FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

トウヒレン属の親子に会いに ちょつと遅かった 【2019/10月】

親の名前はタカオヒゴタイとセイタカトウヒレン。そして子の名前はオンガタヒゴタイ。この親子に会いに行きました。オンガタヒゴタイはタカオヒゴタイとセイタカトウヒレンとの交雑種です。

親の特徴としてタカオヒゴタイには下部の葉にバイオリン形の湾入があります。セイタカトウヒレンには茎に翼が付いています。子のオンガタヒゴタイは親の特徴を受け継ぎ葉はバイオリン形の湾入があって、茎には翼が付いています。

その親子に会いに行ったのですが、ちょっと行くのが遅かったです。タカオヒゴタイの花は色がやや褪せていました。セイタカトウヒレンは咲き終わった株が目に飛び込んできましたので駄目かと思いましたが、近くに咲いていた株がありました。そして本命のオンガタヒゴタイは何とか見れる花が残っていました。もう一週間前に来ればよかったのかなと思いました。

トウヒレン属の親子以外にも秋の花が色々と咲いていましたので花友さんたちとのんびり花観察を楽しんだ一日でした。


タカオヒゴタイ     高尾山で最初に発見され1909年に命名されたそうです。奥多摩でもよく見ることができます。
PA015857_convert_20191002070844.jpg

PA015855_convert_20191002070448.jpg

セイタカトウヒレン
PA015858_convert_20191002071609.jpg

PA015862_convert_20191002072950.jpg

茎には翼があります。
PA015861_convert_20191002071848.jpg

オンガタヒゴタイ     タカオヒゴタイとセイタカトウヒレンとの交雑種、
PA015846_convert_20191002065003.jpg

PA015850_convert_20191002065720.jpg

葉はタカオヒゴタイのバイオリン形の湾入を継いでいます。
PA015849_convert_20191002065113.jpg

茎にはセイタカトウヒレンの翼を継いでいます。なんとなくセイタカトウヒレンの翼より小さいかなと感じました。
PA015848_convert_20191002065046.jpg

カシワバハグマ
IMG_0471_convert_20191002062237.jpg

オクモミジハグマ
IMG_0472_convert_20191002062506.jpg

オケラ
PA015865_convert_20191002130403.jpg

ヤクシソウ
PA015866_convert_20191002130441.jpg

アキノキリンソウ
IMG_0481_convert_20191002064306.jpg

ミツバフウロ
IMG_0466_convert_20191002061723.jpg

セキヤノアキチョウジ
IMG_0469_convert_20191002061824.jpg

ツリフネソウ(ピンク花)
IMG_0487_convert_20191002064620.jpg

ツリフネソウ(ピンク花)     普通のツリフネソウの1/3位の大きさでした。距がキツリフネのように長くのびています。ツリフネソウの距はくるりと内側に巻きます。このツリフネソウは新種なのでしょうか?    
PA015867_convert_20191002130517.jpg
[参考]
キツリフネ    距は巻かずに伸びています。
P8280433_convert_20191002143753.jpg

ツリフネソウ    距はくるりと内側に巻いています。
P8240392_convert_20191002143616.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。


スポンサーサイト



2019-10-02 : その他の地域等 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR