FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山系 【H30/9月】

台風が来る前の快晴となった金曜日、クロヤツシロランを探しに行くか、白花のツリフネソウを探しに行くか、迷っていましたが、ブログを見ていたらセイタカトウヒレンが咲いているのを知りました。よし、それならセイタカトウヒレンに行こうとなりました。

自生地に着いて、メモ帳を見ながらセイタカトウヒレンを探しました。ここにあったはずのセイタカトウヒレンの横にはオンガタヒゴタイもあったはずでしたが両方とも見当たりませんでした。もう一つの場所のほうにはセイタカトウヒレンが咲いていました。少し間隔を置いて3株ありました。1株目を愛で、2株目に近ずいたら足元の近くから小さめのヘビが3株目のほうへにょろにょろと行きました。ヘビの模様からマムシと分かりましたので3株目には近ずかず離れました。

少し場所を変えてオンガタヒゴタイとタカオヒゴタイを探していたら、やはり同じ目的で来ていた方がいまして、その方がオンガタヒゴタイとタカオヒゴタイの両方を見つけましたので、ご一緒させていただき愛でることができました。


セイタカトウヒレン      写真の右側の茎には翼が見えます。
P9283323_convert_20180929100338.jpg

P9283321_convert_20180929100256.jpg

タカオヒゴタイ
IMG_4646_convert_20180929095210_20180929105225d1e.jpg

P9283333_convert_20180929100605.jpg

オンガタヒゴタイ
IMG_4647_convert_20180929095251.jpg

P9283328_convert_20180929100515.jpg

ヤマトリカブト
IMG_4636_convert_20180929095125_20180929105948d64.jpg

フジレイジンソウ
P9283318_convert_20180929101323.jpg

ヤクシソウ
IMG_4658_convert_20180929095440.jpg

シモバシラ
P9283301_convert_20180929095936.jpg

ヒキオコシ
IMG_4659_convert_20180929101243.jpg

ゲンノショウコ
IMG_4657_convert_20180929095401.jpg

ゲンノショウコ(赤花)
P9283297_convert_20180929095555.jpg

ゲンノショウコの茎には毛があります。
P9283296_convert_20180929111300.jpg

ミツバフウロ      
P9283315_convert_20180929100209.jpg

ミツバフウロの茎には毛がありません。
P9283313_convert_20180929111825.jpg

カシワバハグマ
P9283299_convert_20180929095721.jpg

キバナアキギリ
P9283307_convert_20180929100031.jpg

ツリバナ(実)
IMG_4635_convert_20180929095041.jpg

アオツヅラフジ(実)
P9283298_convert_20180929095640.jpg

ネジバナ
P9283345_convert_20180929100652.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



2018-09-29 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東海方面 【H30/9月】

三連休の3日目、早朝に家を出るとき東京は今にも雨が降り出しそうな曇り空でしたが、東海方面に着くとなんと青空が広がる良い天気でした。花仲間と5人で東海方面の山で植物観察を行いました。今回のお目当ての花はアケボノシュスランでした。

三連休の初日のクロヤツシロランの観察は空振りでしたので、アケボノシュスランが咲いているのか心配しましたが、今回はちょうど見頃となっていましたので安心しました。把握していた自生地以外にもアケボノシュスランの自生地を次から次へと仲間の方々が見つけました。こんなにアケボノシュスランがあるの・・・もう本当に驚きでした。

アケボノシュスラン以外ではイズコゴメグサ、アシタカマツムシソウ、オトメアオイなど、東海方面に咲く花々を愛でることがてき秋の1日を楽しんできました。


アケボノシュスラン      淡紅色を帯びた花は優しさを感じます。
P9243272_convert_20180925160638.jpg

IMG_4630_convert_20180925154639.jpg

P9243280_convert_20180925160942.jpg

IMG_4631_convert_20180925154713.jpg

P9243289_convert_20180925161026.jpg

PA010658_convert_20180925231510.jpg

こちらのアケボノシュスランはほぼ白色の花でした。
P9243274_convert_20180925160715.jpg

P9243293_convert_20180925161153.jpg

アシタカマツムシソウ    マツムシソウの変種で、近年、ソナレマツムシソウと同じものとのことです。
P9243245_convert_20180925155623.jpg

IMG_4629_convert_20180925154601.jpg

イズコゴメグサ       花の中は、ほぼ白色です。
P9243246_convert_20180925155714.jpg

ピンボケ写真ですが、こちらのイズコゴメグサの花の中は黄色があります。
P9243254_convert_20180925231400.jpg

アップで見ると。
P9243259_convert_20180925231442.jpg

オトメアオイ
P9243269_convert_20180925160541.jpg

ヤブマメ
P9243243_convert_20180925155529.jpg

ノササゲ
P9243295_convert_20180925161235.jpg

ホトトギス
P9243242_convert_20180925155437.jpg

イヌゴマでよいのかな?
P9243235_convert_20180925154755.jpg

ヤマハッカ
P9243263_convert_20180925160248.jpg

タチフウロ
IMG_4622_convert_20180925154329.jpg

オミナエシ
IMG_4625_convert_20180925154437.jpg

タムラソウ   アザミかと思いましたが棘がないのでタムラソウかな・・・。
P9243237_convert_20180925154929.jpg

ヒヨドリバナ
P9243249_convert_20180925160101.jpg

ハギの仲間かな?
P9243239_convert_20180925155013.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-09-25 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

東京近郊の里山  【H30/9月】

三連休の初日の土曜日、東京近郊の里山2か所に行ってきました。お目当てはクロヤツシロランでしたが、花仲間たちと6個の目で自生地で座り込み、くまなく探しましたが空振りにおわりました。この空振りとなった原因を分析した結果、行くのが早かったので開花時期に至ってなかったと結論付けました。

今年は山の花の開花が昨年より1週間から10日位早くなっていましたのて゛クロヤツシロランの探索も昨年より早くしましたが駄目でした。どうも八月半ばからは山の花も、早くはなく、むしろ遅くなっている感じです。先日、花のブロ友さんから高尾のクロムヨウランの写真が送られてきました。撮影した日が9月8日とのことでした。こんな遅くに咲くのかと驚きました。

どうも最近は開花予測が外れてしまいます。クロヤツシロランは月末か来月初めに再度探索し、開花した花を愛でたいと思います。仲間の方にオオバノトンボソウの群生地まで案内しながら少し里山を散策しましたら仲間の方がナンバンギセルを見つけました。よく見ると、その付近にはナンバンギセルだらけでした。ナンバンギセルの知れ渡っていない群生地だと思いました。

ナンバンギセル
P9223225_convert_20180922172631.jpg

P9223222_convert_20180922172553.jpg

P9223228_convert_20180922172707.jpg

P9223230_convert_20180922172831.jpg

P9223231_convert_20180922172913.jpg

マルバツユクサ    花仲間の植物に詳しい方から教えてもらいました。花はツユクサより小さく、葉先が丸くなっています。
P9223233_convert_20180922172948.jpg

ツユクサ    マルバツユクサより花は大きく色も濃いです。
P9223234_convert_20180922173026.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-09-23 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山系 【H30/9月】

前回、、高尾に行ってから半月を過ぎたのでツルギキョウも見頃かなと思い、また、先週の三頭山ではツリフネソウが咲いていたので高尾でも沢山咲いているのではないか、それなら白花のツリフネソウでも探そうかと曇り空の日曜日に出かけてきました。

ツルギキョウは予想通り咲いていましたが、ツリフネソウはまだ咲き始めたばかりで、まだ一面に咲いているようにはなっていませんでした。とても白花を探せる状況ではありませんでした。

前回、高尾を訪れた時にツル3兄弟(ツルギキョウ、ツルリンドウ、ツルニンジン)のうち、見ることができなかったツルニンジンは今回3か所で愛でることができました。ツルリンドウは曇り空のため閉じているものばかりでしたが、定点観察以外の場所でようやく咲いているのを見つけました。


ツルニンジン(ジイソブ)
P9163218_convert_20180917102751.jpg

P9163177_convert_20180917101339.jpg

ツルギキョウ
P9163206_convert_20180917102429.jpg

P9163210_convert_20180917102515.jpg

P9163215_convert_20180917102651.jpg

ツルリンドウ
P9163201_convert_20180917102257.jpg

カシワバハグマ
P9163165_convert_20180917101043.jpg

オクモミジハグマ     葉がカエデに似ています。
P9163213_convert_20180917102557.jpg

ナガバノコウヤボウキ
P9163188_convert_20180917101741.jpg

モミジガサ
P9163198_convert_20180917102048.jpg

ノダケ
P9163180_convert_20180917101445.jpg

オトコエシ
P9163174_convert_20180917101211.jpg

シュウカイドウ
P9163153_convert_20180917100640.jpg

センニンソウ
P9163148_convert_20180917100520.jpg

オオカモメヅル
P9163199_convert_20180917102210.jpg

キバナアキギリ
P9163158_convert_20180917100806.jpg

ヤマホトトギス    花被片が反り返っています。奥多摩などに咲くヤマジノホトトギスは反り返っていません。
P9163160_convert_20180917100845.jpg

シモバシラ
P9163182_convert_20180917101531.jpg

イヌショウマ
P9163162_convert_20180917100936.jpg

ツリフネソウ
P9163154_convert_20180917100724.jpg

ナンテンハギ
P9163175_convert_20180917101252.jpg

ツリガネニンジン     
P9163186_convert_20180917101655.jpg

ツリバナ(実)
P9163194_convert_20180917101824.jpg

ガマズミ(実)
P9163195_convert_20180917101912.jpg

ノササゲ
P9163203_convert_20180917102344.jpg

レイジンソウ   高尾山系にはフジレイジンソウも自生していて、茎に稜があり萼片の外面に直毛があるそうです。
P9163169_convert_20180917101127.jpg

ジャコウソウ
P9163150_convert_20180917100559.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2018-09-17 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

奥多摩 三頭山 【H30/9月】

ボランティアの清掃登山に久々に参加しました。春以降、活動日に所要があったりして参加していませんでしたので仲間の方々とは5か月ぶりに会いました。

三頭山に咲く花も秋の花が目立ってきました。カメバヒキオコシやキバナアキギリが多く咲いていました。登っているときは汗が噴き出ましたが山頂や風通しの良い尾根では気持ち良い秋風でした。


キバナアキギリ
P9083111_convert_20180909104042.jpg

カメバヒキオコシ    葉が亀の形をしています。高尾にはこの花はありませんが同じシソ科のヒキオコシがあります。
P9083107_convert_20180909103824.jpg

ヤマジノホトトギス    高尾に咲くのはヤマホトトギスです。
P9083114_convert_20180909104117.jpg

タマガワホトトギス    渓流などの岩場に咲くことが多いですが、このタマガワホトトギスは土のところに咲いていました。
P9083144_convert_20180909104712.jpg

クサボタン    まだ蕾が゛多く、1輪だけ咲いていました。
P9083117_convert_20180909104152.jpg

ツリフネソウ
P9083123_convert_20180909104342.jpg

レイジンソウ
P9083109_convert_20180909103939.jpg

ヤブマメ
P9083118_convert_20180909104233.jpg

花をアップで撮りました。
P9083122_convert_20180909104308.jpg

ヤマトリカブト
P9083127_convert_20180909104418.jpg

シュロソウ
P9083141_convert_20180909104559.jpg

フクオウソウ     もう盛りは過ぎていました。
P9083132_convert_20180909104444.jpg

タカオヒゴタイ     葉がバイオリンの形をしていました。
P9083137_convert_20180909104522.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。


2018-09-09 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

南関東方面 【H30/9月】

カゲロウランの観察を2日に予定していましたが雨の予報でしたので中止にしましたので、快晴となった6日に南関東方面に行ってきました。今年は多くの花が早く咲くので、そのつもりでいると、まだ咲いていなかったりと開花予測が掴めなくなりました。

カゲロウランも多くは咲き終わっているのかと思っていましたが、株によって異なっていました。まだ蕾の株もあれば、ほとんど咲き終わり一番上の花だけが蕾だったりとまちまちでした。、

冬にカゲロウランのガラ探しをして自生地を確認しているにもかかわらず、花の時期に行くとなかなか見つからず随分と探索に時間がかかってしまいました。ガラの時は、ここにもある、あそこにもある、という状況でしたが、草丈も5センチ程度と小さいため個体数も思うように確認できませんでした。そのため、一つの山だけを予定していましたが移動して別の山のカゲロウランも愛でてきました。


カゲロウラン    この株は一番上を残して咲き終わっていました。
P9063076_convert_20180907093858.jpg

この株はほとんど蕾です。一つだけ蕾が開いてきています。
P9063078_convert_20180907093931.jpg

この株も1輪咲き始めたところです。
P9063081_convert_20180907094038.jpg

まだ固い蕾です。
P9063085_convert_20180907094115.jpg

萼片を広げて、もう少しで開花となります。
P9063087_convert_20180907094309.jpg

この株は複数個の花をつけていました。
P9063088_convert_20180907094336.jpg

花の背中も薄い紅色して綺麗です。
P9063089_convert_20180907094407.jpg

今回、観察した中で開花状態が一番良かった花です。
P9063099_convert_20180907094518.jpg

センニンソウ
P9063105_convert_20180907094624.jpg

カラスウリ?の実
P9063104_convert_20180907094550.jpg

ゲンノショウコ
P9063072_convert_20180907093819.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。




2018-09-07 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR