FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

初見のギボウシランに嬉しさもひとしお 【2019/7月】

花の大先輩からギボウシランを見に行くけどどうかとお誘いを受けました。まだ愛でたことのないランでしたので、お願いしますの一声での返事をしました。

そして自生地への訪問。薄日の射す樹林帯の中を進みます。足元は雨が多かったせいかぐちゃぐちゃでした。登山道脇は落葉の小灌木が生えており、その下にギボウシランがありました。花を愛でるには腰をかがまなければなりません。

ギボウシランはクモキリソウ属です。葉は2枚つきます。葉の表面の葉脈の間が窪み、縦しわがあります。一見ギボウシの葉に似ていることからギボウシランの名がついたそうです。花茎は直立し、花は黄緑色で唇弁は平開しており、唇弁の中央に縦溝があり、その部分が暗紫色で帯状に染まっています。

最初に愛でたときの印象は、ギボウシの葉に似ているとのにわか知識でしたので、葉も大きいと思っていたので意外と小柄だなと思いました。唇弁の縦溝の暗紫色はしっかりと観察しました。

案内していただくことがなければ出会うことができない希少なギボウシランとのご対面は嬉しさでいっばいになって花を愛でました。その後は、何か所か移動をしてベニシュスランの自生地、ハコネランの自生地などを巡って観察が終わりました。


ギボウシラン     葉はギボウシにそっくりでした。
IMG_5604_convert_20190722055540.jpg

IMG_5612_convert_20190722055616.jpg

唇弁の縦溝には暗紫色
P7215389_convert_20190722055805.jpg

ベニシュスランの自生地に行きましたが、残念ながらまだ蕾でした。
P7215397_convert_20190722055926.jpg

P7215399_convert_20190722060113.jpg

ハコネランの自生地では、まだ咲いていました。
IMG_5625_convert_20190722055641.jpg

ハコネランの特徴には唇弁に鋸歯があります。
P7215421_convert_20190722060700.jpg

ベニシュスランの自生地に行く途中で立ち寄ったところではバイケイソウが咲いてました。咲いていたのはわずかで、もう枯れていました。
P7215402_convert_20190722060227.jpg

ツチアケビがありましたが、まだ固い蕾でした。
P7215414_convert_20190722060452.jpg

ツルカネシロソウも咲いていました。
P7215407_convert_20190722060355.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。
スポンサーサイト



2019-07-22 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR