FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山 【H27/10月】

人間ドックの受診後に出発したので遅い出発となり、高尾駅から11時12分発の小仏行きバスに乗車。日影で下車し、日影林道から萩原作業道を登り一丁平へ。

平日にもかかわらず一丁平は多くのハイカーが昼食を摂っていました。昼食後に一丁平とその近辺を散策してセンブリ、キッコウハグマ、リンドウなどを観察しました。その後は高尾山に向かいました。もみじ台、高尾山の南まき道には草木の実も目立つようになりました。

そして今回は楽しみがありました。高尾山口駅の構内に開設され、27日に開湯した京王高尾山温泉に入ることでした。オープン4日目の平日にもかかわらず混んでいました。いいお湯でした。風呂上りは大ジョッキの生ビールをグイと飲みました。しかし頼んだ逸品料理の二品ができないのでビールも飲み終わってしまいました。仕方なく?今度は日本酒を注文しました。飲み物はお金を支払うとすぐ渡されますが、食べ物は伝票を貼ったブザーを渡されます。何しろ注文するには列に並びお金を支払うのがとても不便と思いました。日本酒を飲み始めたらようやく手渡されたブザーが鳴り逸品料理ができたのでカウンターに取りに行きました。ついでに夕食もここですることにし、また列に並び「麦とろ刺身御膳」を注文しお金を払いブザーを渡されました。待ち時間が意外とあるので酒がすすみ帰りの電車はほろ酔い気分でした。


センブリ   一般的にセンブリはお天道様が出ないと咲かないようです。一丁平でも日陰にあるのは咲いていませんでした。
PA300399_convert_20151101071245.jpg

PA300378_convert_20151101070807.jpg

PA300379_convert_20151101070834.jpg

IMG_0996_convert_20151101070534.jpg

一丁平付近に咲くセンブリで高尾の花愛好家からウラムラと呼ばれているウラムラサキセンブリがあります。これは正式な名称ではなく愛称として呼んでいるようです。蕾が紫色、咲いた時は裏側が紫色をしているものです。この写真のセンブリは蕾がかなり濃い紫色です。
PA300387_convert_20151101071014.jpg

ほかの山のセンブリは蕾でも咲いていても白色が一般的のようです。
【参考1】 富士山麓 本栖草原のセンブリの蕾
PA100306_convert_20151101070653.jpg

【参考2】 南箱根 天照山のセンブリの蕾と花  ここのセンブリは葉が広いです。
PA090261_convert_20151101070622.jpg

キッコウハグマ   この二年ほどは青梅丘陵で愛でていましたが久々に高尾山系で愛でることができました。青梅丘陵より小さい気がしました。
PA300382_convert_20151101070902.jpg

三つの花が合体して咲いています。
PA300408_convert_20151101071521.jpg

キッコウハグマとセンブリ
PA300389_convert_20151101071039.jpg

リンドウ  
PA300386_convert_20151101070935.jpg

ヤクシソウ   白花のヤクシソウもかつてはありましたので、探しましたが見つかりませんでした。
IMG_0993_convert_20151101070503.jpg

アキノタムラソウ  まだ頑張って咲いていました。
PA300394_convert_20151101071143.jpg

サラシナショウマ
IMG_0989_convert_20151101070356.jpg

ノハラアザミ
PA300397_convert_20151101071210.jpg

コウヤボウキ
PA300405_convert_20151101071414.jpg

ミヤマシキミの実   鮮やかな色です。
PA300393_convert_20151101071111.jpg

ヤブムラサキの実
PA300403_convert_20151101071317.jpg

マユミの実
PA300406_convert_20151101071449.jpg

ツルリンドウの実
PA300414_convert_20151101071556.jpg

カシワバハグマ
PA300415_convert_20151101071625.jpg


















スポンサーサイト



2015-11-01 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR