山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

愛知豊橋 葦毛湿原 【H29/3月】

東海の尾瀬と呼ばれる葦毛湿原に行ってきました。葦毛湿原は田中澄江さんの「花の百名山」や「新・花の百名山」を読んでいましたので名前だけは知っていました。

自生する湿原植物は250種類(「日本列島 花maps 中部・北陸の花」によれば。)あるそうで、特にミカワバイケイソウ、シラタマホシクサなどは東海地方でしか見られない貴重な植物が生育しているそうです。

まだ3月中旬なので花は期待できませんので、どのような湿原なのかを見たくて訪れました。こじんまりとした湿原で枯草に覆われていましたが、その中に春の光りを浴びてショウジョウバカマやハルリンドウの花が僅かでしたが咲いていました。

ミノコバイモの自生地で地元の方から葦毛湿原から40~50分登っていくとNHK中継所があり、その近くにキスミレが咲いていて見頃だと教えてもらいました。湿原の散策だけの予定でしたが、キスミレのことを聞いてしまったので山に登りました。ところが中継所が目前になってもキスミレの自生地がありません。下山してくる二人連れの登山者にキスミレのことをお伺いしましたら自生地まで案内してくれました。葦毛湿原から登る別ルートの途中に自生地は柵に囲まれてありました。どうもメインルートではないコースのほうでした。着いてびっくり、見頃どころか1株だけしか咲いたキスミレがありませんでしたが、1株でも見られ、空振りよりましかと思いました。

ショウジョウバカマ
IMG_7038_convert_20170318095404.jpg

ハルリンドウ
IMG_7041_convert_20170318095433.jpg

IMG_7056_convert_20170318095641.jpg

葦毛湿原
湿原には一般に高層、中間、低層の3つに分類されるそうですが、葦毛湿原は泥炭の堆積は見られず湧水で涵養されていて一般の湿原とは異なるそうです。
IMG_7044_convert_20170318095457.jpg

夏にはサギソウの花も見られるそうです。
IMG_7045_convert_20170318095525.jpg

キスミレ
IMG_7051_convert_20170318095622.jpg

ヒロハアマナ    キスミレの近くで案内してくれた方が教えてくれました。
IMG_7047_convert_20170318095544.jpg

ヒロハアマナの特徴である白い筋が葉に入っています。
IMG_7048_convert_20170318095603.jpg

湿原に咲く花々の看板
P3161477_convert_20170318095727.jpg

P3161478_convert_20170318095746.jpg

P3161479_convert_20170318095806.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。









スポンサーサイト
2017-03-18 : 西日本の山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR