FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山 【H29/6月】

前回、高尾山に行ってから2週間ほどたちましたので、そろそろクモキリソウ、ウメガサソウ、イチヤクソウが見頃かなと思いましたので高尾山に行ってきました。梅雨の晴れ間が続きましたが、いよいよ翌日から梅雨空になる天気予報でしたので高尾山も混んでいました。

クモキリソウは3ヵ所で観察しました。花は咲いていましたが、2か所では少し早いかなと思いました。まだ上まで咲いていませんでした。ウメガサソウとイチヤクソウは最盛期をやや過ぎた感じでした。ついでにムヨウランも観察してみましたが、場所によってはもう花の姿もありませんでしたが、かろうじて花が残っているところもありました。

いよいよ梅雨空が続きそうですが、これから高尾山では色々な腐生ランや黒、白のランなどの花が咲き、また、イワタバコの花も咲くようになりますので楽しみです。


クモキリソウ    このクモキリソウは多くの登山者の方が写真を撮っていました。
IMG_3530_convert_20170621054600.jpg

このクモキリソウは人知れず、ほかの草の陰に隠れてそっと咲いています。少し早かったようです。
IMG_3533_convert_20170621054725.jpg

IMG_3532_convert_20170621054651.jpg

これと、この後のクモキリソウは近づけないところに咲いています。望遠で撮りました。このクモキリソウが一番よく咲いています。
IMG_3540_convert_20170621054914.jpg

IMG_3541_convert_20170621054939.jpg

ウメガサソウ   ウメガサソウは草と思っている方が多いですが、黒木昭三氏の『高尾山花手帖』によれば、常緑の小低木です。
P6203088_convert_20170621055401.jpg

P6203086_convert_20170621055331.jpg

【参考】
高尾山花手帖  けやき出版
季節ごとに咲く花が掲載されています。写真も大きく、説明も分かり易く、高尾山の花を観察するときに大変便利な本です。
P6213105_convert_20170621070121.jpg

イチヤクソウ
P6203082_convert_20170621055253.jpg

雌しべの先端が曲がっているのが特徴だそうです。 (黒木昭三氏の『高尾山花手帖』より)
P6203075_convert_20170621055015.jpg

ヤブムラサキ    葉や茎など全体に毛深いです。
P6203080_convert_20170621055133.jpg

ナンテンハギ   小葉がナンテンに、花がハギに似ていることが名前の由来だそうです。(黒木昭三氏の『高尾山花手帖』より)
P6203097_convert_20170621055626.jpg

ヤマボウシ
P6203089_convert_20170621055426.jpg

ギンリョウソウ   ようやく土の中から頭を出してきました。
P6203081_convert_20170621055206.jpg

ナルコユリ
IMG_3534_convert_20170621054803.jpg

イガホオズキ   萼にとげ状の毛が生え、花後大きくなり果実を包みこむ。外面はとげ錠の突起があります。
P6203094_convert_20170621055511.jpg

こんなところにと思うようなところに、これがありました。
P6203078_convert_20170621055056.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。








スポンサーサイト



2017-06-21 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR