FC2ブログ
山に咲く花を愛でるために山歩きをし、その花の写真を撮っています。

マキノスミレを探しに 【2020/4月】

これまではマキノスミレを愛でるときは奥多摩の山に登っていました。もっと楽にマキノスミレを愛でることができるところはないかとネットで検索していたら、ちょっと古い情報でしたが奥多摩より楽に行ける場所が出ていました。まだ、そこにはマキノスミレがあるだろうと信じて行くことにしました。

前日の強風もおさまり天気は快晴のこの日、コロナの3密を避けるため電車やバスもすいている時間帯に乗車して目的地へ向かいました。目的地のコースは楽に歩けますが意外と長く、いったいどの辺りにマキノスミレがあるのか分からないため左右を見ながら歩きました。コースの前半でフモトスミレやコスミレなどはありましたがマキノスミレは見つかりませんでした。

そしてコースの後半は一転してずっと山の中という感じになりました。タチツボスミレとニオイタチツボスミレが多くありました。その両方のスミレに似ているようだけど違うかなと思うスミレがありました。しかしマキノスミレは現れません。どこかにあるはずと左右を見ながら歩いていると登山道の左側にピンクの花をつけた小さなスミレがありました。

近づいて見るとマキノスミレがありました。ようやく見つけました。よく見ると辺りにはたくさん咲いていました。シハイスミレの変種だそうですが、やはりマキノスミレはいいでですね。じっくりと愛でました。その後も登山道脇にちらほらと咲いていました。

下山の目的地に進んでいると右と左に分かれるところの真ん中に道標があり、両面に同じ行き先を示していました。右の道を選び行くと小さな道標があり尾根の下に出られると書いてありましたので進み降りたところは東京都ではありませんでした。道路を歩いて下山の目的地まで行きました。山の中の道標、立て方や行き先表示にちょと問題かあるのかなと思いました。


マキノスミレ
IMG_6080_convert_20200404102224.jpg

IMG_6087_convert_20200404102338.jpg

IMG_6082_convert_20200404102250.jpg

IMG_6085_convert_20200404102312.jpg

P4036777_convert_20200404112041.jpg

P4036779_convert_20200404112110.jpg

コスミレ
P4036738_convert_20200404102504.jpg

群生しているところがありました。
P4036740_convert_20200404102530.jpg

ニオイタチツボスミレ
P4036741_convert_20200404102558.jpg

マルバタチツボスミレかな?   タチツボスミレとニオイタチツボスミレの交雑種のマルバタチツボスミレ?
葉は丸いです。「増補改訂 日本のスミレ」に掲載されているマルバタチツボスミレと花も似ています。
P4036769_convert_20200404103019.jpg

スミレ(マンジュリカ)    葉柄に翼があります。
P4036756_convert_20200404102906.jpg

アカネスミレ    側弁の基部には毛が密生してます。左側の花柄には毛が見えます。
P4036746_convert_20200404102636.jpg

P4036749_convert_20200404102735.jpg

P4036752_convert_20200404102828.jpg

上の写真の右後ろにボケた花があります。この花を写したものです。花柄や距に毛が見えます。
P4036751_convert_20200404131900.jpg

フモトスミレ
IMG_6077_convert_20200404102129_20200404115721aec.jpg

IMG_6079_convert_20200404102201.jpg

当ブログに訪問していただきましてありがとうございます。
スポンサーサイト



2020-04-04 : 東京の里山 : コメント : 0 : トラックバック : 0
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

花・花・花

Author:花・花・花
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新トラックバック

山の花-愛で歩きのブログに訪れた人

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR