FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾でスミレ散策 【2021/3月】

もうサクラは散り始めてきました。黄砂が東京にも飛んで来るという日でしたが、花はどんどん開花して咲き終わってしまうので高尾のスミレを愛でに出かけました。麓に咲くタカオスミレやヒカゲスミレを観察してから山に入りヒナスミレ、エイザンスミレ、マルバスミレなどを観察しました。暖かくなったので嫌いな蛇も出てきて今年初めての対面をしてしまいました。

歩いていると前方に4人グルーブの方がスミレ観察をしていました。後ろからは2人の方が来て前方のグールプの方たちと会話をしていました。その横を通ったときに4人グルーブの1人の方から「〇〇さんですよね」と声をかけられました。みな帽子をかぶりマスクをしているので最初は誰だか分かりませんでした。6人のうち3人が旧知の方で、その中の1人は花の大先生でした。

高尾山系の花を知り尽くしている先生とお会いできたので、スミレとランのことをお尋ねしました。スミレは後で案内していただけることになり、ランは自生場所を教えて頂きました。ネット情報だけでなく生情報が得られると花の観察も楽になります。


ヒカゲスミレ    このスミレは麓に咲くようです。
IMG_6423.jpg

P3308472.jpg

タカオスミレ     ヒカゲスミレの品種です。高尾山で最初に発見されたそうですが、奥多摩などでも見られます。
P3308490.jpg

特徴は葉の色なので同定が簡単なスミレかと思います。
IMG_6426.jpg

タチツボスミレ     タチツボスミレはあまり撮らないのですが、何か品の良さを感じ撮ってしまいました。
IMG_6427.jpg

ナガバノスミレサイシン
IMG_6432.jpg

IMG_6434.jpg

マルバスミレ
P3308474.jpg

P3308507.jpg

このマルバスミレの花弁には驚きでした。通常は唇弁1枚、側弁2枚、上弁2枚の花弁は5枚だと思っていましたが、それより多くありました。
P3308499.jpg

ニョイスミレ(ツボスミレ)     小柄なスミレです。
P3308510.jpg

アオイスミレ     高尾で一番早く咲くスミレと言われていますが、まだ頑張って咲いていました。
P3308515.jpg

エイザンスミレ    大柄のスミレで目立ちます。
P3308485.jpg

P3308512.jpg

ヒナスミレ     薄いピンク色の花はとても素敵です。
P3308514.jpg

スワスミレ    案内していただいたスミレです。他の株は花が終っていましたが、この株は何とか見れるものでした。
IMG_6441.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



2021-03-31 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

海岸へアツバスミレを探しに 【2021/3月】

アツバスミレを知ったのは3年前ほどでした。各地で撮った写真の中からスミレを抜き出してスミレのファイルを作り始めました。それらのスミレに名前を付けるためスミレの図鑑を見ましたらウスバスミレを森吉山や秋田駒ケ岳などで観察していました。その時に、ウスバスミレがあるならアツバスミレがあるのかなと図鑑を見たら載っていました。

アツバスミレはスミレ(マンジュリカ)の変種で太平洋側に分布する海岸型のスミレだと知りました。アツバスミレを愛でてみたいと思いネットで情報を収集しました。その中に神奈川県の二宮町役場のHPに町内で咲く花が掲載されていてアツバスミレもありました。さっそくメールで照会しました。数日後に返信がきましたら、以前はアツバスミレがありましたが現在は無くなり見ることができませんとの回答でした。

ネット情報では房総方面では道路脇にも生えているようですが、房総のどこにあるのかは分からないので神奈川県方面での情報を集めました。しかし近年の情報はなく10年以上前のものばかりでした。更に期待していた三浦半島でしたが、アツバスミレで検索してヒットした中に、何と花仲間の方のブログがあり三浦半島ではアツバスミレは見つけることができなかったと書いてありました。この花探しの名人でも見つけることがでなかった(アツバスミレがもう自生していないためだったのかも)のでは三浦半島では難しいと思い、更に情報の分析をし、ある海岸に的を絞りました。空振り覚悟で海岸を訪れました。

海岸に降り立って岩場的なところを上から下まで覗き込むように一歩歩いては止まりの超ノロノロ歩きでした。予定したコースも三分の二まで来ましたがアツバスミレはありませんでしたので、ほぼ諦めの心境になり海岸に咲く花を撮り始めました。紫色の花が見えればアツバスミレかと近づくとヒロハクサフジやハマエンドウでした。そんな時に濃い紫色が見えました。近づくと探し求めていたアツバスミレでした。神様は見捨てなかったとの気持ちになりました。探し始めてから1時間55分たっていました。

アツバスミレはしゃがみ込んだ時の目線にありました。写真を撮るよりも眺めていたいという気になりじっとアツバスミレを見ていました。ようやく落ち着いてきたのでカメラを構えて撮りました。愛でてみたいと思ってから3年目に出会うことができました。


アツバスミレ      マンジュリカのの変種  岩場の下のほうに咲いていました。。
IMG_6411.jpg

2株ありました。手前の株は花が1輪咲いていました。2輪咲き終わっていました。後ろの株は3輪咲いていました。
P3278458.jpg

後ろの株の3輪のうちの2輪。
P3278464.jpg

後ろの株   3輪そろいました。角度によって2輪に見えたり3輪に見えたりします。
P3278465.jpg

アツバスミレの葉     葉は光沢があります。葉も厚そうです。葉柄にはマンジュリカのような翼はないように見えます。
P3278461.jpg

後ろの株を縦に撮りました。
IMG_6417.jpg

前の株を縦に撮りました。
IMG_6419.jpg

タチツボスミレだと思いますが・・・唇弁の模様はくっきり、葉は光沢もあり厚そうです。海岸型のタチツボスミレかな?
P3278436.jpg

ニオイタチツボスミレ
P3278442.jpg

ウラシマソウ      釣り糸のように見える附属体がはっきりと見えます。
P3278443.jpg

ハマダイコン
P3278444.jpg

ヒロハクサフジ
P3278433.jpg

ハマエンドウ
P3278456.jpg

P3278457.jpg

ヒメハギ     海岸にも生えているのには驚きました。
P3278447.jpg

P3278448.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2021-03-28 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

スミレ詣での始めはシハイスミレから 【2021/3月】

先週は予定外のスミレ観察が入りましたが、今週からはいよいよスミレの観察を主にした花の愛で歩きになります。

スミレをお目当てにした観察は、まだ10年もたったいません。例えば新潟にオオミスミソウをお目当てに行った際にスミレサイシンやナガハシスミレが咲いていれば写真を撮っていましたが、パソコンに保存しているだけでした。それが観察会に入会して知り合った方々の多くはスミレを目的として各地に出かけていました。そのような方の話を聞いて、影響を受けたのかスミレを目的とした愛で歩きも始めました。

これまでに、近場から、遠くは沖縄西表島などへスミレ目的で行きました。印象に残るスミレは西表島の沢の中の苔むした岩に咲いていたヤエヤマスミレです。ガイドさんにはイリオモテスミレをリクエストしていたのですが、どういうわけか既に愛でたことのあるヤエヤマスミレとなってしまいました。

そして初めてスミレを目的とした観察はシハイスミレでした。花の色合いが一番気に入っています。これまでにシハイスミレの自生地には二か所に行っていますが、今回は別の自生地をネットで探すことにしました。昨年もマキノスミレはネットで自生地を探しています。

「シハイスミレ」で検索すると日本中のシハイスミレが出てきてしまうので、市町村名や山名、丘陵名を加えて検索すると幾つもの自生地がヒットしました。とりあえずその中から5カ所を選び地図で確認し、更に公共交通で行けるところかを調べ3か所に絞りました。その中の一つはシハイスミレだけでなくお宝のスミレもあるらしいので、そこに行きたいなと思ったのですが、山道に急なところがあるので膝のことを考え、結局、昨年のマキノスミレと同じく楽そうな自生地を選びました。

昨年まで行っていた自生地に比べて個体数は多くありましたが、株が小さくて一株で一輪しか咲いていないのがほとんどでした。見栄えもよくないシハイスミレが多く、それでも歩き回ったら多少見栄えのいい株がポツリポツリと咲いていました。人も他にいなかったのでマスクを外して歩いていたらクシャミの連発、まだ花粉が飛んでいるようなので、マスクをしてシハイスミレの観察をしてきました。

シハイスミレ

今回、一番見ごたえのある株でした。
IMG_6386.jpg

シハイスミレの花の色が気にいっています。
IMG_6391.jpg

ここのシハイスミレの距は長いなと感じます。
IMG_6403.jpg

IMG_6400.jpg

このように一株に一花というのが多かったです。
IMG_6388.jpg

P3238417.jpg

P3238411.jpg

P3238428.jpg

P3238422.jpg

IMG_6383.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2021-03-24 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

花友さんからお宝スミレのメール 【2021/3月】

このブログにヒロハノアマナを掲載する前に、花友さんや花仲間の方たちのHPやブログを見ていました。その中にシハイスミレが出ていました。もう咲いているのか、来週からスミレ観察に舵を切らなければと思っているときに携帯にメールの着信がありました。山梨方面の観察会の同期の花友さんからでした。

花友さんのメールには、ある山のある所にお宝のスミレが咲いているとの内容でした。写真はPCのメールで届きました。メールで場所を教えてもらいましたが、どうも場所にたどり着けないかもと不安になり何回かのメールのやりとりで、ほぼ特定することができました。

お宝スミレの情報を頂いたのですが、翌日は用事が入っていましたので土曜日にでも行くかと思いましたが、何しろレアもののスミレは盗掘される可能性が高いので金曜日に行くしかないと、ある山に向かいました。その場所にたどり着く前には、盗掘に遭ってないだろうかと考えたり、まだ花は咲いているかなと気をもみながら歩いていました。

お宝のスミレは2株ありました。1株は花が終っていましたが、大きなほうの株には花が2つ咲いていましたが盛期はやや過ぎた感じでした。このスミレの花は他の山では何回かお目にかかっていますが、この山で花を見るのは初めてでした。

来週からのスミレ観察の予定が早まってしまいましたが、花友さんのお陰でレアもののスミレに会えて良かったです。来年も再来年も盗掘されずに咲いてほしいと願うばかりです。


エイザンスミレ      特徴ある葉と大柄な花は目立ちます。
P3198347.jpg

P3198326.jpg

ヒナスミレ     薄いピンク色が綺麗です。
P3198340_202103200640210da.jpg

P3198359_20210320090736b4c.jpg

お宝のスミレはエイザンスミレとヒナスミレを両親にもつ交雑種のオクタマスミレでした。何年か前に、この山の別の場所でオクタマスミレの葉を見つけました。翌年も花を付けませんでした。翌々年も花を付けず、そして3年目は咲くだろうと期待して訪れたら盗掘に遭ってなくなっていました。奥多摩などでは花を見ていますが、この山では初めてオクタマスミレの花に出会いました。ただ盛期は過ぎていました。
P3198352.jpg

葉の切れ込みにエイザンスミレ、基部の湾入にヒナスミレの特徴が見られます。左側の花が次の写真です。
P3198361.jpg

上の写真の左側の花です。情報をくださった花友さんには感謝です。
P3198350.jpg

ナガバノスミレサイシン   花の色は青系、白系、ピンク系と多彩です。
P3198376.jpg

P3198380.jpg

アオイスミレ    側弁があまり開かないです。
P3198394.jpg

タチツボスミレ     どこにもあるスミレですが固まって咲いていると綺麗です。
P3198323.jpg

アカフタチツボスミレ    葉脈に沿って斑が入っています。
P3198381.jpg

スミレ以外の花にも出会いました。
シュンラン
P3198357.jpg

カントウミヤマカタバミ
P3198333.jpg

ヤマルリソウ
P3198373.jpg

ニリンソウ
P3198377.jpg

センボンヤリ   春はムラサキタンポポと呼ばれる花、秋は槍のような閉鎖花と年に2回楽しめます。
P3198382.jpg

ヨゴレネコノメ      雄しべの暗紅色の葯が見えます。
P3198383.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2021-03-20 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

春の花 ヒロハノアマナ&カタクリに憩う 【2021/3月】

東京郊外の北部にある緑地に行ってきました。この緑地にはヒロハノアマナ(別名「ヒロハアマナ」)とカタクリが自生しています。緑地は地元の保護団体の方々が雑木林の手入れをしてヒロハノアマナやカタクリなどの保護活動を行っています。

開花時期には保護団体の方々がパトロールをして花の説明や盗掘の監視をしています。今回平日に訪れましたが幾つかに分散している緑地にそれぞれ保護団体の方々がいました。

ヒロハノアマナはユリ科のアマナ属の植物です。同じアマナ属にはアマナがいます。花も似ていますが、葉に違いがあります。ヒロハノアマナの葉には白い線が入っています。ちょうど見頃の花を愛でることができました。ヒロハノアマナの自生地はカタクリも自生していて場所によってはカタクリも花を咲かせていました。

パトロールをしていた保護団体のご婦人の方とお話しした時に、緑地から少し離れた雑木林にシュンランの自生地があったので、開花状況をお聞きしたら、雑木林が伐採され陽当たりがよすぎてシュンランもほぼ駄目になったとのことでした。とりあえず自分の目で確かめに行きました。悲惨な状態でした。大きなシュンランの株が沢山あったのが枯れていました。何で伐採したのだろうか。大切な自然が壊されてしまい残念でした。


ヒロハノアマナ     葉に白い線が入っています。
P3168316.jpg

P3168318.jpg

DSC01181.jpg

DSC01184.jpg

DSC01205.jpg

DSC01208.jpg

P3168315.jpg

カタクリ     ここの自生地は随分と咲いていました。
DSC01195.jpg

DSC01198.jpg

DSC01209.jpg

アズマイチゲ   昨年より株が減った感じでしたが綺麗に咲いていました。
DSC01201.jpg

緑地から少し離れたシュンランの自生地     大きな株も枯れました。
P3168320.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2021-03-18 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

春の花を追いかけて ミスミソウ 【2021/3月】

このところ里山のような整備された安全な山道しか歩いていませんでしたが、久々に大きな山域の一部分ですが、ガレ、沢沿いの切れ落ちた細い道、石伝いに沢を渡るなど悪路の山道を歩いてミスミソウの自生地に向かいました。

ミスミソウはキンポウゲ科のミスミソウ属で、仲間にはオオミスミソウ、スハマソウ、ケスハマソウがいます。ケスハマソウは関東方面には自生していないのでお目にかかったことはありませんが、オオミスミソウは色とりどりの花があるので新潟県に4回ほど観察に出かけています。スハマソウは千葉県の房総半島のど真ん中と思われる山の山頂付近で観察しました。ミスミソウは山梨県での観察会でお目にかかっています。

悪路の登山道を歩いて自生地に着くと、自生地の半分は日陰になっていたためミスミソウの花はまだ開ききっていませんでした。自生地全面に陽が当たるまで付近を歩き回って何かないか探しました。すると岩壁にウスギオウレンが咲いていました。なんと嬉しいことが起こりました。

ウスギオウレンはこれまでに北八ヶ岳で観察しています。だから亜高山帯に咲く植物だと思っていましたので、まさかこの山域にもあるとは驚きでした。この驚きの喜びのためか、その後にミスミソウの写真を100枚ほど撮りましたが、8割以上はピンボケでした。

ミスミソウの自生地に陽が当たるようになったらミスミソウはあっという間に開花し始めました。ミスミソウに会うのは6年振りでした。久々にお目にかかったら、こんなに小さい花だったのかと思うほど小さい花でした。白色の花しかありませんでしたが清楚な花だと思いました。

※画像縮小のシステムの不具合のため、他の方法により縮小したため写真の大きさに差が出ています。


ミスミソウ     苔の中に咲いていました。
DSC01160.jpg

上の花に近くよってパチリ。
62再

平らな場所の枯れ葉の間に咲いていました。花弁に見えるのは萼片です。萼片は細くて枚数も多いです。
P3108306.jpg

この花は上の写真の40センチほど離れたところに咲いていました。こちらの花の萼片はやや太く丸みがあります。
P3108308.jpg

2つ並んで咲いています。
P3108303.jpg

P3108299.jpg

アッチ向いてホイ!  向きが違っています。
P3108297.jpg

P3108293.jpg

近づけない岩場の上に咲くミスミソウ
DSC01165再

ウスギオウレン     花弁、萼片とも北八ヶ岳で観察したものに比べて白くない。この山の特性なのかな?それとも遅かった?
P3108283.jpg

DSC01170.jpg

P3108279.jpg

DSC01166.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2021-03-11 : 未分類 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

春の花 次はカイコバイモに会いに 【2021/3月】

高尾山麓の花を愛でてから3日目の土曜日、天気予報は曇り空でしたが薄日の射した天気になりましたので休養の予定を変更し春の花を追いかけることにしました。

春の花も次から次へと咲いてきますので、今回はカイコバイモに会いに行きました。カイコバイモとの初めてのご対面は7年前位だと思いますが観察会で山梨県で愛でています。その時に東京にもカイコバイモの自生地があることを知りました。ただ観察会の先生は東京のカイコバイモは本当の自生地か疑問があると言っていました。

これまでにコシノコバイモとミノコバイモも愛でていますが、それらに比べてカイコバイモの花は角ばったようにはなっておらずお椀型なので優しい感じがします。

自生地には多くの方が写真を撮りに来ていました。自生地は何か所かにありますが、昨年多くの株があって花を咲かせていたところには何故かありませんでした。また今までなかった思われるところに一株花を咲かせていました。

植栽のセツブンソウはほぼ終わりになっていましたが、やはり植栽のミスミソウは毎年増えるように色とりどりの花を咲かせていました。ニリンソウやアズマイチゲも咲きだしてきました。半月後くらいにはカタクリの花も咲いて更に賑やかになるのだと思います。


カイコバイモ     花はお椀型です。角ばっていないので、すっきりした形です。
DSC01120_convert_20210306163119.jpg

DSC01125_convert_20210306163220.jpg

DSC01132_convert_20210306163418.jpg

DSC01148_convert_20210306163945.jpg

DSC01133_convert_20210306163607.jpg

ニリンソウ     早咲きのニリンソウが咲いていました。
DSC01122_convert_20210306163149.jpg

アズマイチゲ     晴れの天気になってきたのでアズマイチゲも開いていました。柵の中のため花の向きがいまいちです。
DSC01152_convert_20210307052358.jpg

ミスミソウ    植栽のミスミソウですが毎年愛でていると違和感もなくなってきます。
DSC01140_convert_20210306163640.jpg

DSC01142_convert_20210306163717.jpg

DSC01143_convert_20210306163800.jpg

DSC01145_convert_20210306163839.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2021-03-07 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop

高尾山麓で春の花を愉しむ 【2021/3月】

このところ寒暖の差が激しく5月頃の陽気かと思うと、次は真冬のような寒さの日もありますが、高尾山麓の花は着実に春に向かっていました。今年、初めての花友さんたちとの観察会でした。

ハナネコノメはまもなく盛りになる手前でした。今年は観察場所が限られていますのでハナネコノメの自生地はどこもハナネコノメ目当ての方がいて写真を撮っていました。

スミレも例年ならアオイスミレが咲いているだけですが、今年はアオイスミレのほかにヒメスミレ、コスミレなども咲いていました。タカオスミレは小さな葉が出てきたところでした。私は気がつきませんでしたが花友さんの一人が見つけました。複数人での観察会だと誰かが何かを見つける良さがあると思いました。

アズマイチゲは咲きそうでしたが残念ながら完全に開きませんでしたが、キクザキイチゲは開いた花を観察できました。裏高尾では有名な石垣のオキナグサも咲いていました。梅林で梅の花を観賞しながらを昼食を摂りました。春の花を愉しんだ一日でした。


ハナネコノメ     もう少しで盛期になりそうです。今年の高尾でのハナネコノメの追っかけはこれで終わりです。
DSC01091_convert_20210304050220.jpg

P3038221_convert_20210304050601.jpg

P3038229_convert_20210304050629.jpg

P3038254_convert_20210304051051.jpg

P3038260_convert_20210304051152.jpg

アオイスミレ    群生して咲いていました。
P3038267_convert_20210304051232.jpg

シロバナアオイスミレ   何年か前に観察していましたが場所がどこであったか忘れていましたが、花友さんが白花のアオイスミレ見つけてようやく思いだしました。
P3038243_convert_20210304050753.jpg

図鑑を見ると花の色には白に近いものも多いと出てましたが、どう見ても白色だと思いました。図鑑にはシロバナアオイスミレとはでていませんでした。
P3038248_convert_20210304051405.jpg

コスミレ
DSC01102_convert_20210304050253.jpg

ヒメスミレ    ここのヒメスミレは「高尾・奥多摩植物手帳」や「スミレハンドブック」に掲載されているようです。
P3038250_convert_20210304050859.jpg

同じヒメスミレを撮っていますがS社のカメラで撮ると青みがかった色になります。S社のカメラは紫色の花には向いてない感じ。
DSC01105_convert_20210304050321.jpg

スミレ? 花友さんたちと観察した時にはマンジュリカかなと話会ったのですが・・・スミレの同定は難しいです・・・
P3038252_convert_20210304050941.jpg

花を拡大して見ると側弁に毛はない、毛のないのはワカシュウスミレがありますが、花柄を見ると毛だらけ・・・?
P3038253_convert_20210304051017.jpg

ユリワサビ
P3038231_convert_20210304050657.jpg

ムラサキオニシバリ   普通のオニシバリと思っていたら風で大きく揺れたら萼の外面が茶色と花友さんたちが気づきました。
P3038240_convert_20210304050726.jpg

アズマイチゲ     もう少しで花が開きそうでしたがみなこのような感じでした。
DSC01110_convert_20210304050448.jpg

キクザキイチゲ    こちらは開いた花を愛でることができました。
DSC01113_convert_20210304050528.jpg

オキナグサ
DSC01106_convert_20210304050356.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
2021-03-04 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 2 : トラックバック : 0
Pagetop
ホーム

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR