山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

山梨方面 【H28/4月】

大型連休の初日に山梨方面で開催された観察会に参加しました。快晴の天気のもとラン科の花、コミヤマスミレなどを観察しました。

ラン科ではヨウラクラン、コケイラン、カヤランを観察しましたが、ヨウラクランはまだ蕾の状態でした。コケイランが咲いているのには驚きました。これまで岩手山、雄国沼湿原で愛でていますが、いずれも6月の下旬に咲いていましたので、この時期に咲いていたのにはびっくりでした。ただ東北で愛でたコケイランより小型のような感じがしました。カヤランは見頃でした。

コミヤマスミレは樹林帯の暗い環境を好むスミレのようで、葉の表面は緑色、暗緑色、斑入りなど色々あり、とても同じスミレとは思えませんでした。高尾山では一番遅くスミレとして知られていますが、葉の変化がこんなにはなかったような気がしました。

ナベワリ、ツルシロカネソウ、ツルマンネングサ、ニリンソウなどの観察も行いました。観察会は予定終了時間よりもオーバーしましたが、観察会の延長は予定外の花に出会えるので個人的にはうれしい限りです。


ヨウラクラン    樹の幹に着生しています。
IMG_1172_convert_20160430055459.jpg

ヨウラクランをアップして見ました。花が咲くにはまだ時間がかかりそうです。
P4291650_convert_20160430055924.jpg

コケイラン    この時期に見られ驚きでした。
P4291654_convert_20160430055959.jpg

東北の山で見たコケイランより小さい感じでした。
P4291657_convert_20160430060039.jpg

カヤラン   樹に着生していました。
P4291669_convert_20160430060142.jpg

P4291662_convert_20160430060112.jpg

コミヤマスミレ    葉には斑が入っています。
P4291683_convert_20160430060410.jpg

こちらのコミヤマスミレも斑が入っています。
P4291699_convert_20160430060445.jpg

このコミヤマスミレの葉は暗緑色です。
IMG_1207_convert_20160430055651.jpg

このコミヤマスミレの葉は葉は緑色です。
IMG_1217_convert_20160430055847.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
IMG_1213_convert_20160430073132.jpg

ホウチャクソウ
IMG_1174_convert_20160430055538.jpg

ランヨウアオイ
IMG_1183_convert_20160430055612.jpg

ツルマンネングサ
IMG_1211_convert_20160430055805.jpg

スルガテンナンショウ   葉の斑が綺麗でした。
P4291673_convert_20160430060230.jpg

スルガテンナンショウの花の中を覗くと付属体が編み棒の先のかぎ形になっています。これが特徴だそうです。
P4291675_convert_20160430060257.jpg

ナベワリ   花は細い柄に垂れ下がっています。    
IMG_1209_convert_20160430055727.jpg

ナベワリの花を下から覗いて見ました。
P4291726_convert_20160430060647.jpg

ツルシロカネソウ    芦ノ湖で愛でたハコネシロカネソウとどこが違うか分かりませんでしたが、調べたら花の大きさ、葉の表面が波打つ、頂小葉の先が細く尖るなどの違いがあるそうです。
P4291707_convert_20160430060517.jpg

ジロボウエンゴサク
P4291721_convert_20160430060555.jpg

ニリンソウ    萼片の裏側にはピンク色が残っていました。
P4291724_convert_20160430060625.jpg

スズタケ    竹の花を見られるのは珍しいことだと思いました。
P4291710_convert_20160430073104.jpg





























スポンサーサイト
2016-04-30 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

箱根 芦ノ湖西岸歩道 【H28/4月】

大型連休前の最後の晴天日となりそうな火曜日に芦ノ湖西岸歩道を歩いてきました。このコースは10数キロありますが、昨年の秋にも歩いており、花の時期にも歩いてみたいと思っていました。

花はスミレが主役でしたが、今回はシコクスミレを是非とも愛でて見たいと歩きました。その願いどおりにシコクスミレも愛でることができました。また、初めて見る花としてハコネシロカネソウがありました。写真を撮っているときは花の名前は分かりませんでしたが、帰宅後に調べたらハコネシロカネソウと分かりました。途中ですれ違ったNカルチャーセンターの観察会はこのハコネシロカネソウを探していました。


シコクスミレ   花弁は白く唇弁には紫色のすじがあります。
P4261616_convert_20160427102758.jpg

シコクスミレの葉のふちは鋸歯になっていました。
IMG_1152_convert_20160426222958.jpg

花の付いたのは少ないですがシコクスミレの群生  
P4261614_convert_20160426224243.jpg

オトメスミレ   距がほんのり紫色です。花弁は真っ白です。
IMG_1169_convert_20160426223211.jpg

オトメスミレの群生
IMG_1164_convert_20160426223143.jpg

シロバナタチツボスミレ
P4261594_convert_20160426223747.jpg

距も白色です。
P4261595_convert_20160426223823.jpg

エイザンスミレ
IMG_1150_convert_20160426222924.jpg

P4261613_convert_20160426224209.jpg

フモトスミレ
P4261577_convert_20160426223342.jpg

フモトスミレの群生
P4261628_convert_20160426224416.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
P4261569_convert_20160426223241.jpg

ナガバノスミレサイシン
P4261629_convert_20160426224449.jpg

ニオイタチツボスミレ
P4261591_convert_20160426223719.jpg

芦ノ湖西岸歩道   桃源台から歩きました。湖尻水門からしばらくは林道ですが、その後は山道となります。
P4261609_convert_20160426224033.jpg

ハコネシロカネソウ
P4261587_convert_20160426223532.jpg

ハコネシロカネソウの群生
IMG_1156_convert_20160426223103.jpg

トウゴクサバノオ   小さい花です。
P4261602_convert_20160426223857.jpg

ハルトラノオ
IMG_1134_convert_20160426222806.jpg

キランソウ
IMG_1140_convert_20160426222847.jpg

ヤマルリソウ    歩いたコースのいたるところに咲いていました。
P4261574_convert_20160426223313.jpg

ランヨウアオイ ?    葉の下に花が見えました。
P4261590_convert_20160426223650.jpg

ミツバコンロンソウ
P4261603_convert_20160426223926.jpg

ミヤマカタバミ
P4261611_convert_20160426224102.jpg

ヨゴレネコノメ
P4261625_convert_20160426224315.jpg

ハナネコノメ   芦ノ湖に流れる沢にありました。
P4261627_convert_20160426224347.jpg

フデリンドウ
P4261637_convert_20160426224526.jpg

P4261639_convert_20160426224557.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。
























2016-04-27 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 高水三山 【H28/4月】

高水三山に行ってきました。久々に土曜日の山歩きでした。曇り空でしたが蒸し暑く汗をかきながら高水山に登りました。上に行ってからは、それほど汗もかかずに歩けました。今回は色々なスミレを愛でに歩きました。

土曜日でしたので登山者はたくさんいましたが、植物に興味のある方はいないようで、皆さんさっさと歩いていました。こちらは登山道の左右を見ながら歩いているので、どんどんと追い越されていきました。

スミレのほかにも花は咲いていましたが、惣岳山の岩場のイワウチワは咲き終わり花が落ちていました。ミツバツツジも盛りを過ぎていました。チゴユリが咲き始めこれから見ごろになると思います。

マキノスミレの色ですが、カメラでは実際と同じ色で写っていますが、PCだとかなり青くなっています。


フモトスミレ   先日の朝霧高原のフモトスミレはほとんどが葉に斑がありましたが、ここでは斑の入ったのは見れませんでした。
IMG_1540_convert_20160424110920.jpg

P4231531_convert_20160424111931.jpg

エイザンスミレ
P4231525_convert_20160424111717.jpg

P4231521_convert_20160424111647.jpg

ナガバノスミレサイシン
P4231519_convert_20160424111616.jpg

マルバスミレ
P4231509_convert_20160424111438.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
P4231511_convert_20160424111512.jpg

マキノスミレ
IMG_1549_convert_20160424110956.jpg

IMG_1556_convert_20160424111058.jpg

IMG_1554_convert_20160424111026.jpg

P4231530_convert_20160424111902.jpg

ヒナスミレに似ていますが、これもマキノスミレのようです。
P4231532_convert_20160424112036.jpg

交雑種??
IMG_1546_convert_20160424230513.jpg

アケボノスミレ   花の咲き始めは葉が巻いています。
P4231529_convert_20160424111832.jpg

IMG_1537_convert_20160424110852.jpg

オカスミレ   側弁以外は無毛なのでオカスミレだと思います。
P4231502_convert_20160424111212.jpg

タツナミソウ
P4231500_convert_20160424111147.jpg

ミヤマシキミ
P4231518_convert_20160424111538.jpg

ユキヤブケマン
P4231503_convert_20160424111243.jpg

ミツバツツジ
P4231536_convert_20160424112109.jpg

ヒトリシズカ
P4231539_convert_20160424112147.jpg

エビネ
P4231507_convert_20160424111401.jpg

チゴユリ
P4231568_convert_20160424112315.jpg



























2016-04-24 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

富士山麓 朝霧高原 【H28/4月】

朝霧高原に出かけてきました。高原をのんびり花散策をして花々を愛でようとしていました。ところが全国的に晴天なはずなのに朝霧高原は曇り空のうえに、富士山おろしの冷たい風が吹き、まるで冬に逆戻りしたようでした。とても、のんびりした散策ではなくなりました。帰りのバスに乗って山梨県側に入ると本栖湖あたりからは青空が広がり太陽もでていい天気でした。

寒さに震えたためか帰宅してから撮った写真をPCで見たら半分以上はピンボケでした。

同じスミレでも高尾山で見るより標高の高い朝霧高原に咲くほうが、花の色も鮮やかだったり、濃かったり綺麗だと思いました。


キスミレ    キスミレは3月に静岡焼津の高草山で愛でています。高草山のキスミレは保護していくために管理された区画の中で咲いていますが、それに比べて朝霧高原のキスミレ自然の中でのびのびと咲いている感じがしました。
P4201489_convert_20160421111139.jpg

P4201493_convert_20160421111219.jpg

フイリフモトスミレ    朝霧高原のフモトスミレは斑入りのほうが多いような気がしました。
P4201445_convert_20160421110249.jpg

P4201494_convert_20160421111248.jpg

エイザンスミレ    花の色の違いが多いスミレでした。このエイザンスミレは上弁にも紫色のすじが入っています。
P4201444_convert_20160421110154.jpg

P4201449_convert_20160421110328.jpg

花弁はピンク色が濃くでていました。
P4201477_convert_20160421111004.jpg

花弁は白色でした。白花はシロバナエゾスミレというようです。
P4201479_convert_20160421111039.jpg

ヒカゲスミレ
P4201453_convert_20160421110423.jpg

オトメスミレ   距が紫色しています。
P4201460_convert_20160421110656.jpg

シロバナタチツボスミレ    距まで白くなっています。
P4201457_convert_20160421110600.jpg

ヒナスミレ
P4201440_convert_20160421110040.jpg

アケボノスミレ
P4201454_convert_20160421110453.jpg

アカネスミレ   スミレ全体に毛が生えていました。
P4201481_convert_20160421111111.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
P4201496_convert_20160421111316.jpg

エンレイソウ
P4201470_convert_20160421110828.jpg

ハシリドコロ
P4201466_convert_20160421110733.jpg

ニリンソウ    朝霧高原のニリンソウは草丈が短いです。
P4201467_convert_20160421110759.jpg

キクザキイチゲ
P4201471_convert_20160421110856.jpg

ヒトリシズカ
P4201474_convert_20160421110930.jpg

ニシキゴロモ    ピンクと青が咲いていました。
P4201459_convert_20160421110629.jpg
























2016-04-21 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

東京郊外 某緑地 【H28/4月】

武蔵野の面影を残す東京郊外の緑地に行ってきました。お目当ての花はキンランでした。 この緑地を知ったのは三か月前に緑地の植物調査報告書を見たときでした。報告書には主な植物の開花時期なども掲載されていました。

ちょうど今頃がキンランの咲く時期だったのでカメラをぶら下げて緑地を歩いてきました。緑地の周りは住宅地もありますが自然が豊かでキンランもあちらこちらで咲いていました。ギンランもこれから咲くようです。この緑地にはラン科の花が8種類あるようなので定期的に通ってみようと思いました。


キンラン
IMG_6886_convert_20160419144054.jpg

IMG_6889_convert_20160419144116.jpg

IMG_6891_convert_20160419144138.jpg

IMG_6912_convert_20160419144550.jpg

緑地   雑木林が広がっています。
IMG_6892_convert_20160419144205.jpg

タチツボスミレ
IMG_6903_convert_20160419144320.jpg

アメリカスミレサイシン
IMG_6904_convert_20160419144344.jpg

ムラサキケマン
IMG_6900_convert_20160419144249.jpg

ホウチャクソウ
IMG_6898_convert_20160419144227.jpg

シャガ
IMG_6909_convert_20160419144459.jpg

フタリシズカ 最盛期を過ぎていましたので花穂は一つしか残っていませんでした。
IMG_6910_convert_20160419144524.jpg

カンアオイの葉  タマノカンアオイ(上)とカントウカンアオイ(下)
葉の形はカントウカンアオイですが斑が入っているので本当にカントウカンアオイかは??  
IMG_6906_convert_20160419144409.jpg

タマノカンアオイ 花が咲いていました。
IMG_6908_convert_20160419144434.jpg













2016-04-19 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H28/4月】

熊本県をはじめ大分県で大地震が発生し甚大な被害がでています。この地震で亡くなられた方もおります。心よりご冥福をお祈りいたします。また、被災された方々にお見舞い申し上げます。余震が早くおさまり復旧することを願っております。

今週2回目の高尾山行きになりました。花が多く、近くて便利で高尾山は山のコンビニのようです。前回はミドリニリンソウ探しに夢中でしたので、前回愛でることができなかった花を巡ってきました。今回は山頂でお昼にしましたが、人・人・人・・・平日とは思えないくらいでした。ただし歩いたコースは登山者の少ないところを選んで歩きました。

前回、2つ探して見つけたミドリニリンソウのうち一つがチョン切り魔に遭っていました。自分だけ見れば、自分だけ写真を撮れば、他人には見せまいと花をチョン切る悪質なチョン切り魔。このような人がいることを残念に思います。


ナガバノアケボノスミレ    ナガバノスミレサイシンとアケボノスミレとの交雑種といわれています。
IMG_1510_convert_20160416111048.jpg

IMG_1512_convert_20160416111129.jpg

フギレナガバノスミレサイシン     ナガバノスミレサイシンとエイザンスミレとの交雑種と言われています。
P4151410_convert_20160416111616.jpg

ツボスミレ(ニョイスミレ)
P4151388_convert_20160416111324.jpg

レンプクソウ
P4151396_convert_20160416111433.jpg

P4151394_convert_20160416111404.jpg

トウゴクサバノオ
P4151434_convert_20160416111930.jpg

フタバアオイ   徳川家の紋は、このフタバアオイの葉を三枚組み合わせたものだそうです。
P4151428_convert_20160416111722.jpg

シロヤブケマン    ムラサキケマンの白花です。
IMG_1484_convert_20160416110516.jpg

ユキヤブケマン    ムラサキケマンのすべてが白いものの場合ユキヤブケマンというようです。
P4151431_convert_20160416111800.jpg

イチリンソウ   4日前はそれほど咲いていませんでしたが今回は目立つほどあちらこちらに咲いていました。
IMG_1481_convert_20160416110359.jpg

このイチリンソウはやや黄緑色です。
P4151432_convert_20160416111848.jpg

キバナオドリコソウ   外来種のようです。
IMG_1486_convert_20160416110605.jpg

ムサシアブミ
IMG_1491_convert_20160416110710.jpg

ヤマウツボ   葉緑素を持たない植物だそうです。
IMG_1496_convert_20160416110842.jpg

タマノカンアオイ    多摩丘陵で発見されたカンアオイの仲間で高尾山が分布の西限だそうです。春から咲き始めるようです。
IMG_1499_convert_20160416111003.jpg

ヒトリシズカ
IMG_1516_convert_20160416111202.jpg

ヒメフタバラン
P4151408_convert_20160416111532.jpg

ミドリニリンソウ   前回見つけたのはチョン切り魔に遭いましたが、今回新たに3輪見つけました。
P4151398_convert_20160416111504.jpg

IMG_1495_convert_20160416110751.jpg

IMG_1519_convert_20160416111246.jpg




















2016-04-16 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H28/4月】

高尾山に行ってきました。お目当ての花はミドリニリンソウでした。平日の月曜日なのに高尾駅北口から小仏行きの10時12分のバスは超満員でした。そのほとんどが日影で下車しました。日影は観察会のグループで大賑わいでした。

日影からいろはの森を登り、4号路の吊り橋を通って1号路に出て、蛇滝に下り、小仏川沿いを駅まで歩きました。ミドリニリンソウを探すにはニリンソウの咲いている場所に立ち止まり、視界に入る範囲をじっくりと見渡して、その繰り返しを何回も行い、ようやく2輪見つけることができました。タカオスミレやマルバスミレもちょうど見ごろでした。


ミドリニリンソウ
IMG_1130+-+コピー_convert_20160411232130

IMG_1131+-+コピー_convert_20160411232159

ニリンソウ   花びらに見えるのは萼片です。一般的には萼片は5枚です。
P4111360+-+コピー_convert_20160411232520

このニリンソウの萼片は9枚です。
IMG_1113+-+コピー_convert_20160411231905

サンリンソウ?  花を3輪付けています。3輪付けていてもニリンソウということのようです。
P4111353+-+コピー_convert_20160412170715

タカオスミレ   
IMG_1108+-+コピー_convert_20160411231736

IMG_1109+-+コピー_convert_20160411231813

ヒカゲスミレ
IMG_1120+-+コピー_convert_20160411232011

エイザンスミレ
IMG_1105+-+コピー_convert_20160411231704

ナガバノスミレサイシン
P4111366+-+コピー_convert_20160411232553

マルバスミレ
IMG_1111+-+コピー_convert_20160411231839

ヒナスミレ
P4111367+-+コピー_convert_20160411232621

ミミガタテンナンショウ
IMG_1097+-+コピー_convert_20160411231549

ラショウモンカズラ
IMG_1099+-+コピー_convert_20160411231638

ヤマルリソウ
P4111354+-+コピー_convert_20160411232452

ヤマルリソウ(白花)
P4111355+-+コピー_convert_20160411232408

コチャメルソウ
P4111346+-+コピー_convert_20160411232235

ハナネコノメ  花の時期には行列ができる日影の自生地。今は誰も見にきません。白い萼片は緑色になっていました。
P4111348+-+コピー_convert_20160411232305

カントウミヤマカタバミ
P4111370+-+コピー_convert_20160411232650

ヤマネコノメソウの実。種が見えます。
P4111371+-+コピー_convert_20160411232721

ジロボウエンゴサク
IMG_1129+-+コピー_convert_20160411232104

イチリンソウ
IMG_1127+-+コピー_convert_20160411232034

ヒメオドリコソウ(白花)   
P4111382+-+コピー_convert_20160411232747

ヒメオドリコソウは一般的にはピンクの色です。
P4111383+-+コピー_convert_20160412170746






















2016-04-12 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 大塚山~御岳山 【H28/4月】

第2土曜日はボランティアの奥多摩の清掃登山でした。今回は大塚山から御岳山と歩いてきました。3月は雪に降られましたが、その1か月後の山は春爛漫という感じでした。天気もよく、山の花も色々と咲いていました。

今回のコースはゴミは少ないほうでした。しかし登山道から山側の斜面や谷側に投げ捨てられたゴミが目立ちました。ゴミは必ず持ち帰っていただきたいと思います。


コスミレ
P4091264+-+コピー_convert_20160410090226

オトメスミレ  距が紫色です。
P4091269+-+コピー_convert_20160410090315

オトメスミレが群生していました。
P4091266+-+コピー_convert_20160410090253

マルバスミレ   やや薄いピンクの色でした。
P4091271+-+コピー_convert_20160410090340

アメリカスミレサイシン   奥多摩の山にも外来種が進出していました。
P4091274+-+コピー_convert_20160410090403

ナガバノスミレサイシン
P4091286+-+コピー_convert_20160410090450

エイザンスミレ
P4091287+-+コピー_convert_20160410090514

このエイザンスミレはきれいでした。
P4091344+-+コピー_convert_20160410091252

ヒナスミレ  標高の低いところでは終わりかけていましたが、高いところでは見頃でした。ヒナスミレもエイザンスミレもあるのに交雑種のオクタマスミレにはお目にかかれません。
P4091314+-+コピー_convert_20160410090901

フモトスミレ  小さな花のスミレです。
P4091331+-+コピー_convert_20160410091031

アオイスミレ  まだ咲いていました。向きが悪く花がよく見えませんでした。
P4091338+-+コピー_convert_20160410091134

タチツボスミレ
P4091343+-+コピー_convert_20160410091228

イワウチワ
P4091325+-+コピー_convert_20160410090927

P4091326+-+コピー_convert_20160410091002

ミツバツツジ
P4091296+-+コピー_convert_20160410090738

ヒカゲツツジ    今年は開花が早かったようで僅かに咲き残りがありました。
P4091300+-+コピー_convert_20160410090804

シロバナエンレイソウ   毎年同じ場所に咲いててくれます。
P4091293+-+コピー_convert_20160410090711

ニリンソウ
P4091257+-+コピー_convert_20160410090146

ヤマエンゴサク
P4091277+-+コピー_convert_20160410090427

ハナネコノメ    ハナネコノメは高尾が有名ですが奥多摩にもあります。
P4091288+-+コピー_convert_20160410090538

ミヤマシキミ
P4091291+-+コピー_convert_20160410090605

ジンチョウゲ   野生のジンチョウゲは初めて見ました。綺麗な白花でした。
P4091292+-+コピー_convert_20160410090644

ミヤマウズラの葉   群生していました。花の時期に訪れたいと思いました。
P4091306+-+コピー_convert_20160410090830

カタクリ
P4091334+-+コピー_convert_20160410091103

今回のゴミです。御岳ビジターセンターで可燃(青い袋)と不燃(ピンクの袋)に仕分けしました。 
P4091342+-+コピー_convert_20160410091201

























2016-04-10 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

丹沢山系 大山の近辺 【H28/4月】

朝方は青空が広がっていましたが、昼過ぎには大山の近辺は曇り空でした。昼過ぎからちょこっとのハイキングで大山の近辺を歩いてきました。


タチツボスミレ    登り始めは登山道脇にはタチツボスミレだらけでした。
IMG_1466+-+コピー_convert_20160409171840

外来種??   タチツボスミレだらけの中に、色の濃いスミレが咲いていました。アメリカスミレサイシンでしょうか。
IMG_1468+-+コピー+(2)_convert_20160409171931

イワボタン  写真を撮るときには黄色い葯には気がつかず、ヨゴレネコノメと思い込んで撮りました。このイワボタンがあった場所は大群落でした。
IMG_1471+-+コピー_convert_20160409171959

マルバコンロンソウ
IMG_1472+-+コピー_convert_20160409172027

ミミガタテンナンショウ    この場所より低いところにウラシマソウがありましたが、枯れかかっていました。
P4081249+-+コピー_convert_20160409172238

シャガ
P4081250+-+コピー_convert_20160409172310

キランソウ
P4081254+-+コピー_convert_20160409172419

ミツマタ   盛りは過ぎた感じです。
P4081248+-+コピー_convert_20160409172212

赤いほうはまだ見られる感じでした。
P4081252+-+コピー_convert_20160409172352

大山桜  山の中に四本あります。大山桜はヤマザクラです。一番大きい「上大山桜」は樹齢400年、幹回り3.5メートルの巨木の桜です。ただただ凄い桜だなーと思いました。
IMG_1473+-+コピー_convert_20160409172106

IMG_1476+-+コピー_convert_20160409172143








2016-04-09 : 丹沢・丹沢山系 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

栃木塩谷 鬼怒川河川敷 【H28/4月】

栃木県の塩谷町の鬼怒川河川敷に咲くオキナグサを愛でに行ってきました。宇都宮まで新幹線に乗り、宇都宮駅前から関東バスに乗り塩屋町まで行きました。

このオキナグサを知ったのは花友さんからオキナグサを見にいかないかとお誘いを受けたことからでした。日程の都合がつかなかったので一人で久々に天気の良い水曜日にオキナグサを愛でてきました。キンポウゲ科の多年草で、花の咲き終わった後に白く長い綿毛がある果実の集まった姿を老人の頭にたとえ翁草と名付けられたそうです。

オキナグサは裏高尾の民家の石垣に咲いているのは見たことがありますが、自然の中で群生しているのには驚きました。群生地には地元の保護団体の方がいましたので、このオキナグサは自生なのか植栽なのか、お伺いしたら自生しているものだとのことでした。

この河川敷のオキナグサは5年前ほどは草に囲まれていためか盗掘によってずいぶん群生地が荒らされたそうです。そこで群生地の周りの草を刈り(許可を取って刈ったそうです。)をして堤防から見えるようにしたそうです。堤防から群生地が見えるようになってから盗掘がなくなったそうです。

群生地にはロープも張られていませんので、踏まれていたのもありました。あまりにも多くあるので写真を撮るのに夢中だと踏んでしまうのだと思いました。近々、東京から〇〇〇ツーリズムの団体さんがお出でになるとのこと。昨年も来ているとか。


オキナグサ
IMG_1066+-+コピー_convert_20160407150316

IMG_1062+-+コピー_convert_20160407150236

IMG_1072+-+コピー_convert_20160407150344

IMG_1076+-+コピー_convert_20160407150419

IMG_1444+-+コピー_convert_20160407150713

IMG_1461+-+コピー_convert_20160407150839

P4061208+-+コピー_convert_20160407151055

P4061214+-+コピー_convert_20160407151216

花が咲き終わった後、これが白くなるそうです。
IMG_1456+-+コピー_convert_20160407150754

堤防から河川敷への入り口
P4061202+-+コピー_convert_20160407150918



オキナグサを愛でた後、宇都宮まで戻り、またバスに乗り宇都宮の近郊の里山に行きました。スミレの宝庫でヒトツバエゾスミレが咲くというところでしたが、残念ながら空振りでした。まだ早かったのかも知れません。

エイザンスミレ
IMG_1079+-+コピー_convert_20160407150457

IMG_1081+-+コピー_convert_20160407150604

P4061238+-+コピー_convert_20160407151312

フモトスミレ 
P4061234+-+コピー_convert_20160407151245

タチツボスミレ
IMG_1080+-+コピー_convert_20160407150534

アカヤシオ (4/9 トウゴクミツバツツジとしていましたが訂正しました。)
IMG_1084+-+コピー_convert_20160407150637
















2016-04-07 : 栃木の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H28/4月】

山梨方面で開催された観察会に参加しました。天気予報は曇りでしたが、小雨が降りつづき観察会が終わりに近づいてきたころに止みました。

今回の観察会の主役はマツラン(ベニカヤラン)でしたが、このところの低温でまだ蕾や、やや開きかけたような状態でした。アズマイチゲの群生地では雨のため花はしぼんだままでした。それでもコガネネコノメソウ、ハナネコノメ、コチャメルソウなどは咲いた花を観察することができました。


マツラン(ベニカヤラン)  樹に着生しているランです。
IMG_1046+-+コピー_convert_20160404092601

マツランの蕾
P4031161+-+コピー_convert_20160404092708

蕾が開いてきたところです。あと一週間くらいで全開だそうです。
P4031158+-+コピー_convert_20160404092644

コガネネコノメソウ   綺麗な黄色の花でした。
P4031164+-+コピー_convert_20160404092750

コガネネコノメソウの群生
P4031182+-+コピー_convert_20160404093035

ヨゴレネコノメ    葉の色が裏高尾で見るヨゴレネコノメより綺麗だと思いました。
P4031169+-+コピー_convert_20160404092858

上のヨゴレネコノメは緑系ですが、下は茶系でした。
P4031171+-+コピー_convert_20160404092928

ハナネコノメ   最盛期を過ぎて赤い葯もありませんでした。左上の花は萼片がうっすらとピンクがかっています。これからもっと綺麗に色が付くと思われます。裏高尾でもこのような現象が時々見られます。
P4031188+-+コピー_convert_20160404093109

<参考> 裏高尾のハナネコノメ  今年のではありません。  
萼片が緑色になりました。
IMG_0973+-+コピー_convert_20160404102158

萼片が赤くなりました。ハナネコノメは二度楽しめます。
IMG_0982+(2)+-+コピー_convert_20160404100931

アズマイチゲ    お天道様が出ないと開かない花です。天気が良ければ一面に咲いたアズマイチゲが見られるはずでした。
P4031167+-+コピー_convert_20160404092826

ヒナスミレ  薄いピンクの色が綺麗でした。
P4031176+-+コピー_convert_20160404093004

コチャルメソウ  
P4031194+-+コピー_convert_20160404093211

ジロボウエンゴサク
P4031199+-+コピー_convert_20160404093237





2016-04-04 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 南高尾山稜 【H28/4月】

新年度の初日に南高尾山稜を歩いてきました。大垂水峠までバスに乗り、山稜を歩き草戸山を経て草戸峠付近から梅ノ木平に下山しました。お目当ての花はスミレの花々でした。

南高尾山稜は5年前くらいまではスミレの季節には毎年歩いていた道です。観察会仲間の「ピテカン&カッパ」さんのブログに南高尾山稜のスミレ探訪が掲載されていましたので、その頃より季節も進みスミレの見頃と思い出かけました。

久々のスミレの季節に歩きましたがナカバノスミレサイシンが一番多くありました。一番好きなヒナスミレにも出会え満足した山歩きでした。


ヒナスミレ   なんとも言えぬ美しさです。結構ありましたが花の形がいまいちのものが多かったです。
IMG_1420+-+コピー_convert_20160402100439

IMG_1421+-+コピー_convert_20160402104140

エイザンスミレ   花の形や色も微妙に違っていました。
P4011122+-+コピー_convert_20160402101208

P4011105+-+コピー_convert_20160402101031

IMG_1422+-+コピー_convert_20160402100508

タチツボスミレ
IMG_1404+-+コピー_convert_20160402095738

ニオイタチツボスミレ
P4011141+-+コピー_convert_20160402101609

アオイスミレ
P4011107+-+コピー_convert_20160402101101

コスミレ
IMG_1436+-+コピー_convert_20160402100805

ナガバノスミレサイシン
IMG_1399+-+コピー_convert_20160402095635

IMG_1437+-+コピー_convert_20160402100840

右側の花は上弁が一枚でした。ほぼ直立しています。
IMG_1412+-+コピー_convert_20160402100103

アカネスミレ
P4011134+-+コピー_convert_20160402101428

距や茎にも毛があるのが分かります。
P4011135+-+コピー_convert_20160402101453

オカスミレ   アカネスミレと同じ仲間で側弁にだけ毛があるそうです。側弁の毛が見えます。
P4011128+-+コピー_convert_20160402101321

距や茎にも毛がありません。
P4011130+-+コピー_convert_20160402101355

毛の有無まで観察しなかったのでアカネスミレかオカスミレか不明です。
IMG_1427+-+コピー_convert_20160402100616

IMG_1429+-+コピー_convert_20160402100727

花弁がピンクで綺麗なので撮りました。周りはナガバノスミレサイシンばかりでしたので、このスミレも同じだと思っていましたが、よく見ると側弁に毛がありました。ナガバノスミレサイシンの側弁は無毛なので、このスミレはエイザンスミレか?
IMG_1419+-+コピー_convert_20160402100400

IMG_1419+-+コピー+(2)_convert_20160402100322


スミレ以外の花も咲いていました。
ヤマルリソウ
IMG_1405+-+コピー_convert_20160402095806

ヒトリシズカ
IMG_1416+-+コピー_convert_20160402100247

シュンラン
IMG_1410+-+コピー_convert_20160402100024

ミミガタテンナンショウ
P4011121+-+コピー_convert_20160402101133

カントウミヤマカタバミ
P4011144+-+コピー_convert_20160402101635

ニリンソウ
IMG_1441+-+コピー_convert_20160402100945

カタクリ
P4011147+-+コピー_convert_20160402101733


当ブログに訪問していただきありがとうございました。今後も訪問していただけると励みになります。

























2016-04-02 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

【番外編】 皇居乾通り~北の丸公園~千鳥ヶ淵

3月31日は皇居乾通り一般公開の最終日だったので一度くらい話の種に皇居に入ってみようと出かけました。ところが一般公開が3日間延び4月3日までとなったそうです。

天気もよく14時過ぎに桜田門から皇居前広場に行き、坂下門から参入し、乾門に退出しました。参入に当たっては、荷物の検査や金属探知機での検査がありました。

東京の桜も31日に満開となったそうで、皇居の桜も見ごろになっていました。乾通りにはそれほど大きな桜の木はありませんでした。皇居の乾門を出て、道路を渡ると北の丸公園でした。北の丸公園や千鳥ヶ淵は見事な桜、桜、桜でしたが人も多く大混雑でした。

桜田門の交差点付近から法務省の赤レンガ庁舎前の桜
DSCF8020+-+コピー_convert_20160401174108

皇居大手門付近の桜
DSCF8023+-+コピー_convert_20160401174200

大手門と桜
DSCF8025+-+コピー_convert_20160401174230

二重橋
DSCF8026+-+コピー_convert_20160401174252

皇居内の乾通りの桜
DSCF8032+-+コピー_convert_20160401174321

DSCF8034+-+コピー_convert_20160401174346

宮内庁の庁舎と桜
DSCF8035+-+コピー_convert_20160401174411

幹に咲いた桜
DSCF8042+-+コピー_convert_20160401174441

コブシも咲いていました。
DSCF8043+-+コピー_convert_20160401174511

この桜は七分咲きくらいでしょうか。
DSCF8048+-+コピー_convert_20160401174538

しだれ桜もありました。
DSCF8050+-+コピー_convert_20160401174613

門長屋としだれ桜
DSCF8052+-+コピー_convert_20160401174639

池もありました。池の周りにも桜が咲いていました。
DSCF8055+-+コピー_convert_20160401174706

乾通りは人・人・人・・・だらけです。午前中はもっと混んでたようです。
DSCF8059+-+コピー_convert_20160401174733

写真を撮るのも大変でした。
DSCF8061+-+コピー_convert_20160401174855

これも、しだれ桜のようです。色の濃い桜でした。
DSCF8062+-+コピー_convert_20160401174936

石垣と桜はとても合うような気がしました。
DSCF8064+-+コピー_convert_20160401175014

皇宮護衛官が要所要所にはりついています。皇居内には警視庁の警察官はいません。
DSCF8066+-+コピー_convert_20160401175040

桜の枝が堀に垂れ下がっています。
DSCF8070+-+コピー_convert_20160401175112

乾門の手前の桜です。
DSCF8074+-+コピー_convert_20160401175141

北の丸公園の入り口付近のしだれ桜
DSCF8078+-+コピー_convert_20160401175208

千鳥ヶ淵を上から眺めています。
DSCF8083+-+コピー+-+コピー_convert_20160401175244

満開の桜が空間を埋め尽くします。
DSCF8085+-+コピー_convert_20160401175316

日本武道館の門付近
DSCF8088+-+コピー_convert_20160401175352

千鳥ヶ淵
DSCF8090+-+コピー_convert_20160401175421

これぞ日本の桜だ。
DSCF8092+-+コピー+(2)_convert_20160401175451

DSCF8093+-+コピー_convert_20160401175552

DSCF8097+-+コピー_convert_20160401175618

DSCF8098+-+コピー_convert_20160401175645































2016-04-01 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR