が三色になります。
P5301986_convert_20150531224229.jpg

P5301978_convert_20150531224030.jpg

コアジサイ  標高の低いところでは咲いていました。高いところはまだ蕾でした。
P5301975_convert_20150531223819.jpg

スイカズラ   花は黄色と白がありました。
P5301984_convert_20150531224113.jpg

岩戸山の山頂標識
P5301969_convert_20150531222711.jpg

熱海の海と伊豆半島の山   岩戸山の山頂から
P5301970_convert_20150531222805.jpg

ヒメハギ
P5301964_convert_20150531222531.jpg

タニギキョウ
P5301966_convert_20150531222618.jpg

ミヤマハコベ  5枚の花弁が裂けているので10枚に見えます
P5301945_convert_20150531222024.jpg

ヤマツツジ
P5301960_convert_20150531222406.jpg

ニョイスミレ
P5301958_convert_20150531222149.jpg

ニガナ
P5301942_convert_20150531221859.jpg

十国峠からの富士山
P5301940_convert_20150531221647.jpg

ニワゼキショウ  十国峠付近に沢山咲いていました。
P5301941_convert_20150531221809.jpg

ノアザミだと思います ?
P5301961_convert_20150531222447.jpg

テンナンショウの仲間
P5301959_convert_20150531222255.jpg




















スポンサーサイト
2015-05-31 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 南高尾山稜~小仏城山~高尾山 【H27/5月】

5月22日の金曜日に南高尾山稜から大垂水峠を越えて小仏城山、高尾山と歩いてきました。平日なのに高尾山口駅前はすごい人の数でしたが、南高尾山稜を歩いている登山者は僅かでした。

今回のお目当ての花はベニバナヤマシャクヤクでした。例年より早く咲いているのではとの予想を立て、咲いているのは3日間ほど、そして訪れたらどんぴしゃりでした。今年のヤマシャクヤクは紅白とも、うまく愛でることができました。

これから咲くと思っていたサイハイラン、イナモリソウ、セッコクなども愛でることができ楽しい1日となりました。


ベニバナヤマシャクヤク   見事な紅色でした。
P5221899_convert_20150523062544.jpg

P5221939_convert_20150523065337.jpg

サイハイラン  南高尾山稜の群生地ではほとんどは咲き終わって枯れていましたが四本だけ咲き残っていました。
P5221878_convert_20150523062214.jpg

ツレサギソウ  盗掘にあわず今年も咲いてくれました。 いつまでも山に残っていてほしいと思います。
P5221925_convert_20150523062926.jpg

キンラン  小仏城山付近では咲き終わっていましたが南高尾山稜では、まだ咲いていました。
P5221889_convert_20150523062515.jpg

ギンラン  枯れかかっていました。キンランに比べてギンランは少ないです。
P5221907_convert_20150523062644.jpg

オカタツナミソウ  南高尾山稜には登山道沿いのいたるところに咲いていました。
P5221879_convert_20150523062245.jpg

オカタツナミソウをアップで撮ってみました。
P5221872_convert_20150523062124.jpg

フタリシズカ  花穂が2本以上あってもフタリシズカです。
P5221873_convert_20150523062150.jpg

マルバウツギ  それほど丸い葉ではないですけどウツギよりは丸いので名がついたそうです。
P5221880_convert_20150523062313.jpg

ガクウツギ
P5221883_convert_20150523062414.jpg

ホタルブクロ  例年6月半ばくらいから咲くようですが、もう咲いていました。
P5221885_convert_20150523062447.jpg

オオバウマノスズクサ  サキソフォンのような形をしています。
P5221912_convert_20150523062746.jpg

テイカカズラ  キョウチクトウ科なのでキョウチクトウに似た花です。
P5221915_convert_20150523062821.jpg

スイカズラ   クサギのようにしべが長く出ています。
P5221919_convert_20150523062852.jpg

イナモリソウ
P5221933_convert_20150523063027.jpg

ホシザキイナモリソウ   ホシザキイナモリソウは高尾山で最初に発見されたそうです。
P5221931_convert_20150523062956.jpg

セッコク  6号路から高い杉の木に着生しているのを望遠で撮りました。近くで見れるのはケーブル駅の構内です。
IMG_6793_convert_20150523061925.jpg

IMG_6802_convert_20150523061950.jpg

IMG_6812_convert_20150523062020.jpg

ジャケツイバラ   これも6号路から望遠で撮りました。
IMG_6826_convert_20150523062046.jpg

盗掘した跡  ここは登山道脇の場所です。昨年までラン科の植物がありました。今年も花が咲いたのか覗いてみましたら植物はなく、穴が開いていました。ラン科の植物は盗掘に遭いました。盗掘は犯罪です。山に咲く花は山で見るのがマナーだと思います。
P5221881_convert_20150523062344.jpg























2015-05-23 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

【番外編】 沖縄 オリヅルスミレ

オリヅルスミレは1982年に沖縄本島の国頭村の渓流で発見されたスミレです。1988年に新種として学会で発表されましたが、その時すでに自生地はダム湖に沈んでいました。自然界では絶滅種となったスミレです。

オリヅルスミレはストロン(匍匐枝)を出して、その先端に新しい苗を作り増殖する姿を「折鶴」に見立て、それが和名になったと言われています。

自然界では絶滅になったオリヅルスミレですが、沖縄の海洋博記念公園を管理運営する沖縄美ら島財団の総合研究センターの研究施設では、広島市植物公園(広島県)で保護育成されていた株を譲り受け、栽培に関する調査研究を行うとともに、遺伝子源の保存に取り組まれているそうです。

沖縄の海洋博記念公園の熱帯ドリームセンターでは毎年3月に「沖縄のスミレとパンジー・ビオラ展」を開催しており、オリヅルスミレの展示も行っています。

オリヅルスミレの写真は沖縄美ら島財団の総合研究センターの許可(平成27年4月28日付け)を得て掲載しています。

オリヅルスミレ
P3180020_convert_20150519215802.jpg

2015-05-19 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄南城 ガンガラーの谷 【H27/5月】

5月15日は沖縄が本土に復帰してから43年たちました。その復帰の日にガンガラーの谷に行きました。ガンガラーの谷は鍾乳洞が崩壊してできた谷間に広がる太古の森です。

この森に見て観たい花の一つであるサクラランが咲くということをネット情報で知りました。ランと名がついてますが、ラン科の植物ではなくカガイモ科の植物です。

ガンガラーの谷は予約制でガイド付きのツアーでしか入ることができません。料金を払う受付の際にサクラランの開花状況を聞いたところ、もう咲いていますとのことでした。しかし付いたガイドさんは東京葛飾出身の沖縄在住5年目の方。「サクラランはどの辺に咲いているのですか」と尋ねたところ「サクラランてなんですか?」と、多分マニュアルに出てくる植物は分かるみたいでしたが「植物には詳しくないので」と言われてしまいました。 仕方なく四方八方見渡しながら歩きましたが見つからず空振りに終わりました。


ゲットウ   沖縄ではどこにでも見られる花です。
IMG_6772_convert_20150517100211.jpg

花をアップで撮ってみました。黄色の綺麗な花です。
IMG_6770_convert_20150517100036.jpg

クワズイモ   クワズイモの葉がガンガラー谷のシンボルマークになっていました。
IMG_6774_convert_20150517100240.jpg

クロツグ   ヤシ科の植物です。
IMG_6776_convert_20150517100313.jpg

オキナワスズメウリ  実です。
IMG_6784_convert_20150517100431.jpg

ヒギリ  まだ蕾です。森のあちらこちらに赤く見られました。
IMG_6787_convert_20150517100458.jpg

森の賢者 大主(うふしゅ)ガジュマル   沖縄でガジュマルをいろいろ見てきましたが、このガジュマルは見事でした。
IMG_6783_convert_20150517100407.jpg

IMG_6782_convert_20150517100343.jpg

ハマササゲ  この花はガンガラーの谷ではなく糸満漁港の付近で撮りました。
IMG_6789_convert_20150517100532.jpg














2015-05-17 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 奥多摩湖畔&むかし道 【H27/5月】

5月9日はボランティアの清掃登山で御前山に行くことになっていましたが、奥多摩湖でバスを降りて出発しようとしたら本降りの雨となりましたので急遽湖畔の清掃とむかし道の清掃になりました。ところが湖畔の清掃を始めたら雨も上がり結局その後は雨も降りませんでした。

清掃しながらちらりと花を愛でました。

奥多摩湖畔
ニョイスミレ
P5091841_convert_20150512223459.jpg

ムラサキケマン
P5091842_convert_20150512223532.jpg

ミヤマキケマン
P5091843_convert_20150512231357.jpg

マルバウツギ
P5091853_convert_20150512223633.jpg

ガクウツギ
P5091854_convert_20150512223701.jpg

ヤマツツジ
P5091857_convert_20150512223758.jpg

フジ
P5091855_convert_20150512223726.jpg

むかし道
セリバヒエンソウ
P5091858_convert_20150512223827.jpg

クワガタソウ
P5091859_convert_20150512223858.jpg

ジュウニヒトエ
P5091863_convert_20150512224005.jpg

タツナミソウ
P5091864_convert_20150512224033.jpg

キンラン
P5091867_convert_20150512224102.jpg

フタリシズカ
P5091868_convert_20150512224130.jpg













2015-05-12 : 奥多摩 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

群馬渋川 伊香保森林公園~榛名湖 【H27/5月】

5月8日に観察会メンバーのYさんとYさんの友達と3人で伊香保方面に行きました。お目当ての花はサクラスミレとサクラスミレの葉の主脈に沿って濃紅紫の斑が入るチシオスミレでした。

伊香保森林公園も初めはピクニック気分で歩けましたが、二ッ岳に向かうと本格的な山登りとなってきました。雌岳と雄岳の間が8合目、ここからオンマ谷風穴に下り、林道を少し歩いてから榛名方面への山道へと進みました。

お目当てのサクラスミレもチシオスミレも愛でることができ、ほかのスミレもいろいろ咲いていました。ヒナスミレとヒゴスミレは花はありませんでしたが葉は確認しました。

花は枯れかかっていましたが、交雑種のオクタマスミレ?らしきものにも出会いました。まさにスミレ三昧の一日でした。


サクラスミレ
P5081791_convert_20150510153424.jpg

P5081788_convert_20150510153356.jpg

P5081821_convert_20150510154158.jpg

チシオスミレ
P5081792_convert_20150510153455.jpg

P5081794_convert_20150510153527.jpg

スミレ
P5081780_convert_20150510153130.jpg

ニオイタチツボスミレ
P5081782_convert_20150510153201.jpg

ナガバノスミレサイシン
P5081784_convert_20150510153229.jpg

フモトスミレ
P5081796_convert_20150510153557.jpg

フイリフモトスミレ
P5081802_convert_20150510153717.jpg

エイザンスミレ
P5081806_convert_20150510153753.jpg

オトメスミレ
P5081834_convert_20150510154315.jpg

ニョイスミレ
P5081839_convert_20150510154415.jpg

アケボノスミレ
P5081811_convert_20150510154056.jpg

オクタマスミレ ??
P5081800_convert_20150510153631.jpg

ツクバキンモンソウ
P5081808_convert_20150510153915.jpg

ツクバネウツギ
P5081809_convert_20150510153945.jpg

ワチガイソウ
P5081810_convert_20150510154018.jpg

ミヤマエンレイソウ
P5081814_convert_20150510154128.jpg

ホソバノアマナ
P5081835_convert_20150510154343.jpg

ミツバツツジ
P5081785_convert_20150510153258.jpg

ヤマツツジ
P5081786_convert_20150510153327.jpg

榛名富士
P5081840_convert_20150510154445.jpg























2015-05-10 : 群馬の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥秩父 西沢渓谷 【H27/5月】

カレンダーの連休最終日に西沢渓谷に行ってきました。連休最終日なので前日までに比べると人が少ないようなことを売店の方が言ってました。

西沢渓谷の冬場は入山規制で入れませんが、その昔、冬は滝が凍って青氷の滝になりました。何回か行きました。今のように整備された登山道ではなくもっと沢沿いの桟道のようだった気がします。七ツ釜五段の滝の奥には不動小屋があり夜は西沢渓谷の四季のスライド映写会があり、寝るときには豆炭アンカが渡されました。そんな思いでがある西沢渓谷です。

お目当ての花はクモイコザクラとアズマシャクナゲでした。西沢渓谷に行く人は滝や渓流を眺めるのを目的としていると思いますが、滝には関心を持たず、ひたすら花を探していました。

クモイコザクラは3年前に比べると増えていました。やはり岩場に咲いているので盗掘に遭わないからなのでしょうか。アズマシャクナゲは開花が進み見頃の花のほうが少ないように感じました。


クモイコザクラ
IMG_5755_convert_20150507171043.jpg

IMG_5771_convert_20150507171207.jpg

IMG_5758_convert_20150507171115.jpg

P5061746_convert_20150507171832.jpg

P5061747_convert_20150507174139.jpg

アズマシャクナゲ
IMG_5749_convert_20150507170825.jpg

IMG_5788_convert_20150507171540.jpg

IMG_5792_convert_20150507171619.jpg

IMG_5794_convert_20150507171655.jpg

ミツバツツジ
IMG_5745_convert_20150507170747.jpg

ヒカゲツツジ
IMG_5785_convert_20150507171508.jpg

オオカメノキ
IMG_5779_convert_20150507171330.jpg

エイザンスミレ
P5061753_convert_20150507171902.jpg

シコクスミレ
P5061757_convert_20150507171931.jpg

ミヤマスミレ
IMG_5783_convert_20150507171440.jpg

P5061771_convert_20150507172150.jpg

マルバスミレ
P5061779_convert_20150507172326.jpg

ハシリドコロ
IMG_5780_convert_20150507171401.jpg

フタバアオイ
P5061763_convert_20150507172042.jpg

コチャルメソウ
P5061762_convert_20150507172011.jpg

ミヤマカタバミ
P5061742_convert_20150507171759.jpg

フデリンドウ
P5061777_convert_20150507172255.jpg

ワチガイソウ
P5061740_convert_20150507171725.jpg

ミツバコンロンソウ
P5061774_convert_20150507172227.jpg

日本の滝百選に選ばれた七ツ釜五段の滝
P5061768_convert_20150507172113.jpg



















2015-05-08 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京立川 国営昭和記念公園こもれびの丘 【H27/5月】

「こどもの日」も青空が広がりました。こもれびの丘にはキンラン、ギンラン、そしてお目当てのクゲヌマランが咲くということをネットで知りましたので昭和記念公園に出かけました。

クゲヌマランは神奈川県の鵠沼海岸の黒松林で発見されたランで、ギンランの変種と言われています。クゲヌマランの特徴は距が突出していないことだそうです。

こもれびの丘は里山という雰囲気でした。植栽したスミレに水をかけているボランティアの方がいたのでクゲヌマランのあるところをお聞きしたら、親切に案内してくれました。ところがその一帯のクゲヌマランは花が終わっていましたが、ボランティアの方が、かろうじて一本だけ花が終わりかけのものを見つけてくださいました。そして来年は早く来てくだされば綺麗に咲いたのが見れますよと言われました。

キンランは数が少なかったですがこれからが見頃になる感じでした。ギンランはいたるところにありましたが半分は花が終わっていました。

こもれびの丘には山野草が多くありますが、植栽したのもあるようです。しかしキンランやギンランは自然に発生したそうです。この丘は多摩丘陵に多摩ニュータウンを作るときに大量の土を運んで作ったそうです。また中央高速道路の建設の際に山を削った土も運ばれているそうで、この土の中にキンランやギンランが入っていたのではないかとボランティアの方が言っていました。


キンラン
IMG_0474_convert_20150507063536.jpg

P5051721_convert_20150507063659.jpg

ギンラン   ギンランには距があります。
P5051716_convert_20150507063607.jpg

P5051730_convert_20150507063725.jpg

クゲヌマラン  枯れかけたのが1本だけありました。距がありません。
P5051719_convert_20150507063632.jpg

里山の雰囲気があるこもれびの丘
P5051731_convert_20150507063814.jpg





2015-05-07 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

東京府中 浅間山(せんげんやま) 【H27/5月】

憲法記念日も天気のよい日でした。浅間山にムサシノキスゲを愛でに行ってきました。ムサシノキスゲはニッコウキスゲの変種といわれています。

浅間山のムサシノキスゲは地元のボランティア団体によって保護されています。ムサシノキスゲはこれからが見ごろになる感じでした。キンラン、ササバギンランはちょうど見ごろでした。


ムサシノキスゲ
IMG_0430_convert_20150504071942.jpg

IMG_0442_convert_20150504072214.jpg

IMG_0445_convert_20150504072244.jpg

IMG_0465_convert_20150504072418.jpg

キンラン
IMG_0426_convert_20150504071828.jpg

IMG_0436_convert_20150504072048.jpg

IMG_0454_convert_20150504072345.jpg

P5031701_convert_20150504072523.jpg

ササバギンラン
IMG_0428_convert_20150504071908.jpg

IMG_0435_convert_20150504072017.jpg

IMG_0440_convert_20150504072149.jpg

IMG_0447_convert_20150504072315.jpg

ホウチャクソウ
IMG_0438_convert_20150504072117.jpg

ハンショウヅル
IMG_0468_convert_20150504072455.jpg













2015-05-05 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H27/5月】

好天の5月2日に山梨方面で開催された観察会に参加してきました。今回の観察会は麓から始まり、峠までの間の植物を観察しました。今までに参加した観察会で一番歩きました。時間も距離も。

ウリハカエデとホソエカエデ、ヒトリシズカとフタリシズカ、ワチガイソウとヒゲネワチガイソウなどの違いや見分け方などの学習もありました。特に今回はカンアオイの観察が重点でしたが、フモトスミレやトウカイスミレの観察も行いました。


ヤマトグサ  長い花糸の雄しべが垂れ下がっています。風があり雄しべが揺れるので撮るのが大変でした。
P5021630_convert_20150503155324.jpg

ヤマウツボ    枝別れした根茎が地中をはい地表に出ることを学習しました。
P5021641_convert_20150503155352.jpg

フデリンドウ  雌蕊の頭柱が割れることの仕組みについて学習しました。
P5021650_convert_20150503155421.jpg

マルバスミレ
P5021651_convert_20150503155556.jpg

ツルシロカネソウ   根が繋がっているので「ツル」が付いていることを学習しました。
P5021652_convert_20150503155624.jpg

ミツバコンロンソウ
P5021654_convert_20150503155703.jpg

シコクスミレ
P5021661_convert_20150503155740.jpg

ワチガイソウ
P5021663_convert_20150503155824.jpg

ルイヨウボタン
P5021666_convert_20150503155855.jpg

フタバアオイ
P5021670_convert_20150503160115.jpg

ウスギヨウラク
P5021680_convert_20150503160254.jpg

キクザキイチゲ
P5021682_convert_20150503160325.jpg

フモトスミレ  葉に斑がはいっています。
P5021685_convert_20150503160431.jpg

トウカイスミレ   小さなスミレです。
IMG_5743_convert_20150503155252.jpg

P5021689_convert_20150503160505.jpg

カンアオイ  花の形や色が微妙に異なっています。
IMG_5726_convert_20150503155007.jpg

IMG_5730_convert_20150503155046.jpg

IMG_5733_convert_20150503155118.jpg

IMG_5737_convert_20150503155149.jpg

P5021671_convert_20150503160148.jpg

P5021674_convert_20150503160223.jpg
































2015-05-04 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 陣場山~高尾山 【H27/5月】

5月の初日に陣場山から高尾山まで歩いてきました。平日でしたが連休の谷間なので高尾駅から陣馬高原下行きのバスは臨時もでるほど大勢の登山者がいました。

天気も最高でしたが、気温も高く、陣場山への登りは汗だくでした。そして今回のお目当ての花はヤマシャクヤクとキンランでした。そのほかにも色々な花を愛でることができました。


ヤマシャクヤク
陣場山付近のヤマシャクヤクはまだ蕾でした。
P5011550_convert_20150503062642.jpg

高尾山系の樹林帯の中にひっそりと咲いていました。花弁は真っ白で清楚な花でした。
P5011608_convert_20150503063436.jpg

P5011614_convert_20150503063543.jpg

この場所には7輪のヤマシャクヤクが咲いていました。
P5011610_convert_20150503063511.jpg

キンラン
縦走路上ではまだ咲いていません。高尾山系で一番早く咲く場所に行きました。予想通り咲いていました。
P5011596_convert_20150503063322.jpg

IMG_0414_convert_20150503062513.jpg

クマガイソウ   
P5011605_convert_20150503063359.jpg

ニリンソウの群生   陣場山の山頂にほど近いところに咲いていました。
P5011556_convert_20150503062820.jpg

花弁と一般的に言われる萼片の多いニリンソウもありました。通常は5枚ですが8枚ありました。
P5011557_convert_20150503062846.jpg

チゴユリ  陣場山から高尾山までいたるところに咲いていました。
P5011552_convert_20150503062709.jpg

ヒトリシズカ
P5011555_convert_20150503062749.jpg

P5011566_convert_20150503063016.jpg

アカネスミレ
P5011561_convert_20150503062944.jpg

ニオイタチツボスミレ
P5011578_convert_20150503063119.jpg

ニョイスミレ
P5011585_convert_20150503063146.jpg

イカリソウ
P5011592_convert_20150503063224.jpg

ジュウニヒトエ
P5011576_convert_20150503063055.jpg

フデリンドウ
P5011595_convert_20150503063255.jpg

ホタルカズラ
P5011628_convert_20150503063650.jpg

陣場山山頂からの富士山
P5011560_convert_20150503062911.jpg


















2015-05-03 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR