山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山系 高尾山~小仏城山 【H28/10月】

花友さんたちと高尾山から小仏城山まで往復してきました。往復でも登山道は違うところを歩きました。お目当ての花はセンブリでした。また、キジョランの実を探しました。12月に実が割れて絹のような毛をつけた種子が飛び出すところを見ようと、今から観察の準備でした。

キジョランの実は最初に探した場所で、なんともう実が割れて絹のような毛をつけた種子が飛び出すのを見つけました。もうびっくりでした。もう実が割れているとは。毎年12月に見ているのに、こんなに早くとはびっくりポンでした。最初でキジョランの実の割れたのを見てしまったのでキジョランの実探しはここで終りにしました。

センブリの自生地は一丁平が有名です。今年は自生している場所をテープで囲っていました。テープが目立つため何があるのかと覗くため例年より多くの人がセンブリの写真を撮っていました。

木や草の実も色づいてきました。高尾の山にも秋の気配が濃くなってきたような感じでした。


キジョランの実
IMG_2556_convert_20161028141405.jpg

センブリ
PA270854_convert_20161028142143.jpg

IMG_2573_convert_20161028153522.jpg

PA270855_convert_20161028142215.jpg

キッコウハグマ
PA270843_convert_20161028142038.jpg

タカオヒゴタイ
PA270840_convert_20161028141934.jpg

サラシナショウマ
PA270856_convert_20161028142255.jpg

ナンテンハギ
IMG_2569_convert_20161028141730.jpg

エイザンスミレ
IMG_2562_convert_20161028141515.jpg

タチツボスミレ
PA270859_convert_20161028142417.jpg

リンドウ
IMG_2574_convert_20161028141851.jpg

ツルリンドウの実
PA270851_convert_20161028142110.jpg

ツルギキョウの実
PA270841_convert_20161028142004.jpg

シオデの実
PA270857_convert_20161028142332.jpg

ゴンズイの実
IMG_2564_convert_20161028141549.jpg

サルトリイバラの実
PA270863_convert_20161028142451.jpg

クサギの実
IMG_2568_convert_20161028141656.jpg

ガマズミの実
IMG_2566_convert_20161028141622.jpg

アサギマダラ
IMG_2559_convert_20161028141445.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。




















スポンサーサイト
2016-10-28 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京近郊の丘陵 【H28/10月】

観察会の仲間の方から「〇〇ランが××丘陵に出たらしいです。今は実のようです。」との情報をいただきました。〇〇ランは開花時の高さが2センチ程度で開花時期に探すのは難しいです。したがって、結実して小花柄が伸びたこの時期に自生地を探しあてるのが最適と言われています。来年の9月半ばあたりに咲く花を愛でるため××丘陵に出かけてきました。

涼しくなった日が続いていましたが、この日は暑く夏日になりました。そのため藪蚊も復活し丘陵を歩き〇〇ランの実を探し歩いている間に顔や手をずいぶんと刺されました。これも約1年先に花を愛でるためと思いかゆみを我慢して探しました。

結実した小花柄を見つけました。約1年先の楽しみができました。その後は丘陵をぶらぶら歩き野の花や実を愛でてきました。


〇〇ランの実
PA260814_convert_20161028111919.jpg

PA260818_convert_20161028112026.jpg


PA260815_convert_20161028111956.jpg

トキリマメの実
PA260834_convert_20161028112347.jpg

PA260835_convert_20161028112414.jpg

コウヤボウキ
PA260832_convert_20161028112307.jpg

ゲンノショウコ(ピンク)   高尾山以外で見るのは初めてでした。
PA260807_convert_20161028111817.jpg

ヤクシソウ
PA260830_convert_20161028112239.jpg

ノコンギク
PA260827_convert_20161028112154.jpg

リュウノウギク
PA260837_convert_20161028112443.jpg

シロヨメナ
PA260825_convert_20161028112054.jpg

タチツボスミレ?
PA260826_convert_20161028112121.jpg

アキカラマツ
PA260838_convert_20161028112510.jpg

ノハラアザミ ?
PA260839_convert_20161028112535.jpg














2016-10-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

伊豆半島 【H28/10月】

伊豆半島に出かけてきました。お目当ての花はソナレセンブリでした。昨年も訪れましたが時期がちょつと遅く咲いていた花は僅かでした。その花も曇天のため半開きでしたので、今年は昨年より10日早め、更にはお天道様の出る日に合わせて行ってきました。

予想通りソナレセンブリはほぼ見ごろになってきたところでした。全開した花も多くありました。このところセンブリ詣でが続いていますが、まさにソナレセンブリはセンブリの王者という感じでした。

ソナレセンブリはほぼ見頃でしたが、昨年見られたイソギクやツワブキの花はまだ咲いていませんでした。その分、昨年は見れなかったハマカンゾウ、ナンバンギセル、ホトトギスの花を愛でることができました。


ソナレセンブリ   絶滅危惧種に指定されているリンドウ科センブリ属の植物です。花冠裂片に太く青い筋が入っていて気品ある花に見えます。  
IMG_6664_convert_20161022110107.jpg

IMG_6619_convert_20161022105648.jpg

IMG_6642_convert_20161022105932.jpg

IMG_6649_convert_20161022110007.jpg

PA210751_convert_20161022110215.jpg

PA210792_convert_20161022110841.jpg

PA210794_convert_20161022110914.jpg

IMG_6656_convert_20161022110037.jpg

アゼトウナ    なんとなくヤクシソウに似ています。
PA210759_convert_20161022110251.jpg

ハマアザミ     葉は厚く光沢があります。
PA210772_convert_20161022110519.jpg

PA210771_convert_20161022110445.jpg

ハマカンゾウ    ノカンゾウに似ていますが花色は濃いです。葉も厚くて固いです。
IMG_6628_convert_20161022105731.jpg

ハマユウ    ハマオモトが本名のようです。
PA210806_convert_20161022111019.jpg

クサギの実
IMG_6639_convert_20161022105811.jpg

ナンバンギセル    海岸近くに自生しているのには驚きました。 
IMG_6641_convert_20161022105903.jpg

ホトトギス
PA210780_convert_20161022110725.jpg

マルバシャリンバイ
PA210760_convert_20161022110330.jpg

ハマボウフウ
PA210768_convert_20161022110412.jpg

ヒロハクサフジ    クサフジに似ていますが小葉の幅が広いことが名となっているようです。
PA210805_convert_20161022110936.jpg

ハマコンギク
PA210775_convert_20161022110553.jpg

コクラン  葉と殻がありました。
PA210750_convert_20161022110141.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。




















2016-10-22 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H28/10月】

テレビでべっびんさん、あさイチを見ていると窓に太陽が射しこんできました。曇りの予報だったはずなのに天気は晴れ。だったら高尾山にでも行ってこようと出かけました。

電車に乗っている間に曇り空になってしまいました。今回はお目当ての花はありませんでしたが、何か咲いていないかと登山道脇をじっくりと見ながら歩きました。

そして、思いがけない場所にツルギキョウがありました。花は終わっていましたが実をつけていました。3か所そのようなところがありました。場所を忘れないようにメモ帳に書き込みました。ツルギキョウが高尾山一帯で自生箇所が広がっていると感じました。かつては滅多に見られない花でしたが。

山も秋の気配がありました。紅葉にはまだですが、草木の実が色づいてきました。ミヤマシキミやツルリンドウの実が赤くなっていました。そういえばキッコウハグマは閉鎖花ばかりで花を付けたのは見つけられませんでした。


サラシナショウマ    終盤を迎えた感じでした。
PA190723_convert_20161020103459.jpg

ツリフネソウ     まだ咲いていました。
PA190724_convert_20161020103530.jpg

コウヤボウキ
PA190734_convert_20161020103709.jpg

タカオヒゴタイ    周りの株は枯れていましたが、幾つか咲き残っていました。
PA190747_convert_20161020104120.jpg

IMG_2553_convert_20161020103427.jpg

ツルギキョウの実    こんなところにあるとは思いませんでした。花の時期にも通っていましたが登山道脇なのに下りからでは見えず、登りだとで丸見えでした。
PA190732_convert_20161020103636.jpg

コシオガマ    優しく清楚な花だと思います。
PA190736_convert_20161020103812.jpg

ツルギキョウ   どの株も実になっていましたが、大きな株には花がまだ咲いていました。
IMG_2548_convert_20161020103346.jpg

ヤクシソウ    今が主役の花のようです。
PA190735_convert_20161020103739.jpg

アキノキリンソウ    ちょつと前までは主役の花でしたが、そろそろ終わりに。
PA190738_convert_20161020103922.jpg

ミヤマシキミの実   赤く色づいてきました。
PA190737_convert_20161020103850.jpg

ツルリンドウの実    このツルリンドウは大きな株でした。こんなところにあったのという場所でした。
PA190739_convert_20161020104003.jpg

ツルギキョウの実   早く咲いた花の実だと思います。色も濃くなっていました。
PA190743_convert_20161020104046.jpg

ハダカホオズキの実   ちょつぴり色がついてきました。
PA190731_convert_20161020103605.jpg
















2016-10-20 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

神奈川方面 【H28/10月】

晴天の日曜日に神奈川方面の緑地に行ってきました。お目当ての花はイヌセンブリでした。昨年は行くのが遅く残念ながら咲き終わってっいて空振りに終わりました。

今年こそイヌセンブリを愛でたいと思っていたところ、木曜日に花友さんからもう咲き始めたとの情報をいただきましたので出かけてきました。鳳来寺山でセンブリ、山梨方面の山でムラサキセンブリ、そして神奈川方面でイヌセンブリと、このところセンブリづくしの花巡りとなっています。

イヌセンブリの花は白ですが、ほんの僅かに淡紫色の筋があり、蜜腺の周りには長い毛があります。この毛がセンブリやムラサキセンブリとは違って見えました。


イヌセンブリ
IMG_2527_convert_20161017101803.jpg

IMG_2528_convert_20161017101834.jpg

IMG_2533_convert_20161017102000.jpg

IMG_2537_convert_20161017102027.jpg

IMG_2539_convert_20161017102053.jpg

PA160703_convert_20161017102249.jpg

PA160689_convert_20161017102120.jpg

PA160691_convert_20161017102147.jpg

PA160697_convert_20161017102219.jpg

IMG_2529_convert_20161017101904.jpg

IMG_2530_convert_20161017101932.jpg

ゲンノショウコ
PA160718_convert_20161017102512.jpg

タイアザミ
PA160714_convert_20161017102320.jpg

ツリフネソウ
PA160719_convert_20161017102545.jpg

ベニバナボロギク
PA160715_convert_20161017102356.jpg

ガマズミの実
PA160720_convert_20161017102605.jpg

トキリマメの実
PA160721_convert_20161017102630.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。
















2016-10-17 : 神奈川の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

山梨方面 【H28/10月】

秋晴れの爽やかな土曜日に山梨方面の山に行ってきました。この時期になると紫色の花を愛でたくなります。お目当ての花はムラサキセンブリでした。

ムラサキセンブリの紫は高貴な感じの色だと思います。好きな花の一つです。リンドウやヤマラッキョウなどの花もたくさん咲いていました。日本一の山も見えました。昨年は雪が付いてましたが、今年はまだでした。

昨年より3日早く行きましたが、ちょうど見ごろでした。いつも行くと観察している場所がありますが、そこは昨年より株が多く出てました。しかし全体的に見ると個体数はかなり減っています。観察会の先生から以前お聞きした話では盗掘が多いそうです。山に咲く花は山で見るのがマナーだと思います。いつまでもムラサキセンブリが見られる山であってほしいと願っています。


ムラサキセンブリ
IMG_6568_convert_20161015165559.jpg

IMG_6579_convert_20161015165723.jpg

IMG_6581_convert_20161015165803.jpg

IMG_6582_convert_20161015165837.jpg

IMG_6588_convert_20161015165918.jpg

IMG_6589_convert_20161015165951.jpg

IMG_6590_convert_20161015170030.jpg

IMG_6593_convert_20161015170152.jpg

IMG_6595_convert_20161015170232.jpg

IMG_6596_convert_20161015170302.jpg

IMG_6598_convert_20161015170357.jpg

IMG_6600_convert_20161015170442.jpg

IMG_6603_convert_20161015170620.jpg

PA150663_convert_20161015171323.jpg

PA150668_convert_20161015171355.jpg

IMG_6572_convert_20161015165647.jpg

IMG_6591_convert_20161015170110.jpg

IMG_6601_convert_20161015170539.jpg

IMG_6616_convert_20161015171101.jpg

リンドウ
IMG_6609_convert_20161015170845.jpg

ヤマラッキョウ
IMG_6604_convert_20161015170723.jpg

タチフウロ
PA150655_convert_20161015171233.jpg

オヤマボクチ
IMG_6615_convert_20161015171001.jpg

アキノキリンソウ
IMG_6605_convert_20161015170805.jpg

ナギナタコウジュ
PA150672_convert_20161015171547.jpg

コシオガマ
PA150674_convert_20161015171619.jpg

アキカラマツ
PA150675_convert_20161015171721.jpg

ヤマハッカ
PA150677_convert_20161015171800.jpg

アキノタムラソウ
PA150681_convert_20161015171908.jpg

ヤクシソウ
PA150679_convert_20161015171834.jpg

ヤマトリカブト
PA150650_convert_20161015171155.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。



























2016-10-16 : 山梨の山(南ア、八ケ岳、富士周辺を除く) : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

愛知新城 鳳来寺山 【H28/10月】

体育の日に仏法僧で有名な鳳来寺山に行ってきました。東京駅6時26分発のひかり501号に乗り、豊橋駅で飯田線に乗り換えて本長篠駅で下車しバスで鳳来寺へ。鳳来寺山でのお目当ての花はエンシュウハグマでした。先日、テイショウソウを愛でましたので、次はエンシュウハグマと狙いをつけていました。

エンシュウハグマを愛でるのに新城の鳳来寺山に行くか比丘尼城址に行くか迷っていましたが、テイショウソウをご一緒した花友さんから鳳来寺山の資料をいただいたので鳳来寺山に行くことにしました。

鳳来寺山の標高は684Mですがきつい山でした。1425段の石段は最初はゆるい勾配でしたがだんだんと急勾配で汗がだらだらでした。鳳来寺の本堂から奥ノ院に向かう道も急な階段がありました。山頂から東照宮へ下る道は岩場が多く気を使いました。下山で石段を降り切ったときは膝ががくがくでした。

エンシュウハグマは奥の院の手前、急な道から解放された辺りから登山道脇に咲いていました。山頂の手前まで自生していました。この花に出会えたときは汗水流して登ったことも忘れ夢中で写真を撮りました。やや花の時期に遅かった感もありましたが、たくさん咲いていて大満足の遠征でした。


エンシュウハグマ     静岡県西部と愛知県三河の山間部に自生する特産種です。花冠がねじれて風車のように3個の小花が合体しています。淡いピンクを帯びた白花です。葉は下部に輪状に固まって付いてます。
IMG_2516_convert_20161010230930.jpg

IMG_2520_convert_20161010231009.jpg

PA100618_convert_20161010231750.jpg

PA100620_convert_20161010231831.jpg

PA100621_convert_20161010231914.jpg

PA100622_convert_20161010232000.jpg

PA100627_convert_20161010232228.jpg

PA100628_convert_20161010232309.jpg

キッコウハグマ    閉鎖花ばかりでしたが、一株だけ咲いていました。
PA100617_convert_20161010231714.jpg

花をアップで撮りました。この花も3個の小花が合体しています。
PA100616_convert_20161010231641.jpg

閉鎖花に1輪咲いていました。全体を撮らなかったので分かりにくいですが。こういう形のは初めて見ました。
PA100615_convert_20161010231558.jpg

センブリ    群生していました。
PA100624_convert_20161010232037.jpg

PA100625_convert_20161010232113.jpg

PA100626_convert_20161010232150.jpg

シコクママコナ    エンシュウハグマは自生しているところが限られていましたが、この花は本堂より上ではいたる所に咲いていました。
PA100611_convert_20161010231347.jpg

PA100640_convert_20161010232628.jpg

ツルリンドウ    この山にはツルリンドウが多くありましたが蕾ばかり、ようやく咲いているのを見つけました。
PA100639_convert_20161010232552.jpg

ツルリンドウの赤い実もありました。
PA100608_convert_20161011113138.jpg

コウヤボウキ
PA100612_convert_20161010231427.jpg

アキノキリンソウ
PA100637_convert_20161010232506.jpg

ヤマハッカ
PA100613_convert_20161010231511.jpg

ヤマジノホトトギス
PA100600_convert_20161010231126.jpg

ハダカホオズキの実
IMG_2526_convert_20161010231049.jpg

スミレの葉    フイリフモトスミレ?ちょつと何スミレか分かりませんが、このスミレの葉がいたるところにありました。花の時期には凄いと思いました。
PA100643_convert_20161010232708.jpg

表参道の石段    始めはゆるやかな勾配です。
PA100603_convert_20161010231201.jpg

だんだん急勾配になります。
PA100606_convert_20161010231235.jpg

鳳来寺の本堂   少し離れて東照宮があります。そのすぐ下まで車で入れます。石段を歩いて登るほうがご利益があるのでは。
PA100644_convert_20161010232733.jpg

鳳来寺山の山頂標識
PA100636_convert_20161010232427.jpg

当ブログに訪問いただきありがとうございました。





























2016-10-11 : 西日本の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

箱根方面 【H28/10月】

三連休の前日は天気もまあまあで、時々日差しもありましたが山を歩くには暑すぎず良かったです。花友さんと3人で箱根方面で花散策をしてきました。お目当ての花はテイショウソウでした。

テイショウソウはキク科モミジハグマ属の植物です。初めてお目にかかる花でした。花をぱっと見るとオクモミジハグマかと思うようでしたが、葉はオクモミジハグマとは異なるし、花もたくさん付いていました。1個の頭花は3個の小花から成っているようです。

テイショウソウの自生地までにも色々な山の花に出会え、藪蚊もいなかったので、のんびりと花ハイクを楽しみました。


テイショウソウ    花だけを見るとオクモミジハグマかと思ってしまいます。
IMG_2498_convert_20161008104715.jpg

このテイショウソウは花をたくさん付けています。これくらい花があるとオクモミジハグマとは違うかなと感じます。
IMG_2499_convert_20161008104757.jpg

IMG_2502_convert_20161008104827.jpg

花をたくさん付けている株は草丈も高いです。
IMG_2503_convert_20161008104902.jpg

IMG_2504_convert_20161008104937.jpg

花をアップで見てみます。
PA070586_convert_20161008105837.jpg

PA070587_convert_20161008105912.jpg

PA070595_convert_20161008105948.jpg

葉を見るとオクモミジハグマの葉とは全然違います。古い葉には白班が入っていますが、若い葉には班が入っていません。
PA070596_convert_20161008110023.jpg

虫に食われて穴の開いた葉もありました。
PA070569_convert_20161008105751.jpg

ツルニンジン
PA070557_convert_20161008105716.jpg

ツルギキョウの実     ツルギキョウはたくさんありましたが、蕾のばかりで花は見ることができませんでした。
PA070544_convert_20161008105247.jpg

センブリ   花の咲いたセンブリは1株しか見つけられませんでした。蕾のもばかりでした。
PA070549_convert_20161008105452.jpg

花をアップで撮ってみました。
PA070551_convert_20161008105516.jpg

ゲンノショウコ
PA070554_convert_20161008105552.jpg

コシオガマ
PA070598_convert_20161008110122.jpg

リュウノギク    葉を撮らなかったのですが深く裂けて普通の菊の葉に似ていました。
PA070542_convert_20161008105148.jpg

シロヨメナ  葉の先が尖り、縁には鋸歯があります。花友さんからは葉の違いで見分けることを習いました。
PA070543_convert_20161008105223.jpg

トネアザミ  総苞片がそりかえっているのでトネアザミだと思います。
PA070541_convert_20161008105116.jpg

アシタカマツムシソウ
IMG_2508_convert_20161008105016.jpg

IMG_2510_convert_20161008105047.jpg

キバナアキギリ
PA070597_convert_20161008110058.jpg

オトメアオイ     箱根周辺のカンアオイはオトメアオイのようです。
PA070545_convert_20161008105340.jpg

センニンソウ    まだ咲いていました。
PA070547_convert_20161008105416.jpg

ヤマジノホトトギス    花が葉腋から咲いているのでヤマジノホトトギスと思います。
PA070556_convert_20161008105625.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。



























2016-10-08 : 箱根・富士山周辺の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 陣場山 【H28/10月】

晴れの日曜日に陣場山に行ってきました。先月の27日に高尾駅のバス乗り場でお会いした顔見知りの方が陣場山のセイタカトウヒレンも行きたいと言っていましたので気になっていた花でした。セイタカトウヒレンの名は知っていましたが、まだお目にかかったことがありませんでしたので陣場山に見に行くしかないと出かけてきました。

陣場山に行ってもどこに咲いているのか、まったく分かりませんのでセイタカトウヒレンの仲間であるタカオヒゴタイの自生地を考えました。高尾山や小仏城山までの自生場所の環境から陣馬山の自生地を推測して探すことにしました。

セイタカトウヒレンと対面することができました。ただ花はもう終わりに近い状態でした。そして次はタカオヒゴタイとのご対面がありました。そうなるとセイタカトウヒレンとタカオヒゴタイとの交雑種のオンガタヒゴタイがあるのではないかと思いました。

残念なことにオンガタヒゴタイの知識を持っていかなかったので、オンガタヒゴタイの特徴を知りませんでした。山から帰ってから調べましたらセイタカトウヒレンと同じように茎には翼があり、葉はタカオヒゴタイのようにバイオリン形であるということでした。セイタカトウヒレンの翼の知識は持っていたのですが、オンガタヒゴタイの知識がなかったので葉まで観察しませんでした。もしかしたらセイタカトウヒレンと思っていた中にオンガタヒゴタイがあったかも・・・・。来年はもう少し早く行って確認したいと思いました。


セイタカトウヒレン
PA020537_convert_20161003220605.jpg

PA020538_convert_20161003220630.jpg

PA020539_convert_20161003220700.jpg

タカオヒゴタイ
PA020515_convert_20161003220025.jpg

PA020517_convert_20161003220047.jpg

PA020518_convert_20161003220112.jpg

オクモミジハグマ
PA020511_convert_20161003215905.jpg

ヤクシソウ
PA020524_convert_20161003220221.jpg

キバナアキギリ
PA020525_convert_20161003220250.jpg

ヤマハッカ
PA020526_convert_20161003220313.jpg

サラシナショウマ
PA020521_convert_20161003220201.jpg

ネジバナ
PA020535_convert_20161003220514.jpg

アキノキリンソウ
PA020536_convert_20161003220540.jpg

メタカラコウ
PA020513_convert_20161003215935.jpg

ツリガネニンジン    葉が輪生しています
PA020540_convert_20161003220726.jpg

フクシマシャジン ?  花の形はツリガネニンジンのようですが・・・。
PA020528_convert_20161003220356.jpg

参考  葉が輪生していませんのでフクシマシャジンかな?。
PA020527_convert_20161004142612.jpg

レイジンソウ
PA020514_convert_20161003220001.jpg

アザミ  何アザミか分かりませんでした。蕊がタカオヒゴタイのように花外に出ています。
PA020531_convert_20161003220450.jpg



















2016-10-04 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

皇居東御苑 【H28/10月】 

皇居の東御苑に行ってきました。前日、高尾山にご一緒した仲間の方が29日に予定されていた観察会が28日の天気予報で雨だったため急遽中止になったそうですが当日は雨も降らず、仕方なく?東御苑に行きマヤランとサガミランを見てきたとの話を聞きマヤランを見に行きたいと思いました。

10月初日も雨の予報でしたが曇り空でしたので東御苑に出かけました。二の丸雑木林にマヤランは咲いていました。やや最盛期を過ぎた感じでした。結構個体数もありました。サガミランも見たという話でしたので探しましたが、花弁が落ちたようなサガミランを見つけました。

やはり皇居の中、藪蚊は少ないようでした。初夏に井の頭公園にマヤランを見に行ったときは藪蚊にいっぱい刺されましたが、今回は刺されたのは一回だけでした。来年、マヤランを見に行くときはもう少し早めに行こうと思いました。


マヤラン
IMG_2493_convert_20161003105011.jpg

PA010496_convert_20161003105058.jpg

PA010504_convert_20161003105218.jpg

PA010505_convert_20161003105250.jpg

サガミラン
PA010498_convert_20161003105154.jpg

ヤブマメ
PA010497_convert_20161003105126.jpg

カシワバハグマ
PA010507_convert_20161003105315.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。






2016-10-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山 【H28/9月】

9月の最終日は薄曇りの天気でしたが、観察会の仲間の方と3人で高尾山を散策してきました。高尾山の花関係のブログを見ていましたらタカオヒゴタイが掲載されていましたので、是非タカオヒゴタイを愛でてみようと仲間を誘って行ってきました。

それと今回は3日前に愛でたミツバフウロらしき花が本当にミツバフウロなのか調べてもらおうと思いました。観察会の仲間の一人の方は著名な植物学者さんと交流があり観察もご一緒したりしているので植物に非常に詳しい方です。この方にミツバフウロらしき花を鑑定してもらいました。

高尾山は小学生の遠足でごった返していましたので、なるべく人の少ないコースを歩きながら花巡りをしてきました。


タカオヒゴタイ    下部の葉がバイオリン形になるのが多いようです。
P9300477_convert_20161001071543.jpg

こちらのタカオヒゴタイは最盛期を過ぎたようでした。
P9300476_convert_20161001071518.jpg

ゲンノショウコ(ピンク花)   昨年あって9/7に行ったときはなかった場所に今回はピンクのゲンノショウコがありました。
P9300475_convert_20161001071448.jpg

ツルギキョウ    実もたくさん付けていましたが、まだ花も咲いていました。
P9300481_convert_20161001071607.jpg

P9300482_convert_20161001071712.jpg

P9300483_convert_20161001071734.jpg

オクモミジハグマ
P9300486_convert_20161001071758.jpg

シモバシラ   咲いたばかりなのか綺麗に咲いていました。
P9300487_convert_20161001071844.jpg

こちらのシモバシラは蕊がピンクでした。
P9300488_convert_20161001071910.jpg

アケボノシュスラン   まだ見られる姿で咲いていました。
P9300490_convert_20161001071933.jpg

ミツバフウロ    鑑定していただいた結果、ミツバフウロでした。
P9300492_convert_20161001071956.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。









2016-10-01 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR