FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

高尾で花めぐり 【2019/5月】

高尾で昨年は5/22にベニバナヤマシャクヤクを、5/29にムヨウラン、ヒトツボクロ、イナモリソウを愛でていましたので、それらの花が気になりだしました。とりあえずベニバナヤマシャクヤクのことを高尾に精通している花友さんにメールで照会したところ、第3地点のベニバナヤマシャクヤクはすでに開花しており30日では落花していると思われるが微妙とのこと。そして第1地点と第2地点のは情報がないとの返信がありました。

今回は咲いている花を愛でればいいとの思いで高尾に行きました。今回もケーブルで上がってしまいました。昨年愛でた花のところに行きました。クモキリソウは盗掘に遭わずありましたが花芽があるかは分かりませんでした。ヒトツボクロは個体数が減っていましたので盗掘に遭っているのか?残った株には花茎も出てませんでした。

毎年咲く大きな株のムヨウランは二週間前に確認していたのですが今回は見当たりませんでした。盗掘されたのでしょうか。ラン科の多くは共生菌により生育しているので盗掘して持ち帰っても枯らすだけです。ムヨウランは名前のとおり葉がありません。光合成しない菌従属栄養植物です。ベニタケ属やチチタケ属に寄生していますので盗掘しても枯らすだけです。

イナモリソウは咲いていました。ツレサギソウは咲いていましたが衰退期でした。ここで会った方から第1地点のベニバナヤマシャクヤクの咲いた花を見てきたとお聞きしました。さらに別場所で会った方から第1地点のベニバナヤマシャクヤクの写真を見せていただきました。今日が3日目なので明日には花も落ちますよと言われる。第3地点のは昨日落花したと、第2地点は蕾でこれからだとの情報を頂きました。

第1地点のベニバナヤマシャクヤクの自生地に向かいました。花を見て戻ってくる方から写真を見せてもらいました。スマホなので画面が大きいので花がよく見えました。花弁の間がかなり空き気味なので終わりに近い感じでした。ここでも、この花は今日までですよと言われる。そして自生地に着くと何とまだお日様も出ているのに花は閉じていました。先ほどの方が戻ってくる時間とこちらが行く時間と合わせてもたった30分くらいで閉じるとは・・・。これまでに何回も見ているので、今年は残念でしたと言い聞かせて、第2地点の蕾を見てから高尾山へと戻りました。


ベニバナヤマシャクヤク    残念ながら花は閉じていました。昨年はここに2株ありましたが1株しかありませんでした。盗掘?
P5305030_convert_20190531214318.jpg

セッコク
P5304995_convert_20190531213452.jpg

サイハイラン
P5305001_convert_20190531230207.jpg

P5305002_convert_20190531213708.jpg

オカタツナミソウでよいのかな。菱山氏の本を見ると高尾には5種類のタツナミソウがあるようです。
P5305016_convert_20190531214120.jpg

イナモリソウ
P5305011_convert_20190531213940.jpg

フイリイナモリソウ
P5305022_convert_20190531214208.jpg

P5305028_convert_20190531214245.jpg

ツレサギソウ    花も終盤でした。
P5305012_convert_20190531230242_201905312309192c8.jpg

ムヨウランの蕾   咲くにはもう少しかかりそうです。
P5305004_convert_20190531213754.jpg

ミヤマウズラの葉   (6/7修正 当初クモキリソウの葉としていましたが誤りでした。)
P5304997_convert_20190531213544.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-06-01 : 高尾山・高尾山系・奥相模 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR