FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾山系 【H30/5月】

久々に朝から快晴となりましたので高尾山系に出かけてきました。今回はエビネも見頃かなと思いましてエビネ巡りをしてきました。

それとベニバナヤマシャクヤク、ヒトツボクロ、ムヨウランの開花を予測するために生育状況の観察をしてきました。ベニバナヤマシャクヤクがもう咲いているかと期待していた方が大勢来ていましたが、まだ蕾もそれほど大きくなっていませんでした。過去の開花日と今年のヤマシャクヤクの開花状況とから考えるとベニバナヤマシャクヤクの開花Xデーは5月〇日(内緒です)と予測しています。開花期間は3日間と言われていますので開花期間にぜひ訪れたいと思っています。

キンランは連休前から開花していましたが、まだ花盛りでした。それならギンランも咲いているかと高尾では珍しいギンランの群生地を訪れましたが既に花は終わっていました。群生地も昔のようには個体数はありませんでした。ギンランが6株、ササバギンランを1株確認しましたが、もっとよく見ればもう少しはあるのかな・・・と思いました。

ヒトツボクロもムヨウランも花芽を上げてきており順調に育っていると感じました。これらの開花Xデーはベニバナヤマシャクヤクの後〇日後(これも内緒)くらいに開花と予測しました。


エビネ
高尾の花愛好家ではミドリエビネと呼ばれています。「日本のラン ハンドブック」によれば「ヤブエビネ」が正式名のようです。
IMG_4295_convert_20180512110043.jpg

IMG_4301_convert_20180512110118.jpg

IMG_4294_convert_20180512063205.jpg

こちらのエビネは唇弁がややピンクがかっています。
IMG_4321_convert_20180512110855.jpg

やや最盛期を過ぎたエビネですが、唇弁はクリーム色をしています。
IMG_4312_convert_20180512063630.jpg

高尾では一番多いエビネで萼片と側花弁は茶色で、唇弁は白です。
IMG_4272_convert_20180512062842.jpg

このエビネの唇弁はごく薄い緑色のように見えます。
IMG_4283_convert_20180512063028.jpg

日差しが当たっているので見にくいですが唇弁はピンク系です。
IMG_4288_convert_20180512063116.jpg

ツレサギソウ    早いです。数輪ですが咲き始めました。
IMG_4326_convert_20180512063925.jpg

IMG_4327_convert_20180512063951.jpg

キンラン
IMG_4308_convert_20180512063419.jpg

IMG_4310_convert_20180512063453.jpg

セッコク
P5111571_convert_20180512064804.jpg

ヒトツボクロ    蕾も順調に育っていました。
IMG_4316_convert_20180512063710.jpg

ワニグチソウ    図鑑などでは花は普通2個付くと出ていますが、これは1個でした。
IMG_4317_convert_20180512063752.jpg

P5111559_convert_20180512064728.jpg

ヒメハギ
IMG_4279_convert_20180512062917.jpg

コケリンドウ
IMG_4281_convert_20180512062950.jpg

イカリソウ
P5111525_convert_20180512064359.jpg

アヤメ
P5111551_convert_20180512064603.jpg

ジャケツイバラ
P5111514_convert_20180512064027.jpg

ベニバナヤマシャクヤク    まだ蕾でした。咲いていると思って来た方が多くいました。
P5111522_convert_20180512064232.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



2018-05-12 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR