FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

茨城常総 菅生沼 【H29/5月】

茨城県自然博物館が開催した自然観察会「タチスミレを観察しよう」に参加しました。タチスミレは関東地方の利根川水系と九州の限られた場所で自生している貴重なスミレです。そんな貴重なスミレを愛でることができる観察会を毎年、茨城県自然博物館が開催していることを花友さんからお聞きし、博物館のHPから参加申し込みをしました。

タチスミレは絶滅危惧種に指定されている植物です。そして菅生沼のタチスミレ群落は昨年の12月23日付で常総市の天然記念物に指定されたそうです。そのため菅生沼へは許可を得ないと立ち入りができないそうで、タチスミレを見るには茨城県自然博物館が開催する観察会に参加するしか手段がないようです。

タチスミレは湿地のオギやヨシの中に生え、5月から6月にかけて、40~50センチに茎を伸ばし花を咲かせ、その後は茎を伸ばし1メートルを超えるほどになるようです。タチスミレが生えているオギ群落を放っておくと、数年で枯れた植物が地面に積り、オギ以外の植物は生育できなくなるそうです。そこで菅生沼では2003年から毎年Ⅰ月に野焼きを行い、タチスミレの保護活動を実施しているそうです。

なお、菅生沼には環境省が指定する絶滅危惧植物がタチスミレ、トネハナヤスリなど18種あるそうです。貴重な植物が茨城県自然博物館や地域の里山活動団体、大学・研究機関の協力によって守られているそうです。

観察会では茨城県自然博物館のスタッフの方々からタチスミレだけでなくヤナギやスゲなど菅生沼の色々な植物の説明をしていただきました。最後には再度の写真撮影タイムを設定していただきました。スタッフの方々には大変とお世話になりました。


タチスミレ
P5212619_convert_20170522215641.jpg

P5212634_convert_20170522215804.jpg

P5212636_convert_20170522215835.jpg

IMG_3374_convert_20170522215333.jpg

IMG_3377_convert_20170522215441.jpg

P5212626_convert_20170522215707.jpg

P5212643_convert_20170522220007.jpg

ミゾコウジュ   シソ科でアキノタムラソウと同じ仲間で絶滅危惧種だそうです。
P5212609_convert_20170522215515.jpg

トネハナヤスリ    利根川水系と大阪淀川のみ生育するシダ植物で絶滅危惧種だそうです。
P5212640_convert_20170522215914.jpg

胞子嚢穂がヤスリに似ていることから名がついたそうです。
P5212641_convert_20170522215940.jpg

アズマツメクサ   花は小さく、肉眼では分かりませんでした。これも絶滅危惧種のようです。
P5212633_convert_20170522215734.jpg

カワヂシャ
P5212613_convert_20170522215543.jpg

ハナムグラ (5/25修正 当初、エキサイゼりだと思いますと表示しましたが、ハナムグラとのご指摘がありました。)
P5212615_convert_20170522215608.jpg

キショウブ   元々は菅生沼にはなかったそうで、大雨のときに流されてきたのが生育しているようです。
IMG_3376_convert_20170522215410.jpg

ミコシガヤ
P5212610_convert_20170523205612.jpg

チガヤ
P5212611_convert_20170523205636.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。












スポンサーサイト



2017-05-23 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR