FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

咲いた! ハナネコノメが咲いた! 【2020/2月】

今週は栃木方面にコセリバオウレンを愛でに行く計画を立ててましたが、東武線に出るまでの電車に乗ると通勤時間帯と重なり満員になるのでコロナのこともあるので今年は残念ながら諦めました。

電車が空いている時間でも行けるとなると高尾山に行くしかないと思い、高尾山に行きました。電車の中で高尾ビジターセンターのHPをスマホで見ると、何と23日の情報でハナネコノメが咲き始めたと出ていました。その情報から5日もたっているのでかなり咲いているのではと期待して登山道を歩きました。天気も良いのに人が少ないのはコロナの影響なのかと思いました。

ハナネコノメの自生地に着くと、写真を撮っている方がいました。咲いていますかとお聞きしたら少しですけと咲いていますとのこと。横から覗いて撮り終わるのを待っていました。ハナネコノメが咲いていました。久々にお目にかかりました。やはり可愛い花です。ハナネコノメを目当ての方が数人来ましたので、その先の自生地に進みました。

こちらの自生地のほうが開花している数が多くありました。この時期にこんなに咲くのは暖冬のせいでしょうか。まだ人が来ないのでじっくりと観察することができましたが、その後、人が来ましたので観察を終了して、次の自生地に向かいました。ここは沢の中です。自生地を見ましたが昨年の台風の大雨で被害を受けてハナネコノメはありませんでした。ただ岸の岩には流されなかったハナネコノメが少しありました。まだ小さな蕾で花が咲くまでには時間がかかりそうでした。全滅でなかったので一安心しました。

その後も別の自生地に行きましたが、まだ固い蕾ところや、やはり台風によりまったく風景の変わってしまった自生地もありました。そこにはハナネコノメはありませんでした。近くのところは被害に遭わず花が咲いていました。ハナネコノメの花を愛でると高尾に春がやってきたなと思いました。


ハナネコノメ     小さな花です。赤い葯がとてもきれいでした。
P2286528_convert_20200229104258.jpg

IMG_6000_convert_20200229103358.jpg

IMG_5998_convert_20200229103326.jpg

P2286530_convert_20200229104355.jpg

IMG_6002_convert_20200229103416.jpg

P2286499_convert_20200229103623.jpg

コバノタツナミ      小鳥が口を開けているような感じの可愛い花です。
P2286507_convert_20200229103734.jpg

P2286509_convert_20200229103835.jpg

ヤマルリソウ     花がたくさん咲いていました。こちらはブルー系の花。
P2286511_convert_20200229103931.jpg

こちらの花はピンク系です。
P2286516_convert_20200229104000.jpg

シュンラン     花芽が大きくなってきました。ビジターセンターのHPには高尾山内に咲いているのもあると出てます。
P2286502_convert_20200229103708.jpg

オニシバリ      ムラサキオニシバリがあったところに行きましたが普通のオニシバリだけでした。
P2286541_convert_20200229104802.jpg

P2286546_convert_20200229105247.jpg

ニリンソウ     蕾も大きくなっていました。
P2286481_convert_20200229103511.jpg

その後、登山道脇に咲いているニリンソウがありました。
P2286482_convert_20200229133210.jpg

ユリワサビ     沢沿いや湿ったところではたくさん咲いていました。
P2286537_convert_20200229104609.jpg

タチツボスミレ    山の中の日当たりのよいところに咲いていました。
P2286524_convert_20200229104116.jpg

アオイスミレ     麓には高尾で一番早く咲くと言われるアオイスミレが何か所かで咲いていました。
P2286545_convert_20200229105031.jpg

アズマイチゲ    もう咲いていました。この付近にはいくつも咲いていました。
P2286554_convert_20200229105607.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。


スポンサーサイト



2020-02-29 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

セツブンソウと蕎麦と地酒と温泉を楽しむ 【2020/2月】

セツブンソウは昭和記念公園と野川公園で愛でていますが、やはり自生のセツブンソウに会いたくて例年訪れている自生地に行きました。この自生地の開花時期の予測はずっと小鹿野町堂上のセツブンソウの開花状況で判断していました。堂上のセツブンソウが咲き始めたころには、この自生が見ごろになっていました。

小鹿野町観光協会のHPで開花状況を見たら、もう見ごろと出ていましたので訪れる自生地は行くのが遅いかなと思いました。自生地に着いたら、セツブンソウはまだ咲いていましたが昨年より数は少なかったです。やはり花が咲くのが早かったようです。ここも暖冬の影響なのかと思いました。

例年は数カ所の自生地を回りますが、今年は一番大きい自生地だけにして、次の楽しみのお蕎麦を食べに行きました。そしてお酒は生ビールを飲んでから地元の秩父錦の純米酒、最後の楽しみは西武秩父駅の祭の湯に入り、いい気分。帰りの電車では地酒の武甲のワンカップを飲みながら秩父を後にしました。


セツブンソウ
IMG_5949_convert_20200224104837.jpg

IMG_5953_convert_20200224104858.jpg

IMG_5955_convert_20200224105736.jpg

IMG_5964_convert_20200224104942.jpg

IMG_5966_convert_20200224105013.jpg

IMG_5974_convert_20200224105119.jpg

P2236444_convert_20200224105211.jpg

P2236456_convert_20200224105251.jpg

P2236458_convert_20200224105406.jpg

P2236459_convert_20200224105435.jpg

フクジュソウ   自生地に行く途中に咲いていました。
P2236466_convert_20200224105500.jpg

P2236470_convert_20200224105520.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-02-24 : 奥武蔵・秩父 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

白い可憐な花セリバオウレンに会いに 【2020/2月】

暖冬の今年、セリバオウレンの開花がいつになるのか見当がつきませんでした。そこで思いついたのは以前セリバオウレンの観察に訪れていた小峰公園でした。先週電話をかけて開花の状況をお聞きしました。もう咲き始めているとのこと。そうなれば小峰公園より南にある自生地は咲いているはずと考えました。

そして寒さが戻った18日に自生地を訪れました。杉林に囲まれた自生地に白い可憐な花を咲かせたセリバオウレンがありました。2020年の山の花愛で歩きも開幕しました。これまでは主に植栽や展示の植物の観察でしたので山で自生の花に出会えると嬉しくなりました。しかし杉林の中、花粉症でくしゃみを連発しながらの観察となりました。鳥の声と沢の水の流れの音しか聞こえない中でのんびりと花と対面しました。


セリバオウレン
IMG_9799_convert_20200219064806.jpg

IMG_9802_convert_20200219064831.jpg

IMG_9805_convert_20200219060726.jpg

IMG_9807_convert_20200219060750.jpg

IMG_9808_convert_20200219064913.jpg

IMG_9810_convert_20200219060840.jpg

IMG_9811_convert_20200219060926.jpg

IMG_9814_convert_20200219064937.jpg

P2186401_convert_20200219065005.jpg

P2186421_convert_20200219061110.jpg

P2186422_convert_20200219061135.jpg

P2186427_convert_20200219065035.jpg

P2186438_convert_20200219061248.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-02-19 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

「世界らん展2020  -花と緑の祭典-」 花に魅せられて 【2020/2月】

世界らん展2020  -花と緑の祭典-が14日の12時から東京ドームで開幕されました。開幕に先立ち午前中に開会式と内覧会が行われました、今年も知人の紹介により参加することができました。開会式には高円宮久子殿下のご臨席の下、日本大賞など各賞の表彰式が行われました。

7年前頃から世界らん展に行っていますが、いつも素晴らしい花々に感動しています。この数年は洋ランよりも東洋ランや日本のランに興味が移ってきています。今回は沖縄の野生ランの写真が展示されていて非常に興味深く見ました。幾つかの野生ランは愛でていますが、まだ見たことのないランにいつか出会いたいと思いました。若い時転勤で沖縄に住んでいた頃に沖縄の植物に興味をもっていたらと・・・今更悔やんでもしかたないですけど・・・。


世界らん展
IMG_9710_convert_20200215100026.jpg

IMG_9794_convert_20200215103054.jpg

日本大賞に輝いたラン
IMG_9712_convert_20200215100126.jpg

IMG_9714_convert_20200215100212.jpg

優良賞のラン
IMG_9717_convert_20200215112106.jpg

IMG_9718_convert_20200215100300.jpg

奨励賞のラン
IMG_9720_convert_20200215100323.jpg

沖縄のラン
オキナワチドリ
IMG_9754_convert_20200215102225.jpg

イリオモテヒメラン
IMG_9755_convert_20200215102256.jpg

タイワンショウキラン
IMG_9753_convert_20200215114333_2020021511492770d.jpg

ランの花いろいろ
IMG_9777_convert_20200215102751.jpg

IMG_9776_convert_20200215102718.jpg

IMG_9785_convert_20200215102853.jpg

IMG_9770_convert_20200215102537.jpg

IMG_9751_convert_20200215101458.jpg

IMG_9746_convert_20200215100955.jpg

IMG_9745_convert_20200215100922.jpg

IMG_9784_convert_20200215131156.jpg

IMG_9791_convert_20200215103022.jpg

IMG_9789_convert_20200215102955.jpg

IMG_9788_convert_20200215102920.jpg

IMG_9747_convert_20200215101032.jpg

IMG_9748_convert_20200215101105.jpg

IMG_9750_convert_20200215101306.jpg

IMG_9779_convert_20200215132135.jpg

IMG_9762_convert_20200215132214.jpg

IMG_9760_convert_20200215132248.jpg

IMG_9775_convert_20200215132344_20200215132942598.jpg

IMG_9772_convert_20200215132422.jpg

沖縄の野生ランの写真
IMG_9722_convert_20200215100410.jpg

IMG_9723_convert_20200215100433.jpg

IMG_9724_convert_20200215100456.jpg

IMG_9725_convert_20200215100518.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-02-15 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ランの自生地台風のその後 【2020/2月】

コクラン、カゲロウラン、シュスランが自生する山に行ってきました。この山は昨年の秋の大型台風に巻き込まれた地域でした。ランの自生地がどうなっているのかを確かめてきました。

この山は登山コースが多くあり、今回はまだ歩いたことがない道を選びました。途中にはニリンソウの葉が多くありました。その中に一輪だけ花が咲いていました。尾根に出ると休日のためか多くの登山者が歩いていました。日当たりのよい所にはヒメウズとタチツボスミレがあちらこちらに咲いていました。

そしてランの自生地に向かいました。コクランの群生しているところは台風の被害もなく今までと同じでした。カゲロウランの自生地に移動しましたら倒木がありました。更に倒木を切断した木が積み上げられたりしていて全く風景が変わっていました。以前は半日陰でしたが木が少なくなってしまったので明るくなり太陽の陽ざしが入り環境が大きく変わっていました。

カゲロウランの殻を探しましたが見つからず積み上げられた木の周りなどを30分ほど探索して、ようやく一株の殻を見つけました。シュスランの場所は風景的には変わっていませんでしたが下草が増えてランが生育できる環境ではないような感じになっていました。今年の秋、カゲロウランが咲いているのか確かめたいと思いました。

下山後は交通機関に乗って移動し、河津桜のお花見に行きました。もう八分咲きくらいで綺麗な花をみることができました。


タチツボスミレ    日当たりのよいころに咲いていました。
P2116372_convert_20200211165734.jpg

ヒメウズ    この小さな花を見ると春が近くに来たなと思います。
P2116370_convert_20200211165704.jpg

ニリンソウ      葉は痛み早く咲きすぎたようです。    
P2116358_convert_20200211165609.jpg

ハハコグサ    もう咲いているのかと思いました。春の七草のひとつのオギョウとも呼ばれています。
P2116388_convert_20200211170153.jpg

スイセン     山の中の尾根に咲いていました。自生なのか植栽なのか分かりませんが、この地方の山ではよく見かけます。
P2116374_convert_20200211165805.jpg

ヤブツバキ    この時期には各地の山で見かける花です。赤い花は目立ちます。
P2116390_convert_20200211170218.jpg

オオカモメヅルの実     この山域では初めて見ました。まだ綿毛のついた種子が残っていました。
P2116380_convert_20200211165907.jpg

P2116381_convert_20200211170002.jpg

コクランの葉     実をつけた株もあり撮りましたがピンボケだったので掲載できませんでした。
P2116375_convert_20200211165837.jpg

カゲロウランの殻      やっと見つけた一株。秋にはたくさん咲いてほしいです。
P2116384_convert_20200211170101.jpg

河津桜     綺麗なピンクの花でした。
IMG_0781_convert_20200211165531.jpg

IMG_0774_convert_20200211165216.jpg

IMG_0775_convert_20200211165335.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-02-12 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

寒中の奥多摩で清掃登山 【2020/2月】

ようやく冬らしい寒さが続くようになりました。第2土曜日は奥多摩の清掃登山のボランティア活動日でした。今回は笹尾根の丸山と土俵岳に行ってきました。

数馬行きのバスで笛吹(うずしき)入口で下車して笛吹峠を経て丸山に、そして土俵岳に登り浅間峠から上川乗に下山しました。登山道にはゴミは少ないなと思っていたら丸山の山頂の山梨県側にはゴミがたくさんありました。浅間峠もゴミが多くありました。ゴミは山に捨てずに持ち帰ってほしいです。

ボランティア活動の際にも歩きながらゴミ探しをしつつ植物の花や実があるか見廻していましたが、今回は花も実もありませんでした。こんなことは初めてかと思います。植物の写真は1枚もありません。清掃活動の写真だけの掲載です。


道標の補修をするところです。清掃だけでなく標識や登山道の補修なども行っています。
IMG_0759_convert_20200209103021.jpg

丸山の山頂付近でのゴミ拾い
IMG_0764_convert_20200209103047.jpg

IMG_0765_convert_20200209103138.jpg

拾ったゴミの分別作業です
IMG_0768_convert_20200209103212.jpg

IMG_0769_convert_20200209103623.jpg

山に登られる方はぜひともゴミは持ち帰り、山をきれいにしましょう!!

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-02-09 : 奥多摩 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

ラン探しは空振りでした 【2020/2月】

数年前にランの花殻が沢山あった里山に、昨年花の時期に訪れましたが自生場所にたどり着けませんでした。ショートカットで自生地に行けると思って下から登って行ったのですが里山の中を駆け巡りましたが自生場所が分かりませんでした。

今回は最初に行った時のように登山口から入り尾根に出てから特徴のある地形のところから樹林帯に入りました。目標としていた山桜の大木がありました。数年前にはこの山桜の周辺にたくさんの花殻がありましたが、今回はいくら探しても花殻はありませんでした。少し離れたところに倒木があり、そこにもたくさんの花殻があったのですが、今回はありませんでした。周辺を1時間半探しましたが花殻は一つもありませんでした。見事な空振りとなりました。

盗掘は考えられないので自然環境による変化があったのではないかと思いました。仕方なく里山から下りて麓の自然遊歩道を散策しました。ウグイスカグラ、タチツボスミレが咲いていました。


ウグイスカグラ     やはり暖冬のせいか開花が早いです。
P2046350_convert_20200205221754.jpg

タチツボスミレ    今年になって愛でたスミレで一番きれいに咲いていました。
P2046352_convert_20200205221829.jpg

カンアオイ
P2046345_convert_20200205221528.jpg

シュンランの花芽が出てました。
P2046346_convert_20200205221607.jpg

サイハイランの葉    本命のランの花殻は見つかりませんでしたが代わりにシュンランとサイハイランがありました。
P2046353_convert_20200205221908.jpg

ヤブコウジの実     この時期は赤い実が目立ちます。
P2046347_convert_20200205221645.jpg

オケラの花殻かな? 違うかな?
P2046349_convert_20200205221721.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-02-05 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

野川公園のセツブンソウは盛期を過ぎて 【2020/2月】

この数年、野川公園へセツブンソウとイヌノフグリを観察しに訪れています。昨年は2月21日に行きましたが、セツブンソウは最盛期でした。ところが今年は2月に入ったばかりなのにもうセツブンソウは盛期をやや過ぎた感じでした。やはり暖冬のせいで植物の成長は早いのかと思いました。ただイヌノフグリはまだのようで観察はできませんでした。

野川公園の植物は植栽ですが雰囲気的には自然の中に溶け込んでいるので観察していても自生物と思ってしまう感じです。ニリンソウやアオイスミレ、ザゼンソウも咲き始めていました。野川公園には春の訪れが一足早く来た感じでした。


セツブンソウ
IMG_0719_convert_20200203161956.jpg

IMG_0708_convert_20200203161611.jpg

IMG_0723_convert_20200203162204.jpg

IMG_0710_convert_20200203161639.jpg

IMG_0705_convert_20200203161538.jpg

IMG_0713_convert_20200203161732.jpg

IMG_0714_convert_20200203161830.jpg

ザゼンソウ
IMG_0737_convert_20200203162516.jpg

ニリンソウ
IMG_0750_convert_20200203163336.jpg

IMG_0749_convert_20200203163250.jpg

ヤブコウジの実
IMG_0751_convert_20200203163418.jpg

アオイスミレ
P2026337_convert_20200203163547.jpg

スイセン
IMG_0755_convert_20200203163502.jpg

ツバキ?
IMG_0745_convert_20200203163220.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2020-02-03 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR