山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

日光 霧降高原 【H28/6月】

霧降高原のニッコウキスゲが見頃になってきたと霧降高原のHPに出ていたので、天気も快晴となりそうな月曜日に出かけてきました。東武の特急けごん1号で東武日光駅へ。3分ほど歩いてJR駅前のバス停に。バスはここから出るので東武日光駅前からだと座れない場合があります。予想通り東武日光駅からの乗車した人の半分以上の方は座れませんでした。

日光駅前は晴れていますが、山の上は雲がかかっていました。平日にもかかわらず霧降高原は大賑わいでした。ツアー登山客も来ていました。昔はリフトで登れたそうですが、今は霧降高原の山頂(小丸山展望台)へ行くには整備された登山道(途中まで)と階段で登るしかありません。

今回はニッコウキスゲよりもお目当ての花はオノエランでした。オノエランを愛でるには天空回廊と呼ばれる階段を登らなければならず階段登りは結構疲れました。階段の終点、小丸山展望台から赤薙山方面を歩きオノエラン探しをしました。オノエランはこれまでに東北や会津の山で愛でていますが、今回はじっくりと愛でたいと思っていました。

ニッコウキスゲ、オノエランそして色々の花々も愛でることができ満足した花巡りの一日となりました。


ニッコウキスゲ    鹿の食害で減ったそうですが、今は防鹿ネットで高原を囲んでいますので今後は回復するのでは。
IMG_1869_convert_20160628113644.jpg

IMG_1870_convert_20160628113712.jpg

P6272727_convert_20160628114940.jpg

天空回廊から見た、かなり上の方の斜面に咲くニッコウキスゲ
IMG_1874_convert_20160628113747.jpg

延々と続く階段
P6272696_convert_20160628114427.jpg

小丸山展望台に着きました。
P6272698_convert_20160628114532.jpg

防鹿ネットが高原を取り囲んでいました。
P6272699_convert_20160628114604.jpg

オノエラン   何株も見ることができましたが、この株が一番きれいでした。
IMG_1893_convert_20160628114050.jpg

最初に出会ったオノエラン
P6272710_convert_20160628114715.jpg

ネバリノギラン
IMG_1879_convert_20160628113934.jpg

ヨツバヒヨドリ
IMG_1867_convert_20160628113514.jpg

オオナルコユリ   ナルコユリの倍の大きさがありました。
IMG_1868_convert_20160628113611.jpg

カラマツソウ
IMG_1866_convert_20160628113423.jpg

ソバナ   階段の1440段目付近の横に咲いていました。
IMG_1878_convert_20160628113822.jpg

チダケサシ
IMG_1881_convert_20160628114011.jpg

アヤメ
IMG_1913_convert_20160628114209.jpg

IMG_1916_convert_20160628114239.jpg

オトギリソウ
P6272693_convert_20160628114322.jpg

コメツツジ   アップで撮っているので大きく見えますが小さな花です。
P6272694_convert_20160628114352.jpg

シモツケ
P6272701_convert_20160628114642.jpg

ニガナ
P6272724_convert_20160628114841.jpg

オノエラン探しを終えて小丸山展望台に戻るときには霧が降りてきました。霧は霧降高原の名物?
P6272717_convert_20160628114800.jpg

※ 花の名前は、レストハウスの売店で買った「日光霧降高原キスゲ平 高原の花」を参考にしました。






















スポンサーサイト
2016-06-28 : 栃木の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京八王子 滝山公園 【H28/6月】

天気のよい日曜日でしたので八王子の東京都立滝山公園に行ってきました。滝山公園は滝山丘陵とも呼ばれ、滝山城址があります。公園と言っても自然公園で、広大な公園でした。お目当ての花はオオバノトンボソウでした。

ネットで見ると簡単に見ることができるようでしたが、この広大な公園のどこに自生しているのか、そう簡単には見つかりませんでした。たまたま地元の方に教えていただくことができまして、ようやくオオバノトンボソウを愛でることができました。

滝山公園の次に小宮公園のオニノヤガラを愛でに行こうとしていましたが、オオバノトンボソウを教えていただいた方の話だと既に咲き終わっているとのことでしたので小宮公園には寄らずに帰りました。今年は小宮公園にアオテンマが数年ぶりに出たそうです。これも既に咲き終わりのことでした。


オオバノトンボソウ
IMG_1613_convert_20160627233504.jpg

IMG_1615_convert_20160627233536.jpg

IMG_1617_convert_20160627233653.jpg

IMG_1621_convert_20160627233758.jpg

P6262678_convert_20160627234001.jpg

オカトラノオ
IMG_1609_convert_20160627233319.jpg

ヤブレガサ
IMG_1610_convert_20160627233408.jpg

ネジバナ
P6262681_convert_20160627234142.jpg

ヤマユリ
P6262689_convert_20160627234320.jpg

ヒメヤブラン
P6262674_convert_20160627233912.jpg













2016-06-27 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京府中 浅間山(せんげんやま) 【H28/6月】

5月にムサシノキスゲを愛でに行った浅間山に久しぶりに行ってきました。昨年、カメラも持たずに訪れたときにオオバノトンボソウの葉を見つけましたので、もう見ごろではないかと思い出かけました。

ムサシノキスゲの頃は多くの人がいましたが、今回、土曜日の午後でしたが散歩する方が数人いただけで静かな浅間山でした。この低い山なのに何回行ってもどこを歩いているのか分からなくなります。そのため昨年見つけたオオバノトンボソウの場所も分からずぐるぐる山の中を歩き廻りましたが見つけることができませんでした。

あきらめかけたところで葉を見つけた場所とは違う雰囲気の場所でオオバノトンボソウではないかとと思われる花に遭遇いたしました。葉が多く、先週、東京の里山で見たオオバノトンボソウとはちょつと違うような気もしますが・・・・・。


オオバノトンボソウ ??
IMG_1605+(2)_convert_20160625221814.jpg

花をアップで見ました。
IMG_1605_convert_20160625221835.jpg

下部の葉
P6252671_convert_20160625222000.jpg

オカトラノオ
IMG_1597_convert_20160625221720.jpg

オオバギボウシ
IMG_1606_convert_20160625221901.jpg

ヒヨドリバナ
IMG_1600_convert_20160625221751.jpg

イヌゴマ  (8/29修正  ??? 園芸種?としてましたが、おじさんぽ様からご教示いただきました。)
P6252673_convert_20160625222022.jpg






2016-06-25 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

南高尾&高尾山 【H28/6月】

梅雨も半ばになり、そろそろツチアケビやキバナノショウキランが咲く頃かと思い、小雨が降る水曜日に花友と南高尾と高尾山に行ってきました。南高尾に着く頃には雨も止んできました。

南高尾に行ってびっくり。新しい林道を作っているようで、過去に大きなツチアケビが出ていたところは土が盛られていました。以前にはその先にも幾つか出ていたので林道を進みましたら、やはりツチアケビを撮りにきていた方がいました。一株だけでしたがツチアケビがありました。花も一つ咲かせていました。

キバナノショウキランはやや遅かった感じでしたが愛でることができました。ツチアケビの所で会った方々の話だと、今年は高尾山の〇号路にキバナノショウキランが多く出たとのこと。それもかなり大きい株があったそうです。

南高尾から高尾山に移動して、高尾山のツチアケビを観察しましたが、まだ蕾でした。エゾスズランもそろそろ咲いている頃と思いましたが、まだ蕾で咲くのは来週になりそうな様子でした。


南高尾のキバナノショウキラン
IMG_1844_convert_20160623102943.jpg

ちょつとアップで撮ってみました。
P6222652_convert_20160623103238.jpg

南高尾のツチアケビ
P6222657_convert_20160623103304.jpg

花が一つ咲いていました。
IMG_1848_convert_20160623103020.jpg

高尾山のツチアケビ   花が咲くにはまだ時間がかかりそうでした。
IMG_1861_convert_20160623103153.jpg

イチヤクソウ    別の場所のコバノイチヤクソウは花が終わっていました。
IMG_1853_convert_20160623103049.jpg

IMG_1854_convert_20160623103125.jpg

エゾスズラン    6/10に比べると花茎が立っています。
IMG_1862_convert_20160623103216.jpg

参考 6月10日のエゾスズラン
IMG_1803_convert_20160623112126.jpg

オオバジャノヒゲ
P6222667_convert_20160623103328.jpg

いままで何気なく見ていたので白花があるとは気が付きませんでした。高尾山は白花が多いそうです。
P6222668_convert_20160623103354.jpg










2016-06-23 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京の里山 【H28/6月】

猛暑の土曜日に東京の里山へ山梨方面で開催される観察会の仲間と行ってきました。昨年、この里山を訪れたときにカキランが咲いており、東京の里山にもこんなに自然が残っていることに驚きを覚えました。今回入山口の畦道が舗装された道に変わっているのにはびっくりしましたが、変わったのはそこだけで中の自然はそのままでした。

今年はどこでも花の開花が早いので昨年より一週早く訪れました。入山したところで、下山してくる方がいたのでカキランの開花はどうでしたかと尋ねたら、もう遅すぎて花がほとんど終わっているような話をされたのでがっかりしましたが、自生場所に着いたらカキラン目当ての方々が何人もいまして、まだ咲いていると声をかけられほっとしました。

確かに自生している場所が三ヵ所あるうちの二か所は咲き終わりに近づいていましたが、一か所はまだ見頃でした。カキランの自生地では十分に時間を取って写真を撮ったり愛でたりしてから、場所を移動して尾根道の縦走をしました。尾根は木々に覆われていましたのでお天道様に照らされることなく気持ちの良い歩きでした。ただ、まき道や枝道があり道標もないので迷いそうな箇所が何回かありました。この尾根歩きではオオバノトンボソウがいたるところにありました。オオバノトンボソウは登山道脇の草と同じ緑で見つけにくいのですが、八つの目で探しながら歩いていると誰かが見つけてくれました。まだ蕾のものでしたが、一株だけ花が咲いているのがありました。

尾根道から下界に降りて、場所を移動して緑地を訪れました。この緑地でもオオバノトンボソウを観察する予定でしたが、思うように見つからず、まだ蕾の一株だけしか探せませんでしたが、一日楽しく植物観察をすることができました。


カキラン
IMG_1563_convert_20160619103835.jpg

IMG_1566_convert_20160619103915.jpg

IMG_1567_convert_20160619103944.jpg

IMG_1573_convert_20160619104013.jpg

P6182612_convert_20160619104712.jpg

P6182624_convert_20160619104742.jpg

P6182627_convert_20160619104815.jpg

ネジバナ   この花もラン科です。
IMG_1575_convert_20160619104046.jpg

ウツボグサ
IMG_1576_convert_20160619104129.jpg

ノアザミ
IMG_1577_convert_20160619104216.jpg

オカトラノオ
IMG_1581_convert_20160619104312.jpg

ミヤコグサ
P6182629_convert_20160619104901.jpg

アケビの実
P6182631_convert_20160619104936.jpg

トキワツユクサ
P6182634_convert_20160619105023.jpg

ウマノスズクサ
IMG_1593_convert_20160619104558.jpg

アサザ   午前中に咲くようです。午後は花は閉じてしまいます。一つだけ閉じていなかった花がありました。
IMG_1595_convert_20160619104641.jpg

オオバノトンボソウ
IMG_1584_convert_20160619104355.jpg

IMG_1588_convert_20160619104432.jpg

IMG_1591_convert_20160619104510.jpg

P6182642_convert_20160619105102.jpg
















2016-06-19 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京渋谷 明治神宮 【H28/6月】

今年は梅雨の晴れ間が多いので水不足が心配ですが、花巡りをしている者にとっては晴れ間は有難く、出かけやすく助かります。この2年、明治神宮に咲くタシロランを愛でに行ってますが、最盛期を過ぎたぐったりしたものしか見られなかったので、今年は早めに出かけ意気のいいタシロランを見てみたいと思いました。

例年歩いている参道の右脇にはタシロランは見当たりませんでした。やはり時期が早すぎたようです。ようやく見つけたタシロランは林内の中でした。林内は立ち入り禁止ですので150ミリのレンズでは届きませんでした。帰りは参道の反対側を見ながら行きましたら参道のすぐ横に咲いていました。

その後は北参道に行きましたら、こちらにはタシロランが多くありましたが、まだ少し早いようです。あと4、5日くらいがいいのかと思いました。歩いているときは大丈夫でしたが、立ち止まってカメラを構えているとやぶ蚊がすぐ寄ってきます。ずいぶん刺されましたので、明治神宮に行く方は虫よけスプレーか蚊取り線香を用意したほうがいいと思います。


タシロラン
IMG_1810_convert_20160618060529.jpg

IMG_1830_convert_20160618165446.jpg

愛でた中で一番綺麗に咲いていたタシロラン
IMG_1831_convert_20160618060411.jpg

土から出たばかりのようです。
IMG_1818_convert_20160618165148.jpg

出たばかりのようですが、花を咲かせていました。
IMG_1835_convert_20160618165624.jpg

IMG_1828_convert_20160618060501.jpg

IMG_1823_convert_20160618165342.jpg

IMG_1827_convert_20160618165411.jpg

IMG_1832_convert_20160618165534.jpg

IMG_1836_convert_20160618165653.jpg

IMG_1840_convert_20160618165732.jpg








2016-06-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

静岡清水 浜石岳 【H28/6月】

静岡県の浜石岳に行ってきました。お目当ての花はササユリでした。浜石岳は富士山の見える山として有名ですが、この山には関東ではお目にかかれないササユリが咲きます。

東海道線の由比駅から登れる山です。一般的なコースである西山寺コースは駅から道標がいたるところにあり迷うことなく山に登れますが、舗装された林道が山頂直下まで続いており、車でくれば5分程度で山頂に立つことができます。この林道の途中で左に行くと浜石野外センターに着き、そこから山頂へは樹林帯の中の山道でした。

ササユリは樹林帯の登山道では2株見つけましたが蕾でした。登山としては味気ない舗装の林道ですが、この林道の脇にササユリが点々とありました。まだ蕾のほうが多い感じでしたが、咲いているのもありました。花は薄いピンクのもの、濃いピンクのもの、白いのもあり、とても清々しい感じのユリの花でした。


ササユリ   薄いピンクの色がとても素敵でした。
IMG_1544_convert_20160616103035.jpg

林道の法面に咲いていました。花が重いのか垂れかかっていました。
IMG_1552_convert_20160616103111.jpg

今回愛でた中で一番濃いピンクの花でした。山頂直下の草むらに咲いていました。
IMG_1540_convert_20160616102954.jpg

このササユリは真っ白でした。
P6152576_convert_20160616103936.jpg

IMG_1553_convert_20160616103137.jpg

IMG_1560_convert_20160616103320.jpg

ササユリの蕾と葉    笹の葉に似ていることから名がついたそうです。この写真のその下はヤマユリの葉です。ササユリの葉は断然細いです。
P6152581_convert_20160616104014.jpg

ヤマユリの葉    ササユリより太いです。ヤマユリも多く自生していました。
P6152574_convert_20160616103901.jpg

山道
P6152566_convert_20160616103455.jpg

山頂標識
P6152572_convert_20160616103705.jpg

コアジサイ
P6152562_convert_20160616103350.jpg

ヤマアジサイ
P6152565_convert_20160616103430.jpg

ヤマツツジ
P6152570_convert_20160616103601.jpg

ノアザミ    山頂に多く咲いていました。
P6152571_convert_20160616103634.jpg

スイカズラ
P6152573_convert_20160616103745.jpg

オオバジャノヒゲ
P6152585_convert_20160616104058.jpg

ナルコユリ
P6152591_convert_20160616104134.jpg

テイカカズラ
P6152604_convert_20160616104448.jpg

トキワツユクサ
P6152601_convert_20160616104344.jpg

林道から見る駿河湾と伊豆半島
P6152602_convert_20160616104411.jpg

麓から浜石岳を望む
P6152607_convert_20160616104529.jpg















2016-06-16 : 静岡の山(南ア、富士山麓を除く) : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 丸山~土俵岳 【H28/6月】

第2土曜日はボランティアの奥多摩の清掃登山でした。先月は沖縄に行ったので参加できませんでしたので2か月振りとなりました。

今回は笹尾根にある丸山から土俵岳を歩いてきました。この辺りの山は標高が1,000Mありますので高尾山に比べ花の開花も遅いようでした。歩いたコースには、あるスミレが沢山ありましたので春になったら見にきたいなと思いました。

今回のコースは登山者より山を走るランナーが目立ちました。マイナーな山なのでゴミがないことを期待していましたが、登山者が少なくても空き缶や空き瓶が投げ捨てられていました。ゴミは必ず持ち帰っていただきたいと思います。


ヤマホタルブクロ
P6112535_convert_20160612101612.jpg

コアジサイ   山のあちらこちらに咲いていました。
P6112538_convert_20160612101643.jpg

ウメガサソウ   まだ蕾でした。
P6112539_convert_20160612101707.jpg

ギンリョウソウ
P6112541_convert_20160612101755.jpg

フタリシズカ   高尾周辺ではとっくに咲き終わっていますが、この山ではまだ咲いていました。
P6112544_convert_20160612101833.jpg

クモキリソウ   まだ葉だけでした。
P6112545_convert_20160612101859.jpg

ようやく蕾のクモキリソウがありました。
P6112554_convert_20160612102105.jpg

花の咲いたクモキリソウは見られないかと思いましたが、下山のときに咲いてました。
P6112556_convert_20160612102144.jpg

イチヤクソウ   いたるところにありましたが、みな蕾のばかりでした。
P6112546_convert_20160612101941.jpg

ヤマアジサイ
P6112559_convert_20160612102218.jpg

アカショウマ
P6112560_convert_20160612102404.jpg

ウリノキ
P6112561_convert_20160612102337.jpg

土俵岳山頂標識    土俵岳の山頂は数十年ぶりでした。
P6112553_convert_20160612102021.jpg












2016-06-12 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H28/6月】

梅雨の晴れ間となった金曜日。朝ドラ見て、あさいちを見てから、いい天気なので高尾山に出かけました。高尾山口駅を11時に出て稲荷山コースを登り、高尾山の山頂は踏まずに周辺を散策しました。

今回はウメガサソウとクモキリソウが咲いているのではと期待していましたが、期待通り咲いていました。ウメガサソウを草だと思っている方が多いようですが、常緑の小低木です。花の形が梅に似て、下向きに咲く姿が笠のように見えることから名がついたようです。

クモキリソウはラン科の植物なので盗掘にあい、ずいぶんと少なくなっています。イチヤクソウも咲いていましたが、ほとんどはまだ蕾でした。エゾスズランも順調に成長していました。花を咲かせるまでにはまだ時間がかかりそうです。

これからも高尾山の花探訪が続きそうです。


ウメガサソウ
IMG_1767_convert_20160610222815.jpg

IMG_1789_convert_20160610223114.jpg

IMG_1791_convert_20160610223234.jpg

クモキリソウ
IMG_1774_convert_20160610222852.jpg

IMG_1778_convert_20160610222929.jpg

IMG_1785_convert_20160610223013.jpg

IMG_1786_convert_20160610223045.jpg

イチヤクソウ
IMG_1793_convert_20160610223411.jpg

IMG_1801_convert_20160610223621.jpg

ムヨウラン
IMG_1799_convert_20160610223547.jpg

エゾスズラン
IMG_1803_convert_20160610223705.jpg

ハナイカダ
P6102521_convert_20160610223741.jpg

ウリノキ
P6102530_convert_20160610223933.jpg

ヤマタツナミソウ
IMG_1796_convert_20160610223452.jpg

















2016-06-10 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川方面 鎌倉&海岸 【H28/6月】

先日、テレビのニュースで鎌倉のイワタバコが見頃と報じられていましたが、新聞を見ながらだったので鎌倉のどこで咲いているのかを把握することができませんでした。ネット検索で鎌倉のどこにイワタバコがあるのか調べたら東慶寺が一番多くありそうでした。

東慶寺のHPを見ましたらイワガラミの特別公開をしていることが出ていました。イワタバコも見たい、イワガラミも見てみたいと思いましたが火曜日段階の週間天気予報では曇り時々雨の日が多く晴れるのは金曜日だけでしたので、金曜日に出かけようと決めていたのですが、水曜日、朝起きたら青空が広がっていましたので、いざ鎌倉へとなりました。

先週、高尾山や奥武蔵名栗を訪れたときにイワタバコを見ましたが、まだ蕾も付いていませんでした。鎌倉のイワタバコが咲いているのはイワタバコの変種とされるケイワタバコだからです。花茎や葉裏などに毛がありイワタバコより花期が早く、千葉県南部から静岡県東部の太平洋側の日陰の岩場に自生しているようです。

昨年、三浦半島の鷹取山にケイワタバコを愛でようと行きましたが、残念ながら既に花は終わっていて空振りに終わっていましたので今年はじっくり愛でることがてきました。鎌倉の後は、海岸に移動して松林の中に咲くハマカキランを愛でにいきました。イメージとしてカキランの海岸型と思っていましたが、草丈は20~40センチ程度と小さく、花もカキランほど色鮮やかではなく地味な花でした。ハマカキランはエゾスズランの変種と言われていますが、近年のDNA情報からエゾスズランとは違うのではないかとも言われているようです。


ケイワタバコ   
IMG_1480_convert_20160609060658.jpg

IMG_1482_convert_20160609060814.jpg

IMG_1485_convert_20160609060928.jpg

IMG_1481_convert_20160609060737.jpg

花茎に毛が見られます。
IMG_1484_convert_20160609060852.jpg

イワガラミ   アジサイ科の落葉つる性木です。東慶寺のイワガラミは一本の木が本堂裏の岩肌を覆い尽くしています。特別公開は12日までで、時間も限られています。
IMG_1497_convert_20160609061156.jpg

P6082486_convert_20160609061633.jpg

花を拡大して見ました。
IMG_1497+(2)_convert_20160609061106.jpg

下のほうに木の幹が見えます。この一本の木がつるで広がっています。
IMG_1493_convert_20160609061019.jpg

岩肌を覆い尽くしています。
IMG_1499_convert_20160609061240.jpg

八重咲きドクダミ   東慶寺の境内に咲いていました。
IMG_1474_convert_20160609060610.jpg

ハマカキラン    海岸の黒松林の中に咲いていました。全体的にはやや盛りは過ぎた株の方が多い感じでした。
IMG_1523_convert_20160609061423.jpg

花をたくさん付けていました。
IMG_1533_convert_20160609061545.jpg

カキランのような鮮やかさはありませんでした。
IMG_1525_convert_20160609061505.jpg

この株は最盛期を過ぎているようです。
P6082505_convert_20160609061750.jpg

P6082508_convert_20160609061827.jpg

ハマダイコン   海岸に出たら咲いていました。
P6082513_convert_20160609061915.jpg

ツルナ ??   この花も海岸に咲いていました。
P6082514_convert_20160609061954.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。




















2016-06-09 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H28/6月】

山梨方面で開催された観察会に先週に引き続き参加しました。今回の観察場所は山の山頂付近でしたので小雨の降る中、まず山登りから始まりました。

山頂付近に近づきますと、今回の観察会の主役の花、カモメランが咲いており、山頂付近まで自生していました。カモメランはこの付近の山で何回か愛でていますが、いつ見てもいい花だと思います。たくさんのカモメランが咲く中に、唇弁の色が濃く、花弁の外側が真っ白になった花がありました。このカモメランは先生が昨年発見したそうです。

山頂で昼食を摂っているときに雨も止み青空が見えてきました。登りのときは気が付かなかったルイヨウボタンやユキザサなどを愛でながら下山しました。葉から種類を見分けることなど先生の講義が随所にありました。


カモメラン
P6052426_convert_20160606100846.jpg

IMG_1458_convert_20160606100632.jpg

IMG_1461_convert_20160606100703.jpg

IMG_1464_convert_20160606100735.jpg

P6052418_convert_20160606100808.jpg

このカモメランの唇弁は濃い色ですが花弁の外側はややピンクがかっています。
P6052461_convert_20160606101506.jpg

このカモメランは唇弁の色は濃く、花弁の外側は真っ白となっています。
P6052430_convert_20160606100921.jpg

少し大きくして撮ってみました。上のほうに掲載したカモメランの唇弁と比べると色の濃さが分かると思います。
P6052431_convert_20160606100954.jpg

やや斜め上から見てみました。花弁の外側は真っ白です。
P6052436_convert_20160606101042.jpg

ほぼ真上から見てみました。真っ白な色です。なお、白花のカモメランは見つかりませんでした。
P6052439_convert_20160606101114.jpg

ヒロハヘビノボラズ   先日、八ヶ岳美濃戸で見た花が山頂に咲いていました。葉の鋸歯がすごいです。
P6052446_convert_20160606101153.jpg

ヤマトユキザサ
P6052448_convert_20160606101231.jpg

エゾノタチツボスミレ   距は白く、側弁に毛があります。
P6052450_convert_20160606101302.jpg

クルマバツクバネソウ
P6052453_convert_20160606101339.jpg

ルイヨウボタン
P6052458_convert_20160606101424.jpg

ミヤマガマズミ
P6052470_convert_20160606101539.jpg

サンショウバラ    富士箱根地域に分布しているそうです。山中湖村の村花だそうです。
P6052473_convert_20160606101620.jpg

当ブログに訪問ありがとうございました。














2016-06-06 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 【H28/6月】

そろそろヒトツボクロやサワルリソウが咲く頃と思い高尾山系に出かけてきました。そして凄い情報が入ってきました。なんと、もう咲き終わっていると思っていたベニバナヤマシャクヤク。最後を飾る二輪のベニバナヤマシャクヤクが咲いているという驚きの内容でした。

咲いていました。咲いて3日目というベニバナヤマシャクヤク。やや色があせている感じでしたが、まだ花の形はしっかりしていました。そして花弁の間からは黄色の蕊も見られました。

ヒトツボクロもほぼ見ごろになっていました。先週は一部しか咲いていなかったムヨウランも満開の状態でした。ツレサギソウも最後の一株が見頃でした。今年は登山道脇に大柄なツレサギソウが二株でて、見事な花を咲かせたので登山者の目に入りツレサギソウの存在がこれまで一部の山草愛好家のみだったのが多くの人に知れ渡ったようです。

訪れるたびに花が入れ替わる高尾山系。また次に咲く花が気になります。


ベニバナヤマシャクヤク    最後を飾る二輪の花が咲いていました。
IMG_1730_convert_20160604055910.jpg

P6032358_convert_20160604060422.jpg

IMG_1735_convert_20160604055953.jpg

ムヨウラン    束になって咲いていました。
IMG_1751_convert_20160604060155.jpg

ツレサギソウ    今年は全部で4株咲き、最後の一株が見頃でした。
P6032385_convert_20160604060919.jpg

サイハイラン    一丁平では枯れていましたが、高尾山山頂付近では見頃の花がありました。
P6032387_convert_20160604061013.jpg

アップで撮ってみました。
IMG_1749_convert_20160604060109.jpg

ヒトツボクロ      ラン科の小さな花です。なかなかピントが合わず手こずりました。
P6032363_convert_20160604060618.jpg

P6032373_convert_20160604060702.jpg

IMG_1741_convert_20160604060028.jpg

クモキリソウ   花茎がだいぶ伸びてきました。
P6032347_convert_20160604060311.jpg

サワルリソウ    まだ咲き始めで蕾のほうが多かったです。
P6032346_convert_20160604060231.jpg

ナルコユリ    花がぶら下がって咲く様子を鳴子に見立てて名が付いたそうです。
P6032349_convert_20160604060346.jpg

スイカズラ   色が変わります。
P6032361_convert_20160604060500.jpg

テイカカズラ    キョウチクトウの仲間だそうです。
P6032362_convert_20160604060538.jpg

サワギク    沢沿いに咲く場合が多いようですが、この花は普通のところに咲いていました。
P6032379_convert_20160604060745.jpg

ヤブムラサキ   毛深いのが特徴です。
P6032381_convert_20160604060836.jpg

ヤマボウシ   白い花弁に見えるのは葉が変形したものだそうです。
P6032401_convert_20160604061238.jpg

カナウツギ   初めて見た花でした。この花をご存知の方は少ないようです。
P6032398_convert_20160604061134.jpg

P6032389_convert_20160604061057.jpg
























2016-06-04 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥武蔵 名栗方面 【H28/6月】

奥武蔵の名栗方面に出かけてきました。お目当ての花はアズマシライトソウでした。この花を知ったのは昨年の秋に奥武蔵の花を検索しているときに引っかかったことからでした。シライトソウの変種として関東地方に分布しているそうです。

愛でてみたい花として色々調べたところアズマシライトソウの自生地は特定できましたが、特定された場所のどこに咲いているのかが分かりませんでした。先月、花友さんと高尾山系に行ったときに、たまたまアズマシライトソウの話が出て、数年前に観察しているとのこと。観察した場所をピンポイントで教えていただきましたので、花が咲いている頃だと思いでかけました。

ところが見つからず、かなり山の奥まで登っていきました。携帯電話で花友さんにお聞きしようとしましたが尾根と尾根の谷間のため圏外でアンテナが立ちませんでした。しかたなく下りながらアズマシライトソウを探しましたが見つかりませんでした。ようやくアンテナが立った所から花友さんに電話をしたところ、そんなに奥まで行かないとのこと。

往復して探したのに見つからなかったので今回は空振りと半分はあきらめましたが、もしかしたらどこかに咲いているのではと思い枝道があったので、その道を登っていきました。登りが急になった右手の目の高さにヒトリシズカの花が伸びたようなものが見えました。ようやくアズマシライトソウとご対面できました。付近をよく見ると、ここにも、あそこにもと群生地でした。

花を探すときは簡単にあきらめてはだめだと思い知りました。写真を撮って大満足となり、一風呂浴びてから帰ろうと「さわらびの湯」に行ったら、何と第一水曜日は定休日でした。本日は、ついている日なのかつきのない日なのか、やはりお目当ての花を愛でることができたので、ついている日だと思いました。


アズマシライトソウ
P6012317_convert_20160602063510.jpg

IMG_1444_convert_20160602063213.jpg

IMG_1445_convert_20160602063245.jpg

IMG_1451_convert_20160602063323.jpg

P6012304_convert_20160602063357.jpg

P6012330_convert_20160602063656.jpg

P6012332_convert_20160602063730.jpg

P6012309_convert_20160602063432.jpg

P6012324_convert_20160602063547.jpg

P6012328_convert_20160602063623.jpg

サワギク
IMG_1443_convert_20160602063105.jpg

クワガタソウ
IMG_1441_convert_20160602063035.jpg















2016-06-02 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR