山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

平成28年に愛でた高尾山のランの花たち

平成28年は海岸から里山、富士山周辺、奥多摩、月山など、各地の野や山に咲く花を追いかけて歩きました。その中でも最も多く訪れたのは高尾山と奥高尾、南高尾山稜などの高尾山系でした。訪れた回数は32回となりました。

平成28年に高尾山で最初に愛でた花は1月31日のヤマルリソウでした。暖冬のためか早く咲きました。そしてハナネコノメが咲きだすと高尾にも春がやってきたなと感じます。さらに各種のスミレが咲きだすと高尾の花のシーズンがやってきたなと心うきうきになります。高尾にはいつ行っても何かの花が咲いてるので楽しみな山となっています。

高尾の花を愛でに行くと、ちょうどランの花も咲いていることが多くありました。高尾には多くのラン科の植物があります。平成28年に愛でることができたランの花々を集めてみました。


ヒメフタバラン
高尾で一番早く咲くランはシュンランですが、シュンランを愛でる機会がなかったので、今年、高尾で最初にお会いしたのがヒメフタバランでした。年々個体数が減っていると感じています。ヒメの名が付いていますように小さなランで花茎は5センチ程度です。
IMG_0317_convert_20161213171815.jpg


カヤラン
樹木にぶら下がるように着生しています。この写真のカヤランは2月の清掃ボランティアで高尾山に来たときに仲間の方が葉を見つけ教えてもらいました。この樹には沢山のカヤランが着生していました。花が咲くまで3か月待って愛でに行きました。目の前で見られる場所でした。
P5061857_convert_20161213172320.jpg


クマガイソウ
菱山忠三郎氏の「高尾山 花と木の図鑑」を、この12月にJR国立駅の駅前にある古本屋でようやく手にいれました。ほしかった本がやっと手元にあります。この本には「クマガイソウは高尾山に、アツモリソウは奥高尾に十五年ほど前にはかなり見られた。花がみごとなために心ない人に堀りとられ、いまでは見られなくなってしまった。」と書かれています。本が平成2年発行ですから今から41年前には高尾山にクマガイソウがかなりあったようですが、平成2年にはなくなっていることになります。

ところが7、8年前からクマガイソウが突如、高尾に現れました。いまでは登山道から見えるところに咲いています。

「ぼくは高尾山の森林保護員」の著者、宮入芳雄氏が「高尾山国有林巡視日誌(43)」に次のように書いています。「・ 平成22年5月4日(火・祝) 天気:晴  まさか高尾山でクマガイソウに出会えるとは思わなかった。それも5株。それをFITの仲間に話したら「誰かが話題作りに植えたんじゃないの」と軽く言われてしまった。・・・う~ん。そうかも。」と書かれています。

どうやら高尾のクマガイソウは持ち込まれたものではないかと思われます。
P5061873_convert_20161213172344.jpg


キンラン
黄色の花が目立ちます。一時、盗掘に遭い個体数も減ったようでした。しかしキンランやギンランは菌根菌と共生する特殊な生育形態にあるため盗掘して移植しても育ちません。そのことが知れ渡ったのかどうか分かりませんが個体数も増えているような感じがします。
P5081945_convert_20161213172406.jpg


ササバギンラン
ある登山道沿いにササバギンランが比較的固まって自生しているところがあります。毎年、その場所で観察しています。一輪だけ花が大きく開いていました。こんなに大きく開いた花を見るのは初めてでした。いつも見るのは半開きのような状態でした。
P5081948_convert_20161213172432.jpg


エビネ
綺麗な花を咲かせるので盗掘に遭うようです。毎年観察していたエビネがなくなったりするとがっかりします。今年、ある花を愛でに行ったとき、知らない方からエビネの自生地に案内していただきました。案内していただいた自生地は知らなかった場所でしたのでエビネの自生箇所の情報が増えました。(知らない方は、観察会仲間の友人だと後で分かりました。)
エビネはよく見ると色の違いがあります。また開花時期もずれていますので高尾に行けば、どこかで見られのも楽しみです。

このエビネの唇弁はうすいピンク色をしています。8年前に見つけたエビネです。毎年時期になると愛でにいきますが盗掘されていないか対面するまで心配しています。
IMG_1316_convert_20161213171902.jpg

このエビネの唇弁は黄色です。
IMG_1328_convert_20161213171954.jpg

このエビネは萼片と側花弁が緑色です。
IMG_1320_convert_20161213171928.jpg


ギンラン
ギンランはキンラン、ササバギンランに比べ個体数が少なく高尾ではなかなかお目にかかれません。このギンランも偶然お目にかかったものでした。
P5182063_convert_20161213172458.jpg


セッコク
セッコクも着生ランです。6号路からは杉の木に着生しているのがよく見えます。この写真も6号路で撮ったものです。1号路の杉の木にも着生していますが気が付く人は少ないようです。すぐ近くで見られるのは下のケーブル駅の構内かと思います。
IMG_1389_convert_20161213172044.jpg


サイハイラン
サイハイランの葉はエビネに似ています。葉は冬でも残っています。最近は以前に比べて減っているような感じです。よく見るとなかなかいい花だと思います。
IMG_1633_convert_20161213172141.jpg


ムヨウラン
ムヨウランは梅雨時に開花します。名前のとおり葉がありませんが葉がなくても生きていかれる腐生植物だそうです。
昨年は綺麗な花を咲かせたムラサキムヨウランが出ましたが、今年は残念ながら出ませんでした。平成29年にはムラサキムヨウランの花を期待したいと思います。
IMG_1799_convert_20161213172234.jpg

IMG_1627_convert_20161213172108.jpg


ツレサギソウ
ツレサギソウはこれまで高尾の花の愛好家にしか知られていなかったようでしたが、今年は登山道脇に咲いたので誰でもが見られるようになり一躍高尾でも有名な花になってしまいました。盗掘されずにこれからも毎年咲いてほしいと願っています。
IMG_1344_convert_20161213172021.jpg


ヒトツボクロ
ヒトツボクロの花茎は20センチほどありますが、花の大きさはほんとうに小さいです。したがって写真が非常に撮りにくい花です。
P6032374_convert_20161213172523.jpg


クモキリソウ
クモキリソウは全草緑色なので他の植物にまぎれて目立たない感じです。以前に比べると個体数は減っていると思います。ある場所に群生していたクモキリソウが数年前にごっそり盗掘されました。今年、その場所を久々に見たらクモキリソウの葉が2株ありました。盗掘には腹が立ちましたが、2株の葉があったことにちょつぴり嬉しくなりました。
この写真のクモキリソウは登山道脇のロープ内に自生していたもので登山者が写真を撮るのに列を作っていました。
IMG_1782_convert_20161213172209.jpg


キバナノショウキラン
キバナノショウキランは名前ほど黄色くはありません。毎年必ず同じところに出るとは限らないようです。今年はある場所に大きなキバナノショウキランが出たとの噂が流れました。噂は本当のようでした。この写真のキバナノショウキランは観察会の仲間の方から教えてもらいました。
IMG_1844_convert_20161213172257.jpg


ツチアケビ
ツチアケビの大きな群生地が南高尾にありましたが、林道工事の土砂に埋められてしまいました。小さなツチアケビは何か所かで見ることができました。
P6222658_convert_20161213172547.jpg


エゾスズラン(アオスズラン)
エゾスズランも登山道脇にあります。2年前くらいに盗掘にあったとの噂が流れ心配しましたが、どうやら花茎を切って持っていったので根は残っていたようです。その後も毎年花を楽しませてくれます。今年は開花時期が合わず、何回か通ってしまいました。

神奈川方面の海岸で愛でたハマカキランはエゾスズランの変種として区別していたようですが、見た目はエゾスズランとそっくりでした。最近の研究ではDNA情報から区別できないとのようです。
P7012737_convert_20161213172608.jpg


シロテンマ
シロテンマが今年は出たとの情報を観察会仲間からいただきましたので訪れましたが、一つの株は花が終わっていました。小さな株は花はこれからというものでした。その時に周りをじっくり見ればよかったのですが、いただいた情報が2株でしたので周りを見ませんでした。数日後、たまたま花友さんが行ったらすぐ近くに見ごろのシロテンマがあったとのこと。あ~残念。蕾のシロテンマもその後行く機会がなく花を見られませんでした。
P7012753_convert_20161213172633.jpg


ハクウンラン
ハクウンランが高尾にあるというのを知ったのは昨年の山梨方面でのハクウンランの観察会のときにでした。高尾にもハクウンランがあるという情報を聞き驚きました。そして今年、ハクウンランを愛でに行きました。

ハクウンランは高尾の花の関係の本をいろいろ見ても出ていないものでした。本当に昔から自生していたのかなと多少疑問も感じます。明治の森高尾国定公園における環境省の指定植物の中にハクウンランの項目名がありません。ツレサギソウは項目名としてありますが指定植物とはなっていません。項目名がない、あるいは項目名があっても指定されていない場合は、元々自生していなかった植物ではないかと疑ってしまいます。(指定植物は他の国定公園と一緒の一覧表になっています。)
P7123111_convert_20161213172701.jpg


ミヤマウズラ
ミヤマウズラの咲く頃と思い高尾に出かけました。昨年あった場所に行きましたら、なんと昨年より手前の登山道脇の目の高さのところに咲いているので驚きでした。写真を撮るには絶好の場所ですが、誰かが移植したのかと思ってしまいました。

以前群生していた場所を久々に訪れました。多少は減っておりましたがミヤマウズラはまだありました。花を付けたのはありませんでしたが、今後観察していこうと思いました。
P8143479_convert_20161213172723.jpg

P8143480_convert_20161213172744.jpg


アケボノシュスラン
今年の高尾での最後のランはアケボノシュスランでした。昨年は咲きませんでしたので今年も無理かなと思っていたら、高尾駅のバス停で会った顔見知りの方がアケボノシュスランを見に行くと言っていたので今年は咲いたと知りました。奥高尾を登ってから帰りにアケボノシュスランを愛でに行きました。
P9270462_convert_20161213172805.jpg



開花の時期に愛でることができなかったラン

ヨウラクラン
木の幹に着生するランです。登山道沿いの大きな木の幹に着生しているのが知れ渡っていますが、近寄れないので望遠レンズを通して、あるいは双眼鏡で見ないと花序に多数の花が輪生している姿は見れません。なにしろ花は小さいです。
今年は残念ながらヨウラクランを見る機会がありませんでした。写真は花の時期から一か月以上たってからのものです。
P7012755_convert_20161225134428.jpg


コクラン
今年は茨城方面のコクランを優先したため高尾のコクランは見られませんでした。11月に高尾の山中でお会いした知り合いの方は高尾の花をずっと撮り続けており、非常に植物のことも詳しい方です。その方の話では、高尾のコクランは持ち込まれたものだろうと言ってました。高尾の花の中には怪しいのが色々あるような感じです。
この写真の葉は11月初旬に撮ったものです。
PB040904_convert_20161225134512.jpg

この一年、多くの方に当ブログに訪問していただきました。本当にありがとうございました。
来年も野山を歩いて花を追いかけたいと思います。それらの花を下手な写真ですが掲載していきたいと思っています。
また来年もよろしくお願いします。





























スポンサーサイト
2016-12-28 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR