FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

南東北の福島にトケンランの花が咲く 【2019/6月】

6日は晴れの天気です。この先は当分曇りか雨で梅雨に入るのではとの天気予報。TVで朝ドラ、あさイチを見てましたが、こんな良い天気だし高尾山にでも行こうかなと思ったときに、前日調べたトケンランのことを思いだしましたのでトケンランを愛でに行こうと急いでカメラをザックに入れて東北新幹線で福島に向かいました。福島駅から12時30分のバスに乗り水林自然林に行きました。

前日トケンランを調べたのは、先日、花仲間との花談義でコケイランを何か所かで見ているが、その中に唇弁が真っ白のものがあったと話したら、唇弁が真っ白のランにはトケンランがあるのでトケンランか確認したほうがよいと言われました。そこでネットでトケンランを調べました。結果はコケイランでした。

ネットで調べたときに福島県の地元紙の福島民報の記事がありました。「トケンランが開花 荒井の水林自然林 6月上旬まで見頃」との見出しでトケンランの写真も付いていました。このことが頭に残っていたのてした。

水林自然林に着いて管理事務所に行き、トケンランの自生場所をお聞きしました。パンフレットの案内図に場所を書き込んでくれました。もし分からなかったら、パンフレットに出ている電話番号に電話をかけてくれれば、すぐに行ってご案内しますと誠に親切な対応でした。

案内図を見ながら自生場所に着くと、ご婦人がいて、ここに咲いていますと教えてくれました。地元の方で何日か前に新聞に掲載されていたのを見て来たと言っていました。思っていた以上に小さな花でした。やぶ蚊の猛攻に耐えながら、やや盛りを少し過ぎた感じでしたがトケンランの花を十分に愛でてから帰りました。


トケンラン
和名は「杜鵑蘭」で花弁や萼片につく紫色の斑点を鳥のホトトギス(杜鵑)の胸から腹にある斑紋にたとえたものとのことです。
唇弁は白く、左右に大きく広げているのが側萼片、上部に三本立っている左右が側花弁、真ん中が背萼片だそうです。
IMG_5423_convert_20190607112919.jpg

IMG_5411_convert_20190607112754.jpg

IMG_5414_convert_20190607112823.jpg

IMG_5415_convert_20190607112850.jpg

IMG_5426_convert_20190607112952.jpg

IMG_5427_convert_20190607113019.jpg

IMG_5437_convert_20190607113140.jpg

P6065109_convert_20190607113347.jpg

IMG_5433_convert_20190607113110.jpg

IMG_5407_convert_20190607112726.jpg

IMG_5446_convert_20190607113310.jpg

サイハイラン     多く見られましたが終わりに近づいていました。
P6065135_convert_20190607113531.jpg

マルバダケブキ    もう咲いていました。管理事務所で聞いたら5月から咲きもうすぐ咲き終わりになるそうです。
P6065140_convert_20190607113624.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-06-07 : 東北の山 : コメント : 1 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Re: No title
コメントいつもありがとうございます。
2019-06-10 11:46 : 花・花・花 URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR