FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

樹林帯の中でラン科の花探し 【2019/8月】

花友さんたちと樹林帯の中に咲くラン科の花を探しました。ラン科の花があると言われる幾つかの樹林帯に行きました。樹林帯の中に続く山道の両側を丹念に見ながら歩きました。

最初の樹林帯ではハクウンランばかりでした。この樹林帯には数年前までヤクシマヒメアリドウシランもあったそうですが現在は消えてしまったようです。周辺を探索すればもしかしたらまだ自生しているのが見つかるかも・・・。しかし他の場所にも行くために周辺の探索は行いませんでした。

ハクウンランの次はアオフタバランが自生していると言われる樹林帯に行きました。個体数も多くありました。時期的にはちょっと遅かったのか花弁の色がやや色が変わってきているものもありましたが、まだ綺麗な緑色したものも多くありました。この樹林帯ではミヤマウズラが目立ちましたが、ほとんどが蕾の状態でした。ハクウンランも所々に咲いていました。

そして次の樹林帯ではジンバイソウとミヤマウズラが多くありました。ジンバイソウは花が開いている株もありましたが、やや蕾の株のほうが多かったです。ミヤマウズラはほとんどの株が花を咲かせていました。この樹林帯にもハクウンランがわずかでしたが咲いていました。ここのハクウンランには萼片と側花弁が茶系のものもありました。

特別に珍しいラン科の花ではありませんが、咲いている花に出会えると嬉しいものです。これらのランは山道の脇に咲いているものばかりです。来年も、再来年も、そしてずっと毎年この場所で咲いてほしいと願っています。



ミヤマウズラ      ミヤマウズラの花は白色が多いですが、この花は淡紅色を帯びています。両手を広げているような形をしているのが側萼片です。側花弁と唇弁に赤い斑点があります。
IMG_0217_convert_20190828112528.jpg

こちらのミヤマウズラは白色の花です。
IMG_0225_convert_20190828112608.jpg

アオフタバラン
IMG_5697_convert_20190828113121.jpg

ハクウンラン       一番大きく白く見えるところが唇弁です。
IMG_0118_convert_20190828112329.jpg

このハクウンランは花茎や萼片、側花弁が茶系でした。
IMG_0231_convert_20190828112856.jpg

ジンバイソウ     この株は蕾でした。
IMG_0234_convert_20190828112929.jpg

開花したジンバイソウです。ジンバイソウを愛でるのは4回目ですが、ここまで開いて咲いた花を見るのは初めてでした。
IMG_5708_convert_20190828113148.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございました。


スポンサーサイト



2019-08-29 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR