FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

東京近郊の里山 【H29/9月】

昨年の10月と11月に東京近郊の里山に花が終わり小花柄が30センチを超え紡錘形果実をつけた植物を探しました。その植物が花を咲かせる頃になりましたので、里山に向かいました。

この紡錘形果実をつけた植物はクロヤツシロランとアキザキヤツシロランでした。このランは小さく見つけにくいので果実の時期に自生している場所を特定して、花の時期にその近辺を探すことでした。一年がかりの花探索でした。

昨年見つけた紡錘形果実
(H28/10/26撮影)  クロヤツシロランという情報を得て探しました。
PA260814_convert_20170930101955.jpg

(H28/11/10撮影)   アキザキヤツシロランという情報を得て探しました。
PB100934_convert_20170930102018.jpg

PB100937_convert_20170930102040.jpg

まず最初にアキザキヤツシロランの自生地に行きました。そこには既に人がいました。なんと花友さんでした。この花友さんは「花探の天才」と仲間内で言われているので心強い味方です。小花柄が30センチを超え紡錘形果実をつけたときの自生地の手書き地図を見ながら二人で探索しました。小さい花とは知っていましたが、果実の大きさからして一円玉くらいはあるのかなと思っていました。なかなか見つけることはできませんでしたが、やはり「花探の天才」が本領発揮しました。花を見つけました。花を見て、もうビックリでした。思っていた以上に小さな花でした。とても一人だったら見つけられなかったと思いました。その後も花友さんは、咲き終わった株や咲いている株を見つけました。

次にクロヤツシロランの自生地に移動しました。ここでも花友さんはすぐに見つけましたが、残念ながらロープが張られた遊歩道からは後ろ姿しか見れませんでした。したがって写真も撮れませんでした。その後も二人で探しましたが林の中が比較的暗く、今回はあきらめて探索を終了しました。

帰宅してからSDカードから写真をパソコンに入れて拡大して見ながら「日本のラン ハンドブック①低地・低山編」(文一総合出版)と照らし合わせると、アキザキヤツシロランと思っていた花は、なんとクロヤツシロランでした。この自生地のランはアキザキヤツシロランとの情報だったので、ちょつと驚きでした。


クロヤツシロラン
IMG_7789_convert_20170930100040.jpg

IMG_7790_convert_20170930100133.jpg

P9290588_convert_20170930100245.jpg

IMG_7793_convert_20170930100159.jpg

IMG_7795_convert_20170930100223.jpg

咲き終わったクロヤツシロラン
P9290590_convert_20170930100306.jpg

カシワバハグマ
P9290608_convert_20170930100326.jpg

P9290609_convert_20170930100345.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。










スポンサーサイト



2017-09-30 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR