FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山系 【H30/5月】

高尾山のヒトツボクロやムヨウランの開花情報が入ってきますと、毎年愛でている花でも今年の花はどうかなと気になり出かけることになってしまいます。

昨年よりも開花が早くなっていましたがお目当てのヒトツボクロとムヨウランを愛でることができました。ヒトツボクロはやや盛りは過ぎた感じでした。ムヨウランは場所によってやや異なっていました。

ウメガサソウも咲いていました。イチヤクソウは蕾でしたが、山の中でお会いした知り合いの方から、イチヤクソウの咲いている場所があり、これから行くとのことでしたが、別の花を見るので一緒に行けませんでした。

今回はラン科以外に高尾に自生するイナモリソウ、ホシザキイナモリソウ、フイリイナモリソウを愛でることも目的としていましたのでイナモリソウ巡りもしてきました。


ヒトツボクロ      小さな花です。隣の株は花が終わっていました。
IMG_4371_convert_20180530105759.jpg

P5291947_convert_20180530111332.jpg

P5291955_convert_20180530111405.jpg

ムヨウラン
IMG_4377_convert_20180530105827.jpg

IMG_4379_convert_20180530105856.jpg

イナモリソウ
P5291964_convert_20180530111445.jpg

ホシザキイナモリソウ
P5291967_convert_20180530111520.jpg

フイリイナモリソウ     高尾山で最初に発見されたそうです。
IMG_4401_convert_20180530110420.jpg

こちらのフイリイナモリソウは花弁が細くホシザキイナモリソウに近いように思われます。
IMG_4397_convert_20180530110347.jpg

ピンクの色が濃くて奇麗でした。
IMG_4408_convert_20180530110528.jpg

葉に入った斑もきれいです。
IMG_4410_convert_20180530110558.jpg

IMG_4406_convert_20180530110453.jpg

サイハイラン
IMG_4392_convert_20180530110151.jpg

ツレサギソウ
P5291922_convert_20180530111037.jpg

セッコク     盛りを過ぎているのかやや薄いピンクがかっていました。
IMG_4414_convert_20180530110643.jpg

IMG_4418_convert_20180530110735.jpg

ウメガサソウ      草ではなく常緑の小低木だそうです。
IMG_4387_convert_20180530110031.jpg

ヤマボウシ
P5291926_convert_20180530111212.jpg

オオバウマノスズクサ
P5291923_convert_20180530111124.jpg

エゴノキ ?
IMG_4395_convert_20180530110309.jpg

スイカズラ
P5291918_convert_20180530110951.jpg

オカタツナミソウ ?    葉が違うような気もしますが・・・・。
P5291928_convert_20180530111248.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。


スポンサーサイト



2018-05-30 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

甲信方面 【H30/5月】

甲信方面に行ってきました。お目当ての花はコアツモリソウ、スズムシソウ、サカネランのラン科3兄弟でした。今年は開花が早かったのでスズムシソウとサカネランは盛りを過ぎていました。コアツモリソウは見頃でしたが、花の向きがアッチ向いてホイ状態のが多く写真を撮るには不向きの花が多かったです。

観察には、昨年の春から先生のご都合により休会している観察会のメンバーであるN氏とS氏と3人で行きました。S氏は車で来るので現地付近で合流しました。N氏と列車で現地に向かっているときにN氏がスマホを取り出し、東海方面に在住しているらしき方のブログ「HanaHana日記」を開き、コアツモリソウの白花の写真を見せてくれました。こんな花が今日見られたらいいねと話をしていました。

そしてコアツモリソウの観察の最中に私が白花を発見しました。分散して観察していましたので、すぐにN氏とS氏に声をかけました。観察を終えて奥三河に向かったS氏から夜にメールが届き、白花のコアツモリソウはシナノコアツモリソウとして学会で発表されていると書かれていました。滅多に見られない白花のコアツモリソウに出会えたのは嬉しい限りでした。


シロバナコアツモリソウ(シナノコアツモリソウ)
P5261865_convert_20180527054252.jpg

IMG_8715_convert_20180527053845.jpg

コアツモリソウ
P5261861_convert_20180530140555.jpg

P5261857_convert_20180527054110.jpg

花の向きがアッチ向いてホイ状態が多かったです。
IMG_8697_convert_20180527053706.jpg

IMG_8704_convert_20180527053759.jpg

スズムシソウ
IMG_8718_convert_20180527053933.jpg

サカネラン
IMG_8719_convert_20180527054019.jpg

P5261891_convert_20180527054543.jpg

ササバギンラン
P5261873_convert_20180527054328.jpg

エゾノタチツボスミレ
P5261880_convert_20180527054423.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-27 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 【H30/5月】

ベニバナヤマシャクヤクが開花しているという情報が入ってきていましたので、天気が悪化する前にでもベニバナヤマシャクヤクを愛でに行こうと高尾に出かけてきました。

高尾山口駅で偶然、花の大先生とお会いしましたので下山の高尾駅まで、一日、花の大先生にお供させていただきました。大先生から滅多に見られないサイカチやサンカクヅルの花を教えてもらいました。花の大先生とご一緒させていただくと、知らない花々を勉強することができ、有意義な一日となりました。


ベニバナヤマシャクヤク       花の寿命も今日、明日までかと思いました。
IMG_4346_convert_20180523101735.jpg

IMG_4351_convert_20180523101803.jpg

IMG_4354_convert_20180523101844.jpg

これが一番最後に咲くようです。
P5221801_convert_20180523102240.jpg

P5221803_convert_20180523102312.jpg

この花が一番早く17日に開花したそうです。もう実ができ始めていました。
P5221818_convert_20180523102555.jpg

サイハイラン      もう咲き始めました。
P5221797_convert_20180523105147_20180523105440fcd.jpg

ミドリエビネ
IMG_4362_convert_20180523102010_201805231115414d2.jpg

ヨウラクラン
P5221846_convert_20180523103227.jpg

P5221845_convert_20180523103203.jpg

ウリノキ
P5221827_convert_20180523102856.jpg

サイカチ
P5221833_convert_20180523103038.jpg

サンカクヅル
P5221815_convert_20180523102515.jpg

バイカウツギ
IMG_4365_convert_20180523102054.jpg

P5221811_convert_20180523102348.jpg

ナルコユリ
P5221825_convert_20180523102811.jpg

イナモリソウ    白花です。
P5221820_convert_20180523102636.jpg

こちらのイナモリソウは薄く色がでています。
P5221822_convert_20180523102724.jpg

オカタツナミソウ
P5221829_convert_20180523102941.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。



2018-05-23 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

渡良瀬遊水地 【H30/5月】

渡良瀬遊水地は茨城、群馬、埼玉、栃木の4県にまたがる広大な遊水地です。明け方まで雨降りでしたが快晴の天気になった日に、この遊水地を訪れました。お目当ての花はタチスミレでした。

花仲間の方たち5人で行きました。そのうちの2人が昨年観察会でタチスミレを見に渡良瀬遊水地を訪れているので、その方たちに案内していただきました。この広大な遊水地のどこにタチスミレがあるのか、知っている方に案内していただかなければまず見ることができないと思いました。

昨年、菅生沼で茨城県博物館主催の観察会でタチスミレを愛でていますが、個体数は比較できないほど渡良瀬遊水地には多くありました。ただ菅生沼のタチスミレのほうが草丈は高く、いかにもタチスミレという感じがありました。

タチスミレのほかに、ハナムグラ、マイズルテンナンショウ、チョウジソウなどの花も愛でることができました。


タチスミレ
IMG_4335_convert_20180520064012.jpg

IMG_4338_convert_20180520064043.jpg

P5191734_convert_20180520064244.jpg

P5191740_convert_20180520101913.jpg

P5191752_convert_20180520101945.jpg

P5191755_convert_20180520064425.jpg

タチスミレの花弁の裏側は薄い紫色をしています。
P5191773_convert_20180520064648.jpg

ハナムグラ
P5191762_convert_20180520064530.jpg

P5191764_convert_20180520102013.jpg

マイズルテンナンショウ      ウラシマソウのように付属体がありますがウラシマソウほど長くはないです。
P5191782_convert_20180520064925.jpg

周りと同じ色なので探しにくいですが、昨年観察した方の記憶はばっちりと合っていました。
P5191780_convert_20180520102059.jpg

茎の途中から葉と花に分かれています。
P5191779_convert_20180520102035.jpg

チョウジソウ
P5191787_convert_20180520065003.jpg

ヒレアザミ   茎にひれ(翼)があります。所見のアザミでした。
IMG_4330_convert_20180520063807.jpg

IMG_4331_convert_20180520101646.jpg

スイカズラ
P5191731_convert_20180520064205.jpg

ヤセウツボ
IMG_4344_convert_20180520064120.jpg

ミゾコウジュ
IMG_4332_convert_20180520101708.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-20 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

沖縄宮古島 東平安名崎 【H30/5月】

沖縄へ植物の観察旅行に出かけてきました。計画は宮古島と渡嘉敷島でした。まず宮古島に行きました。東平安名崎は沖縄県の天然記念物に指定されている「隆起珊瑚礁海岸風衝植物群落」がありますので、どんな植物に会えるのか楽しみにしていました。

宮古島に在住している知人にホテルから東平安名崎まで送ってもらい3時間の観察時間をいただきました。迎えに来てもらうまでカンカン照りの中夏空の下、観察をしました。一番愛でてみたい花はテンノウメでした。バラ科の植物で梅の花に似ていることから名がついたそうです。知人の奥様の話だと四月に咲いていたとのことで、もう咲いてないかも知れないと言われましたが、探して探して咲き残りの花を見つけることができました。

東平安名崎はテッポウユリの自生地としても有名なところでしたが、もう花は終わりのころとなっていましたが、わずかですがまだ見られる花もありました。暑さのため二時間半で観察は止めて移動販売の売店で缶ピールを買い東屋のベンチに座りごくり。

缶ビールを飲んだ後、翌日行く渡嘉敷島の役場に電話をかけてノボタンの開花状況を問い合わせました。なんとGWに咲いてもう見れるようなノボタンはないとのこと。ネットで調べると沖縄本島のヤンバル方面にも自生しているところがありましたので地元に照会の電話をしたら、もう咲いているのはありません。ありゃー予定が狂ったー。沖縄のノボタンは内地の園芸種のシコンノボタンとは違い自生種のものです。昨年は天候不良で渡嘉敷島に行けず、今年は天気最高なのに花が早く咲いてしまい、二年続けて対面できませんでした。渡嘉敷島もヤンバル行きも断念しました。来年こそはに期待するしかないと自分に言いきかせ那覇で一日時間をつぶしました。半分は酒漬けでした。


テッポウユリ
P5151660_convert_20180517115359.jpg

P5151698_convert_20180517120701.jpg

テンノウメ    ウメの花に似ています。別名「天梅」(てんばい)とも呼ぶそうです。
P5151675_convert_20180517115852.jpg

P5151683_convert_20180517120113.jpg

テンノウメは小低木です。写真に写っているのは、みなテンノウメの木です。
P5151604_convert_20180517114325.jpg

ハマオモト(ハマユウ)
P5151685_convert_20180517120136.jpg

P5151691_convert_20180517120324.jpg

グンバイヒルガオ     葉の形状が軍配扇に似ていることから名がついたそうです。
P5151625_convert_20180517114528.jpg

ミツバコマツナギ     緋色の花は目立ちます。パット見た感じはハグロソウを思い出しました。
P5151686_convert_20180517120205.jpg

P5151632_convert_20180517114632.jpg

イリオモテアザミ    もうほとんどが咲き終わっていました。
P5151633_convert_20180517114714.jpg

ハマウド    この花もほとんどが枯れていました。これはまだ生き残っていました。
P5151696_convert_20180517120609.jpg

テリハクサトベラ
P5151613_convert_20180517114433.jpg

ソナレムグラ     ちょつと見でタニギキョウに似ているかなと思いました。
P5151640_convert_20180517114837.jpg

ミズガンピ
P5151636_convert_20180517114751.jpg

ウスベニニガナ
P5151690_convert_20180517120239.jpg

ハマゴウ
P5151695_convert_20180517120524.jpg

シマツユクサ
P5151682_convert_20180517120039.jpg

キキョウラン
P5151676_convert_20180517120001.jpg

アダン(実)
P5151701_convert_20180517120815.jpg

モンパノキ
P5151702_convert_20180517120850.jpg

ミヤコジマツルマメ
P5151669_convert_20180517115727.jpg

ホソバワダン ?
P5151645_convert_20180517114918.jpg

オオジシバリ ?
P5151693_convert_20180517120444.jpg

カタバミ ?
P5151672_convert_20180517115817.jpg

ハマササゲ
P5151651_convert_20180517115141.jpg

サキシマボタンヅル ?
P5151700_convert_20180517120736.jpg

ハマボッス???   5/20修正 花仲間の方からハマボッスだと教えてもらいました。  所有している「沖縄の自然を楽しむ 海岸植物の本」と「おきなわ 野山の 花さんぽ」にも出ていました。を見ても分かりませんでした
P5151610_convert_20180517114402.jpg

P5151654_convert_20180517115225.jpg

《宮古島の某海岸》 
東平安名崎の観察後に案内していただきました。潮が引きサンゴが水面から出ていました。
P5151706_convert_20180517120940.jpg

目の前でサンゴが見られました。
P5151707_convert_20180517121013.jpg

P5151708_convert_20180517121046.jpg

P5151710_convert_20180517121201.jpg

《おまけ》
全国ニュースで取り上げられた安室奈美恵の写真が機体に。AMURO JETが那覇から宮古島へは初フライト。この飛行機に乗って那覇に行きました。
P5151713_convert_20180517121238.jpg

P5151719_convert_20180517121355.jpg

P5151720_convert_20180517121429.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。

2018-05-17 : 沖縄の野の花・山の花 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 【H30/5月】

久々に朝から快晴となりましたので高尾山系に出かけてきました。今回はエビネも見頃かなと思いましてエビネ巡りをしてきました。

それとベニバナヤマシャクヤク、ヒトツボクロ、ムヨウランの開花を予測するために生育状況の観察をしてきました。ベニバナヤマシャクヤクがもう咲いているかと期待していた方が大勢来ていましたが、まだ蕾もそれほど大きくなっていませんでした。過去の開花日と今年のヤマシャクヤクの開花状況とから考えるとベニバナヤマシャクヤクの開花Xデーは5月〇日(内緒です)と予測しています。開花期間は3日間と言われていますので開花期間にぜひ訪れたいと思っています。

キンランは連休前から開花していましたが、まだ花盛りでした。それならギンランも咲いているかと高尾では珍しいギンランの群生地を訪れましたが既に花は終わっていました。群生地も昔のようには個体数はありませんでした。ギンランが6株、ササバギンランを1株確認しましたが、もっとよく見ればもう少しはあるのかな・・・と思いました。

ヒトツボクロもムヨウランも花芽を上げてきており順調に育っていると感じました。これらの開花Xデーはベニバナヤマシャクヤクの後〇日後(これも内緒)くらいに開花と予測しました。


エビネ
高尾の花愛好家ではミドリエビネと呼ばれています。「日本のラン ハンドブック」によれば「ヤブエビネ」が正式名のようです。
IMG_4295_convert_20180512110043.jpg

IMG_4301_convert_20180512110118.jpg

IMG_4294_convert_20180512063205.jpg

こちらのエビネは唇弁がややピンクがかっています。
IMG_4321_convert_20180512110855.jpg

やや最盛期を過ぎたエビネですが、唇弁はクリーム色をしています。
IMG_4312_convert_20180512063630.jpg

高尾では一番多いエビネで萼片と側花弁は茶色で、唇弁は白です。
IMG_4272_convert_20180512062842.jpg

このエビネの唇弁はごく薄い緑色のように見えます。
IMG_4283_convert_20180512063028.jpg

日差しが当たっているので見にくいですが唇弁はピンク系です。
IMG_4288_convert_20180512063116.jpg

ツレサギソウ    早いです。数輪ですが咲き始めました。
IMG_4326_convert_20180512063925.jpg

IMG_4327_convert_20180512063951.jpg

キンラン
IMG_4308_convert_20180512063419.jpg

IMG_4310_convert_20180512063453.jpg

セッコク
P5111571_convert_20180512064804.jpg

ヒトツボクロ    蕾も順調に育っていました。
IMG_4316_convert_20180512063710.jpg

ワニグチソウ    図鑑などでは花は普通2個付くと出ていますが、これは1個でした。
IMG_4317_convert_20180512063752.jpg

P5111559_convert_20180512064728.jpg

ヒメハギ
IMG_4279_convert_20180512062917.jpg

コケリンドウ
IMG_4281_convert_20180512062950.jpg

イカリソウ
P5111525_convert_20180512064359.jpg

アヤメ
P5111551_convert_20180512064603.jpg

ジャケツイバラ
P5111514_convert_20180512064027.jpg

ベニバナヤマシャクヤク    まだ蕾でした。咲いていると思って来た方が多くいました。
P5111522_convert_20180512064232.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-12 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

甲信方面 【H30/5月】

GWの最終日なら交通機関も山もすいているかと思い、甲信方面の山に行ってきました。お目当ての花はユウシュンランでした。
情報を提供してくれた方は1日に観察に行っており、ちょうど見ごろだったそうです。それから5日経っていて花が見られるのか気になりましたが、一つくらい花は残っているだろうと考え、来年まで待てないので山に向かいました。

自生地に着くと、まだ見られるユウシュンランが咲いていました。初見の花でした。事前勉強して観察に臨みましたが、草丈は小さいと分っていましたが、実物を愛でると本当に小さかったです。葉もギンランやササバギンランに比べると全然小さかったです。萼片は花にくっくように立っているという知識でしたが、背萼片も側萼片も花から離れ万歳をしているような形でした。花が最盛期を過ぎていたからなのか、この万歳ポーズは事前勉強で得た知識と違っていました。

天気は最高に良かったのですが、風が強く小さなユウシュンランは揺れに揺れて観察するにも写真を撮るにも最悪の条件でした。しかしユウシュンランを愛でることができましたので満足して下山しました。


ユウシュンラン
この株は最盛期を過ぎていますが、真ん中の花が万歳ポーズをしています。
P5061472_convert_20180507070739.jpg

右の花にピントを合わせました。花は半開きです。
IMG_8684_convert_20180507070513.jpg

下の花は逆向きになっているようで背萼片が下に、距が上を向いているようです。真上から撮ったのでこう見えたのでは。
P5061502_convert_20180507071037.jpg

この花はやや黄色がかっています。最盛期を過ぎたからでしょうか。
P5061468_convert_20180507070704.jpg

P5061504_convert_20180507071114.jpg

P5061477_convert_20180507070854.jpg

定規を立てて草丈を見たら7センチくらいでした。葉も小さいです。定規にピントを合わせたので花はピンボケです。
P5061482_convert_20180507070929.jpg

ハルリンドウ      フデリンドウかと思いましたが写真を撮りに来ていた方からハルリンドウだと教えてもらいました。
P5061463_convert_20180507070550.jpg

P5061475_convert_20180507070823.jpg

P5061464_convert_20180507070629.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-07 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

南関東方面 【H30/5月】 

早いもので、もう5月に入ってしまいました。2日は観察会仲間の方に山梨方面を案内していただく予定でした。ところが所要が入っていたことをすっかり忘れていまして先週急遽キャンセルさせていただきました。

所要を済ませた後、中途半端な時間が余りました。そういえば先週花仲間の方からカザグルマを観察しに行ったと、写真が添付されたメールが来たのを思い出しました。それには花は5月5日くらいが限度と書いてありました。ネットの路線で交通機関を調べると、それほど時間がかからずに行けることが分かりましたので南関東の自生地に向かいました。

カザグルマはキンポウゲ科のつる植物で、花は大きく15センチは越えるような感じです。園芸種のクレマチスの原種のようです。花仲間の方からは道順も詳細にメールに書いてありましたので迷わずに自生地着きました。実際に花を愛でると、花は大きく園芸種とは一味違う質素な感じの花という印象を持ちました。


カザグルマ
IMG_8628_convert_20180503055313.jpg

P5021459_convert_20180503060139.jpg

IMG_8641_convert_20180503055548.jpg

P5021454_convert_20180503055712.jpg

IMG_8630_convert_20180503055355.jpg

IMG_8638_convert_20180503055508.jpg

P5021457_convert_20180503055832.jpg

P5021458_convert_20180503060052.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-05-03 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR