山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山 【H27/8月】

お天道様も顔を出さない日が続いていますが、足慣らしを目的に高尾山に行ってきました。しかし花を探しながらの歩きなのでゆっくり過ぎて足慣らしにはならない状況でした。高尾山の花も夏の終わりの花と秋の初めの花が同居している感じでした。気にかけていたいくつかの花は、まだ蕾でしたので花の咲きそうな頃に訪れたいと思いました。


ミズタマソウ   他の花を撮っていたら偶然すぐそばにミズタマソウが咲いていたので思わずラッキーという気分でした。
P8283114_convert_20150828203433.jpg

ガンクビソウ   煙管の先端部に付く雁首に似ていることから名前が付いたそうてす。
IMG_0779_convert_20150828202911.jpg

ハグロソウ   花は上下の二唇形で上唇のほうがやや小さいようです。
IMG_0781_convert_20150828202937.jpg

キンミズヒキ   花穂がタデ科のミズヒキに似ていることから名が付いたそうです。
IMG_0784_convert_20150828202959.jpg

ヤブミョウガ   神代植物園では実が付いていましたが、高尾ではまだ花が咲いているのがありました。白い花はよく見ると綺麗な花です。
IMG_0797_convert_20150828203025.jpg

ミヤマウズラ   ラン科の花ですが、一番上の花がかろうじて残っていました。一週前くらいが見頃だったのでは。
P8283120_convert_20150828203609.jpg

アップで見るとこんな感じです。
P8283122_convert_20150828203635.jpg

別の場所に咲いていたミヤマウズラ   こちらも盛りを過ぎていました。
IMG_0822_convert_20150828203407.jpg

オオカモメヅル   6月に見ましたが、まだ咲いていました。次から次へと咲くようです。
P8283118_convert_20150828203503.jpg

ヤブラン   ラン科ではなくユリ科の花です。
P8283119_convert_20150828203540.jpg

シモバシラ    12月半ばくらいから氷の花を見せてくれるので2度楽しめる植物です。
IMG_0806_convert_20150828203051.jpg

ヤマホトトギス  シベや花弁の斑点模様が鳥のホトトギスの胸にある斑点に似ていることから名がついたそうです。
IMG_0808_convert_20150828203116.jpg

フジカンゾウ
P8283126_convert_20150828203701.jpg

ナガバノコウヤボウキ   一つの花に見えますが3個ほどの花が集合しています。
P8283129_convert_20150828203730.jpg

クサギ   葉に悪臭があることから名がついたそうです。
IMG_0810_convert_20150828203142.jpg

タマアジサイ    園芸種のアジサイは梅雨時に咲きますが、タマアジサイは梅雨明けから咲くようです。
IMG_0816_convert_20150828203246.jpg

アキノタムラソウ   毛深い花です。
P8283133_convert_20150828203757.jpg

モミジガサ ヤブレガサかと思いましたが葉柄が葉の中心ではないようなのでモミジガサと見ました。
P8283134_convert_20150828203824.jpg

モミジガサの花をアップで見るとコウヤボウキの花に似ている感じです。
P8283138_convert_20150828203857.jpg

ツルニンジン   別名ジイソブと呼ばれています。近くにはすでに咲き終わり実になっていたのもありました。
IMG_0820_convert_20150828203315.jpg

上の方には2輪咲いていました。花の中まで見えました。
IMG_0821_convert_20150828203341.jpg

ノササゲ    トキリマメかとも思ったのですが葉に毛がないのでノササゲのようです。   
P8283145_convert_20150828203926.jpg

キジョラン   今年はキジョランの花が多く着いているような気がしました。花は3~4ミリくらいの小ささです。
P8283157_convert_20150828204001.jpg

参考  キジョランの小さな花が10~15センチくらいの実を付けます。 昨年の12月撮影。
IMG_0465_convert_20150828202840.jpg





















スポンサーサイト
2015-08-29 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop

埼玉新座 市場坂キツネノカミソリの里

先週、今週と医療機関にかかったところ、いろいろと制限が出ましたので二週続けて週末に山に出かけることができませんでした。そんな時、テレビのニュースで新座市のキツネノカミソリが見頃になってきたと報道されていましたので出かけてきました。

市営墓園の北側の斜面にキツネノカミソリは群生していました。テレビでは日本一の群生地と言っていました。ヒガンバナ科の植物ですが、ヒガンバナに比べるとずっと小型でした。草丈は20~30センチくらいでしたので最初の印象は小さいなと思いました。

花も綺麗で見事な群生地でした。この群生地も地元のボランティアの方々によって保護されているそうです。いつまでも綺麗に咲いてほしいと思いました。


キツネノカミソリ
IMG_6255_convert_20150822231035.jpg

IMG_6257_convert_20150822231117.jpg

IMG_6259_convert_20150822231203.jpg

IMG_6260_convert_20150822231237.jpg

IMG_6263_convert_20150822231301.jpg

IMG_6270_convert_20150822231325.jpg

IMG_6274_convert_20150822231358.jpg

IMG_6276_convert_20150822231428.jpg

ツリガネニンジン
IMG_6279_convert_20150822231453.jpg








2015-08-23 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神代植物公園 【H27/8月】

神代植物公園内で開催されている写真展を見にいきました。せっかく植物園に行くなら花を撮る練習でもしようとカメラを持って行きました。曇り空でしたが時たま大雨が降ったりの悪天候でした。


サギソウ  先週、愛知県の湿原に自生のサギソウを見に行く予定でしたが行けず、今年は植物園の花で我慢です。
IMG_0764_convert_20150821172226.jpg

一回だけ自生のものを見たことがあります。15年前に比良山系の湿原で咲いているのを見ました。
IMG_0763_convert_20150821205739.jpg

ヒオウギ   山中湖近くの高指山はヒオウギの群生地として有名です。
IMG_0757_convert_20150821172154.jpg

ミソハギ    初めて見た花でした。綺麗な花と思いました。
IMG_0766_convert_20150821172249.jpg

ナツスイセン    ヒガンバナ科の花です。
IMG_0768_convert_20150821172314.jpg

IMG_0770_convert_20150821172344.jpg

ヤブミョウガ  マヤランを見に行ったときは蕾でしたが、もう実が付いていました。
IMG_0773_convert_20150821172407.jpg

ヤブラン   これは自生のものだと思います。深大寺口付近の雑木林に咲いていました。
IMG_0776_convert_20150821172430.jpg






2015-08-22 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H27/8月】

平日の木曜日に観察会があり休暇を取って参加してきました。天気予報は雨とのことでしたが、集合場所では青空が広がり真夏の太陽が照りつけました。その後は曇り空になり、雨も降ってきましたが観察場所が樹林帯の中でしたのでそれほど雨を感じませんでした。午後は曇り空となり、それほど暑くなく観察日和となりました。

午前中は樹林帯の中でラン科の花を観察しました。午後は高原に咲く花々を観察しました。


ハクウンラン
P8133006_convert_20150814115349.jpg

こちらのハクウンランの萼片は緑色です。緑色の方が多くありました。
P8133011_convert_20150814115424.jpg

こちらのハクウンランの萼片も茎も茶色です。茶色のは自分たちでは見つけられず先生に教えてもらいました。
P8133019_convert_20150814115532.jpg

ツリシュスラン   樹に着生しているランです。高いところに着生しているので250mmのレンズではよく撮れませんでした。
IMG_6197_convert_20150814114522.jpg

カメラも三脚を使わずに手持ちで撮りました。
IMG_6201_convert_20150814114553.jpg

ジンバイソウ   別の場所では日本鹿の食害に遭っていました。こちらは鹿に食べられないように願うだけです。
IMG_6210_convert_20150814114651.jpg

ヒナノキンチャク   小さい花ですが可愛い花です。
IMG_6218_convert_20150814114726.jpg

IMG_0753_convert_20150814114436.jpg

カワラナデシコ
IMG_6223_convert_20150814114757.jpg

P8133034_convert_20150814115607.jpg

コオニユリ
IMG_6229_convert_20150814114933.jpg

マツムシソウ  この花が咲きだすと夏も終わりになってくると感じます。
IMG_6231_convert_20150814115054.jpg

コウリンカ
IMG_6235_convert_20150814115208.jpg

バアソブ  昨年と同じ場所での観察でしたが、今年は蕾ばかりで咲いているのが見つからず先生に見つけてもらいました。昨年の観察会は8月31日だったのでちょうど見ごろだったようです。
P8133068_convert_20150814120439.jpg

ジイソブ(ツルニンジン)に比べると二回りくらい小さく見えます。
P8133062_convert_20150814120356.jpg

IMG_6238_convert_20150814115238.jpg

キキョウ
IMG_6242_convert_20150814115311.jpg

イタチハギ
P8133050_convert_20150814120131.jpg

タチフウロ
P8133056_convert_20150814120212.jpg

ママコナ
P8133057_convert_20150814120306.jpg

ヤマノコギリソウ
P8133075_convert_20150814120601.jpg

アキノキリンソウ
P8133076_convert_20150814120642.jpg

ムカゴソウ   ラン科の花です。
P8133087_convert_20150814120801.jpg

マツバニンジン  花は午前中に落花しますので、残念ながら午後の観察でしたので花は見れませんでした。
P8133095_convert_20150814120833.jpg

参考 昨年の観察会で見られたマツバニンジンの花  フウロに似ていました。
P8312686_convert_20150814121224.jpg

ヤナギタンポポ   葉が柳の葉に似ていることから名がついたようです。
P8133106_convert_20150814121137.jpg

ユウスゲ
P8133105_convert_20150814121105.jpg

イヌハギ
P8133035_convert_20150814115701.jpg





































2015-08-14 : 未分類 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川方面 【H27/8月】

8月の第2日曜日に神奈川方面の山に行ってきました。今回のお目当ての花はトンボソウでした。この山域にはラン科のツレサギソウ属の花としてトンボソウのほかにオオバノトンボソウ、オオヤマサギソウが自生していると言われています。オオバノトンボソウは開花時期が早いので、現在咲いているのはトンボソウとオオヤマサギソウだと思われます。

自生地2か所を回ってきました。最初の自生地には9株咲いていました。ここの株は30~40cmと高さがあります。昨年ここで撮った写真を詳しい方に見てもらったときにオオヤマサギソウではないかと言われました。

2か所目には、観察範囲の中におそらく200株くらいは咲いていると思いました。ここの株は小柄でした。多分、ここに咲いているのはトンボソウではないかと思っています。この2か所目に行くときに、新たな自生地を見つけました。3株しか咲いていませんでしたがやや大ぶりの株でした。

ラン科の花以外にも夏の花に交じって秋の花が少しずつ咲き始めてきました。暑い日が続きますが、季節は少しずつ進んでいるようです。


ラン科ツレサギソウ属
IMG_0704_convert_20150810142107.jpg

IMG_0707_convert_20150810142137.jpg

P8092920_convert_20150810142600.jpg

P8092924_convert_20150810142647.jpg

P8092969_convert_20150810143211.jpg

P8092980_convert_20150810143348.jpg

P8092983_convert_20150810143447.jpg

ヤマホタルブクロ
IMG_0710_convert_20150810142213.jpg

オミナエシ
IMG_0713_convert_20150810142252.jpg

アキノタムラソウ
IMG_0714_convert_20150810142327.jpg

チダケサシ
IMG_0716_convert_20150810142402.jpg

ヤマユリ
IMG_0718_convert_20150810142432.jpg

シモツケソウ
IMG_0721_convert_20150810142501.jpg

キンミズヒキ
P8092936_convert_20150810142715.jpg

ノコンギク
P8092937_convert_20150810142749.jpg

ゲンノショウコ
P8092938_convert_20150810142817.jpg

トウバナ
P8092940_convert_20150810142847.jpg

ヘクソカズラ
P8092943_convert_20150810142915.jpg

ヒメヤブラン
P8092952_convert_20150810142942.jpg

クルマバナ
P8092958_convert_20150810143027.jpg

シロバナイナモリソウ
P8092963_convert_20150810143134.jpg

キハギ
P8092973_convert_20150810143242.jpg

マツカゼソウ
P8092982_convert_20150810143416.jpg

ツルリンドウ(蕾)
P8092986_convert_20150810143516.jpg
























2015-08-10 : その他の地域等 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

八方尾根 【H27/8月】

今年の夏山は咳喘息に罹ったため予定が狂ってしまいました。七月下旬に東北の山、八月上旬は南アか北アの山へと考えていましたが、予定通りには行けませんでした。

病み上がりのため楽に行けて花が沢山あるところにしようと思い決めたのが、北アルプスの唐松岳でした。過去に2回行ってます。八方尾根だけなら昨年も行っています。

夏休みを週半ばから取り、朝出発して山で2泊してのんびり花三昧しようと出かけました。北陸新幹線で大宮から長野まで1時間、長野から白馬まで特急バスで1時間半、中央線で行くより早いです。山の天気は安定していませんでした。午後1時前なのに空は暗くなり八方池山荘に着くなり土砂降りの雨。そして稲光と雷鳴。結構、長い時間降っていました。この雷の中、八方池あたりに行っていたハイカーがぞろぞろ降りてきました。雷の中、よく怖くないのかと小屋の部屋の窓から眺めていました。

雷雨が去り、ゴンドラ、リフトの運行が終わって山は静かになりました。山荘付近の花を愛で歩きしました。昨年見た、ハッポウタカネセンブリ、撮った写真はみなピントが甘かったり、ボケたりしていましたので今回は三脚を使って撮ってみました。夕暮れの白馬三山も綺麗に見えました。

翌日は唐松岳までの行程。花を愛でながらのんびり歩いても楽に昼までには着くとの予定。花を撮りながら八方池に着いて、いままで見損なっていたハッポウワレモコウをようやく愛でることができました。一息いれている間に早くもガスが出て展望はなくなりました。

ハッポウワレモコウを見ることができたせいか、山頂に行くより、温泉に行ってのんびりしたくなりました。午後は雷かもしれないし、もう気持ちは温泉モードになり下山へとなりました。しかし沢山の花を愛でることができました。


ヤナギラン     かつては夏の雲取山や大菩薩でも見られた花ですが鹿の食害で見られるところも少なくなりました。
IMG_6068_convert_20150808000438.jpg

キンコウカ
IMG_6190_convert_20150808003949.jpg

キンコウカの群生
P8062909_convert_20150808070448.jpg

ホソバノキソチドリ    ラン科の花で、距は下向きになります。
IMG_6082_convert_20150808000554.jpg

距が上向きなっています。唇弁も幅広いのでコバノトンボソウ ??
P8052838_convert_20150808004749.jpg

オオバギボウシ
IMG_6085_convert_20150808000715.jpg

タテヤマウツボグサ
IMG_6086_convert_20150808000753.jpg

ハクサンシャジン
IMG_6089_convert_20150808000925.jpg

IMG_6147_convert_20150808002318.jpg

ハッポウタカネセンブリ   八方尾根の固有種です。花は小さいです。
P8052813_convert_20150808004312.jpg

P8052818_convert_20150808004455.jpg

P8062894_convert_20150808070252.jpg

P8062908_convert_20150808070407.jpg

カライトソウ
IMG_6160_convert_20150808002845.jpg

ワレモコウ
P8062886_convert_20150808070114.jpg

ハッポウワレモコウ    八方尾根の固有種  バラ科のカライトソウとワレモコウの交雑種だそうです。
IMG_6144_convert_20150808002127.jpg

シモツケソウ
IMG_6099_convert_20150808001244.jpg

夕暮れの白馬三山(右奥が白馬岳。真ん中が杓子岳、左が白馬鑓ヶ岳)
IMG_6103_convert_20150808001325.jpg

白馬岳
IMG_6104_convert_20150808071354.jpg

白馬鑓ヶ岳
IMG_6108_convert_20150808001448.jpg

朝の五竜岳(右側)と鹿島槍ヶ岳(左奥)
IMG_6116_convert_20150808001534.jpg

ミヤマアズマギク
IMG_6124_convert_20150808001617.jpg

ハクサンチドリ
IMG_6166_convert_20150808002923.jpg

ユキワリソウ   この花も小さいです。
IMG_6169_convert_20150808003003.jpg

ハッポウウスユキソウ   八方尾根の固有種です。ミネウスユキソウの変種で、葉が細く40~60度に斜上して着くそうです。
IMG_6126_convert_20150808001726.jpg

タカネマツムシソウ
IMG_6137_convert_20150808001945.jpg

IMG_6140_convert_20150808002051.jpg

ミヤマタンポポ
IMG_6139_convert_20150808002018.jpg

イワイチョウ
IMG_6146_convert_20150808002235.jpg

オヤマリンドウ
IMG_6148_convert_20150808002425.jpg

クモマミミナグサ
IMG_6151_convert_20150808002602.jpg

ウメバチソウ
IMG_6154_convert_20150808002640.jpg

ミヤマムラサキ
IMG_6157_convert_20150808002718.jpg

シナノオトギリ
IMG_6159_convert_20150808002804.jpg

ヨツバシオガマ
IMG_6175_convert_20150808003125.jpg

キバナノカワラマツバ
IMG_6177_convert_20150808003231.jpg

シロバナニガナ
IMG_6178_convert_20150808003330.jpg

ヤマブキショウマ
IMG_6180_convert_20150808003419.jpg

シロバナヤマホタルブクロ
IMG_6181_convert_20150808003513.jpg

ヤマホタルブクロ
IMG_6182_convert_20150808003640.jpg

タムラソウ ??
IMG_6185_convert_20150808003738.jpg

ニッコウキスゲ
IMG_6187_convert_20150808071441.jpg

シシウド
IMG_6192_convert_20150808071518.jpg

八方池に映る白馬三山
P8062885_convert_20150808070025.jpg

IMG_6145_convert_20150808002206.jpg

クガイソウの群生
P8062877_convert_20150808065934.jpg

オンタデ
P8062890_convert_20150808070159.jpg

ミヤマコゴメグサ
P8052820_convert_20150808004532.jpg

エゾシオガマ
P8052828_convert_20150808004632.jpg

ホツツジ
P8052831_convert_20150808004710.jpg

ミヤマダイモンジソウ
P8062870_convert_20150808065841.jpg

イブキジャコウソウ
P8062860_convert_20150808065626.jpg

チャボゼキショウ
P8062869_convert_20150808065737.jpg

ミヤマクワガタ
P8062905_convert_20150808070330.jpg

オニアザミ
IMG_6088_convert_20150808000903.jpg

タカネアオヤギソウ
IMG_6098_convert_20150808001158.jpg



























































2015-08-08 : 北アルプス・木曽御嶽 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

富士山五合目付近(須走口)  【H27/7月】

7月の最終日、当初、山小屋泊まりで遠出を計画していましたが夏風邪と思っていたのが治らず医療機関に行ったら「咳喘息」との診断を受け薬を出してもらいました。薬の効果で咳の回数もかなり減りましたが、夜中でも咳が出たりするので夜行高速バスや山小屋で周りに迷惑をかけてしまいますので、おとなしく静養しようとおもっていたのですが花が呼んでいるようで、また富士山5合目に行ってきました。

今回は須走口5合目に行きました。今年の1月に東京ドームでふるさと祭りが開催された時に、「富士山自然休養林」というパンフレットをいただきました。静岡県側からの登山口周辺のハイキングコースを紹介しているもので、その中に、須走口の小富士へのコースには多彩な高山植物が生い茂ると書いてありましたので興味を持ちました。

小田急線の新松田駅からバスで向かいました。自衛隊の演習場の中を通って行きました。道路脇にはマルバダケブキ、シモツケ、ヤマオダマキなどが咲いていました。5合目に着いて思ったことは、須走口の5合目は樹林帯であったことです。そして標高も吉田口が2300mほどに対して2000mより低いようです。登山口によって同じ5合目でも標高が違うようです。したがって植生も違うようでした。ハクサンシャクナゲも見られず、マイヅルソウは咲き終わっていました。

五合目はガスで何も見えませんでしたが、涼しくて気持ちがよかったです。吉田口に比べると人は少なくまったく違う山かと思えるような気がしました。小富士への散策と6合目方面へ少しばかり登ってみました。


クルマユリ   これまでは草原的なところに咲くというイメージでしたが、ここでは樹林帯の中の岩場の上に咲いていました。
IMG_6039_convert_20150731173607.jpg

IMG_6052_convert_20150731173703.jpg

P7312785_convert_20150731173951.jpg

コキンレイカ    吉田口では見られなかった花でした、沢山ありました。
IMG_6044_convert_20150731173638.jpg

コバノイチヤクソウ
IMG_6062_convert_20150731173828.jpg

ミヤマアキノキリンソウ
IMG_6058_convert_20150731173753.jpg

小富士の山頂   ガスで何も見えませんでした。
IMG_0693_convert_20150731173240.jpg

メイゲツソウ   小富士周辺は樹林帯でないのでメイゲツソウがありました。
IMG_0694_convert_20150731173508.jpg

イタドリ   メイゲツソウと隣り合わせにイタドリがありました。
IMG_0695_convert_20150731173539.jpg

ヤマホタルブクロ  イタドリの中に咲いていました。
P7312787_convert_20150731174020.jpg

タケシマランの実
P7312783_convert_20150731173924.jpg

ギンリョウソウ   うつむいた姿ではなく立ち上がっています。これは種子を遠くに飛ばすためだそうです。
P7312798_convert_20150731174048.jpg

イワオウギ
IMG_6066_convert_20150801171752.jpg

5合目から登山道を登り始めると神社がありました。
P7312800_convert_20150731174122.jpg

神社から登っていくと標高2000mの標識がありました。
P7312802_convert_20150731174152.jpg

登山道
P7312803_convert_20150731174222.jpg

こんな花もさいていました。
IMG_6055_convert_20150731173724.jpg

IMG_6065_convert_20150731173852.jpg



















続きを読む

2015-08-02 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR