FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山系 小下沢林道~日影~小仏川沿い 【H30/3月】

天気の良い月曜日、小下沢林道のスミレも咲き始めたのではないか、日影のタカオスミレは咲いたのか、小仏川沿いのキバナノアマナはまだ咲いているのかと、いろいろ気になりましたので、今回は麓の散策に出かけてきました。そして、もう一つのお目当ての花がツルネコノメソウでした。ツルネコノメソウはここ何年もご無沙汰でしたので会いに行きました。

高尾駅から小仏行きのバスに乗り、大下で下車し、小下沢林道に入りました。都内では桜が満開とのことですが梅林の梅の花もまだ十分に見られるものでした。平日にもかかわらず小下沢林道には花の観察する方々が多くいました。最初にヒメウズの花がありました。三浦半島の山で二月に愛でているので、温暖な気候だとずいぶん早く咲くのかなと思いました。

小下沢林道ではエイザンスミレ、アオイスミレ、ナガバノスミレサイシンなどのスミレ、カタクリ、ハシリドコロ、ニリンソウなどの花々が次から次へと現れて気分も最高となります。その後、ちょこっと奥まで行きツルネコノメソウと対面してきました。ツルネコノメソウは高尾山系でも限られたところにありますのでハナネコノメのように誰でもが見られるという花ではありません。

ツルネコノメソウを愛でたので引き返そうとした時に、やはりツルネコノメソウを見に来た方がいました。写真を撮るとすぐに引き返し抜かれましたが、立ち止まって待っててくれました。そして、ここにミドリニリンソウがあると教えてくれました。この方は高尾の花に精通しており、高尾の花の愛好家の間では有名な方でした。

小下沢林道を引き返しているときに、一眼を付けた三脚を抱えながら来たご婦人、見たことのある方でしたので、失礼ですが山梨方面の観察会に出ていましたかと尋ねると、出ていたとのこと。観察会で数回お会いしている方でした。

日影ではアズマイチゲ、キクザキイチゲなどが咲いていました。タカオスミレは蕾の付いているのはありましたが花の咲いたのはありませんでした。小仏川沿いのキバナノアマナは最盛期を過ぎた感じでした。そして、最後に花の咲いているタカオスミレに出会いました。花三昧の充実した一日でした。


ミドリニリンソウ
P3261346_convert_20180327105312.jpg

P3261341_convert_20180327071936.jpg

ニリンソウ   花弁(花びら)に見えるのは萼片です。このニリンソウの萼片は薄いピンクがかかっています。
P3261303_convert_20180327071435.jpg

ニリンソウ   一般的に萼片が5枚のものが多いですが、このニリンソウは8枚です。
P3261355_convert_20180327072306.jpg

ツルネコノメソウ    沢岸に咲いています。花の咲いた後に走出枝を伸ばすことが名前の由来のようです。
P3261337_convert_20180327071818.jpg

P3261338_convert_20180327071906.jpg

P3261324_convert_20180327111821.jpg

ハナネコノメ    小下沢の上流部では、まだ赤い葯がついていました。
P3261316_convert_20180327071622.jpg

P3261314_convert_20180327071556.jpg

タカオスミレ    茶色の葉が特徴です。
P3261385_convert_20180327072811.jpg

コスミレ    名前から小さいスミレのイメージがありますが、小さくはありません。
IMG_4106_convert_20180327070703.jpg

エイザンスミレ
IMG_4072_convert_20180327070147.jpg

ナガバノスミレサイシン
IMG_4074_convert_20180327070239.jpg

アオイスミレ
P3261348_convert_20180327072140.jpg

ヒメスミレ    道路沿いの民家の石垣に咲いていたものです。
P3261369_convert_20180327072542.jpg

ヒメウズ
P3261284_convert_20180327070957.jpg

アブラチャン
P3261291_convert_20180327071141.jpg

ハシリドコロ
P3261292_convert_20180327132145.jpg

カタクリ    10年前と変わらず同じ場所に咲いていました。
P3261295_convert_20180327071249.jpg

ヤマルリソウ
IMG_4080_convert_20180327070323.jpg

ヤブコウジの実    まだ実がついていました。
P3261287_convert_20180327133042.jpg

ジャノヒゲの実
P3261296_convert_20180327071317.jpg

ヤマエンゴサク
IMG_4109_convert_20180327070750.jpg

キバナノアマナ    このキバナノアマナは小仏川沿いとは別の自生地に咲いていたものです。
P3261362_convert_20180327072424.jpg

こちらのキバナノアマナが小仏川沿いのものです。
IMG_4111_convert_20180327070837.jpg

小仏川沿いの自生地では、随分と株数が増えていました。
P3261380_convert_20180327134513.jpg

ヒメニラ    小さな花です。花の径3ミリほどです。
P3261382_convert_20180327072729.jpg

カントウミヤマカタバミ
P3261357_convert_20180327072340.jpg

アズマイチゲ
IMG_4101_convert_20180327070556.jpg

キクザキイチゲ     花はアズイチゲに似ていますが葉の切れ込みが多いです。
IMG_4102_convert_20180327135629.jpg

オキナグサ       道路沿いの民家の石垣に咲いていたものです。    
P3261363_convert_20180327072500.jpg


当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
































スポンサーサイト



2018-03-27 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR