FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

八ヶ岳山麓 美濃戸 【H28/5月】

八ヶ岳の美濃戸・南沢にホテイランを愛でに行ってきました。午後から長野県は晴れるという天気予報を信じて、雨降りの中傘をさして駅に向かいました。特急あずさに乗って茅野へ向かい車窓からは山梨に入ると雨は上がっていました。茅野駅で花友さんと合流し、平日は金曜日と月曜日のみ運行の10時25分発の美濃戸口行きのバスに乗りました。

美濃戸口に11時02分に到着。帰りのバスは14時45分発なので3時間40分で、美濃戸までの往復2時間、昼食、ホテイラン自生地往復とホテイラン観察とかなり時間に制限がありました。

美濃戸山荘の横にホテイランがありましたが、もう枯れていました。これでは南沢のホテイランも枯れているのか心配になり山荘の方にお聞きしたところ「まだ咲いています」とのこと。自生地まで行くと咲いていました。ホテイランは牧野富太郎氏が「最も美しい野生ラン」と称えたそうですが、何回見ても素晴らしい花でした。

ホテイランは、これまでに南アルプス林道、櫛形山で愛でていますが、美濃戸・南沢が個体数も多く、ロープがありますが、すぐ近くで見ることができ最高でした。帰りのバスからは編笠山から蓼科山まで八ヶ岳連峰が一望でき大満足で帰りました。

美濃戸・南沢のホテイラン自生地は盗掘や踏み荒らしの状態を憂慮した故・新井和也氏が美濃戸山荘のオーナーと保護対策を考え、保護啓蒙を兼ねた観察会の開催をしたそうです。自生地が財産区のため保護ロープがなく状況が改善されないことから新井氏が長野県庁と茅野市に要望書をだしたそうです。その後、茅野市の担当者が理解をし資材提供がなされたそうです。保護ロープを張り、案内看板、調査票などを設置し、受動的保護から積極的保護へ転換し、このホテイランが守られています。(日本高山植物保護協会会報No60「成功を収めた受動的保護から積極的保護への方針転換」新井和也から抜粋)
故・新井和也氏の活動があったから、いまもホテイランが守られています。これからもずっとホテイランが咲きますように。


ホテイラン   三つ並んで咲いていました。
P5272222_convert_20160528101857.jpg

IMG_1406_convert_20160528101321.jpg

IMG_1405_convert_20160528101241.jpg

P5272217_convert_20160528101824.jpg

P5272224_convert_20160528101927.jpg

イチヨウラン
IMG_1426_convert_20160528101432.jpg

IMG_1431_convert_20160528101520.jpg

クリンソウ
IMG_1434_convert_20160528101601.jpg

サクラソウ
IMG_1435_convert_20160528101637.jpg

オモト
IMG_1397_convert_20160528101201.jpg

P5272211_convert_20160528101717.jpg

ヒロハヘビノボラズ
P5272232_convert_20160528101957.jpg

カラマツソウ
P5272212_convert_20160528101751.jpg

イカリソウ
P5272236_convert_20160528102111.jpg

ツマトリソウ
P5272240_convert_20160528102151.jpg

チゴユリ
P5272241_convert_20160528102231.jpg

レンゲツツジ
P5272245_convert_20160528102309.jpg

キンポウゲ
P5272248_convert_20160528102346.jpg

サンリンソウ ?   ネットで調べたら美濃戸付近で同じ花がサンリンソウと出てました。
P5272234_convert_20160528102032.jpg

アイズシモツケ
P5272246_convert_20160528115110.jpg


















スポンサーサイト



2016-05-28 : 八ヶ岳・八ヶ岳山麓・霧ヶ峰 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR