山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山 【H28/11月】

高尾山ともみじ台の周辺を散策してきました。キジョランの実の割れ具合も気になりますし、久々にスミレの閉鎖花の種子も見たいし、ノササゲの花は見ていますが、実を今年は一度も見ていないので見たいなと思いながら歩いてきました。

オオカモメヅルの実を毎年定点観察しています。鞘が幾つかぶら下がっていましたが、まだ鞘が割れるには時間がかかりそうでした。キジョランのダイナミックの綿毛とは違い、小さな綿毛ですが鞘が割れ綿毛のついた種が飛ぶのも見ごたえがあります。

キジョランの実も場所により、まだ青々とした実のところもありました。今月末から来月早々に割れて絹のような毛のついた種子が飛び出すのが見られるのではないかと思います。ある登山コースでは上を見れば簡単に見られるところもあります。多くの方は足元を見ながら歩いているので気がつかないようです。

紅葉シーズンなので天気がよいと大混雑の高尾山ですが、モミジはちょうど見ごろでした。


紅葉   ケーブル駅前の紅葉です。まだ早い時間なので人は少ないです。1号路から入山しました。
PB170995_convert_20161119134300.jpg

もみじ台も色づいていました。
PB171016_convert_20161119135244.jpg

PB171018_convert_20161119135311.jpg

キジョランの実    もう少し遅い時間だと太陽の光が差し込み絹のような綿毛が光るのですが、着くのが早すぎました。
PB170996_convert_20161119134713.jpg

違う方向から実の割れているところを見ました。
PB170998_convert_20161119134748.jpg

場所を替えて先月見たキジョランの実を確認しました。まだ綿毛をつけた種子は残っていましたが、濡れているのか綿毛にふんわり感がありませんでした。
PB171007_convert_20161119134955.jpg

10/27に見たときは綿毛にふんわり感がありました。
IMG_2556_convert_20161119134145.jpg

ミヤマシキミの実   赤い実が目立ちます。
PB170999_convert_20161119134819.jpg

マルバノホロシ ?
PB171000_convert_20161119134847.jpg

ツルギキョウの実   見るたびに色が濃くなっています。
PB171006_convert_20161119134916.jpg

ニシキギの実   ニシキギの実はツリバナのようにぶら下がっています。
PB171008_convert_20161119135028.jpg

ツルリンドウの実   花の咲く時期には花に気がつきませんでしたが、実になるとよく目立ちます。
PB171009_convert_20161119135056.jpg

ノササゲの実   花が咲いていた場所を思い出し行ってみました。遅かったです。紫色したさやは見られず色あせていました。
PB171012_convert_20161119135205.jpg

ゴンズイの実    赤い果皮が綺麗です。   
PB171019_convert_20161119135347.jpg

ミヤマフユイチゴの実
PB171032_convert_20161119135811.jpg

トキリマメの実
PB171038_convert_20161119140028.jpg

ビナンカズラの実   少し赤く色づいてきました。
PB171040_convert_20161119140056.jpg

11/4にはまだ緑色でした。
IMG_2612_convert_20161119134230.jpg

ゲンノショウコ(ピンク花)   今まで見てきたピンク花のゲンノショウコの自生地とは全然違う場所に咲いていました。驚きでした。
花弁もかなり痛み枯れる寸前の花でした。
PB171026_convert_20161119135619.jpg

センブリ   ほとんど終わりでしたが数輪咲き残っていました。花は小さかったです。
PB171023_convert_20161119135450.jpg

PB171024_convert_20161119135527.jpg

リンドウ
PB171020_convert_20161119135421.jpg

エイザンスミレ   何か所かでエイザンスミレが見れました。
PB171010_convert_20161119135130.jpg

PB171027_convert_20161119135658.jpg

コスミレ
PB171031_convert_20161119135740.jpg

マルバスミレ ?  写真を撮っているときはタチツボスミレかと思ったのですが・・・・。  
PB171033_convert_20161119135918.jpg

側弁を見ると毛がありました。タチツボは無毛なので、葉の形もマルバに似ているかなと思ったのですが・・・・。 
PB171033_(2)_convert_20161119135839.jpg

スミレの閉鎖花の種子   何スミレかは不明です。
PB171036_convert_20161119135952.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。






















スポンサーサイト
2016-11-19 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 南高尾山稜 【H28/11月】

南高尾山稜を歩いてきました。大垂水峠から入山し草戸山を経て、草戸峠の少し先から梅ノ木平へ下山しました。紅葉も見ごろの感じでした。高尾山口駅の前は平日にもかかわらず凄い人の数でしたが、南高尾山稜は人も少なく静かに秋の山を歩くことができました。

山の花はもう終盤となってきました。ヤクシソウ、コウヤボウキ、センブリなどが咲いていました。草木の実にはアオツヅラフジ、ヤブムラサキ、ナンテン、ヤブラン、ツルリンドウなどを見ることができました。

三沢峠に着いたときに2台のオートバイが上がって来ました。あれ、こんな山の中に来れるんだとビックリ。そういえばツチアケビの頃に来たときに林道工事をしていたから、もう通れるようになったのかと思いました。せっかくの静かな山の中にオートバイの音、ちょつと興ざめしました。


ツリフネソウ     大垂水峠付近にまだ咲いていました。ここのツリフネソウはピンク色していました。
PB160968_convert_20161118065133.jpg

ノハラアザミ     
IMG_2614_convert_20161118063929.jpg

コウヤボウキ   この花は最盛期のようでした。至る所に咲いていました。
IMG_2624_convert_20161118064317.jpg

ノコンギク  
IMG_2625_convert_20161118064348.jpg

リュウノギク
IMG_2626_convert_20161118064420.jpg

シロヨメナ
PB160969_convert_20161118065238.jpg

ヤクシソウ
PB160973_convert_20161118065348.jpg

センブリ    曇っていましたが小さな花が咲いていました。
PB160981_convert_20161118065619.jpg

こちらのセンブリはうすく紫がかっています。
PB160982_convert_20161118065649.jpg

アキノタムラソウ
PB160983_convert_20161118065738.jpg

アップで撮ってみました。毛まで見れます。
PB160984_convert_20161118065810.jpg

シロダモ   木に咲く花です。草も満足に名前が分かりませんが、木の花はもっと分かりませんので木にも詳しい花友さんに写真を送って名前を教えてもらいました。
IMG_2629_convert_20161118064612.jpg

オヤマボクチ
IMG_2615_convert_20161118064016.jpg

センボンヤリの閉鎖花
IMG_2634_convert_20161118064648.jpg

ムラサキニガナ     綿毛が綺麗でした。
IMG_2638_convert_20161118064827.jpg

オケラの花殻
PB160980_convert_20161118065535.jpg

ミヤマフユイチゴの実
IMG_2635_convert_20161118064721.jpg

ナンテンの実
IMG_2636_convert_20161118064754.jpg

ツルリンドウの実
IMG_2640_convert_20161118064857.jpg

アオツヅラフジの実
IMG_2643_convert_20161118065020.jpg

ヤブコウジの実
PB160971_convert_20161118065313.jpg

サルトリイバラの実
PB160976_convert_20161118065422.jpg

ヤブランの実
PB160977_convert_20161118065500.jpg

??の実
IMG_2642_convert_20161118064940.jpg

ヤブムラサキ
PB160985_convert_20161118065850.jpg

紅葉
IMG_2616_convert_20161118064111.jpg

IMG_2619_convert_20161118064155.jpg

IMG_2621_convert_20161118064245.jpg

IMG_2627_convert_20161118064457.jpg

IMG_2645_convert_20161118065054.jpg

梅の木平に向かう途中にうかい竹亭の前を通ります。竹亭の紅葉です。
PB160991_convert_20161118065930.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。




















2016-11-18 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 三頭山 【H28/11月】

ボランティアの清掃登山に参加してきました。先月は都合で参加できなかったので2か月ぶりの清掃登山でした。今回は鶴峠から入山し、都民の森に下山しました。

登山道は枯葉に覆われていましたので小さな紙屑などは探せませんでしたが、登山道脇の谷川側の斜面には空き缶の投げ捨てが意外と多くありました。三頭山の山頂の周りにはコンビニおにぎりの包装セロファン、ペットボトル、ビールの缶などの投げ捨てが多くありました。ゴミは山に捨てずに持ちかえってほしいと思います。

今回は花もありませんでした。都民の森でリンドウがありましたが日影になったところでしたので花は閉じていました。キノコはいろいろとありました。紅葉も終わりに近いようでした。


紅葉   標高を上げるほど紅葉は終わりに近づいていました。
PB120951_convert_20161113103350.jpg

PB120957_convert_20161113103558.jpg

PB120961_convert_20161113103621.jpg

紅葉の中をゴミ拾いしながら登ります。手に持っているのはゴミ袋です。空き缶や瓶が入っています。
PB120956_convert_20161113103534.jpg

ムラサキシキブの実
PB120954_convert_20161113103444.jpg

ツチグリ キノコの名前で確実に覚えているのはタマゴダケとこのツチグリだけです。
PB120952_convert_20161113114017.jpg

クチベニタケ    口紅を塗っている唇のように見えることから名前がついたようです。
PB120955_convert_20161113115336.jpg

テンナンショウの仲間の実だと思います。
PB120967_convert_20161113103706.jpg

三頭大滝です。滝の周りの紅葉も終わりになってきてます。
PB120962_convert_20161113103647.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。














2016-11-13 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京近郊の丘陵 【H28/11月】

ある山に行くはずでしたが午前中に1本しかないバスに乗れなくなり、どうしようか、どこへ行こうかとと思いました。その時に9月末に高尾山に言ったときに観察会仲間の方が「△△丘陵に☆☆ランがあるらしい」と言ったのを思い出しました。

電車を乗り継ぎバスに乗り△△丘陵に向かいました。☆☆ランは9月半ばころに咲きますが咲いているときに探すのは難しいので、咲いた後の果実を探し、来年の花の咲く頃に果実のあった付近を探せば花が見つけられるという戦術です。

△△丘陵に行き☆☆ランの紡錘形の果実を探しました。最初の一株はすぐに見つけましたが、その後は見つかりませんでした。場所を替えて探すと一株ありました。さらに場所を替えて探すと一株ありました。よく見るとその付近には沢山ありました。しっかりとメモ帳に地図を書き込み場所を忘れないようにしました。

先月下旬に訪れた東京近郊の××丘陵で探した〇〇ランと同属なので似たような花を咲かせます。来年の9月にはまた一つ楽しみが増えました。ラン探しの後は丘陵を散策しました。


☆☆ランの果実   実が割れていました。
PB100934_convert_20161111103116.jpg

このような形の果実が多かったです。
PB100937_convert_20161111103142.jpg

ヤクシソウ
PB100944_convert_20161111103225.jpg

シロヨメナ
PB100942_convert_20161111103205.jpg

ノコンギク
PB100945_convert_20161111103245.jpg

カラスウリの実
PB100948_convert_20161111103348.jpg

紅葉
PB100947_convert_20161111103326.jpg

アキノタムラソウ
PB100949_convert_20161111103407.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございました。









2016-11-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 【H28/11月】

祝日の翌日なら高尾山も空いているかと思ったら高尾山口駅前は土日並みの混雑でした。今回は三つの目的がありました。先週、高尾山系に行ったときに同行した花友さんが見つけたセンブリを確認することでした。このセンブリはどうやら紫花を付けるような感じでしたので見てみたいと思いました。

二つ目は今年高尾で見損なったランがありましたので、葉だけでも確認しておきたかったので自生地に行ってきました。三つ目はキジョランの実を探すことでした。

センブリは全体的に終わりに近づいてきているようで花を咲かせているのが少なくなっていました。お目当てのセンブリは見つけられませんでした。なくなったのか、あるいは花も終わったので気がつかなかったのか。その後、山の中で知り合いの方とお会いして話をしていたら数年ぶりにムラサキセンブリが咲いたとのことでした。どうやら先週見たセンブリのようです。

高尾の花の愛好家ではムラサキセンブリと呼んでいますが、ムラサキセンブリとセンブリには相違点がいくつかあると言われています。ムラサキセンブリには①蜜腺溝はほとんど見えない。②花が大きく平開する。③センブリと同じ場所には咲かない。などが言われています。したがって高尾のムラサキセンブリは本来のムラサキセンブリとは違うと思われます。ムラサキバナセンブリとでも言った方がよいのかも。

ランの葉は冬でも残るのですぐに確認できました。キジョランの実は四つ見つけることができました。先週見たキジョランは実が割れて綿毛を出していましたが、今回見つけた実はまだ割れるのに時間がかかりそうです。


紫花を付けるのではないかと思われたセンブリ(10/27撮影)
IMG_2571_convert_20161105104034.jpg

センブリ    花も最盛期を過ぎていました。
IMG_2593_convert_20161105104137.jpg

IMG_2595_convert_20161105104204.jpg

PB040905_convert_20161105104912.jpg

リンドウ
IMG_2604_convert_20161105104420.jpg

こちらのリンドウは青色が濃くでています。
IMG_2602_convert_20161105104354.jpg

リュウノギク
IMG_2599_convert_20161105104234.jpg

エイザンスミレ    山の中でお会いした知り合いの方から咲いていると教えてもらいました。
IMG_2606_convert_20161105104454.jpg

アップで撮ってみました。
PB040912_convert_20161105105132.jpg

コスミレ    エイザンスミレのすぐ横にコスミレが咲いていました。
IMG_2607_convert_20161105104532.jpg

中央の花を撮ってみました。
IMG_2609_convert_20161105104611.jpg

アップで撮りました。
PB040914_convert_20161105105202.jpg

ヤクシソウ
PB040907_convert_20161105105022.jpg

ヒヨドリバナ
PB040906_convert_20161105104953.jpg

???  初めて見る花でした。
IMG_2601_convert_20161105104304.jpg

ツルリンドウの実
IMG_2592_convert_20161105104109.jpg

トキリマメの実
PB040917_convert_20161105105234.jpg

実が割れ種が見えます。
PB040918_convert_20161105105306.jpg

キジョランの実    登山道のすぐ近くにありました。
PB040921_convert_20161105105344.jpg

ランの葉
PB040904_convert_20161105104846.jpg

ビナンカズラの実    赤く色づくにはまだでした。 
IMG_2613_convert_20161105104654.jpg


当ブログに訪問していただきありがうございました。
















2016-11-06 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京羽村 多摩川河原 & 草花丘陵 【H28/11月】

先週高尾山に行った花友さんたちと多摩川の河原にカワラノギクを愛でに行きました。カワラノギクだけでは物足りないので草花丘陵を歩いてきました。

カワラノギクは絶滅危惧種の植物で、関東地方の多摩川、相模川などの一部の河川に生育するキク科の二年草だそうです。福生市を流れる多摩川では福生市観光協会HPによると保全・復元活動が行われ10万株あるそうです。

今回、訪れたのは羽村市です。河原で自生地を探すのに一時間弱かかりました。三人で手分けして探しましたが見つからず空振りになるかと思ったら携帯が鳴り通話すると仲間から見つけたとの連絡がありました。カワラノギクと無事にご対面することができました。

遅い昼食後に草花丘陵を歩きました。コウヤボウキが至る所で花を咲かせていました。カントウカンアオイの花も見ることができました。赤い木の実を付けたガマズミ、ゴンズイ、オトコヨウゾメ、ヤブコウジなどがありました。

☆ 多摩川河原
カワラノギク   花の色は薄紫色。白ぽっいのもありました。
IMG_2579_convert_20161103111847.jpg

PB020872_convert_20161103112050.jpg

茎は束生となっています。
IMG_2581_convert_20161103111912.jpg

IMG_2591_convert_20161103112009.jpg

葉は線形です。一般的な菊の葉とは異なっていました。
IMG_2585_convert_20161103111932.jpg

IMG_2590_convert_20161103111950.jpg

クサボケ    河川敷に咲いていました。
PB020865_convert_20161103112028.jpg

☆ 草花丘陵
アキノキリンソウ
PB020881_convert_20161103112108.jpg

カントウカンアオイ
PB020882_convert_20161103112130.jpg

コウヤボウキ
PB020884_convert_20161103112220.jpg

シハイスミレか? ヒナスミレか? 葉の形からどちらかと思ったのですが、葉の裏は緑なので両方に該当しないし・・・・?
PB020889_convert_20161103112335.jpg

ゴンズイの実
PB020885_convert_20161103112246.jpg

オトコヨウゾメの実
PB020887_convert_20161103112309.jpg

ヤブコウジの実
PB020894_convert_20161103112356.jpg

草花丘陵の最高峰  浅間岳の山頂標識
PB020883_convert_20161103112152.jpg

当ブログに訪問していただきありがとうございます。















2016-11-03 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR